ドイツの大学に正規留学 しよう!

そう思い立つと、ほとんどの方は日本語で検索することから始めます。

これに違和感を感じたことはありませんか。

「いや、別に。」

と思ったあなた!

日本で大学に出願したときの手順を思いだしてください。

ネット上でブログを読んで入学願書、試験科目などを調べましたか。

それとも大学のサイトで調べましたか。

直接、大学のサイトで確認したと思います。

しかしドイツの大学に正規留学となると、大学のホームページを読んで、ここから必要な情報を入手しようとする人は稀。

これで本当に正しい情報が得られるんでしょうか?

ドイツの大学に正規留学 – まずは正確な情報収集から!

ドイツの大学に正規留学 - まずは正確な情報収集から!

ドイツの大学に正規留学するなら、大学のホームページを隅々まで(自分で)読む作業は省略できません。

 

しかし!

ドイツ語を習っている時点で、大学のドイツ語のホームページを読むのはしんどい。

ほとんどの大学では英語のページも用意していますが、これも敬遠されてしまいます。

結果、日本語で検索して、ドイツの大学の正規留学に関する情報を得ようとされる方が大半です。

でもドイツの大学は日本語のぺージなんて、もっていません。

そこでヒットするのは、個人のブログです。

ドイツの大学の正規留学の入学条件は毎年改正されて、大学のホームページも修正されているのに、ブログの内容は書かれた数年前のまま。

そんなブログを読み、自分の目的に適合した内容が見つかると、

「これがドイツの大学に正規留学する正しい情報に違いない!」

と確信する方が多いです。

これが原因で、さまざまな大学伝説が存在しています。

大学伝説

日本語で書かれているドイツの大学留学に関する記事は、いい場合でも個人の体験談。

ひどい場合は大学に入学したこともない方が、アフリエイト(広告収入)目的で大学入学に関して想像記事を書いています。

これが原因で、

  • 「ドイツの大学はすべて国立です。」
  • 「ドイツの大学なら学費無料です。」

なんて主張をご覧になったことがあると思います。

信じている方も少なくないですが、事実は異なります。

ドイツの大学はすべて国立説

私がドイツに留学する前からまことしやかに語られていたのが、

「ドイツの大学はすべて国立説」

です。

ドイツは連邦制なので(*1)、教育はそれぞれの州の管轄になります。

質問
どういう意味ですか?

 

州が学校を運営していますので、州立大学です。

国立大学は存在していません。

そして州は大学で提供される専攻、学部、入学基準、出願時期など、独自のルールを採用しています。

結果、州(大学)により基準(規則)が異なるので、皆さんがこれまで度々目にしたことがある、

「ドイツの大学では。」

という言い方は100%誤りです。

ドイツの教育システムは、日本のように中央政府が全国共通のシステムを決める形ではありません(*2)。

ドイツの大学は学費無料説

もうひとつの人気のデマが、ドイツの大学が学費無料説。

ドイツ国籍、あるいはEU加盟国の国籍を有していれば、確かに学費は無料です。

でもバーデン ヴュルテンベルク州では、EU外の外国人はゼミあたり1500ユーロの学費を払わなければなりません。

その他、ある年齢に達したら学費がかかる大学など、州によりさまざまです。

ドイツの大学に編入したいっ!

ドイツの大学に正規留学 ドイツの大学に編入したいっ!

人気の大学留学に関する誤解のひとつが、

「ドイツの大学に編入したい!」

というものです。

これのどこが誤解なのか、おわかりになりますか。

まずは日本の状況をみてみましょう。

どこかの入学し易い私立大学に入学。

「やっぱり東京大学に行きたい!」

と思えば、途中から東京大学に編入できるでしょうか?

できませんよね?

日本国内でも大学に編入ができないのに、言語や教育システムが全く異なるドイツの大学には編入できるのでしょうか?

わかりやすい例を出してみます。

カンボジアのポイペットで大学に通う学生が、

「東京大学に編入したい!」

と思えば、日本語もできないのに、国をまたいで東京大学に編入できるでしょうか?

できませんよね?

同様に日本の大学生は、ドイツの大学には編入できません。

 

こうした誤解は、大学のホームページで正規留学の入学要綱をチェックせず

「できるんじゃない?」

と、思い込みで留学準備を始めることに起因しています。

そしてその

「誤った思い込み」

は、ドイツの大学への編入だけではありません。

入学要綱から出願書類まで、ほとんど誤解されています。

正規留学の情報を収集されるなら、まずは大学のホームページを読んで、本当の情報を収集してください。

修士課程に入学したいっ!

