up to date 雨にも負けず

“Ich bin drin.”

投稿日:2018年1月10日 更新日:

先回、
「ホームページのリニューアルにより。」
と書いたばかりですが、もう壊れてしまいました。

1週間で。

ログインしようとすると、
「予期しない出力により、クッキーがブロックされました。」
とメッセージ。

ぐぐると意外と多く生じる現象らしい。

解決法を読んでも、化学か物理の授業。
さっぱりわからんす。
は~。

案外、貧弱なWordpress。

リニューアル前のプログラム、15年エラーなし。
古くてもいいから、壊れないのがいい~。

直るまで、こちらで続けます。
直るかな?
(直りました。)

さて、今回は2017年最後の記事なので、時事。
まずはカメラ。

なんとニコンのD850が最優秀カメラに選ばれました!
ソニーのα7R Mark3 と並んで。

「ニコン、一体、いつになったら後続機種を出す?」
と思ってました。その理由が、わかりました。

ニコンの社内で、
「ソニーのセンサーは使わない。」
と決定。

「じゃ、キャノン?」
というわけにはいかない。

自社生産のセンサーの選択肢もなし。
性能が他社に及ばない。

そこでよりによって、
「イスラエル」
にある会社にセンサーの製造を依頼。

道理で時間がかかったわけだ。

イスラエルの会社が性能の悪いセンサーを開発してたら、
「もうニコンは終わりだな。」と言われてましたよ。

私だったら危険を冒さず、性能のいいソニーのセンサー使うわ。
今回の表彰は、冒険したニコンの調達部のお手柄です。

日本では知られていませんが、イスラエルと言えば超ハイテク国家。

最近では、
「スタートアップ国家」
とも言われています。

国が5億ドルもの金を、スタートアップに投資してます。
周囲を敵に囲まれている以上、ハイテクで生き延びるしかない。

そこでイスラエル軍には、エリート部隊、
「8200」
があります。

自衛隊の
「レンジャー」のようなアナログではなく、デジタルです。

任務はサイバー攻撃(と防御)。
ここでサイバー攻撃のノウハウを叩き込まれます。
こうして誕生したITの専門家が、軍役を終えると民間に下ります。

そして次々にスタートアップ企業を立ち上げます。
国はこれを財政的に支援。
お陰でイスラエルはドイツもうらやむデジタル、スタートアップ大国。

優秀なセンサーを作るノウハウがあるんです。

でも、よく調べたねニコン。
自社生産の失敗からちゃんと学んでる。
偉い、偉い。

ニコンD750の後続機種が楽しみ~。
それともD810にしようかな。
あの性能で20万は安い。

最後には笑えるテーマ。
ボリス ベッカーって知ってますか。
そう、ドイツ人です。

ウインブルドンで最年少で優勝したので、一気に有名になりました。
シュテフィー グラーフと違い、子供の頃は才能なし。
3歳下の女の子、シュテフィー グラーフにも負ける程度の才能。

両親は、
「テニスなんかしてないで、学校でアビを取って大学に行ってくれ。」
と要請。

勉強が苦手なベッカーは、
「学校に戻りたくない。」と必死になって戦い、ウインブルドンで優勝。

それも最年少で。
確か17歳。
が、20歳にもならないで有名人になると、ろくなことにはなりません。

テニスで落ち目になってから、あちこちで子供を製造。
子供が生き写し。
否定のしようがない。

「あたなの隠し子でしょ?」
と聞かれたら、
「精子を盗まれた!」
とベッカー。

その後、
階段の上で起こった2分の情事
と変更。

最後は、
物置で起こった2分の情事。」
と修正。

このスキャンダルで再び脚光を浴びたベッカーは、コマーシャルに登場。

インターネットのプロバイダーの宣伝で、
“Ich bin drin.”
(直訳すると、「中に入ってる。」、すなわち「ネットに繋がったという意味。」)
との一言が大ヒット。

今年は、
「ベッカー破産。」
というテーマでまた新聞に登場。

イギリスの投資家に、
「毎月10%の利子を払う。」
という条件で金を借ります。

1年で120%ですよ!

学校を出てたら、そんな契約書にサインなんかしない。
計算できなかったのかしらん。
結果、サラ金に金を返せず、破産申告。

今度はチャリテイー番組で、
「ウインブルドンで勝ったテニスラケット」を売却。
売った金は慈善団体に寄付という筋書き。

ところが、そこはベッカー。

まず1万ユーロ(140万)で落札したテニスラケットは偽物。
「話が違う。」
と訴えられて、本物を譲渡。

しかし未だに1万ユーロ募金されず。
かなり金目巡りが悪いらしい。

日本でも有名だったスポーツ選手、あとで犯罪を犯すケースが多いよね。
スポーツもいいけど、学校にってアビを取らないとね。

有名人だけに、破産や監獄は辛い。

では皆さん、よいお年をお迎えください。

 

-up to date, 雨にも負けず

執筆者:


comment

関連記事

wer nicht wagt, der nicht gewinnt.

株の乱高下、収まりましたね。 かっきり3週間で。 皆さん、買いましたか。 これまでの経験から、 「修正は3週間続く。」 とわかっていても、1~2週間目に買っちゃうのが人間の常。 今週初め、まだ不安定。 …

湖の城砦を撮れ!

1週間、お待たせしました。 これが、 町の名前の起源になった 「城砦」 です。 現在は博物館。 入場料が12,8ユーロ(2017/8年)とノイシュヴァインシュタイン城と同じ。 流石、観光地。 &#82 …

AF-S Nikkor 24-85mm f/3,5-4,5 G ED VR

2年半前に 「ニコン D750」 を買いました。 レンズとキットで。 レンズの選択肢は2通りあり、 AF-S Nikkor 24-120mm f4 G DE VR AF-S Nikkor 24-85m …

“Korrenktur”

株価、がっくり逝きました。 Dow Jonesで4%を超える下落なんて久しぶり。 2008年のクラッシュを彷彿とさせます。 「クラッシュじゃないの?」 違います。 「何が違うの?」 まず下落の規模。 …

ドイツの健康保険制度

腰痛が悪化。 15分も立っていると、足が痺れて麻痺。 腰痛体操で治そうとしましたが、駄目でした。 一時、症状が改善。 「ひょっとしたら直るかも。」 と期待したものの、その後、悪化。 もう辛抱ならないで …