お買い物 ドイツの達人になる

中国人の地下工場で作られたブランド品は本物?

投稿日:2013年10月2日 更新日:

中国人の地下工場で作られたブランド品は本物?

日本人の大好きなブランド品。高級品を身につけることで、まるで自分自身もグレードアップされたような気分になるらしい。日本人のブランド趣向には、日本人特有の虚栄心(コンプレックス)もその影に見え隠れしている。

しかし高い金を払って購入した自慢のブランド品が、タイの路上で買った中国製の偽ブランド品と(大して)変わらないと知ったら、ショックを受けるに違いない。

イタリア人の訴え

「ミラノの本店でコピーが売られているんだぞ。何も知らない観光客はわざわざイタリアまで来て、高い金を払ってコピーを買って帰る。hip.gifみたいだろ。」とは仲のいいイタリア人。

奥さんがドイツでイタリア製のブランド品を販売しており、旦那がその宣伝を行うという典型的な(?)イタリア人のカップルだ。皆まで言えば、(美人の)娘はデザイナーになりたいという。

当初、イタリアのブランド品を販売して生計を立てているイタリア人が、何故、イタリア製のブランド品の悪口を言うのかよくわからなかった。おまけに(説明が悪いので)「まさか本店でコピーが売られてるわけがない。」と、頭からこの話を信用しなかった。ところが実情は、そうではないようだ。

中国人の植民地 イタリアの Prato

イタリア北部のトスカーナにあるPratoは人口18万人ほどの町。この町が他のイタリアの都市と違うのは、なんと5万人、すなわち人口の30%が中国人である事だ。

この町にはブランド品の下請工場が多い。ここで日本人の大好きなブランド品が縫われて、ミラノなどの高級ブテイックは言うに及ばず、世界中の高級ブテイック店で販売されいる。

高級ブランド品になる前に、メーカーは職人の腕を必要としない簡単な仕事、ファスナーやボタンなどの取り付けを、現地に住む中国人労働者に任せていた。その後、下準備の出来た生地はイタリア人職人の工場に運ばれて、高価なブランド品になる。

これはすでに30年も前に始まったことで、何も今日に始まったことではない。

ところが日本を始めとして、ブランド品が中国など新興国人気を集めると、メーカーはもっと多くの商品を生産して、儲けを増やすチャンスを見出した。ここで注目されたのが、これまでは下請工場で簡単な仕事をしていた中国人労働者である。

中国人の地下工場で作られたブランド品は本物?

お給料の高いイタリア人職人を使わずに、中国人労働者に完成品まで縫わせてしまえば、製品が1/10の値段で製造できてしまう。中国人が縫おうが、イタリア人の熟練工が縫おうが、”Made in Italy”には違いない。

そう考えたメーカーはオリジナルの生地を現地の中国人渡して、中国人にブランド品を縫わせることにした。これがきっかけになり近年、イタリアの北部では中国人労働者の大移動が始まり、中国人移民の数は3倍、20万人に急上昇した。

中国人が従事する地下工場

中国からやってきた労働者は(大概、違法就労なので)、イタリア人労働者のような労働環境は必要はなく、地下に設けられた換気の悪い部屋に閉じ込められて1日12時間も働く。

こうした工場で縫われた”Made in Italy”のTシャツは、なんと3ユーロ50セントという激安の値段である。この価格の謎を解き明かすため、ドイツのレポーターが店主を装って現地に行き、地下の工場を営む中国人と交渉をした。

「500着注文してくれれば、1着、2ユーロ75セントまで割引するぞ。」と「工場主」はレポーターに大幅割引を提供した。

バイヤーを演じているレポーターが、「完成までに何週間かかる。」と聞けば、「朝から晩まで働かすので、1週間で完成する。」と急なオーダーにも対応できる柔軟性を見せている。この値段にイタリアの地場の繊維工場が太刀打ちできる筈はなく、次々と倒産する憂き目にあっている。

中国人デザイナー、独自ブランドを立ち上げる

イタリアのブランド品メーカーは、「何でわざわざ高い熟練工を使う必要がある。」と儲けに目がくらんで、危険に気づいていない。地下工場で中国人の違法就労者に縫われ、高級ブテックで売られているブランド品と、タイや香港の路上で販売されている「本当の偽物」と、一体何処が違うのだろう。

事実が知れ渡れば、「そんな製品に大金を払うのは馬鹿馬鹿しい。」と消費者(日本人)が考えだすのも、そう遠い日の事ではない。これが理由で冒頭のイタリア人は、このイタリアのブランド品の将来を心配していたのだ。

このイタリア人の心配は、杞憂ではなかった。イタリア人は中国人を、「真似するしか能がない。」とみくびっていた。ところが中国人はブランド品を製造することでノウハウを取得すると、最近ではイタリアで独自のブランドを開発、言うまでもなく中国人労働者を使用して、”Made in Italy”のブランド品を開発、世界に輸出する「逆輸入」現象まで起きている。

日本人にしてみれば、”Made in Italy”には違いないので、日本国内で人気がでるかもしれない。将来は中国人デザイナーがデザイン、中国人企業家が製造、中国人労働者が縫った中国人による、”Made in Italy”のブランド品が、イタリアのブランド業界を席巻するかもしれない。

-お買い物, ドイツの達人になる

執筆者:

nishi

comment

関連記事

ドイツで始める株式投資 - 手数料と税金編

ドイツで始める株式投資 – 源泉徴収 / Abgeltungssteuer

ドイツではマイナス金利が長期化して、一部の銀行では最初の1ユーロからマイナス金利を徴収される始末! 参照 : sueddeutsche.de 折角、働いて溜めたお金が、使ってもいないのに毎月、減ってい …

フォルクスヴァーゲン 買っても大丈夫? | Pfadfinder24

フォルクスヴァーゲン 買っても大丈夫?

輸入される事故車 フォルクスヴァーゲン 買っても大丈夫? ピストンリング問題 今回のテーマは車。まずは違法の排ガス操作で有名になったフォルクスヴァーゲン社(以下VWと略)から始めるよう。VW とその傘 …

東西ドイツ合併が招いたバブル経済 & その破綻

東西ドイツ合併が招いたバブル経済 & その破綻

90年代のバブル経済の破綻に悩む日本経済。過熱した不動産ブームを政府が監督せず、政治家まで一緒になって儲けまくり、挙句の果てに国が経済破綻するのは、とってもアジア的。 民主主義が機能している国では、日 …

ドイツの自動車保険システム & スピード違反の罰則 | Pfadfinder24

ドイツの自動車保険システム & スピード違反の罰則

どっちが悪い? まずはドイツ語の説明から。”Kraftfahrzeug”という単語、何の事だがわかるだろうか。”Kraft”という単語に”W …

何故、何処でも同じ値段なの?- ドイツ薬剤価格固定制度 | Pfadfinder24

何故、何処でも同じ値段なの?- ドイツ薬剤価格固定制度

半年分まとめて注文 薬局は儲かります インターネットショップが広まり続ける中、店舗型の商売は苦戦を強いられている。ここアウグスブルクでも、市役所からわずか300m離れた場所にあるビルはがらんどう。市内 …