閉鎖口座 Sperrkonto

Sperrkonto

滞在費の証明

ドイツで滞在ビザを申請するには、留学(生活)資金の証明が必要です。「でも、どうしてなの?」十分な生活費がないとドイツで(違法)就労をすることを余儀なくされます。するとドイツ人の仕事を奪うことになりす。そこで外国人がドイツで滞在ビザを申請するのは、仕事をしなくても生活していける資金を所有していることを証明する事が必要となります。

では留学(生活)資金の証明は、どうすればいいのでしょう。外人局で、「働きません。」と言うだけでは不十分です。口約束には効果ありません。役人を説得するには、書面で証明する必要があります。その証明が”Verpflichtungserklärung”です。日本語に訳すと経費負担宣誓書。「渡航者がドイツ滞在中に必要になる資金を私が負担する。」という宣誓書です。この書類を取得するには保護者に過去のお給料明細を持って、ドイツ領事館まで出向いてもらう必要がありました。ところが日本のドイツ領事館はこの宣誓書の受理を2017年で終了しました。2018年からは申請を受理していません。

ドイツに保護者、あるいは留学資金を出してくる人がいるなら、この人に外人局に出頭してもらえば現在でも”Verpflichtungserklärung”が取れます。この経費負担宣誓書を取得できない場合は、どうすればいいのか?その答えが、”Sperrkonto”です。この口座は外国人がドイツでビザを申請するために使用する特殊な口座です。その名前、”Sperr”(封鎖する)、”Konto”(口座)が語る通り、この口座を取得してお金を払い込んでも、お金を自由に下ろせないので、この名前が付いています。

「でも、何故封鎖するの?」
それはお友達、知り合いからお金を工面してこの口座に払い込み、口座残高を取得。その後、すぐに口座を解約して借りたお金を返せば、不正に残高証明を取得できちゃいます。そんなことができないように、この口座は口座の持ち主でもお金を引きおろせない機能が付いています。このような背景があるのでこの口座の残高証明を提示すると、留学(生活)資金の証明として認めてくれます。

「どこでこの口座が作れるの?」
大手の銀行”Sparkasse”、”Commerzbank”、そして”Deutsche Bank”で作れます。ただし口座開設費用がかかります。一番高いのはドイツ銀行の150ユーロ(2018年)で、外人局で提示する銀行残高証明書の発行費用込みです。他の銀行はもっと手数料が安い(筈)ですが、費用を公開していないので正確な費用がわかりません。「日本に居てもこの封鎖口座を開設できるの?」それができるんです。必要な書類は以下の通り。

  • 口座の開設申請用紙
  • 大学、語学学校からの入学許可証
  • パスポートのコピー

口座の開設申請用紙は、口座を開設される銀行にメールで送ってもらうようにお願いしてください。通常、英語の申請書も容易されていますので、ドイツ語版か英語版、どちらを欲しいのか、メールに明記しておいてください。言うまでもないかもしれませんが、デユッセルドルフに滞在するのに、ベルリンの支店に口座を開設されませんように。デユッセルドルフに滞在されるなら、デユッセルドルフの支店に書類を送ってください。

「どうすればデユッセルドルフの支店の連絡先がわかるの?」
簡単です。検索サイトで、”Sparkasse”、”Düsseldorf”と2単語を入れるだけ。すると市内にある支店が幾つも表示されます。

「どの支店にすればいいの?」
デユッセルドルフなら、央駅前の支店が交通の便がいいので便利です。書類が揃うと(ちゃんと記入してから)ドイツ領事館(あるいは名誉領事事務所)に出頭、この書類を”Beglaubigung”(認証コピー)してもらいます。パスポートを持参するのをお忘れなく。認証コピー費用は3000円程度。その後、認証コピーされた書類を、口座を開設する銀行に郵送してください。

クリスマスやオスターン(イースター)の祝日期間でなければ、1週間ほどで書類はドイツの銀行に届きます。銀行が書類を処理するのにさらに2週間。「ちゃんと書類が届いたのかしらん。」と心配を始めた頃に、メールで口座が開設された連絡が届きます。あとは口座開設手数料と一緒に、ビザの発行に必要な資金を自分の閉鎖口座に送金します。

