ドイツでも 働きながら大学で学ぶ 学生はたくさんいます。

学費ローンをもらっていても、

「ローンだけでは足らない!」

というケースがあれば、親に学費は払ってもらえるものの、お小遣い稼ぎの為に働く学生も。

さらにはドイツ特有の学業形態、デュアーレス シュトゥーデイウムを利用して、働きながら大学で学ぶ 学生まで。

とは言われても、

「デュアー何?」

という方が大半だと思います。

今回はドイツの学費ローンの仕組み、それにデュアーレス シュトゥーデイウムについて取り上げてみたいと思います。

学費ローン/ Studienkredit

まずは学費ローンから始めます。

ドイツ語で学費ローンは、”studienkredit”と言います。

お勧めはしませんが、学費ローンをお考えの方は、一度、ぐぐってみてください。

今回ここで取り上げるのは、およそ80%の学生が利用しているドイツ政府の金融機関”KFW”が提供するKFW学費ローンです。

KFW学費ローン

学費ローンはたくさんあります。

(多分)、探せば利率の低い学費ローンがあるかもしれません。

でもKFW学費ローンが一番人気なのは、保証人要らず、両親の財産・収入に関係なく、申請すれば100ユーロから650ユーロ/月までのローンが下りるからです。

Q. 外国人でも申請できますか?

申請できます。

 

利息は原則では3.91%ですが、コロナ禍は国は利息を払ってくれるので0%です。

ローンの返金は借りた額により蹴りですが、最大25年のローンが組めます。

相談 & 申請場所は大学内の学生組合 / Studenenwerk、あるいはあなたが住む町のKFWの支店です。

その他、KFW学費ローンについては、ホームページ確認できます。

参照 : www.kfw.de

Bafög

ドイツにはもうひとつ有名な政府の学費ローン、”Bafög”。

ドイツ国籍を有していれば “Bafög” というを申請できます。

しかし外国人には、ドイツ人向けの奨学金を申請する権利がありません。

例外はドイツで無期限の在住許可を取得している方。

しかし日本人のドイツ留学生で、この条件を満たしている方はほとんどいません。

そこで詳しい紹介は割愛します。

もし申請資格をお持ちの方は、ホームページでご確認いただけます。

参照 : bafög.de

働きながら大学で学ぶ?

もし上述の学費ローンを利用しない場合、

「アルバイトをして生活費と学費を稼ぐ。」

となるのですが、アルバイト(ミニジョブ)で稼げるのは450ユーロまで。

【必読】 ドイツでアルバイト できるの?

これでは家賃を稼ぐのが精一杯で、健康保険や学費には到底及びません。

普通なら学業を諦めることになるのですが、そこはドイツ。ドイツには世界に例のない、働きながら大学で学ぶシステムがあります。

働きながら大学で学ぶ – デュアーレス シュトゥーデイウム

働きながら大学で学ぶ - デユアーレス シュトゥーデイウム

働きながら大学で学ぶ、そのシステムの名前はデュアーレス シュトゥーデイウム。

ドイツ語で書くと “Duales Studim”です。

“Dual”(ふたつの)が示す通り、仕事をしながら大学で学ぶシステムです。大学ではセオリー(理論)だけ学ぶため、大学を卒業しても現場で実際になる知識、経験が欠けています。

そこで大卒者を採用すると企業は、お金と時間をかけて仕事で使える人材を育てあげなくてはなりません。

マーケットがグローバル化した今日、

「人材が足りない。」

募集をかけて新卒者を募集、半年もかけて仕事ができる人材を育てる時間的、金銭的な余裕はありません。

「半年後には製品を納入できます。」

とオファーした日には、競合他社に注文を取られてしまいます。

「新卒者は理論ばかりで、経験と知識がないので即戦力にならない。」

という欠点を補うべく、世界に先駆けてドイツではデユアーレス シュトゥーデイウム / “Duales Studium”(同時/ダブル学業)という大学の学習システムを導入しました。

デュアーレス シュトゥーデイウムとは?

