ドイツの最新情報 社会、教育事情

日本と正反対!ドイツのエリート学校

投稿日:2017年10月12日 更新日:


ドイツの学校教育は日本とは全く別物

ドイツの専門学校

まずはお断りから。「ドイツで専門学校に行きたい。」というお問い合わせをいただきますが、できません。ドイツの専門学校はドイツ人、あるいはドイツに居住権がある者、例えば難民などが職業訓練のために通う学校です。職業訓練を受けてないと、すなわち資格がないと将来、仕事に就けず、失業者になってしまいます。

そこで専門学校は税金で運営されています。税金で運営されている学校なので、外国人が、「入りたいです。」と言えば、「はい、どうぞ。」というわけにはいきません。大体、外国人にはドイツで就労を禁じられているので、税金を使って職業学校に通わせるわけにはいきません。

ドイツの職業学校(の多く)は公営で、学校の続きのような感じです。日本で職業学校と言えば民営で誰でも通えますから、「ドイツで職業学校に通いたい。」と思い込まれている方が多いですが、同一視されませんように。

例外は私立の専門学校。私立はお金儲けが目的なので、お金を払えば誰でも入学できます。もっともそんな学校に通っても学校が付与できる資格は、国で認められていないケースが大半です。「○○学校卒業」は、国が認めている資格ではないので、卒業後、就職活動で役に立つかどうかは未定。

閉校?それとも?

ドイツの北部はハーメルンという町に専門学校があった。「何処にでもある」専門学校で、特色と言えば学校中退者やドイツ語もろくにできない難民、あるいは移民二世(ドイツ語を話さない両親の元で育ったので、ドイツ語が怪しい)が多いくらいで、取り柄がなく、「通いたい!」と思うような学校とは程遠かった。

学校の評判を聞いて生徒の数は減るばかり、閉校するかどうか学校内で討議されることになった。ところがよりによってその学校が2017年のドイツ全土の最優秀校に選ばれた。一体、どうしたことだろう。

官僚育成教育

教師の仕事は個々の生徒の長所を見出して、その長所を助長するのが課題である。しかし文部省が決めたカリキュラムは、将来の官僚を育成するのを最優先課題としている。結果、教師は生徒の長所を育成する努力を放棄、国が希望する思考過程を生徒が受け入れて、偏差値を競うことに仕向ける事が教師の仕事になっている。生徒が全員官僚になるならそれでも問題がないが、そうではない。

日本の将来は官僚にあるのではなく、新しいもの、新しい技術、新しいサービスを創造できるソフトな頭脳にある。わずか数年で大企業に成長した”Facebook”、”Uber”、”Airbvb”等を見ればわかる通り、すでに存在していたものをネットで繋ぐことにより、新しい商売を確立した。そのようなアイデアは、文部省が書いた教科書からは生まれない。官僚育成コースと、スタートアップは別物なのだ。

ドイツのエリート学校

この専門学校は、学校を閉鎖するか、それともスタートアップのような奇抜なアイデアを採用して、「一か八か」の賭けに出るか考えた挙句、後者に決定した。学校の成績が悪いのは、(日本で考えられているように)出来が悪いのではなく、ドイツ語が不十分、あるいは家庭環境が悪いという要素が原因だ。

そこでまずは生徒の状況を分析して、これを改善することから始めた。ドイツ語がまだ十分でない生徒には、学校がドイツ語の授業を行った。家庭環境が悪い生徒には社会学を学んだ専門家が付き添って、学習環境を作ってこれに慣れるまで面倒を見た。そしてこれまでの押し付け授業をやめた。

授業の内容は生徒が選ぶようにした。生徒は自分がやってみたい課題を挙げて、これに取り組むので生徒の意欲が大幅に改善した。そして生徒の成績が格段に上昇した。噂を聞いて他の学校から、この学校に転校してくる生徒が増えて、かっての落第生の集まりだった学校が、全国で名を知られるエリート学校に変身した。

