Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
ドイツ&周辺諸国観光案内
Freiburg i.B.

> ドイツ&周辺諸国観光案内 INDEX
  
街の紹介

環境都市として日本でも報道されるほど有名になったフライブルク。ただし一口にフライブルクと言っても、欧州にはフライブルクという名前の都市が幾つも存在しています。フランスのフライブルク(Fribourg)に始まって、スイスのフライブルク、ドイツ国内、エルべ河畔には、もうひとつのフライブルク(am Elbe)があり、さらにかってのドイツ領のシュレージエン地方にもフライブルクがありました。
ここで紹介するフライブルクは、"Baden-Würtemberg"州にあるフライブルクです。混同を避けるためドイツでは"Freiburg im Breisgau"(以後、フライブルクと略。)と表記されます。このフライブルクが歴史に登場するのは11世紀初頭。今日でも町の中心部になっているWiehre地区にある小高い丘の上に立てられた城砦を"Castrum de Friburch"と呼んだのが、フライブルクの語源になっている。
銀の採掘でお金持ちになったフライブルクは、13世紀初頭、その財力を誇示する為に今日では町の象徴になっているミュンスターの建築を開始。これは16世紀になってやっと完成する大事業。14世紀にはシラーの物語、「ウイリアム テル」の題材を提供したハープスブルク家(オーストリア帝国)とこの圧制に反抗する反乱軍との戦いがあり、フライブルクは帝国軍として参戦。しかし帝国軍は敗北を喫し、スイスが誕生する事になった。この為、スイス人はフライブルクまで好んで出かけでくいるものの、生粋のフライブルク人は(数多くの戦死者を出したので)未だにこの敗北を忘れていません。

戦の後(15世紀)、フライブルク大学が建設されたので、フライブルク大学はドイツで最も古い大学のひとつだ。ドイツでは歴史の古い大学ほどいい大学であるケースが多く、フライブルク大学もこの例にもれず、著名な大学のひとつ。有名な音大もあり、街の人口は23万人程度ですが、その内2万5千人は学生で典型的な大学町です。
この街は、数多いドイツの都市の中でももっとも天気がいい町です(人口が20万人を超える大都市の統計。)ドイツの日照時間の平均は1550時間なのに、フライブルクの日照時間は1740時間と日照りの時間が最も長く、ワインの栽培が盛んです。ちなみに第二位はシュトットガルトとアウグスブルクで、日照時間は1700時間です。この天気の良さに惹かれて、フライブルクの人口は未だに増加中。郊外には次々と新しいWohnungが建っていますが、それでもまだ足らず、あちこちで工事現場が目につきます。
この影響でフライブルクにおける住居探しは大変です。小さなWGでも300EURくらいします。又、環境都市の名前にふさわしく、ごみ代金などの雑費が高く、生活費の安い町ではありません。この高い生活費は、語学学校が提供している宿泊施設の料金にも反映されており、予算重視の留学先には向いていません。

フライブルクの中央駅は、昔の姿を知っている人には目を疑うモダンで明るい建造物になってました!駅の出口から直進すると中心部に行けるので、道に迷う心配はなし。しばらくすると左手にワイン畑が見えてきます。丘の上にはお城が建ってます。日本だと「芝生に入っちゃ駄目!」「水着なんて駄目!」と駄目駄目ばかりですが、ドイツ人は裸になるのが好きなので、天気のいい日には芝生に入って水着姿で寝転んでます。ここが旧市街への入り口。直進しないで右折すると、フライブルク大学に行けます。長く工事中だった大学図書館がついに完成してました。なんというシュールなデザイン。直進すると細い通りの左右に小さな商店が並んでおり、その先に旧市役所が建っている。市庁舎の隣の綺麗な建物は、かっては旧市街の入り口にあった"Tourist Info"だ。観光案内所のすぐ先にまるでお城のような建物がある。かって神聖ローマ帝国の皇帝などの「お偉い様」が泊まった宿屋で、現在は銀行が入っている。