働きながら大学で学ぶこのシステムの構造は、デュアーレス シュトゥーデイウムを提供している大学、あるいは研修生を受け入れる企業側の制度によります。

最初の2年間は大学で理論を学び、最後の1年半で企業研修をするケースがあれば、最初は企業で研修を始めて、2年目から大学で理論を学ぶケースもあります。

あるいは同時進行で、(例えば)月曜日~水曜日のお昼まで企業で働き、水曜日の午後から金曜日は大学で学ぶケースなど、専攻によりその方法はさまざまです。

企業はその報酬として、私立大学であれば学費を全額負担、州立大学であれば450~1000ユーロまでのお給料を支給します。

卒業までにかかる年数

デュアーレス シュトゥーデイウムの場合、卒業までにかかる年数は、通常の学業よりも長くかかります。

学業によりけりですが、早くても3年半、長い実践が必要な学部だと4年半。もっとも日本の大学が平均して4年かかることを考えれば、それほど長いわけでもありません。

卒業時すると、、。

3~4年後に”Bachelor” のタイトルを取得して卒業すると、タイトルばかりか、すでに3年間の仕事の経験が備わっています。

さらには3年間の仕事中に、仕事に欠かせない免許/資格をとることも可能です。

企業は半年も研修を必要とする卒業生よりも、すでに仕事の経験がある卒業生を優先します。

さらには仕事で必要な免許/資格を持っていれば、アルバイトをしながら苦労して学業を終えた卒業生よりも、就職市場ではるかに有利です。

もっといいことには、3年間も手塩をかけて育てた人材が競合他社に就職するのを防ぐため、学業をしながら仕事/研修をしていた企業が、

「卒業したら、ウチで働かないか。」

と言ってくれることが多いです。

Duales Studium 出願方法

デュアーレス シュトーデイウム / Duales Studium は、とりわけ多くの私立大学が提供しています。

「授業料がかかるので公立の大学に行く。」

という欠点を、この制度で克服できるからです。

とりわけ観光業に興味のある方は、ホテルなどが人材を必要としているので、ベルリンミュンヘンなどの大都市では制度を提供している私立大学を見つけやすいです。

肝心の出願順序です。

公立の大学に通われる方は、この制度を提供している企業を調査することから始まります。

有名なプラットフォームを見ると、

「デュアーレス シュトゥーデイウム 経営学 Bachelor 募集」

などと募集要項に書かれています。

  1. wegweiser-duales-studium.de
  2. studycheck.de
  3. azubiyo.de

希望の専攻を提供している企業を見つけたら、ここに応募します。

面接して企業側から採用通知を取ってから、この企業が協定を結んでいる大学に出願することになります。

学生

実践例 – 働きながら大学で学ぶ

ここアウグスブルクは、

「大学の町」

と市が呼んでいるくらいなので、複数の大学が存在しています。

さらにはアウグスブルクには日本でも有名な大企業が存在しているので、これまで知り合ったドイツ人学生の1/3はデュアーレス シュトゥーデイウムを利用しています。

研修先はエアバス、MTU Aero(航空機エンジン)、MANKukaエアバスなどの製造業から、スポーツジムまで。実践例を幾つか紹介すると、

「どうやって、研修先を見つけたの?」

と聞くと、意外や意外、「大学の友達の推薦。」だそうです。すでに有名企業で研修している友達が、「他に誰か興味がある人物を知らないか。」と聞かれて、そのコネで面接に行き採用されたそうです。

この学業システムはどんな学部、何処の大学にも採用されるわけではありません。

法学部や文学部などはダブル学業はほぼ存在していません。この制度が人気なのは経営学、情報学、エンジニア、医学、生物学など。

システムの欠点

デュアーレス シュトゥーデイウムをしていないドイツ人学生に、

「どうしてはしないの?」

と尋ねると、

「学業と仕事が両立できればいいが、すごい負担になる。」

との事。悠々自適な大学生の生活を満喫したいので、普通の大学生活を送っている大学生も多いです。

やっぱり学業と仕事の負担は大きいようです。

しかしながら自費留学生で、奨学金ももらえないとなると、残る方法はこのデュアーレス シュトゥーデイウムのみ。

どうせならお給料のいい研修先を見つけたいですが、人気の研修先はドイツ人学生との競争です。

ドイツ語があやふやだと、高嶺の花。まずは準備段階でしっかりドイツ語を学んでください。