ドイツの達人になる 詐欺、盗難

社長詐欺

投稿日:2018年8月15日 更新日:


社長は中国に出張中?

ここで取り上げる記事の多くは、ドイツに留学される、あるいはドイツに滞在されている個人を対象にしたものです。何もわからない国で生活を始めると、遅かれ、早かれ、いずれはトラブルに遭遇します。そこで私自身のこれまでの経験を元に、日本人向けのアドバイスを上げてきました。しかしドイツで就職される方も多く、こちらのページの定期購読者にはドイツで働いている方が多いので、今回はドイツで人気の法人詐欺を紹介します。

CEO-Betrug

詐欺の名前は”CEO-Betrug“、英語の表現を使って “CEO-Fraud“(社長詐欺)、あるいは “Fake President” とも呼ばれる。ドイツ語でぐぐれば、この社長詐欺の例が多く表示されるので、どのくらい流行っているか、よくわかります。ある機関がこの社長詐欺に関して、無差別に選抜した500のドイツ企業に問い合わせたところ、なんと40%の会社がそのような「お誘い」を受けたという

参照元 : Handelsblatt

この詐欺がまだ「目新しい」頃、有名な会社が4千万ユーロも騙し取られた例がある。

参照元 : Spiegel

おそらくこれが「真似」をする輩を誘発した。最近では企業も社長詐欺対策を導入、100万ユーロを超える送金には、上司の承諾が必要とした。そこで詐欺師は詐欺の額を1億ユーロ未満に下げた。これが大成功。被害の上昇が止まらない。

中小企業はこの社長詐欺に遭っても、被害届を出さないことが多い。被害届を出してもお金が戻ってくるわけではなく、恥をさらすだけの結果に終わることが多いからだ。とりわけ面子を最優先する日本企業などは、この社長詐欺に遭っても警察に届ける事はないだろう。だから実際の被害例は、報告されている件数よりもはるかに多いと見られいる。

詐欺道具

社長詐欺に必要なのは、お金を受け取る銀行口座、インターネット、それにメールアドレスだけ。今時、これをもっていない人物を見つけるのが難しい。簡単に詐欺が出来て、大金が儲かるとなれば、誰もが真似をするのは無理もない。足がつかない銀行口座は、香港で”HSBC”に口座を開けばいい。

詐欺方法

では、肝心要の詐欺の方法を紹介します。まずはお金をもっていそうな会社を探して、会社のウエブサイトから経理の担当者の名前とメールアドレスをゲットしよう。ウエブサイトに載っていない?全く、問題ありません。会社の受付に電話、「貴社から弊社の口座に振込みがあったが、何かの間違いじゃないかと思う。」というだけ。すると経理に繋いでもらえるので、相手の名前とメールアドレスを聞くだけ。

一ヵ月後、「○○さん、今、中国に来ているんだが、すごくいい話があった。買収するために現金が必要だ。どのくらい会社の口座に残っているか調べてくれ。」と経理の担当者にメールを送ります。言うまでもなく、送ったメールが会社の社長のメールアカウントに見えるように工作しておくこと。今時の高校生でもできちゃいます。「話がもれたら、おじゃんになるので口外厳禁。」と書くのもお忘れなく。

このメールを受け取った経理は、「おかしい。」と思わないで、「社長自ら、私を名指しで呼んでくれた!」とすっかりハッピー。会社の口座残高を確認して、「社長」に返信。すぐに社長から返事が来て、「この口座に100万ユーロ送ってくれ。」と指示が来る。経理は銀行に行き、指示されたとおりの送金を指示。お金は広大な中国大陸のどこかに消えてしまう。

「騙された。」と気がついた経理の方の感情は、察するに余りある。「なんで上司に相談しなかったのだ。」、「なんでおかしいと思わなかったのか。」と散々非難されて、最初の警告をいただくことになる。「いい仕事をして自分の能力を見せたい。」といういい社員の前向きな態度を利用する絶妙な詐欺なので、被害が後を絶たない。

銀行が悪い?

