Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

DiD Institut Berlin ベルリン

学生による総合評価

学校紹介

60年代にバイエルン州とヘッセン州の境にある小さな街にて、ドイツ語を教える学学校が開業します。当時は、ドイツ国内でのドイツ語レッスンへの需要が低かったため、ドイツ語のレッスンと言えば外国で習うのが主で、ドイツ国内にはドイツ語の語学学校は数少なく、異例の存在でした。ところがドイツの経済成長に伴い、外国人がドイツ時数多く住み始め、ちょうどドイツ国内でのドイツ語レッスンへの需要が高まり始めます。この学校の創始者は当時ゲーテと協議して、ゲーテと一緒にドイツ国内でドイツ語レッスンを提供しようとしますが、ゲーテはこれを固辞、外国でドイツ語のレッスンを提供するこれまでのモデルに留まることになりました。そこでドイツ語の教育をドイツ国内で行う最初のドイツ語の専門学校、”Deutsch in Deutschland”(略してDiD)と名前を改めて、ドイツ語のレッスンを始めたのが、1970年でこの学校の歴史の始まりとなります。
その後、ドイツ国内でドイツ語の需要が高まってからゲーテは国内に学校を開設しましたが、この分野でのオパイオニアはDiDになります。今でこそゲーテの試験が大学入学資格の基準となっていますが、ゲーテがまだなかった時代は、DiDの試験が大学入学資格となるほどの権威のあるものでした。現在でもこの学校独自の試験は残っていますが、時代の流れに合わせて学校では、大学入学に必要となるTestDaf試験、及び試験準備コースを提供しており、将来、ドイツ語の資格の習得、大学への進学を考えている方にも向いています。

この学校はミュンヘン、ハンブルク、ベルリン、そしてフランクフルトに学校を持っており、フランクフルトが本店となります。値段は4校、何処を選んでもコース料金、宿泊料金同じなので、ミュンヘンに留学中、ベルリンへの留学への変更も可能です。さらにこの学校の大きな特徴は、DiDは語学学校だけでなく私立の大学、職業学校なども運営する大きな総合教育機関である点です。この為、語学学校の横(あるいは近く)に大学のキャンバスがあり、大学生との交流も可能で容易にタンデムのパートナーを見つけることができます。

よくお尋ねいただく生徒の国籍ですが、ブラジル、スイス、北米、西欧からの生徒が主流で、これにロシア、南米からの生徒が続きます。日本人は希少価値で、「滅多に居ない。」との事。日本人の多いベルリンで、日本人の少ない学校をお探しの方にはお勧めです。

学校にはPCルームがあり休憩時間は生徒で賑わいます。又、バルコニーがあるので、夏は休憩時間になると「我が先に!」と生徒でごったがえします。

最後に授業時間について。午前の授業は9時から12時30分まで行われます。午後は14時45分~18時まで。ベルリン校ではクラスの数が多いため、夏季を除き、コースは午前中に行われます。

学校所在地 Novalisstr. 12 D-10115 Berlin

市内路線図

町の紹介

日本でも一番知名度の高いドイツの町、ベルリン。ただしこの地に最初に入植したのはスラブ人だ。ちょうど今のベルリン市の中心部にあたるシュプレー川に浮かぶ「島」が、13世紀の書簡でCoellnという名前で呼ばれたのが、この地方の最初の言及。ベルリンの名前はよく主張されているように、Baeren(熊)から派生したわけではなく、先住民族の話すスラブ語の”berl”(沼地) から派生した。
ドイツ人のこの地域への入植はかなり遅れて10世紀に、東からではなく、西から始まる。当然、先住民族との争いは避けられず、10~12世紀は絶え間ない戦争状態だった。12世紀にスラブ民族との戦闘に勝ったアルブレヒトにより、ブランデンブルク伯爵領がこの地に建設された。その後は、この伯爵領を巡って争いが絶えず、30年戦争ではスウエーデン軍が度々この地に侵入、破壊をしたため、町が落ち着いて発展するには至らなかった。
30年戦争後、伯爵領はようやく落ち着きを取り戻し、当時の領主が移民政策を奨励したため、ベルリンにはユダヤ人、フランス人、ポーランド人、チェコ人などが移住、人種のるつぼ状態になる。18世紀にフリードリヒ1世がプロイセンの王になると、ベルリン周辺都市を統合してベルリンを大幅に拡大、同時に、ベルリンは正式にプロイセンの首都に昇進した。その後、プロイセンがナポレオン3世を普仏戦争でを破ってドイツの皇帝に就くと、ベルリンはドイツ(第二)帝国の首都となる。第二次大戦の敗北後、ベルリンは共産主義政権の東ドイツの首都となる。1990年に東西ドイツが統合されると、「首都をボンからベルリンに移そう。」という議論が国会で交わされて、反対意見も多かったが、1991年に首都をベルリンに移すことが決定された。
ベルリンの魅力はなんといっても、リベラルな風潮。保守的な南とは正反対で、新しいものに対して許容範囲が広い。この為か、芸術活動の中心にもなっている。300万人もの人口を抱えるベルリンでは、日本食を始め、大概のものは見つかる。他の町ではとても成功しないだろう客層の狭いビジネスでも、ベルリンなら存続できるので、スタートアップ企業が多いのも特徴だ。他の町で禁止されている夜間の販売も、何故かベルリンでは小さな商店に限られるが許されている。町の景色もベルリンならでは。歴史を感じされる建物あちこに建っており、これに広い歩道が加わって、他の都市では見ることのない独特なベルリンの雰囲気をかもし出している。3百万人を越える大都市らくしく、レストランやカフェの数はとても多い。日本食ブームも手伝って、日本食レストランの数はデユッセルドルフよりも多いので、アルバイト探しにはいい環境が揃っている。
ベルリンは首都でありながら、物価、家賃が(まだ)安いのが特徴。予算重視でありながら、「国際的な雰囲気に触れてみたい。」という留学先を探しているなら、ベルリンはまさにうってつけ。外国人が多いこの街では、滞在ビザも取りやすい。もっともここ数年での家賃の上昇率はドイツ一。家賃が比較的安かったという話は、時期、昔話になりそうだ。