「幾ら送金すればいいんですか。」
目安として720ユーロ/月です。1年のビザを申請されるなら、8700ユーロほど必要です。

「最初から全額、入金しないと駄目ですか?」
駄目です。この口座は留学資金がある事を証明するために開設します。720ユーロだけ入金すると、1ヶ月分の滞在資金の証明にしかなりません。12ヶ月滞在されるなら、12か月分、振り込んでください。その後、ビザの申請に必要な残高明細が送られてきます。このように日本から開設すると、とっても面倒です。

X-Patrio

「もっと簡単な方法はありませんか。」
それがあるんです。ドイツ銀行の子会社であるX-Patiroがオンラインで封鎖口座の申請を受けています。

必要な書類は以下の通り。

  • 証明写真(デジタルコピー)
  • パスポート(デジタルコピー)

英語での記入になりますが、メールで封鎖口座の申請書送付を依頼するよりは、簡単です。ただし!

  • 語学学校に入学する “Language Student”
  • ワーホリ、”Work & Travel”
  • 観光 “Tourist”
  • 就職 ”Empoyee

目的での口座取得では、「15分の面接」をオンラインで受ける必要があります。面接は英語、あるいはドイツ語になります。学生”Student”の身分で留学される場合は、この面倒な手続きはなく、お申し込みフォームに記入するだけです。

「面接なしで取得できませんか。」
どうして出発前に済ませておきたい方は、学生として口座を取得することもできます。

「大学の名前は聞かれませんか。」
記入欄はありますが、その横に”I don’t know.”(知らない)という選択肢があります。

記入が終わると、「こちらの口座に送金してください。」とメッセージが届きますので、日本の銀行、あるいは郵便局から送金してください。入金が確認されると残高証明が送られてきます。これをその他の書類と一緒に提出すれば、ビザが取れます。

「大丈夫ですか。」
こちらの銀行は、ドイツの外務省認定の銀行ですので、ご心配無用です。

封鎖口座開設費用

開設費用は49ユーロ、それに毎月、5ユーロの口座維持費がかかります。

お申し込み

こちらからオンラインでお申し込みできます。こちらのサービスは無償サービスのため、お問い合わせはサポートサービスにお申し込みいただいた方だけに限らせていただきます。

ドイツの封鎖口座X-patiro

「もっと簡単にできないんですか。」
とお考えの方はドイツに入国されてから銀行に出向いて、閉鎖口座開設を依頼するほうが簡単です。2週間ほどで口座が開設できます。

その後、この閉鎖口座から生活資金をおろして生活するわけですが、この口座からは毎月最高で720ユーロまでしか引き出せません。それでは足りない場合も多いと思います。その場合は、普通の”Girokonto”をもうひとつ開設して、ここに生活費を送金してもらえばいいです。「じゃ、最初からGirokontoを開設すればいいじゃないですか!」駄目です。外人局が閉鎖口座の口座明細じゃないと、留学資金の証明として受け入れてくれないんです。さらには滞在ビザがないと、銀行口座を開設できません。そこでまずは閉鎖口座を開設してビザを取得、それからGirokontoの取得という順番になります。

が、例外もあります。その例外がオンライン銀行です。オンライン銀行は、何故か、ビザを取得しているかどうか、チェックしません。以下に幾つかオンライン銀行を挙げておくので、勇気のある方はここで銀行口座を取得できます。さらに町によりオンライン銀行の残高証明書でビザが取れるケースもあります。アウグスブルクの外人局は法律に疎いので、オンライン口座でも滞在ビザが取れました。

オンライン銀行

ING Diba

オランダ系のオンライン銀行。口座維持費無料。さらに口座を開設すると75ユーロもらえるそうです。本当にもらえるかどうか、試していないのでわかりません。もらえなくても責任は負いかねます。

Comdirekt

Commerzbankの孫銀行。口座維持費無料。さらに口座を開設すると100ユーロもらえるそうだ。本当にもらえるかどうか、試していないのでわかりません。もらえなくても責任は負いかねます。

Norisbank

Deutsche Bankの孫銀行。口座維持費無料。

Netbank

そのまんまの名前のネットバンク。ハンブルクに本社を置く。口座維持費無料。さらに口座を開設すると75ユーロもらえるそうです。本当にもらえるかどうか、試していないのでわかりません。もらえなくても責任は負いかねます。

DKB

ベルリンに本社を置くネット銀行。親銀行はバイエルン州立銀行。口座費無料です。