Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
滞在費用の準備と管理

Index >001      > どうやってお金を持っていくか?   > 銀行口座開設

      

どうやってお金を持っていくか?

ドイツに留学(旅行)される方から頻繁に寄せられるお問い合わせに、「お金を持っていくには、どうするのが一番いいのでしょうか。」というものがあります。問題はご本人が何を「一番いい。」と考えているかによりますので、一概に、「これが一番いいです!」という言い方には無理があります。以下にさまざまな方法の利点と欠点を挙げておきますので、ご自身にとって一番言い方法をお選びください。

まず1ケ月程度の短期留学の場合は、トラベラーズチェックを日本で購入して持参するのが最も安全です。チェックは通常どの銀行でも換金できるので、安心して日本でチェックを購入してください(Citi Bank専用のチェックは、交換を断わる銀行もあります。)。「トラベラーズ チェックで買い物はできますか。」というお問い合わせをいただく事がありますが、これは難しいです。日本のコンビニで支払いにトラベラーズチェックを差し出しても、レジのバイトのおにいさんはチェックを受け取ってはくれませんよね。事情はドイツも同じです。日本で不可能な事がドイツでは可能という事はまずありません。すると、「米国ではできました。」と、お返事をいただく事がありましたが、ここで取り上げているのはドイツの事情なので、ドイツでは不可能と考えていた方が無難です。

次に中期、長期の留学の場合。勿論、トラベラーズチェックも可能ですが、留学費が100万、200万となってくると、チェックの交換手数料が少しもったいない。この場合、一番いいのが日本の銀行や郵便局からの送金。勿論、銀行送金をしてもらうには、ドイツの銀行口座が必要ですが、日本の郵便局から「海外の住所宛の送金」をしてもらうと、ドイツの銀行口座は必要ありません。住所に小切手が送られてくるので、これを1ケ月以内に近くの郵便局に持って行けば手数料なしで現金化できます。(言うまでもなく、要パスポート。)こうすれば毎月、日本からの仕送りが無事に送られて来ます。この小切手は、本人のサインとパスがないと換金できないから盗難に合う事がほとんどない(盗んでも使えないから)上、盗難されたら日本の郵便局で払い戻しが可能(な筈)だから、これ以上に確実な方法はありません。

留学生に人気のある方法として日本のCiti Bankに口座を開設しておいて、ドイツでこの口座からお金を引き下ろして生活する方法がありました。この方法は安全、便利ですが、(隠れた)手数料が発生します。例えば1EURが130円の換算レートであったとします。この日にお金を引き下ろしてレシートをよく見てみれば、1EURが134円から135円で換算されている事に気付きます。この差額が銀行の手数料(儲け)です。100EUR程度の金額なら問題のない額ですが、これが1000EURになると、約4000円。毎月1000EUR引き下ろしたとして、1年で5万円近くを銀行に納めた事になります。ありあまる留学資金があるなら話は別ですが、これはいささかもったいない。

2008年の金融危機で倒産の淵まで行ったCiti Bankは、ドイツの全支店をフランスのCrédit Mutuelに売却しました。この結果、ドイツにはCiti Bankは存在していません。銀行の名前も2010年2月22日からTargo Bankに変わりっています。当然、日本のCiti Bankのカードは使用できません。この為、長期の留学を計画される場合は、滞在費用を(できれば1〜2回でまとめて)海外送金されることをお勧めします。

一番簡単なのは、現金を持参して銀行でユーロに交換、そのまま銀行口座に払い込む方法ですが、安全性はもっとも低いです。ドイツにはタイやフィリピン並みにスリが多いので、大目の現金を持参される場合は、体に密着できるお財布を利用してください。間違っても、ハンドバックに入れるなどの方法は取られませんように。尚、1万ユーロを超える現金を持参する場合、空港で現金持ち込みを申請する必要があります。これが超面倒。「一体、どこから入手した金だ。」とか質問攻めに遭います。かと言って、申請しないで現金を持ち込み、空港で見つかると、お金の出所が証明できるまでお金が没収されてしまいます。お金の出所が証明できても罰金は免れません。この為、持参される現金は1万ユーロ未満、9999ユーロまでにしておきましょう。

