Berchtesgarden

Berchtesgarden

街の紹介

 

ミュンヘンまで来たら、有名なお城を見た後でいいからBerchtesgadenに行ってみよう。ベルヒテスガーデンはドイツの右下、オーストリアに槍の先のように食い込んでいる部分にある部分で、ミュンヘンから電車で2時間40分程度。この街はドイツの最南端にあり、Garmisch Partenkirchenと並ぶドイツ景勝の地。冬はスキ-客で賑わう。
町は敵の侵入を想定して、攻撃し易い低地を避けて山の斜面に建設されている。お陰で利用できる土地が少なく、その少ない土地はホテルやレストランで埋め尽くされている。その中でも一番便利な場所にあるのがこのホテル。お値段は安くないが、町の中心部にあるので何処に行くにも便利だ。ホテルの斜め向かいには市民の憩いの場があり、ここから眺める景色はステキ。貴重な土地なのに教会が数多く建っている。こちらは”Pfarrkirche”で、無理やり日本語に直すならメイン教会。言うまでもなくカトリックだ。町の真ん中に建っているのが”St. Peter”教会でなんと13世紀の建造物。横に建っているのは”Königsschloss”(王様の城)だ。後ろに見えているのは”Christuskirche”で、こちらは19世建造の新しい教会だ。対面の”Arkaden”(アーケード)には戦争の戦没者を追悼する壁画が描かれている。
町の中心部に足を運んでみよう。これが思っていたより立派で、見事な装飾を施された建物が迎えてくれる。そして見事な噴水の多い事。魚の噴水、子供と豚の噴水、その他、数多く存在してます。街中には日用品店からお土産屋、それにドイツ飯屋が多く並んでいる。もっとも高いホテルと高い食事を避けたい方は、山の斜面ではなく低地のホテルやレストランを選択しよう。

この地域が有名になったのは、あの有名なオーストリア人がObersalzbergに別荘を買った事に起因する。その後、「我が闘争」の印税で稼いだ金を惜しげなくつぎ込んで山荘Berghofを改装した。以後、政治の舞台はベルリンからこの山荘に移ってきた。ヒトラ-がイギリスの首相チェンバリンを招いて、ミュンヘン協定にサインしたのもここなら、対ロシア作戦、バルバロッサを決断したのもここだ。山荘は終戦間際にアメリカ空軍の空爆で破壊され、今は土台しか残っていない。しかし、Kehlsteinhausは健在だ。英語では、”Eagles Nest”(鷲の巣)と呼ばれるこの建物は、ヒトラ-50歳の誕生日に党の官房長Bormannが贈った豪華な茶室兼レストラントだ。この山荘に行くには”Kehlstein”という標識を頼りに山の中ほどにある駐車場に向かう。ここに車を停めると、8合目までバスが出ているので、バスの乗車券+入場券を購入する。バスの窓から見える景色は絶景なので、窓際の席を確保すべし。バスから下りたら、窓口で帰りのバスを予約する必要がある。見るだけなら2時間、しっかり写真も撮るなら2時間半~3時間後のバスを指定するといい。ここから上を眺めると、山頂に建っているヒトラーの茶室が見える。山頂には徒歩でもいけるが、トンネルの奥に総統用の超豪華なエレベーターがあるので、是非、これを利用しよう。このトンネルは囚人を死ぬまでこき使って作られたもので、今でもなんとなく不気味だ。ここでエレベーターを待つのだが、何故か写真撮影禁止。残念。その後、エレベーターは一気に124mを昇っていく。

ここからの眺めは、当時は独裁者にしか味わえなかったうっとりとする眺め。ネオナチの聖地となることを恐れたドイツ政府の方針で、2002年まで立ち入り禁止だったが、2002年5月に解禁、一般の訪問者でも訪れる事が可能になった。以後、数多くの観光客がかっての独裁者の別荘を見てやろうと押し寄せ、バイエルン州政府の大事な財源となっている。レストランで休憩なんぞしていないで、人生に一度しか来ないだろうから、忘れることのないようにこの絶景をしっかり見ておこう。ちなみに山頂から見下せる湖は、”Königssee”(王様の湖)だ。
山頂の景色を堪能したら、茶室にも入ってみよう。看板がかかっている通り、1934年築。入り口には大きな窓が採用されており、中から見ても、外から見ても圧巻だ。肝心の茶室はヒトラーがエバ ブラウンの姉の結婚式を祝った当時と差ほど変わっていない。この真ん中の席にヒトラーは座って、結婚の祝いをあげた。茶室の片隅には当時の暖炉も残ってる。
この茶室は毎年5月に雪解け具合を見て、オープンする。5月に行けばまだ雪が残っているが、相応の靴が必要。冬は大量の雪が積もるので、バスが登れず茶店は春まで閉店となる。5月、あるいは10月に訪問される方は、もう(まだ)オープンしているか、ホームページで確認してから旅行の計画を立てよう