ドイツ近代、現代史

【ドイツ経済史】BMW 誕生100周年!

投稿日:


アウグスブルクで目撃!BMWのクラシックカー

2016年に誕生100周年を迎えた”Bayerische Motoren Werke”(バイエルンモーター工場)、通称BMW。日本でも有名で名前を知っている人は多いのが、会社を知っている人は少ない。

その会社の歴史を知っている人は、さらに少ない。メルセデスがBMWをただ同然の金で買収する話になっていたことを、どれだけの人が知っているだろう。しかし今やメルセデスも羨む、「ドイツで一番利益効率のいい車メーカー」に変身した。

BMW 誕生100周年を記念して、今日までの軌跡を紹介してみよう。

BMW 誕生

会社の創設者はKarl Rapp というドイツ人だ。バイエルン人はがっかりするかもしれないが、バイエル人ではない。勤勉(そしてケチ)で有名なシュヴァーベン人で、テュービンゲン郊外の田舎町で生まれた。

技術者の見習いを終えて就職したのが、当時からシュヴァーベンの大企業だったダイムラーだ。その後、当時の最先端だった飛行船のモーターを製造する会社に転職する。そう、ドイツでは当時から、同じ会社で定年まで働く思想はなかった。

ところが転職したこのモーター会社が、倒産してしまう。日本なら再就職を考えるだろうが、そこは生まれ持った企業家、鶏口牛後の精神でDörhöfer という会社を買収する。この会社はミュンヘンで飛行船のエンジンを開発、製造していた。買収後、会社名を”Rapp-Motorenwerke”と命名する。

その1年後の2017年、会社の名前を”Bayerische Motoren Werke GmbH”と改名、さらに1年後、投資家からお金を集めるために株式会社に転換、”Bayerische Motoren Werke AG”、通称 BMWとなった。

ラップ氏が後に息子に語った話によると、BMWの起源はケムニッツ(東ドイツ)にある”Schneeweis”(雪のような白)という会社にある。この会社は飛行船のモーターを建設していたが、会社の経営に行き詰まり、Dörhöfer 社に買収されていた。これが理由で飛行船のモーターに詳しいラップ氏が、この会社に目を付けた。

BFW 改め BMW

BMW の発展は戦争と繋がりが深い。会社がまだGmbHであった頃、世の中は総力戦の第一次大戦中。ここで同社の技術者が高高度でも馬力を失わない航空エンジン、BMW IIIa を開発する。まさにこれがBMWで今日まで受け継がれている、水平対向6気筒エンジンだった。

参照元 : wikipedia

陸軍調達局がこのエンジン性能に感激して、名もない会社に2000個のエンジンを発注する。このBMWの最初のエンジンが搭載された戦闘機が、フォッカーD7型(Fokker D.VII)で、第一次大戦中の最高傑作品と呼ばれている。

参照元 : wikipedia

こうして誕生したばかりの会社は、彗星のように表舞台に出てきた。しかしドイツの敗戦に伴い、ドイツは今後5年間、飛行機(それに飛行機エンジン)の製造を禁止される。飛行機エンジンが唯一の製品だったBMWの運命は、これで尽きたかに見えた。実際、イタリア人の大株主は株を売却して会社を離れるが、BMWの名前の権利だけはもっていってしまう。残されたのは、名前も売れる品もない工場。

そこでまずは同社が1916年に別個に登記していた Bayerische Flugzeugwerke(略称 BFW : バイエルン飛行機工場)を、1922年に BMW AGと改名。二度目のBMWの誕生になる。同社の企業史には、この後者の誕生話のみ語られているが、実際にはもっと複雑な事情があった。

結果、「バイエルン飛行機工場」、通称、BFW の名前が存在しなくなった。「それはもったいない。」とBMWは1923年、アウグスブルクにてもう一度、「バイエルン飛行機工場」、通称、BFW を登記。これは後にメッサーシュミット AGとなり、メッサーシュミット氏の設計により、数々の名機を生み出すことになる。

会社再建

会社にとって幸いだったのは、技術者が会社に残ってくれたこと。あの航空機エンジンを設計した技術社が、今度はBMW最初のバイク、R32を開発した。

参照元 : wikipedia

開発者はこのバイクの設計に、5週間しかからなかったと言っている。これが今日でもBMWの製品のひとつになっているバイクの誕生で、当時から2気筒の水平対向エンジンを積んでいた。

1924年に航空機エンジンの生産禁止令が解かれると、(禁止中もひそかに開発を続けていた)同社は直ちに製造を開始、BMWは見事に復活を果たした。

BMW 自動車メーカーへ変身!