みなまで言えば、現金持込は合わせて1万ユーロ未満です。9999ユーロでも、お財布に1000円札が入っていると、合計1万ユーロを超えてアウトです。ユーロ、円、ドル、タイバーツ、ベトナム ドン、中国元、トラベラーズチェック、すべての通貨、証券、チェックを合わせて1万ユーロ以下であれば申請は無用です。カップル/ご夫婦なら19999ユーロまで持ち込み可。そうそう、ご両親から留学資金を送金してもらうケースでも、送金額は1万ユーロ以下にしておいてください。1万ユーロを超える入金があると税務署からお手紙が着て、「お金の出所を証明せよ。」と要求されます。

 

銀行口座開設
ドイツで生活を始めると、遅かれ、早かれ、銀行口座が必要になります。ドイツでは家賃等を払わず、踏み倒す人が多いので、毎月の掛け金等を口座から自動引き落としする事を加入の条件とする場合もあります。
それに日本からの仕送りを考えると、やはり銀行の口座をドイツで開いておけば、何かと便利です。銀行の開設の条件は、銀行によってまちまちです。通常、口座開設に必要なものは、

パスポート
有効な滞在許可証
住民証

です。学生の場合は学生証も必要になります。(学生証を提示できれば、口座維持料が無料になる為です。)これだけ揃えば、どこでも口座が開設できるかと思えば、そこがドイツらしい所で、そうは簡単に行かない(簡単に行く場合もあります)。
大手の銀行(Deutsche Bank, Sparkasse, Commerz Bank)などは外国人、学生に対してかなり冷たい(対応をされる事が多い)。受付で、口座開設について尋ねると「今、口座開設の募集はしていません。それでも口座開設を希望なら、3ケ月待つことになります。」と有り得ない嘘を平気で言う(人も居ます)。ドイツの法律では、だれでも口座を開設する権利があるから、銀行はこれを拒めない。しかし、銀行も商売であるからお金のなさそうなお客に対しては、口座を提供したくない。そこで何かと理由をつけて、口座の開設を拒もうとすることになります。

        
ドイツ語に不自由しないなら、”Laut Buergergesetzbuch muessen die Banken ein Girokonto anbieten."とその場で苦情を言えば、3ヶ月も待たないで30分で口座が開設できます。そこまで言う勇気がない場合は悔しいが、口座の開設しやすい銀行を探すしかない。その意味ではPost Bankは親切。まずここで口座の開設を断られることはない(ハズだ)。稀に、Post Bankでも何かと文句を言われて口座開設を拒まれる場合もありますが、そんなときは、別の日に行って別の係員と話すか、別の支店に行けばいい。ドイツらしい事に、係員、支店によって対応が違います。
そうそう、ここが一番肝心な点ですが、口座の開設の際、「毎月、日本から1000EUR程度の仕送りがある。」と口述するのを忘れないように。Post Bankと言えど預金額を利用して商売している私企業です。お金がない客に口座を開設しても何の得もないので、口座の開設を断る場合がないわけではない。 そんな疑惑を払拭する為にも「日本からの毎月の仕送りを受け取る為に、口座が必要だ。」と口座開設理由を述べる必要があります。
これだけ予備知識を持って銀行に行けば、うまく行く筈。余談ですが、口座の開設と簡単に書きましたが、留学生が必要になるのは、正確には振替口座、ドイツ語ではGirokontoと言います。定期預金を始めるならSparkonto、一定の額を一定の期間預ける場合はFestgeldkontoと言います。

      
ドイツ国内で行う送金

さて、日本からドイツへの送金については上で述べたので、今度は、ドイツから送金する場合について。ドイツ国内で学費や家賃などの支払いを行う際、「支払いは銀行送金で。」と言われる場合が多くあります。銀行送金なら税務署があとで簡単にチェックできるので、現金で払いたくても、ドイツの法律の為に、現金での支払いができない場合があります。そこで、中期、長期のドイツ滞在をする場合、どうしても銀行送金をする必要が生じてきます。

ドイツでは20世紀までは銀行に口座を持っていなくても、送金手数料を払えば、銀行の窓口で送金を依頼する事ができました。ところが21世紀になってから、銀行に口座を持っていない場合、送金作業をほとんど断られるようになりました。銀行業務に関する法律が変わったという事は聞いていないので、銀行の方針のようです。この為、送金するには銀行口座を開設する必要があるのですが、銀行口座を取得する際に、ドイツでの滞在許可証が必要になります。つまり、ドイツで滞在ビザを必要としない90日以内の滞在の場合、銀行送金は事実上不可能という事になります。

