Universitaet Heidelberg

Universität Heidelberg

町の紹介

ハイデルベルクの街は、人口15万人程度の小さい街ですが、毎年350万人もの観光客が訪れるドイツでも指折りの観光地です。単純に計算をすれば、毎日1万人近い観光客が訪れている計算になります。勿論この中に、相当数の日本人団体観光者が含まれています。このお陰で土日でもお土産屋等が特別に営業を許されていますので、ここで生活している人間には非常に便利です。
ハイデルベルクの歴史は、長い(古い)です。郊外にてネアンダータール人の祖先にあたるHomo heidelbergensisの骨(なんと60万年以上も昔!)が発掘されているほどです。紀元前5世紀にはケルト人がこの地に入植、壁を築きゲルマン民族の侵入を防ぎます。ところがこの地を征服したのはローマ人。3世紀になると今度はゲルマン民族の4大種族のひとつ、アレマーネンがローマ人を追い出しこの地に入植します。この為、スペイン語では今日でもドイツをアレマニア(アレマーネンの国)と呼びます。
6世紀になると、今度はゲルマン民族のフランケンが西からこの地に侵入、アレマーネンを破ってこの地をフランケンの帝国(ライヒ)の一部にしてしまいます。この為現在でも西の帝国、つまりフランスの事をドイツ語でフランクライヒ(フランケンの帝国)と呼びます。
ハイデルベルクの発展は、神聖ローマ帝国時代にPfalz伯爵領がこの地に設けられて始まります。交易の要所にあった為、交易、つまり通行税で伯爵領は豊かになり、その後、選帝侯領と次第に地位を高めていきます。14世紀にループレヒト1世選帝侯が、神聖ローマ帝国内でプラハ、ウーイーンに次いで3つめの大学をこの地の建設します。この為、ハイデルベルク大学の正式名称は、カール ループレヒト大学と呼ばれています。
観光名所となっているハイデルベルクの城は、13世紀に城砦(Burg)として建設が始まります。この城砦を城に改築、増築したのが14世紀に選帝侯になったループレヒト3世。30年戦争時にはハイデルベルクは戦地となり、カトリック連合軍に占領されて荒廃します。その後、Pfalz選帝侯継続戦争でフランス軍が侵入、最初は強固な防壁に歯が立たず引き上げますが、二度目の侵攻ではついにハイデルベルクの城を陥落させます。和平条約が締結されると、次回の侵略が楽になるようにフランス軍は城壁、塔を爆破、今の状態にしてから引き上げていきました。居住が不可能となった為、選帝侯の居住地はマンヘイムに移動され、以後、ハイデルベルクは「古都」として、今日に至っています。
ハイデルベルクは、ドイツの玄関口、フランクフルト空港から(一度乗り換えして)電車で1時間以内の距離にありますから、長い空の旅の後でも、又、初めてのドイツでもなんとか辛抱できる(一人でも移動できる)距離です。天気はいいし、ワインはうまい、安い。おまけに買物する場所、観光場所には困らない。物価は高くもなければ、安くもなし。留学生、学生には理想的な環境です。
サマーコースの手配は官僚的で効率が悪く、大学に到着してから滞在先に案内してもらえるまで2時間くらい待たされます。この為、(好きなだけ飲める)飲み物や(好きなだけ食べれる)スナック類などは用意されていますが、お腹が空いている人はまず、付近のインビスで何か食べて(買って)から、受付に向かった方がいいかもしれません。
尚、いろんな国からの人が集まりますので、トイレに行く場合でも、貴重品を身につけて行くか、(本当に)信用できる人に預けてからその場を離れてください。

アクセスデータ

最寄空港のフランクフルト空港には、ルフトハンザやANA等のスターアライアンスの航空会社はターミナル1に到着します。第一ターミナルの地下に電車の駅があります。それ以外の航空会社(日本航空など)は、第二ターミナルに到着しますので、ターミナル1に移動してください。ここからハイデルベルクの中央駅(Hbf)まで電車でおよそ1時間です。
「ちゃんとたどり着けるか心配だ。」という方は、空港からの送迎をご利用ください。

市内バス路線図

サマーコース詳細

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

2018年 8月2日~8月29日

チェックイン、アウト

チェックイン:7月31日,8月1日(12時~19時まで)    チェックアウト:8月30日(10時まで)

授業時間

 授業は9時~12時30分まで、(週20単位)。

クラス定員

 16名程度

申し込み期限

 定員になり次第締め切りとなります。(通常、4月末に定員になります。

遠足

ボーデン湖、ケルン、ニュルンベルクローテンブルクシュトラースブルク、トリアー、テユービンゲン

費用

790ユーロ

費用に含まれるもの

授業料

公演、ワークショップ、午後のゼミナール

弊社の手配手数料

宿泊費

平均して360ユーロ(現地で現金での支払いになります。)

宿泊施設

コース事務局は夏休みに帰郷する生徒から部屋を借り受け、これをコースの参加者に紹介する形です。

部屋には、机、椅子、ベット、蒲団、戸棚などがついています。

寝具は貸与されますが、シーツ、布団カバー、枕カバーなどは貸与されず、持参になります。

昼食は学生食堂(有料)で取れますが、朝食・夕食は各自で調達・調理が必要です。

インターネット、Wifi

大学構内ではWifiが使用できます。

参加条件

 18歳以上。

その他

コース参加には、ドイツで有効な健康保険に加入されている事が条件です。
一ヶ月の海外旅行保険はたったの37ユーロで加入できますので、加入されてから渡独してください。

お支払い

お申し込み後、24時間以内に請求書を発行しますので、1週間以内にお支払いください。

お支払い方法には費用が一番安い郵便局からの送金をお勧めします。
心配な方はPaypalでの支払いもできますが、日本のからのお支払いには5,6%の手数料が加算されます。

キャンセル

6月15日まで  290ユーロがキャンセル料となります。

以降       返金はありません。