趣味 雨にも負けず

ドナウヴェアト

投稿日:

や~っと3月下旬。
そう、待ちに待った春!

日本なら桜が満開?

「日曜日は快晴」
とのニュースを聞くと、いてもたってもおられず。

写真撮影に行こう!

今年が最後なので、悔いのないように。

腰の手術から9週間。
大遠征は無理。
どこか、近場で。

近場で
「そこそこ見所がある。」
と言えば、ドナウヴェアト。

ご安心。
「聞いた事がない。」
という方が大半です。

この町は、
“Heiliges Römisches Reich”(神聖ローマ帝国)
拡大の原動力となった町です。

当時はハンガリー帝国が、
「イケイケ ドンドン」
の最盛期。

ドイツを襲撃して、略奪し放題。
ドイツは小さな町/諸侯に分断されており、ハンガリーの大軍立ち向かう術なし。

脅威にさらされている東フランケン帝国のオットー一世が、ハンガリー軍に襲来に備え、
“Burg Mangoldstein”(マンゴルドシュタイン要塞)
をここに建設。

初回の元寇後、九州ではあちこちで防護壁が建造されました。
同じです。

案の定、
「東フランケンの領土には侵入しない。」
と誓っていたハンガリー軍。

前言をひるがえして侵入してきたハンガリー軍。

当時の秘密兵器
「複合弓」
を使って破竹の勢いでハンガリー軍は進軍。

進軍(略奪)に疲れて、ようやくアウグスブルクの要塞の前で停止。
「いざ、鎌倉!」
とオットー一世は、ハンガリーの大軍を迎え撃つべく出征。

アウグスブルクの南で、圧倒的に優勢を誇るハンガリー軍と開戦。

数の上、武器で圧倒的に劣勢のオットー一世は苦戦。
「もうだめぽ。」
と思いかけた頃、
「神風」
がふきます。

正確には大雨。
これでハンガリー軍の弓が使用不能に。

“Jetzt oder Nie!”(チャンスは今だ!)

とオットー一世は残る全軍でハンガリー軍に攻撃。
この反撃にハンガリー軍は、浮き足立ってボコボコ。

甚大な被害を出し、撤退を開始。
しかし大雨でレヒ河は氾濫。

川の前でオロオロしているところを強襲されて、壊滅。

こうして神聖ローマ帝国は
「東からの脅威」
を克服。

帝国の領域を拡大して、神聖ローマ帝国が確立することになります。

これが10世紀の話なので、なんと1100年前!
今でも残っているのは、要塞の土台になった岩

と、これに続く城壁。

城壁の内側は、

公園になってます。

日本で言えば名古屋の郊外にある
「桶狭間」
です。

この周辺には、中世の頃に建設された城壁も残ってます。
もっと紹介したいが、すでに20時過ぎ。

今日はホームページの更新で大忙しだったので、ここまで。

続きは来週紹介しますです。

 

-趣味, 雨にも負けず

執筆者:

nishi

comment

関連記事

ドイツの入院ベット

ドイツの健康保険制度

腰痛が悪化。 15分も立っていると、足が痺れて麻痺。 腰痛体操で治そうとしましたが、駄目でした。 一時、症状が改善。 「ひょっとしたら直るかも。」 と期待したものの、その後、悪化。 もう辛抱ならないで …

湖の城砦を撮れ!

1週間、お待たせしました。 これが、 町の名前の起源になった 「城砦」 です。 現在は博物館。 入場料が12,8ユーロ(2017/8年)とノイシュヴァインシュタイン城と同じ。 流石、観光地。 &#82 …

ウインドウズ7 アップデートが始まらない!

ウインドウズ7 アップデートが始まらない!

ウインドウズ7を使ってます。 未だに? 購入したパソコンには10が入ってたんです。 ビジネス機なので、 「自動ダウングレード」 されて7に。 10はデータを勝手にウインドウズに送るので、会社用のパソコ …

“Engelsspiel”(天使の宴)

男性は、 「クリスマスマーケットなんか行きたくない。」 と言います。 理由は、 「人が多過ぎ」 「泥棒が多過ぎ」 「値段が高すぎ」 と現実派。 ところが女性は、 「クリスマスマーケットでグリューワイン …

ドイツの国立自然公園

Königssee(王様の湖)

ケールシュタインから見えた、 Königssee”(王様の湖) はドイツ観光の超目玉。 なのに誰も知らない “geheim Tipp”(隠れた名所)。 通常、 「ド …