しかし、ドイツの銀行に口座を持っていなくて、それでもどうしても送金しなくてはならなくなった場合、どうすればいいのだろう?そんな時はドイツの郵便局(Deutsche Bankに買収されました。)Post Bankで試してみよう。郵便局は"Western Union"の支店も兼ねており、口座を持っていなくても送金できます。ただし手数料は50ユーロまでの送金で4.90ユーロ、100ユーロまでの送金で9.80ユーロとかなり割高です。もしここでも断られたら、大きな町の中央駅や空港に入っているReise Bankという銀行を使用できます。この銀行はその名の通り、旅行者に便宜を図る銀行で、通貨の両替は勿論、ドイツおよび世界中の銀行への送金を引き受けてくれます。正確を期すならば、このReise BankにWestern Unionが入っており、ここで郵便局と同様に送金が可能です。

ドイツに90日以上滞在して、滞在ビザを申請、取得された方は是非、銀行口座を取得してください。毎回、日本から送金してもらったお金を持って歩くことは危険なので、まとまったお金が入り次第、口座に振り込んでおきましょう。これによりお財布が盗難にあっても、全財産を失う危険性は避けられます。尚、銀行窓口で送金(あるいは入金)手続きをしたら数時間で先方で入金が確認できる、、というわけにはいきません。送金にかかっていい時間は(ドイツらしいことに)ちゃんと法律で決められており、ドイツ国内の送金の場合、送金にかかる日数は(土日、祭日を含まず)3日、EU内の外国に送金をされた場合、送金にかかる日数は(土日、祭日を含まず)7日となっています(2013年から国内送金と同じ条件に変更されます)。勿論、早めに入金される場合もありますが、銀行には上述の送金の作業時間を認められているので、こうした時間差を計算して送金してください。ちなみにドイツの銀行に口座を持っている場合、ドイツ国内、およびEU内の外国への送金手数料は無料です。

又、銀行送金で気をつけなければならない点があります。それは送金先の口座番号です。オンラインでの送金処理は自動的に行われる為、銀行は送金の際に記入された受取人の名前と、口座の保有者の名前が合っているかどうか確認をしません。つまり送金の際に間違って口座番号を書き込んでしまうと、受取人の名前を正しく書いていても、間違って記入した口座に送金(募金)されてしまいます。こうした間違いに気づくのは、「まだ入金されません。」と先方から連絡があってから。そんな頃には、お金は他人の口座にとっくに入金されてしまっています。現行の慣習では、銀行の窓口でただちにお金を取り戻してくれるように依頼すると、(まだお金がある場合は)、お金が戻ってくるようですが、お金を使われてしまっていると、もうどうしようもありません。この為、オンラインでの送金の際には、送金先の口座番号に細心の注意を払ってください。先方の名前は間違っていても、適当な名前を書いていても、全く構いません。心配な方は銀行の窓口での送金手続きをお勧めします。この場合は、口座番号と口座保有者の名前が異なっているとお金が自動的に戻ってきます。ただし、こうした確認作業は手間隙がかかるので、銀行により、窓口での送金は手数料を取るケースもあります。

最後に蛇足ですが、ドイツの銀行の仕事振りについて。ドイツの銀行はいい意味でも、悪い意味でも作業(仕事)がいい加減です。以前、テレビを購入する際、現金が必要になりました。代金を口座からお金を下ろそうとしたのですが、銀行のシステムが落ちていて、お金が下ろせません。窓口でどうしても現金がすぐ必要なことを説明すると、すんなりと(ドル換算で)1000ドル分のお金を「貸して」くれました。(当時はまだテレビが高かった。)勿論、システムが回復したら、口座から1000ドル分の現金を下ろす権利を銀行に与える書類にサインをしたのは言うまでもなく。ところが、あれから10年たった今日でも未だに現金が引きおろされていません。もう時効かな。口座も閉じてしまったし、、。

