ドイツの達人になる 規則、法律

個人旅行、それともパッケージ?

投稿日:2018年7月20日 更新日:


待ちに待った休暇!

ドイツ留学される方からいただく質問で最も人気なのが、「他の方はどうしていますか。」というもの。その逆がドイツ人。個人主義者のドイツ人は。「他の人間がすることなんか関係ない。」と、あくまでも自分の嗜好を最優先します。「他の人はどうしてますか。」は、ドイツ人には有り得ません。それどころか、「他の人がしていることを聞いて、それが俺に何の役に立つ。」と、頭を傾げます。

パッケージ旅行

そのドイツ人でさえも、大事な休暇旅行になるとパッケージ旅行を優先します。パッケージ旅行とは、旅行主催者にフライトとホテル(食事)、それにホテルまでの送迎がパッケージでついる旅行を指します。日本で言えば、団体旅行に近いです。

何故、個人主義者のドイツ人が遇えて他の人と同じ団体旅行を優先するのか?有り得ないコンビネーションですが、それには勿論、理由があります。一番の理由は安いからです。個別に自分で予約、手配するよりも2割は安いです。家族旅行ですから、数千ユーロの費用。その2割は大きいです。次の理由は、パッケージ旅行は安全だからです。折角の待ちに待った休暇。ところが予約したホテルが全焼!あるいは航空会社が倒産!?そんな際には、旅行主催者が別のホテル、別のフライトを手配する義務があります。

旅行主催者が倒産?

「でも旅行主催者が倒産したらどうするの?」「やっぱり休暇はご破算?」とならないように、ドイツでは旅行主催者が保険に加入するのが義務になっています。パッケージ旅行を予約すると、旅行主催者は必ず、”Sicherungsschein”(旅行保証書)を発効します。旅行主催者が倒産した際には、これを提示すればお金が戻ってきます。安全性はそれだけではありません。

始めて行く旅行先では、「ビーチまで徒歩3分。」と書かれているのに、実際には10分以上かかるなんてよくある事。あるいはプールが工事中で使えなかったり、ホテルの横が工事現場!うるさくて眠れない!4つ星ホテルで予約したのに、3つ星だった!苦情の種類は星の数のようにあります。個人旅行でホテルを予約、隣が工事現場だとホテルに文句を言っても、「うちのホテルの工事じゃないから、苦情は工事現場に言ってくれ。」と取り扱ってくれません。しかしパッケージ旅行の場合は、予約前、予約後に工事が始まった場合は、「隣が工事中です。」、「プールが修理中で使えません。」などなど、客に伝える義務があります。

旅行不具合

これをしていない場合は、”Reisemangel”(旅行不具合)なり、消費者には「お金を返して!」と払ったお金の一部返還を請求する権利が生まれます。もっともそれには条件があります。パッケージ旅行では現地に旅行主催者から派遣されている現地アテンダントが居ます。ほぼ毎日ホテルにやってきて面談を行なっていますので、欠陥、不具合があった場合は、この面談で苦情をはっきり伝えましょう。厳密に言うと、旅行者はアテンダントに旅行上の不具合を報告して、旅行主催者にこの不具合を解消するチャンスを与えなくてはなりません。これをしないで、「約束が違う。他のホテルに泊まります。」とやってしまった場合、旅行主催者に問題をクリアするチャンスを与えなかったので、返金を要求する権利は抹消します。

さらにいいのはこのアテンダントから、「ホテルの不具合について、報告を受けました。」という簡単なメモに、サインをもらっておくこと。ドイツに帰ってきたら旅行主催者に、「不具合があったら、お金を返して。」と請求すると、「そのような不具合は報告されておりません。」とまずはブロックしてきます。そこでこの証拠書類が物を言います。

帰国のフライト変更

出発、帰国のフライトが変更されるのは、残念ながらパッケージ旅行にはつき物です。休暇の翌日に大事な面接やアポイントがある場合は、1日早めに帰ってくるように計画してください。後から旅行主催者にお金を返してもらっても、逃した面接、アポイントは取り戻せません。で、フライトがどの程度遅れたら、あるいは早くなったら、旅行不具合になるのか。これは基本的に4時間です。フライトが4時間早くなり、朝の3時に空港に行くようになった場合など、これは間違いなく旅行不具合です。

裁判例を紹介してます。トルコで休暇をしたカップル。帰国のフライトが遅延。いつになったら飛べるのか、説明がありませんでした。そこで自腹でチケットを買って、帰国。その後、旅行不具合としてチケット代金の返済を求めましたが、旅行主催者は、「アテンダントに相談することなく、勝手にフライトを買った客が悪い。」と支払いを拒否。この一件はドイツの最高裁までいき、最高裁は「アテンダントが客に情報を伝える義務を怠った。」として、旅行主催者にチケット代金を返金するように命じました。

参照元 : Manager Magazin

このようにパッケージ旅行は安全なので、ドイツで最初に予約する旅行はパッケージ旅行がお勧めです。旅行先が気に入れば、次回からは個人旅行でいけばいいです。最近では航空チケットを買うと、「現地のホテルを予約しませんか。」とリンクが貼られていることがあります。このリンクを使用してホテルを予約した場合は、パッケージ旅行になると欧州裁判所が判断しました。

この場合は、上述のようににパッケージ旅行と同じ保障が受けれます。不具合が実際に発生、チケットを買ったサイトに返金を要求すると、「関係ない。」とブロックしてきます。ここで活躍するのが弁護士保険。ドイツで生活を始めたら、弁護士保険には必ず加入しましょう。泣き寝入りをしたくなければ。

 

 

-ドイツの達人になる, 規則、法律

執筆者:

nishi

comment

関連記事

車保険の加入&解約  (17.02.2016)

ドイツで初めて車の保険に入ると保険料がとても高い。日本でも割高にはなっているが、ドイツの比ではない。日本で保険に入っていた場合は、保険屋さんから保険加入証明書を英文で発行してもらい、これをドイツの保険 …

キッチンを探せ!  (17.09.2015)

ドイツのアパート入居は実に簡単。まずは鍵の受渡日(その日から入居が可能)に不動産会社の人間、あるいは大家さんとアパートに入って傷や不備を一緒にチェックする。不備があった場合は、これを賃貸契約書に加筆し …

Abofalle (17.06.2017)

0180の番号を使った電話詐欺が法改正で使えなくなり、「詐欺はほとんどなくなった。」と思っていたら、甘かった。現在、携帯電話を利用した詐欺が第二の活性期を迎えており、被害者の数はうなぎ上りだ。これを防 …

ドイツのデパートKaufhof

Widerrufsrecht (13.07.2014)

日本に帰国した際、会社の備品から始まって、テレビ、洗濯機、ありとあらゆる家具、家電をインターネットで注文。田舎に住むと、近くに店舗がないためです。ドイツで身についた習慣で、返品について契約条件をチェッ …

保険の達人になる。  (17.10.2015)

ドイツで住む場所が決まったら、次に行うべきことは何でしょう?そう、まずは住民登録、そしてドイツ滞在の鬼門である滞在ビザの申請。通常、住民登録は市役所の他に、”Bürgerbuero&#82 …