1928年、BMWはアイザナッハにあった小型車を製造していた車メーカーを買収して、同社初の車の開発を始めた。翌1929年、早くも会社で最初に完成した車、BMW 3/15 を発表した。実はこの車、英国のオーステイン社(車)のライセンス生産だった。こうして会社は自動車製造のノウハウを身に付けていった。

本当にBMWが最初に開発した車は。1933年に発表されたBMW303型だ。

参照元 : wikipedia

6気筒の水平対向エンジンは勿論、ここで初めて有名な”BMW-Nieren”(BMWの肝臓)が登場した。そう、豚鼻ではなく、ドイツでは肝臓と呼ばれている。技術者曰く、「空気取り込み口を斜めにして角をなくすことで、空気抵抗を減らす目的があった。」との事で、デザイン性を優先したものではない。

1937年からたったの2年間、462台だけ生産されたスポーツ車”BMW380″はレースで数々の勝利を収め、同社の戦前の最高傑作車だ。

参照元 : wikipedia

現在では50万ユーロもの値がつく、オールドタイーマーファンの憧れの的だ。

第二次大戦中の活動

第二次大戦中はBMWは主に航空機モーターを生産した。同社の売り上げの90%は、航空機モーターのドイツ空軍への納入から来ていた。戦争中に開発された内燃エンジンの最高傑作は”Doppelstern”(二重の星)構造の BMW901 エンジン。1800馬力を超える高性能を誇り、主要な戦闘機に搭載された。

参照元 : wikipedia

最終モデルは2000馬力を超える能力も発揮したが、消耗が高く、部品交換、整備が欠かせず、ドイツ空軍は数の上で圧倒的な優勢を誇る連合軍を前に、制空権を回復することはできなかった。最後には体当たりで敵機を撃墜させる作戦、”Wiledesau”が採用されるほど、劣勢に立たされた。

この劣勢を一気に回復させる目的で開発されたのが、BMW003の名前で開発されたBMWのジェットエンジンだ。

参照元 : wikipedia

世界初の技術で開発が遅れ、実線に投入しても故障なく機能するようになったのが、終戦間際の1944年。世界初のジェット戦闘機、Heinkel He 162に搭載されたモデルでは10万馬力を発揮した。

参照元 : wikipedia

このエンジンは日本でも石川Ne-20の名前でライセンス生産されたが、当時の日本の技術力ではドイツ生産の60%の出力しか出せなった。第二次大戦後、このエンジンはソビエト軍に押収されて、ソビエトで開発、自己生産されて誕生したのがミグ-9戦闘機。朝鮮戦争で米国のプロペラ戦闘機を相手に大活躍した。

戦争中にBMWが軍に開発したサイドカー付きのバイク、R75はとても有名で、今でも戦争映画には欠かせない。

参照元 : wikipedia

会社倒産の危機

敗戦により、ドイツは再軍備を禁止された。空軍がないので、これまで収入の90%を占めていた飛行機エンジン事業がなくなった。車の生産をしたいが、軍事産業に従事した工場はほぼ破壊されており、生産を開始する工場も資産もなかった。唯一、エイゼナッハの工場は生き延びたが、ソビエトの占領地域。

仮に工場が無傷でも、これまでミュンヘン工場では車を生産したことがなく、設計図もノウハウもなく、車の生産は困難だったろう。BMWは瓦礫の中から拾い出し整備した機械で、戦前のバイクや鍋、車のブレーキの生産をして細々と生き延びていた。

1948年に総力を結集して戦前のオートバイ、R23の継続モデル、R24を発表した。外見も中身も、ほぼ戦前のモデルと変わらないこのバイク、搭載していたのは単気筒エンジン、これが、BMWが作れる最高技術作品だった。

参照元 : wikipedia

1952年、バイエルンモーター工場は文字通り会社の命運をかけて、戦後初の自動車、それも高級モデルBMW501/502を発表した。

参照元 : wikipedia

お得意の6気筒水平対向エンジンを積んだこの車は、「バロックの天使」という愛称を頂戴して、人気モデルになった。2年後には会社で始めての8気筒モデルまで導入された。これでBMWの再生か?と思ったら、全く逆の結果になった。

バロックの天使の車体の製造は想定以上の費用が必要で、車を売ると4000マルクの赤字を出す結果となった。これに加えて50年代にはバイクの売り上げが減退、1958年、59は大赤字に陥った。