Der deutsche Schulpreis / ドイツ優秀学校賞

ドイツには、「競い合うことで質の向上を図る。」目的で、”Der deutsche Schulpreis”という賞を設けている。「ウチの学校では、こんな授業をしている。」と自慢したい生徒は、これに応募することができる。一等賞を獲得すると10万ユーロの賞金も出るので、多くの学校が応募してくる。

日本なら、「○○を□□で提出。」と応募方法の細部まで決めてしまう官僚的なやり方だ。しかしドイツでは、”formlos”という形をとる。すなわち、「奇抜な応募で驚かしてみろ。」というわけだ。日本の大学生に、「”formlos”での応募です。」と言えば、「何を出せばいいのかわからない。」という相談が殺到するが、ドイツ人は創造性を生かして、独自の応募方法を考える。

これがドイツの教育を受けた学生と、上から下の教育を受けた学生の根本的な違いだ。ドイツでは自分で考えることに重点が置かれている。日本では自分で考えては駄目で、言われたことをすることに重点が置かれている。まさに官僚養成コースという名前がぴったりだ。

ドイツのエリート学校を選抜する委員会は、この学校の多様性、難民は言うに及ばず、法律を破って青年刑務所に入って職業訓練を受けていない生徒、他の学校ではついていけなかった生徒を受け入れて、ちゃんと職業訓練を終了させている事実を高く評価した。

この学校は日本のエリート学校のように生徒を偏差値で選抜するのではなく、まずは生徒を受け入れる。そして個々の生徒の長所を探し、これを育成助長する。結果、他の学校では途中で投げ出した生徒でも、ちゃんと資格を得て社会の一員になっていく。これがドイツ式のエリート学校の姿だ。

-ドイツの最新情報, 社会、教育事情

執筆者:

nishi

comment

関連記事

日の丸旅客機 三菱MRJ 大胆すぎたプラン | Pfadfinder24 | Pfadfinder24

日の丸旅客機 三菱MRJ 大胆すぎたプラン

三菱MRJのライバルCS100 カナダを代表する重工業会社のBombardierは電車だけでなく航空機も生産しているが、ボーイングとエアバスに押されて業績が悪化を続ける一方だ。航空業界でベストセラーに …

プレビューで各要素をクリックすると、スニペットエディターにジャンプできます。 SEO タイトルのプレビュー: ドイツ政府 vs. 電力会社 - 核燃料税は違憲なり! | Pfadfinder24

ドイツ政府 vs. 電力会社 – 核燃料税は違憲なり!

かっては金のなる木、今ややっかい物の原子力発電所 この記事の目次 核燃料税導入導入核廃棄物貯蔵ドイツ政府 vs. 電力会社 – 核燃料税は違憲なり!もし、、。 核燃料税導入導入 ほぼ8年も …

ヘッセン州議会選挙 - 二大政党の記録的な敗退 | Pfadfinder24

ヘッセン州議会選挙 – 二大政党の記録的な敗退

党首就任数ヶ月で辞任要求と戦うナーレス党首 この記事の目次 ヘッセン州議会選挙二大政党の記録的な敗退脇役の大躍進電力会社 vs. 環境保護電力会社のイメージダウンAfD,FDP,左翼政党過半数メルケル …

キャメロン首相 歴史に残る痛恨の失策 - Brexit | Pfadfinder24

キャメロン首相 歴史に残る痛恨の失策 – Brexit

Bye-Bye England 一党独裁国家を除けば、どこの国にも右翼政党はある。ドイツでは”Afd”、フランスでは”Front National”、オ …

EU 脱税天国のブラックリストを公開 | Pfadfinder24

EU 脱税天国のブラックリストを公開

税金天国? 以前、パナマペーパーにてお金持ちや政治家の脱税が暴露された際、ある記者が財政委員会の長官に、この”Tax heaven”(税金天国)について見解を尋ねたことがある。 …