別の機会では、現金を下ろしに行くと口座残高がマイナスになっていました。まだ1万マルクあったのに!銀行にお金の行方の調査を依頼した所、銀行の間違いで、お金が勝手に口座から引き卸されていたことが判明しました。こんな経験をできるのも滅多にないと同僚に自慢すると、「あ、私も同じ目に遭った。」との事。どうもこの手の間違いは頻繁に起きているようです。ドイツの銀行の仕事振りはいい加減です。口座の明細が届いたら、不審な目で毎月支出をチェックしてください。
銀行口座を使う
ドイツで銀行の口座開設を申請したら、明日からもう口座を使用できる、、という事は勿論ないです。ここはドイツです。
ドイツでは口座の申請をしてから、書類、暗証番号などが送られて来るまでに2週間程度はかかります。運が悪いと、担当者が作業を忘れていて、書類は机の上に載ったまま、、という事もかなり頻繁に起こります。ここはドイツです。
また、銀行の担当者が難解な日本語のつづりを誤って、名前を間違って書いており、郵便局員が手紙を届けれられないという事もよく起こる。ここはドイツです。
さて、これら数々の危険をクリアして銀行から無事手紙が届いたら、まずはじっくりこれを読もう。銀行によっては送られてきた暗証番号を使って、銀行の指定する電話番号に電話連絡、正しい暗証番号を言って初めて口座が使用可能になるシステムを取っている場合もあります。
これだけ苦労して取得した口座だが、最近ではインターネットバンキングをどこの銀行でも提供しているから、(勿論、口座を申請する際に、このサービスも申請しておく必要があるのは言うまでもないが)とっても便利。銀行まで出向く必要がない上、自宅で24時間、送金が可能で、銀行の営業時間に束縛されなくて済む。さらには世界中、どこにいても送金が可能であるというメリットがある。つまり日本に一時帰国していても家賃を期日通りに支払う事ができちゃいます。
残念な事に便利さを追求すると、同時に危険性も発生します。インターネットバンキングを狙った詐欺が欧州では大流行。この詐欺についてはこちらで紹介しておいたので、インターネットバンキングを使用される前に一読される事をお勧めします。


         
両替
ドイツの空港にはどこも両替商、"Reisebank"が入っており、早朝から夜間まで両替できます。それでも現地で使えるお金がないのはやはり不安。そこで留学に先立って、当面の資金を日本の銀行でユーロに両替されるケースがほとんどだと思います。
難点は、日本の銀行で両替すると交換レートが悪い事。1ユーロが公定レートで102円の際、岡山の地方銀行でユーロを円に両替すると、なんと92円にしかなりませんでした。実に1ユーロ、10円の手数料。1000ユーロ交換すると10000円。とっても美味しい商売です。
逆にユーロが130円の際に、ドイツの銀行で両替すると124.5円。1ユーロあたりの差額は5.5円。さらに口座を持っていないと、手数料が2.20ユーロ加算。岡山の地方銀行よりは交換レートがいいですが、やはり銀行での両替は消費者にとって一番高い方法のようです。日本に帰国して関西空港で換算レートを見ると、「あっれ?127円」。ドイツよりも交換レートがいい?!。日本では銀行により、大きく手数料が異なるので一概には、「日本で両替すると手数料が高い。」とは言えないようです。留学資金などのまとまった金額(100万程度)は、一番交換レートがいい銀行送金をするのが、送金手数料はかかりますが、一番お得な方法です。
財畜
ドイツに長期留学される場合、留学資金を有効に使う為に留学中に財畜を行ってみてはどうだろうか。長期の不況とユーロ危機のお陰でユーロは未だに130円程度。ただし2013年の半ばからようやく景気後退を脱出、ようやく景気回復が始まった。今後はユーロの回復しそうなので、ユーロが安い時に留学資金をまとめてドイツに送金して、ドイツの定期預金口座(Festgeldkonto)に入れておけば、利子も付きます。
2008年に悪化した金融危機、その後の大不況で金利はかってない0.5%という低金利に定着。ここしばらくは上昇しそうになり。それでも定期預金、"Festgeld"なら、まだ2%の利子がつく口座もあります。例えば留学資金を300万日本の口座に入れていてもろくな利子がつかないですが、ドイツで定期に入れれば2%の年利で6万円もの利子がつきます。これだけ利子が付けば少々、ユーロが高くなってもその「損出」はある程度利子でカバーできてしまいます。
「定期預金だとお金が下ろせない!」とお嘆きの方には、Tagesgeldkontoという口座があります。これはセービング口座と定期預金の中間にあたる口座で、自由にお金を引き下ろす事ができ、利子も最高で2%もつく。さらにドイツでは(日本などと異なり)銀行が倒産した場合、国が預金者のお金を補償してくれる制度があるので、日本の利子のつかない口座にお金を置いておくよりは、ドイツの銀行にお金を預けておく方が、安全で効率的。
 

続きを読む

 


> どうやってお金を持っていくか?   > 銀行口座開設

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