修士課程に入学したいっ!

もうひとつ人気の誤解を紹介しておきます。

それは、

「日本の大学を卒業したら、ミュンヘン工科大学の修士課程に入学したいっ!」

というものです。

何処が誤解なのかわかりますか?

ドイツの大学で修士課程に入学するには、ドイツの大学でその専攻の”Bachelor”を終了していることが必要です。

 

日本の大学の”Bachelor”では駄目なんです。

「そんなの嘘!」

と思われる方、今のうちにドイツの大学に問い合わせをして、事実確認をしておきましょう。

例外その一

ドイツでは、

「例外が規則の有効性を証明する。」

なんて、洒落た言い方があります。

修士課程への出願でも2つばかり例外があります。

まずはお金のかからない方法から。

パートナーシップを結んでいるドイツの大学は(多分)、日本の資格を認めてくれます。

そこでまずはパートナーシップを結んでいるドイツの大学に入学して、規制事実を作っちゃいましょう。

規制事実があれば、後から希望の大学に「転校」することが可能になります。

例外その二

次にお金のかかる方法をご案内します。

そもそもドイツの大学の修士課程に入学できないのは、

「日本の大学卒業資格が、ドイツの大学の”Bachelor”と同等の質かどうか、わからない。」

と言うのが原因です。

「わからぬなら、わかせればよい。」

わけです。

ドイツには外国の資格を査定する機関、”Die Zentralstelle für ausländisches Bildungswesen”、通称 ZAB があります。

ここでお金を払って査定してもらい、

「ドイツの資格と同等である。」

という評価が出れば、ドイツの大学で修士課程に入学できます(*3)。

「自分ではできないっ!」

と言われる方は、当社の大学出願サポートをご利用いただければ、代行して査定してもらいます。

ドイツの大学に正規留学 – 問い合わせ先

ドイツの大学に正規留学 - 問い合わせ先

ドイツの大学に正規留学をお考えの場合、問い合わせ先はドイツの大学になります。

日本語で聞ける利便さからDAADに尋ねる方が多いです。

しかしDAAD は大学ではありません。

このため、DAAD と大学の判断は異なることが多いです。

確実なことを知るには、入学審査を行なう大学に問い合わせる必要があります。

ここからが問題。

参照 : DAAD

言葉の壁 – 問い合わせはドイツ語で書く!

最初の問題は言葉。

日本語でメールを送っても返事は来ません。

英語も似たり寄ったり。

メールはドイツ語で書く必要があるのですが、ドイツ語で文章が書ける人は少ないです。

苦労してドイツ語でメールを書いても、ドイツ語の文章になっておらず、相手には意味が伝わりません。

意味がわからないので、ドイツの大学からは返事が来ないことが多いです。

もし返事が届いても、

「正規留学の詳細は大学のホームページを見てください。」

としか書かれていません。

ドイツの大学に正規留学 – 日本人が必ず犯す出願時の間違い

ドイツの大学に正規留学 - 日本人が必ず犯す出願時の間違い

そこで大学のホームページを見て、ドイツの大学への正規留学について調べるわけですが、そこに待ち受けているのは難解なドイツ語です。

大学入学資格を持つドイツ人向けに書いているので、何度読んでも質問の意味がわからない事が度々あります。

問題はドイツ語だけではなく、日本とドイツの社会システムの大きな相違にもあります。

日本と違いドイツは移民の国なので、”Asyl”(移民)という言葉が、そこらかしこ出てきます。

しかし日本は移民を受け入れない国なので、質問の意味さえも理解できません。

難解な官庁用語

ドイツの大学に正規留学する際に遭遇する難関なドイツは、官庁用語です。

自分で正規留学の願書を作成された経験のある方なら、

“Ist Ihnen in der BRD Asylrecht gewährt worden?”

という質問に頭をかしげた経験をお持ちの事と思います。

これがまさに、

「あなたは認定された移民ですか。」

という質問です。

まだドイツ語を学習中の身分で質問の意味を理解して、完璧な願書を作成することは至難の技です。

あなたの故国でも学べますか?

正規留学の願書の中に、

“Kann der beantragte Studiengang im Heimatland studiert werden?”

