観光 雨にも負けず

ロマンチック街道を制覇せよ! ドイツアルプス編

投稿日:2018年3月18日 更新日:


自宅から車で4時間半、着いた~。

日本で
「アルプス」
と言えば
「スイス」
を指します。

ドイツにもアルプスがあります。
おまけにスイスと比べると格安です。

ベルヒテスガーデン

有名なのは
“Garmisch-Partenkrichen”(ガルミッシュ パルテンキルヒェン)

“Berchtesgarden”(ベルヒテスガーデン)。

後者は自宅からわずか240Km。
渋滞がなければ、2時間半で着く距離です。

天気の回復をじっと待ち、
「南部はしばらく晴天が続きます。」
という予報を聞くと、ホテルを予約。

出発

翌日、5時に起き。

出発!
関根の山が、ミュンヘン環状線。

2時間経っても未だにミュンヘン郊外。
持病の腰痛がズキズキ。
ブル~。

2時間かかって脱出。
その後も道路工事の渋滞で1時間なくしました。

ナビゲーションが間違った道を案内、さらに40分無駄になりました。
町の郊外に達すると車を停めて撮影。

青い空に白い山頂が映えます。
ふ~。

ゲストカード

やっとホテル到着。

一泊する人はまずはホテルに向かい、
「ゲストカード」
を取得しましょう。

これがあると駐車場、入場料の割引が効きます。

レセプションで
「宿泊するからゲストカードを頂戴。」と言うと、
「何でこんなに早く来るんだ。」
と、ご機嫌斜め。

流石、ドイツ人女性。

ドイツ人男性にホモが多いのは、女性の性格が悪いから?

Kehlstein

これを取得すると、ナビが当てにならないので標識を見ながら

“Kehlstein”
に向かいます。

BMWで山道を走るのは楽しいです。
ハンドルが正確。
メルセデスはイマイチ。

でかい駐車場に着きました。
ここでいいのかしらん。

かなり離れた場所で、チケット売り場を発見。
バスの乗車券と入場料が一緒になっています。

道中、絶景を堪能できるように窓際を確保しましょう。
私は最前列を確保。

出発!

この通り道が狭いので、一方通行です。
バスの運転手の操舵がお見事。

戦車はぶつけても凹まないので運転できました。
バスは無理。
はい、到着。

天辺に見えるのが有名なヒトラーの茶室です。

でもその前に、
「帰りのバスは何時にする。」
と聞かれます。

何時にするかと聞かれても、撮影に何時間かかるかわかんない。
適当に、
「2時間後。」
と言って登頂。

テレビで見ていたのと同じ入り口。

トンネルは薄気味悪い。

ここからエレベーターに乗ります。

が、ご覧の通り撮影禁止。

真鍮製の豪華な
「総統用エレベーター」
で、山頂まで一気に上っていきます。

折角、いい所なのに今週はここまで。

ドイツアルプスの絶景は、来週までお待ちください。

-観光, 雨にも負けず

執筆者:

nishi

comment

関連記事

Engelsspiel(天使の宴) | 雨にも負けず, 観光 | ドイツ留学専門店

“Engelsspiel”(天使の宴)

アウグスブルクに住むなら一度は見ておきたい天使の宴 男性は、 「クリスマスマーケットなんか行きたくない。」 と言います。 この記事の目次 現実派 vs. ロマン派最後のチャンス?ライトアップ 現実派 …

目指せベルリン ペルガモン博物館 | 雨にも負けず, 観光

目指せベルリン ペルガモン博物館

ペルガモン博物館の目玉 イシュタール門 博物館島で一番人気のペルガモン博物館。 ここには、かってのバビロン周辺で発掘された史跡が多く展覧されています。 この記事の目次 バビロンバビロンの防壁イシュター …

日本帰国準備シリーズ 健康保険を解約編 | 雨にも負けず, 生活

日本帰国準備シリーズ 健康保険を解約編

パキングあっと言う間に完了! 「始まりのある物は、終わりもある。」 という有名な映画の台詞があります。 まさにその通り、長かったドイツ滞在も終わりに近づいてきました。 10月から、オフィスを名古屋に移 …

目指せベルリン!Lustgartenからaltes Museum | 雨にも負けず, 観光

目指せベルリン!Lustgartenからaltes Museum

ベルリン ドーム 観光案内からブログ、どれを読んでも 「ベルリン観光の王道は100番バス」 と書かれいます。 でも大事なことが書かれていない。 滅茶苦茶遅れます。 夜間撮影に行く際、アレクサンダー広場 …

ND フィルター | 雨にも負けず, 趣味 | ドイツ留学専門店

ND フィルター

Gobe製 NDフィルター そもそも三脚を買ったのは、 「長時間露出」 を試したかったから。 シャッタースピードを遅くして、撮影する方法です。 晴天下で撮影する場合のシャッタースピードは、300~40 …