この社長詐欺で170万ユーロを騙し取られた中小企業が、「銀行が送金を止めるべきだった。」として銀行に損害賠償請求を上げた。銀行がこれを拒否したので、裁判になった。原告側は、「経理には170万ユーロもの送金を行なう権限を持っていなかった。彼女が送金を指示しても、銀行はこの点を指摘して、送金をストップすべきだった。」と主張した。一方銀行は、「送金の依頼を受けたら、これを実行するのが銀行の仕事だ。」と責任を拒否。

判決が注目されていたが、カールスルーエの地裁は周囲を驚かせたことに、銀行側の落ち度を重大と判断、この銀行に170ユーロを払うように命じた。

参照元 : Handelsblatt

この判決は銀行業界にアラームを鳴らした。この判決が最高裁でも認められた場合、銀行は過去に起きた、将来に起きる社長詐欺の被害総額を負う事になるからだ。

警察詐欺

この機会にもうひとつ似たような詐欺を紹介しておこう。カテゴリーは社長詐欺の分野に入るのだが、その不法は全く別物。

詐欺方法

個人ではなく、会社にウーベ ベッカーと名乗る人物から電話がかかってくる。首相府で働いており、海外で誘拐されたドイツ人の人質を解放する資金を調達中だが、4千万ユーロ足りない。「あなたの会社から幾らか払えないか。」という見えすぎた詐欺だが、それも被害者が出てる。ドイツ人人質を助けようという善意を悪用したひどい詐欺で、ドイツの検察庁もホームページで警告している

参照元 : BKA

詐欺対策

警察は社長詐欺の予防手段として、一定の額を超える送金には同僚、あるは上司の了解を必要するシステム、通称、”Vier-Augen-Prinzip”(4つの目システム)の導入を奨励している。二人で送金を監視すれば、どちらかがおかしい気づく可能性が高いからだ。しか社長からのメールで、「誰にも言うな。話が漏れたらおじゃんになる。」という注意がこれが機能しないケースも多い。

 

-ドイツの達人になる, 詐欺、盗難

執筆者:

nishi

comment

関連記事

Die Kur (17.01.2017)

“Kur”というすぐに覚えられる単語は、「療養」という意味の名詞。これが動詞になると”kurieren”となり、「治す。」という他動詞になる。これにドイ …

洗車 | ドイツの達人になる, 規則、法律 | ドイツ留学専門店

洗車 (11.03.2014)

実に良く出来たドイツの洗車機 「どうしてドイツでは、誰も路上で車を洗っていないのでしょう。」と、早く愛車を洗いたくてウズウズしている日本人。ドイツ着任以来、路上で車を洗っている光景を一度も見かけなった …

かっての Citi Bankは TargoBankになりました。 ローン申請手数料 日本では当たり前でも、ドイツでは法律違反な事が多々あります。そのひとつがローンを組んだ場合に金融機関が要求する手数料。銀行はお金を貸す際に高い利子を課して儲けている。

クレジット手数料  (15.06.2014)

かっての Citi Bankは TargoBankになりました。 この記事の目次 ローン申請手数料ある消費者の抵抗最高裁判決手数料返却の障害 ローン申請手数料 日本では当たり前でも、ドイツでは法律違反 …

ドイツの介護事情 | ドイツの達人になる, 医療、保険 | Pfadfinder24

ドイツの介護事情 (16.11.2014)

ドイツでも介護士は大きく不足しています。 この記事の目次 認知症大国ドイツで導入された介護保険介護保険の内訳現代版姨捨山?介護士の事情 認知症大国 日本は認知症大国と言われて久しい。実際にはどのくらい …

外で喫煙する女性

賃貸に関する民法  (17.02.2015)

2015年から新しい法律が幾つか施行された。言葉の不自由な外国人のこと、気が付いていない方がほとんどだろう。しかし、「知りませんでした。」では済まされないのがドイツ。法改正を知らなくて何もせず、事故が …

最新投稿