すなわち

「選択した学科はあなたの故国でも学べますか。」

という質問があります。

回答を “Ja” か、”Nein”で選ぶ必要があります。

どう回答するのが正解でしょう?

(例えば)ドイツ文献学 / Deutsche Philologie を専攻に選んだ場合、”Ja”で回答する人が多いです。

これはよろしくありません。

質問
何故ですか。

 

「故国でも学べるなら、ドイツに来ないで故国で学んでください。」

という意味を含めた質問だからです。

皆まで言えば、日本で学ぶドイツ文学と”Deutsche Philologie”は名前が似ているだけで、全くの別物です。

ここは余程の例外でない限り、”Nein”で回答するものです。

このように簡単な質問一つをとっても、その質問の本当の意味を知らないと、正しい正規留学の願書は書けません。

成績が余程優秀であれば、これらの質問にどんな回答をしても、結果には大きく左右しません。

でもそうでない場合、少しでも有利になるように願書を書いて、入学の確率を高めることが必要です。

ドイツの大学入学資格の誤解

ドイツの大学入学資格の誤解

当社に寄せられるお問い合わせで一番数が多いのは、ドイツの大学に正規留学する際の資格に関するものです。

「日本の高校を卒業後、ドイツの大学への正規留学を考えています。」

という内容です。

「私も同じ!」

という方も多いのではないでしょうか。

でも、

日本の高校、それも大学進学コースではなく、商業高校等をご卒業された場合、ドイツの大学入学資格を満たしません。

 

又、高校で大学進学コース(普通科)を履修、卒業された方でも、それだけでは入学資格を満たしません。

異論はあると思いますが、これが現状です。

すると、

「では、高卒でも正規留学できるドイツの大学を教えてください。」

というお問い合わせをいただきます。

そのような大学は(基本)ありません。

こちらの学歴で入学できる大学を探すのではなく、こちらが大学の入学資格に合わせることが必要です。

ではどうすればいいのでしょう?

大学入学準備コース / Studienkolleg

ドイツの大学への直接の入学資格を持っていない方が、入学資格獲得ために通うのが、

“Studienkolleg”(シュトウーデイエン コレーク)

という名前の大学入学準備コースです。

言うなれば国立、もとい、州立の大学入学予備校ですね。

入学要綱のご案内をご希望の方は、大学出願サポートをご利用いただくか、以下のホームページから情報収集してください。

参照 : Studienkolleg

出願書類の不備 – 直筆サインがない!

何と言ってもドイツの大学に出願される際の最も頻繁なトラブルは、出願書類に関するもの。

その原因はドイツと日本との慣習の違いです。

ドイツに住んだことがない方には、ドイツの大学に正規留学するのに欠かせない正しい書類の準備さえ出来ません。

ドイツの大学の審査は厳しく、そんな書類を送ると、

「書類不備。」

と書かれて書類が戻ってくるか、メールが届き、

「書類不備の為、出願書類は破棄します。」

と書かれています。

そうなると次回の出願まで半年、あるいは1年も待たなくてはなりません。

そんなわけない!

って思いますよね。

この思い込みが原因で、書類の不備で失敗される方がとても多いです。

質問
何が駄目なんですか。

 

多くの方は大学に発行してもらった書類を、そのまま送ります。

中にはご丁寧に封筒に入れたままで(*4)。

その封筒に入っている大学発行の書類には、直筆サインがありません!

責任者の直筆サインの入ってない書類は、無効です。

 

なのに日本の大学はサインを印刷で済ますという、世界に例のない方式を採用しています。

これが原因で、

「コピーされた書類は不可です。」

と出願が却下されます。

日本の大学の頑固な抵抗

ドイツの大学から、

「直筆サインがない書類は無効です。」

と書かれた回答をもらい、大学の学生課で直筆サインをもらおうと努力する学生さん。

しかしそこで遭遇するのは日本の大学の頑固な抵抗。

日本の大学は、どんな理由があっても、直筆サインを入れる事を拒否します。

少なくとも当社では、直筆サインをもらうことに成功した例を知りません。

「じゃ、絶対に留学できないじゃないですか!」

と思いますよね。

ところが日本の大学が発行した直筆サインなしの書類で、ドイツの大学に正規留学できる方法があります!

