ドイツの最新情報 社会問題 タブー

理由なき収入 (20.04.2018)

投稿日:2018年7月2日 更新日:

16年前、最後のSPD政権が構造改革を実施した。目的は肥大していた社会保障費を削ること。社会保障費はお給料として会社が払うで、社会保障費を削減すれば会社の人件費が下がり、製品を安く製造でき、”made in Germany”の競争力が増す。このプランが効果を発揮するまで4年ほどかかり、構造改革を実施した政権は改革の成果を収穫する前に選挙で負けてしまった。この遺産をタダで受け継いだのがメルケル政権で、好景気に支えられてかってない長期政権となった。しかし社会のひずみ、貧富の差は広がるばかりだ。街中を歩いていると、ゴミ箱を漁って金目の物を探しているドイツ人の姿を頻繁に見かけるようになった。日本の財務大臣の台詞を借りれば、「こんなに好景気なのに収入が上昇しないなんて、その人物の資質に問題があるんじゃないか。」ということになるが、本当の問題は別の所にある。

諸悪の根源は日本で言う派遣、ドイツでは”Leiharbeit”にある。メルセデスの組立工場で1日8時間働いても、派遣なので収入は生活保護の額を下回る。このような搾取を禁止するために派遣は18ヶ月まで、さらには9ヶ月目以降は正規社員と同じ給料を払うことが法律で決まっている。しかしその法律はご丁寧にも抜け穴、”Werkvertrag”を用意している。この法律は企業が仕事を自分で遂行できない場合に、仕事を第三者に移管することができるというもの。例えば建設会社は浴室のタイル貼りをタイル貼り職人の会社に委託することができる。この抜け穴を利用して、宅配業者や屠札業者、さらにはスーパーマーケットは独自の人材派遣会社を創設、ここで従業員と契約すると、本社の仕事場に派遣することで、正規の労働者に払う賃金を削っている。

労働者にとっての選択肢は、ペストとコレラに絞られる。「派遣なんて嫌だ!」と仕事をしないと、ドイツでは貧困の代名詞となっている「ハーツ4」という生活保護を受けて生活をすることになる。その額わずか416ユーロ(家賃は別)。しかし「ハーツ4なんて嫌だ!」と重い腰を上げて仕事を探しても、派遣しか仕事が見つからない。1日8時間、ひどい場合は宅配業者に派遣されて1日10時間働いて、生活保護と同額の収入しかない生活をするか、それとも家にこもってハーツ4で生活をするか。どちらにしても魅力がないので、長期失業者が生活できる職に就けるケースはほとんどない。

ここでよりによってそのハーツ4を導入したSPD(の議員)が、ハーツ4を廃止して”grundlose Einkommen”を導入することを提唱した。”grundlose Einkommen”(理由なき収入)とは、その名の通り毎月、国(あるいは地方自治体)が失業者の口座に1200~1500ユーロ払い込む。失業者はこの金でこれまで通りの生活を続けてもいいし、これまではやってみたかったが、収入が低すぎてやる気にならかった仕事に就いて社会に貢献することができる。追加の収入には一般税率が採用されるので、まるまる収入になるわけではない。それでも仕事に就けば収入があがることになるし、失業者が仕事について社会保障費(健康保険費、失業保険、税金など)を払ってくれる。結果として、国、あるいは地方自治体への負担は、うまくいけば減額されるかもしれない。

日本に居る方は、「そんな馬鹿馬鹿しい。」と思われる方も少なくないに違いない。これは夢物語りではなく、北欧(フィンランド)では(試験的に)導入されているシステムだ。もっともフィンランド版は”bedingungsloses Grundeinkommen”(条件なしの基本給)と呼ばれる。支給額は560ユーロ/月で、この金を何に使っても構わない。仕事をして金を稼いでも、”bedingungsloses Grundeinkommen”(条件なしの基本給)は減額されない。だから仕事をすればするほど、収入が増える。このプログラムは2017から2000人を対象にスタート、世界中の社会学者から注目されていたがその成果は予想(期待)を上回った。多くの長期失業者が仕事を始めたり、自分の会社を設立して、社会に復帰してきた。

これまでは失業者を罰する、「働いていないものが、楽な生活をするなんて許されない。」という考え方が一般的だった。しかし失業者を罰しても、社会にとって何の得もない。失業者にして仕事をしても、生活保護と同額の収入しかないのなら、仕事をする気にならない。そこで考え方を変えて、「仕事をすれば、それだけ収入が増える。」というシステムにすると、失業者、それとも最も難しい長期失業者がもっといい生活を求めて仕事を始める。これはフィンランドでの実験が実施されるまでは、「ユートピア論」とされてきた。しかし実験で、ユートピアどころか大いに現実的なプランであることが立証された。スイスでもフィンランドの結果に勇気づけられて、この実験をすることになった。細かい部分でまだ調整が必要だろうが、これまでの生活保護に代わる画期的な社会保障プランになるかもしれない。少なくても欧州では。日本では夢物語にしかならないだろう。

 

ゴミ箱を漁るドイツ人。

-ドイツの最新情報, 社会問題 タブー

執筆者:

nishi

comment

関連記事

最後のチャンス (21.07.2016) | ドイツの最新事情

最後のチャンス (21.07.2016)

ドイツでは90年代末から21世紀にかけて、格安航空会社の戦国時代があった。生き残りを賭けた戦国時代が終わってみると、ドイツの格安航空会社と言えば”Air Berlin”の1社し …

Dicke Freunde (02.08.2016) | ドイツの最新事情

Dicke Freunde (02.08.2016)

国営放送と言えば、政府に都合のよいことしか報道しない利益団体?そんな印象が浮かぶのは、民主主義が根付いていない国の特徴です。ロシア、中国や北朝鮮、それにバナナ共和国と呼ばれるバナナが育つ暖かい国の国営 …

首相の最終章

首相の最終章? (13.09.2016)

2016年9月4日に”Mecklenburg-Vorpommern”州で選挙があった。日本人には、たまたまこの州に住んでいない限り、誰も知らない州だ。そんな辺境の州の選挙なのに …

欠陥機  (03.03.2017)

いつも話題を提供してくれるエアバス社(旧EADS)。今回はここで何度も取り上げている軍事輸送機、A400Mの続編だ。この前、ここで取り上げたのが2年前。「そろそろ問題を解決しただろう。」と思いそうだが …

中国人がやってくる。 (11.07.2016) | ドイツの最新情報, ドイツの経済

中国人がやってくる。 (11.07.2016)

開発途上国から先進国への変化の真っ只中にある中国。経済が発展するに比例して、かっての二桁の経済成長率を達するのは不可能になってきた。今後は安い生産拠点から、先端技術を提供できる産業拠点への転換が欠かせ …