当時、BMWの所有者はドイツ銀行だった。過半数を超える株を所有しており、社長も取締り役員長もドイツ銀行員。銀行員は数字しか見ないので、赤字の会社の将来はないと判断、ダイムラーベンツに売却されることになった。

何故、ダイムラーなのか?それは当時、ダイムラーベンツの所有者もドイツ銀行だったから。今では想像できないが、ドイツ銀行はドイツを代表する複数の企業を所有する、名声も実力も備えた大銀行だった。

風前の灯だったバイエルンモーター工場のダイムラーへの売却を阻止したのは、残存株主、労働組合、それにお金持ちの石炭商人だった。反対派はフランクフルトの弁護士の助けを借りて、10%の株式を取得、ドイツ銀行の計画をストップさせることに成功した。

BMW 救世主の登場

身売りを回避したBMWは、お金を稼げる(大量に売れる)庶民向けのモデルが必要だと悟ったが、開発費は何処にもなかった。ドイツ銀行に頼んでも新たな融資をしてくれることは有りえず、このままジリ貧からドカ貧になるのを待つだけだった。

ここで企業家のクアント氏が、まさに白馬に乗って登場した。同氏はバイエルンモーター工場が大型増資を行い、ドイツ銀行の影響力を最小限度に抑えることを提案した。大型増資を行なっても、「倒産間際の会社の株を大量に買おう!」という奇特な人がいないのは、火を見るより明きからか。

そこでクアント氏は、「売れ残った株は、俺が全部買ってやる。」と提案した。同氏の提案が採択され、BMWが大型増資を行なった結果、クアント氏は60%を越える株を所有する筆頭株主になった。

豊富な資金を手に入れたバイエルンモーター工場は、1962年、BMW1500を発表した。

参照元 : wikipedia

メッセで大人気を博し、「購入価格は8500マルク」と発表したが、販売開始の前にはインフレで9485マルクに値上げされたが、車は売れた。その後、1600シリーズ、1700シリーズ、2000シリーズが登場、どのモデルも消費者に大いに人気になり、このモデルはBMWの救世主となった。

多角化

1970年、新社長がキューエンハイム氏が就任する。同氏は20年以上に渡って社長に就任した伝説的なマネージャーで、彼の任期中、BMWの売り上げは18倍に躍進した。そしていよいよ同氏の下で、今日まで続いている3シーリーズの初期モデル、 BMW E21が登場する。

参照元 : wikipedia

「あやうく倒産」の経験からバイエルンモーター工場は、ひとつのモデル、事業だけに集中することに危険を感じ、事業を多方面に広げていった。ソフトウエア、化学品の製造会社、さらにはかっての航空事業にまで手を広げた。航空事業を除けば、この「多角化」の多くは失敗した。

キューエンハイム氏の跡を継いだ社長は、BMW一社だけでは車の生産台数が少なくて、世界企業になれないと確信、他社を買収する戦略にでた。この頃に英国のローバー社、ロールスロイス、さらには日本の三菱まで傘下に入れた。

これが大失敗に終わった。長く赤字を出して悲鳴を上げていたローバーは、ドイツ人が陣頭指揮をとっても会社の赤字体質は改善せず、BMWが稼いだ金を食べるだけの親のすねかじりから、一向に成長できなかった。BMW は、ローバーの参加にあった「ミニ」だけ保持して、残りを英国の投資家グループに売却した。大損を出した社長はその責任を取らされて、首になった。

ロールスロイス争奪戦

この時期、センセーショナルなロールスロイス争奪戦が繰り広げられた。当初、BMWは車のロールスロイス社と買収交渉を進め、買収額も決まっていた。ところがここで高級車を欲しがっていたフルクスヴァーゲン社が噂を聞きつけて、高額の買収オファーを出してきた。

その後、双方、買収額を釣り上げて、争奪戦が繰り広げられた。最後に勝った(買った)のは、金に物をいわせたフルクスヴァーゲン社。ところが今、ロールスロイスを生産しているのは、BMW。一体、どうしたことだろう。

バイエルン人は、金の代わりに頭を使った。調べてみると、「ロールスロイス」の登録商標は車を生産しているロールスロイス社ではなく、航空機エンジンを生産しているロールスロイス社が所有していることがわかった。

車を生産しているロールスロイス社は、お金を払ってこの名前を使わせてもらっていたのだ!そこでBMWは航空機エンジンを生産しているロールスロイス社と交渉、「ロールスロイス」の登録商標を買収してしまったのだ!