書類不備で入学審査を落とされないように、大学に直筆サインが入った書類を用意してもらうか、駄目な場合はドイツの達人にお任せください(*5)。

締め切り直前での出願

半世紀も前からドイツの大学に正規留学する場合、夏ゼミは7月15日、冬ゼミは1月15日が出願の締め切りです(*6)。

締め切りはご存知の筈なのに、直前にならないと出願の準備をされないケースがとても多いです。

ギリギリになってから、

「締め切り日の消印があれば、大丈夫ですか。」

と、お問い合わせいただきます。

駄目です。

締め切り日に大学必着です。

すると、

「私だけ、締め切りを伸ばしてもらえませんか。」

とお尋ねいただきます。

駄目です。

出願時期は初めからわかっているので、出願を締め切り直前まで遅らせず、早めに出願準備にかかりましょう。

早めの出願は超有利!

早めの出願は超有利!

今年、珍しく5月に

「フライブルク大学に入学したいので、出願代行をお願いしたい。」

との依頼をいただきました。

質問
何が珍しいんですか。

 

通常は自分で出願にトライ、

「駄目です。」

と断られてから、

「助けて!」

と、7月になってからお申込みが殺到します(*7)。

なのにまだ5月、それも自分でトライせず最初から、

「お願いします。」

というのは、ここ10年で初めて!

5月末には願書を作成して、大学に郵送。

6月初めには、入学許可証が届きました!

このように早めに出願すると、超有利です。

質問
何故ですか。

 

大学の職員は7月になって残業をしたくありません。

そこで早めに届いた願書を処理して、入学条件を満たしていればさっさと入学許可証を送付するんです。

これが7月になると入学枠は残りわずか、すると成績順で入学を決めていくので、

「普通の成績」

の方には不利になります。

専攻の組み合わせ

日本では出願に際して、(例えば)ドイツ文学部を専攻するだけ。

すると大学が(勝手に)その他に取得しなければならない単位、専攻を決めます。

ドイツの大学では、すべて自分で選びます。

ですから、

「ドイツ文学部を選べばいい。」

というものではありません。

ドイツの大学に正規留学するなら、他に副専攻 / Nebenfach と呼ばれる専攻を選ばなくてはなりません。

でも主専攻がドイツ文学で、副専攻が数学という選び方はできません。

専攻の組み合わせにはルールがあり、副専攻にできる専攻は決まっています。

これを無視して自分の好きな専攻を選んだり、副専攻を選んでいないと、その時点で願書は書類不備となります。

大学 / Universität と 専門大学 / Hochschule

大学 / Universität と 専門大学 / Hochschule

「ドイツの大学」

と皆さん一口に言いますが、ドイツには大学 / Universität と専門大学 / Fachhochschule があります。

前者は我々が大学と聞いて想像する総合大学です。

では総合大学と専門大学の違いは、何なんでしょう?

そもそも違いはあるのでしょうか?

ここでは単純ながら、誰も滅多に考えないテーマについて解説します。

ドイツの大学に正規留学 専門大学とは?

ドイツにある専門大学/ Fachhochschule は、英語圏にある”University of Applied Sciences”のドイツ版です。

総合大学との違いはその専門性です。

総合大学では一般教養にも重点が置かれますが、専門大学ではその科目に絞った専門家を育てるのが役目でした。

ドイツ語には「専門馬鹿」/ Fachidiot という表現があります。

その分野の研究では一人者だが、一般生活では一人では満足に生活もできない人を指します。

そんな(?)専門家を育てるのが専門大学です。

専門大学を簡素に “Hochschule”と呼ぶ場合もありますが、 これは”Fach”を抜いて短く呼んでいるだけです。

中身は同じです。

そして専門大学を卒業するとバチラー / “Bachelor”よりもひとつ上の学位、”Diplom”が取得できました。

まさに専門家を育てるのが、この大学の役目でした。

違いは(実質)なし?

上述の文章が過去形になっているので、推測された方もおられると思います。

欧州統合の余波は、ドイツの大学制度にも及びました。

加盟国が独自の学位を導入していると、加盟国内での学生の移動を妨げます。

そこでボローニャ プロセスという制度により、EU内全域の大学にはバチラー / “Bachelor”制度が導入されました。

これはドイツの専門大学にも導入され、最初に取得する学位はバチラーになりました。

これにより学位の面では、違いはなくなりました。

唯一の違いは、今でも大学での講義の目標が一般知識よりも、専門性に重点が置かれている点です。

 

続けて2ページ目も読む