Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Sprachzentrum ゲッテインゲン

学生による総合評価

学校紹介

Sprachzentrumは、ドイツ全土にネットワ-クのあるTandem語学学校グループのひとつです。ゲッテインゲン大学は、知る人ぞ知るドイツで最も多くのノーベル賞受賞者を出している大學で、ドイツで(自称)一番優秀な大學との誉れ高い大學です。そんなゲッテインゲン大学への入学を目指して、毎年、世界中から(47カ国)生徒がやってきます。又、この付近はグリムの童話の発祥地で、ちょっと郊外に行くと、のどかな田園風景が広がっています。

都会派の人にはミュンヘンやベルリン、ケルンなどをお勧めしますが、田舎でドイツ語を学んで見たい方には、ゲッテインゲンをお勧めします。フライブルクの町も綺麗ですが、日本人に大人気。この為、「日本人の少ない学校、町に留学したい!」という穴場のドイツの町をお探しの方にも勧めです。

学校は市の中心部、旧市街地内にあり、交通の便も大変よく、買物等をするにも便利な場所にあります。この町は(日本では)マイナーな為に日本人は少ないですが、逆に初級1のレベルでは参加者が十分に集まらないので、グループレッスンは挙行されない事が多くあります。特に、寒い時期(11月~3月)は生徒が少なく、週5回のレッスンが週3回に減らされることがあります。初級1レベルの方には生徒の多い他の学校を、その他のレベルでも5月~9月の留学をお勧めいたします。

学校の住所  Hospitalstrasse 5, D-37073 Goettingen

最寄り駅 バス11,12,22番等のGeismartor

市内バス路線図

町の紹介

ゲッテインゲンは日本で知名度が低い為、似たような名前の町、ゲッピンゲン(Goeppingen)と勘違いされてしまうこともあるが、ゲッテインゲンはニーダーザクセン州の南端にある大学町だ。名前の由来は実に簡単。Goteという小川の辺にある集落だったので、ここに住む人は、「何処何処に住む人。」という意味で、”-ing”、さらに集落なので複数形の”-en”が加わわり、Gottingenと呼ばれたが、ドイツ語で発音し易いようにウムラオトして、Goettingenとなった。
市内には石器時代の居住跡も見つかっているが、町の発展は中世も中頃になってから。この地に居住して、交易を営んでいた小さな商人の集落が、街の起源になっていると推測されている。ようやく13世紀になってからこの土地を支配していた伯爵がこの地にその居住地を置くことに決定、まずは外敵の侵入を防ぐために城壁をめぐらして、やっと街の輪郭が出来上がった。こうして形成された町の中心部には市場があり、これを囲むように市庁舎や教会が建設された。この街作りのモデルは、今日でもドイツの諸都市に見ることができる。
ゲッテインゲンは交通の要所にあった為、13世紀から15世紀にかけて多くの商人がこの地を訪れるようになり、又、地場産業の織物も人気を博して、町は大いに発展する。16世紀には経済にかげりが出てきて、税金の軽減を求める商工業者と市の役人との間で小競り合いが続く。17世紀には宗教戦争(30年戦争)が悪化、街は防壁の増強を開始するが、カトリック教会軍、ワレンシュタイ将軍の軍門に下る。ワレンシュタイン将軍に身代金を払って街が開放されたと思いきや、今度はTilly将軍が街を包囲、5週間に渡って砲撃を続けた為、食料がくなり街は降伏する。降伏後も占領軍が駐留したため、住人は町から逃げ出し、この時期にはゴーストタウンになった。
町の復興は18世紀に入ってから。この町を支配下にいれたブラウンシュバイク選帝侯は、ちなみに英国でジョージ1世として英国の王家に君臨したのもこの選帝侯の息子、領内に大学がないので、この地に大学を建設する事に決定した頃から、町の復興が始まる。7年戦争時、そしてナポレオン戦争時にはフランス軍に占領されるが、ナポレオンの敗退後、今度はプロイセンが軍をゲッテインゲンに進めてきた。選帝侯は最後の抵抗を試みるが、幾戦練磨のプロイセンに歯が立たず降伏、こうしてゲッテインゲンはプロイセン領となり、今日に至っている。
ゲッテインゲンはちょうどドイツの中央にある為、交通の便が良く、フランクフルトから電車で2時間で着いてしまう。ちょうどフランクフルトから、デユッセルドルフまで行く距離と同じ。デユッセルドルフと異なり中心部には古い町並みがそのまま残っており、デユッセルドルフのコンクリートジャングルと異なり、心が和みます。又、物価、特に家賃が安いので、留学生には住みやすい町です。

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

ドイツ語査定テスト、オリエンテーション、終了証、Wifi、,課外活動

コース教材について

初級はDelfin、中級はEMを使用。

生徒の平均人数

12~13名 夏季は15名

学生の平均年齢

28~29歳

最少年齢

18歳から

学校スタッフが対応できる言語

英語、ドイツ語

学生の国籍

北米
南米
東欧
スペイン
スイス
その他

空港からの送迎

語学コース

コース日程

2018年

初級1のコ-ス開始日は以下の日に限られます。

1月8日, 2月5日, 4月9日, 5月7日, 6月4日, 7月2日, 8月6日, 10月1日, 11月5日

 

年末年始休校日

料金

集中コース

初級2レベル(学習時間200時間以上)は、毎週月曜日からコース参加が可能

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日(祝日を除く)
朝9時~12時15分
クラス定員:最高12名まで

8週間925EUR

3週間 370EUR
4週間 485EUR
以降延長110EUR/週


※この他に登録料55EURがかかります
※6月11日~9月7日は週35ユーロの追加料金が加わります。

集中コース+

集中コースに毎日、1コマの個人レッスンを加えたコースです。

週25レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日(祝日を除く)
クラス定員:最高12名まで

4週間1185EUR

2週間 605EUR
3週間 895EUR
以降延長285EUR/週


※この他に登録料55EURがかかります
※6月11日~9月7日は週35ユーロの追加料金が加わります。

サマーコース

コ-ス日程:6月26日~

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日(祝日を除く)
朝9時~12時30分
クラス定員:最高11名まで

4週間620EUR

3週間 457EUR
以降延長145EUR/週
お申し込み後の手続き

お申し込み後、24時間以内にお申し込みを確認するメールをお送りします。

入学を手配して書類をメールに添付してお送りしますので、3週間以内に費用をご送金ください。

12週間以上のコースのお申し込みの場合、書類を郵送させていただきます。

入学手配後のキャンセルでは、以下のキャンセル料金が発生します。

キャンセル申込み 期日 キャンセル料金
コース開始前 1ヶ月前 180EUR
29日~20日前 50%
19日~10日前 80%
以降/コース開始後(返金はありません) 100%

※ 詳細は利用規約をご覧ください。

宿泊施設

宿泊施設

学校で紹介してくれる宿泊施設は、ホ-ムステイ、WGになります。

ホームステイ

朝食+夕食(もしくは昼食)付36/日

朝食付 28日
WG
食事なし 24/日

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮
受講生が気に入った点

資料

学校案内パンフレット

学校案内パンフレット EN

PDFをダウンロード

学校案内パンフレット DE

PDFをダウンロード

動画