高い金を払ってロールスロイス社を買ったフルクスヴァーゲン(VW)は、残り2年間の登録商標の使用権と、傘下にあったベントレーだけ。そこでVWはロールスロイスの製造を諦め、ベントレーの製造に集中した。これがうまくいったが、ロールスロイス争奪戦は今でも車業界で語り草になっている。

成功の裏には?

車の生産台数ではVWは世界一だが、同社の “Brot & Butter”(商売の基幹)であるフルクスヴァーゲン車、利益率が低くて、お金を稼いでいない。アウデイなどの高級車モデルになると利益率がよくなるが、それでもBMWの利益率には遠く及ばない。

バイエルンモーター工場は世界でも指折りの利益率の高いメーカーで、唯一、日本勢ではスズキだけがBMWの数字を上回っている。お陰でBMWのマネージャーは車業界で最もヘッドハンテイングされる確立が高い。

ローバー買収でバイエルンモーター工場を首になった社長、その後、VW の社長に納まったのは有名な話。それほどBMWのマネージャーはとても人気が高い。一体、バイエルン人はどうやっているのだろう?

その成功の裏には同社を支えている大株主、クアント家の存在があると言われている。一家で過半数の株を所有しているので、BMWは大胆なプロジェクトに着手できる。プロジェクトが失敗して株価が低迷しても、クアント家は株を手放さず、会社を支えてくれる。こうした後ろ盾があるので、大胆な改革を行い利益率が高くなっていると言われている。

クアント家

クアント氏の投資で、クアント家はドイツを代表する大富豪になった。今はクアント氏の子供が株を分散所有しているが、娘のクラッテン女史はドイツで一番のお金持ちの女性だ。クアント家、BMWを買収する資産を一体、どこでその富を得たのだろう。

実は同氏、戦争中、ナチスに協力して占領地で企業を強制買収して、事業を拡大していった。本来は戦争犯罪人としてニュンベルク裁判で訴えられる筈だったのだが、クアント氏は姿をくらましており、占領軍の追及を受けなかった。それでも本来なら欠席裁判が開かれる筈だが、開かれなかった。

こうして戦後、クアント氏は戦争犯罪人の汚名を着せられることなく、堂々と事業を再開することができた。

 

-ドイツ近代、現代史

執筆者:

nishi

comment

関連記事

シュリーフェンプラン | ドイツ近代、現代史 | Pfadfinder24

シュリーフェンプラン

シュリーフェン元帥が立案したフランス攻略計画 ビスマルクは首相になる前、ロシアで外交官として勤務していたことがある。ビスマルクは首相になるとこの関係を利用して、ロシアと一種の「中立同盟」を結んでいた。 …

プロイセンの台頭 - 兵隊王 | ドイツ近代、現代史 | Pfadfinder24

プロイセンの台頭 – 兵隊王

ドイツ史の初回は、今日のドイツを形成する原動力となったプロイセンの誕生とその初期の発展について紹介します。 この記事の目次 プロイセン王国誕生兵隊王欧州の大国に先制攻撃7年戦争ポーランド分割 プロイセ …

プロイセン軍 内部改革 - ドイツ参謀本部の誕生 | Pfadfinder24

プロイセン軍 内部改革 – ドイツ参謀本部の誕生

ドイツで一番でかいビスマルク像 ドイツ第一帝国とされる神聖ローマ帝国。実際にはローマとは関係なく、神聖でもなく、帝国でもなく、諸侯の連盟であった。他国のようにドイツが統一されなかったのは、諸侯が軍を進 …

ドイツ第二帝国樹立 - ナポレオン vs. モルトケ | Pfadfinder24

ドイツ第二帝国樹立 – ナポレオン vs. モルトケ

勝利の塔に描かれた第二帝国の戴冠式 オーストリアを破ったプロイセンが盟主になって、北ドイツ同盟が発足したのが1867年。プロイセン主導のドイツ統一まで、あと一歩だ。プロイセンはまだ独立王国であるバイエ …

ドイツ統一戦争 - ケーニヒスグレーツの戦い | Pfadfinder24

ドイツ統一戦争 – ケーニヒスグレーツの戦い

ドイツ参謀本部長、モルトケ元帥像 対デンマーク戦で勝利を収めたプロイセンとオーストリアは、デンマークから割譲された領土をシュレスビヒ州に取り込んで、シュレスビヒ – ホルシュタイン州を設立 …