ここまで来ると、「ミュンスター」の愛称で呼ばれている大聖堂が「嫌でも」見えてくるので、じらさないで大聖堂を見に行こう。普通のカメラ/レンズだと収まりきらないくらいデカイ。入り口には彩色を施された像が並んでおり、結構、圧巻です。広場には噴水が多いが、この噴水はとりわけ立派。教会の周辺はかってもお金持ちが住んでいたので、その家屋が立派。とりわけ目をひくこの真っ赤な建物は、"Kaufhaus"(デパート)で16世紀に建造された。大聖堂の横にある"alte Wache"(かっての衛兵の詰め所)も、お忘れなく。平日に行くと、ミュンスターの周辺には露店が出ているが、他の観光先と異なって観光客目当ての露店ではなく、住民の生活必需品が売れているので、めぼしいものはない(筈)。
ミュンスターを見たら、"Schwabentor"を見に行こう。4時間半も車を運転していったのに、肝心の観光名所はあちこちで工事中。あの様子では今年一杯かかりそうです。フライブルク観光は2018年以降がいいです。この建物は、"Zum Roten Bären"(赤熊)と呼ばれるホテルで、開業は1120年。そう、ドイツで現存する最古の宿屋だ。目印は金の熊。ここまで来たらフライブルクの絵葉書のモチーフになっている「丘から見たミュンスター」を見に行こう。"Schwabentor"の横の回廊を渡り、坂道を10分ほど登る程度だが、「面倒」という方にはショーットカットもある。レストラン行きのエレベーターを使うと、歩くのを半分省略できちゃう。33度の炎天下、カメラ機材を抱え大汗かいて坂道を登ってきたのに、この通り木が生い茂って視界を邪魔してます。そういえば、いつもフライブルクに来たのは3月で。木々は丸坊主。でも探すと一箇所、ナイスショットを撮れる場所がありました!こちらは"Littenweiler"方面で、冬になると山に雪が積もって綺麗な景色を堪能できます。
ドイツではあちこちに見事な「落書き」が描かれており、フライブルクでは音大前の地下道が有名ですが、"Schwabentor"の近くにある落書きも立派でした。シュバーベン塔の内側に、レストラン街がある。夏になると木々が鬱蒼と茂って、自然のクーラーを提供してくれるので、夕方になると夏を楽しむ客で最後の席までびっしり埋まる。市内中心部に向かって戻っていくと、左手に"Augstinerplatz"が見えてくる。同名の博物館"Augustinermuseum"がここにある。市内中心部が"Bertoldsbrunnen"と呼ばれるこの彫刻(正確には噴水だが水は出ていない)で、路面電車の乗り継ぎの要所になっている。ここを下って行けば大学方面で、左手には"Martinstor"がある。残念ながらここも工事中で、裏側は鉄錆びが流れ出して、要お掃除。

フライブルクの郊外には観光場所が多く、Titiseeや、Schauinslandはもとより、フランスまで足を伸ばすとと〜っても風光明媚なColmarがある。車では一時間もかからないので、車で行かれた方はコルマーは必修課題です。(電車だと1時間半程度)。車で行くなら途上にあるBreisachの街も見ておきたい。モンサンミッシュエルのように、小高い丘の上にそびえ建ち、その周りを城壁が巡っています。
フライブルクで泊まるなら、ミュンスターの近くにあるメルキュールをお勧めします。 中央駅から徒歩3分のノボテルは、朝食が豪華で有名。さらに大きな地下駐車場有り。が、いかんせん古いです。メルキュールは部屋の改装工事を終えてモダンで快適です。仕事机と椅子は高さがマッチしてやる気を沸かせてくれます。日本人には欠かせない浴槽付き。さらにはクーラー完備。ドイツのホテルにはクーラーがないのが当たり前なので、気温が37〜38度になるフライブルクではクーラー付きの部屋は必修です。冷蔵庫はありませんが、いつも短期の宿泊なので困ったことはなし。朝食は、「豪華!」というわけではないが、肉、チーズ、果物は豊富。ベジタリアンにはケロッグコーナーパンの種類も豊富です。


> ドイツ&周辺諸国観光案内 INDEX

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