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

ドイツ語査定テスト、参加証、教科書, 参加証、Wifi、,課外活動

コース教材について

定期券は週割りで30ユーロ、月割りで81ユーロ。国際学生証をお持ちの方は、これが認知されると57ユーロ/月に割引されます。

生徒の平均人数

12~13名 夏季は15名

学生の平均年齢

32~33歳

最少年齢

17歳

学校スタッフが対応できる言語

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語

学生の国籍

ブラジル
スイス
米国
カナダ
ロシア
ポーランド

空港からの送迎

語学コース

コース日程

2018年

初級1(全くの初心者)の方は、下記のコース開始日からのみコース参加可能。

1月2日, 2月5日, 3月5日, 4月3日, 5月7日, 6月4日, 7月2日,16日, 8月6日, 9月3日, 10月1日,29日

以下の祝祭日には、学校はお休みになります。
1月1日、3月30日、4月2日、5月1日、5月10日、5月21日、10月3日

年末年始休校日

料金

スタンダードコース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
朝9時~12時45分 あるいは
14時45分~18時
クラスの構成:最高15名まで

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 9週間 10週間 11週間 12週間 延長/週
380EUR 560EUR 740EUR 920EUR 1100EUR 1280EUR 1460EUR 1550EUR 1640EUR 1730EUR 1820EUR 90EUR

※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

集中コース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週24レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
9時~14時30分 あるいは
13時~18時
クラスの構成:最高15名まで

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 9週間 10週間 11週間 12週間 延長/週
460EUR 670EUR 880EUR 1090EUR 1300EUR 1510EUR 1720EUR 1860EUR 2000EUR 2140EUR 2280EUR 140EUR

※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

プレミアムコース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週28レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
9時~14時30分 あるいは
13時~18時
クラスの構成:最高15名まで

1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 延長/週
300EUR 580EUR 860EUR 1140EUR 1420EUR 1700EUR 1980EUR 2260EUR 200EUR

※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

お申し込み後の手続き

お申し込み後、24時間以内にお申し込みを確認するメールをお送りします。

入学を手配して書類をメールに添付してお送りしますので、3週間以内に費用をご送金ください。

12週間以上のコースのお申し込みの場合、書類を郵送させていただきます。

入学手配後のキャンセルでは、以下のキャンセル料金が発生します。

キャンセル申込み 期日 キャンセル料金
コース開始前 1ヶ月前 180EUR
29日~20日前 50%
19日~10日前 80%
以降/コース開始後(返金はありません) 100%

※ 詳細は利用規約をご覧ください。

宿泊施設

宿泊施設

ホームステイ、WG あるいはホテルをお選びいただけます。

ホテル(シングル)

各部屋にWCが付いています
通学時間約10分(スタンダード、スピリアー)。
WLAN/Wifi可

スタンダード 270EUR/週(朝食込み)
WG(シングル)
WC、キッチンは共同使用。 155EUR/週
ホームステイ(シングル)
朝食付 205EUR/週
朝食+夕食付 260EUR/週

宿泊の形態に関係なく、時期により以下の追加料金が発生します。
7月1日~8月25日は夏季料金で週20ユーロ追加
12月23日~1月5日は100ユーロ/週追加 

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮
受講生が気に入った点

資料

学校案内パンフレット

学校案内パンフレット EN

PDFをダウンロード

学校案内パンフレット DE

PDFをダウンロード

動画