Dinkelsbuehl

街の紹介   Dinkelsbühl

「中世の趣を残している町」として有名なディンケルスビュール。日本語でディンケンスユールと表記されていることもありますが、”Buehl”はどんなに頑張ってもユールとは読めません。素直に、「ビュール」と呼んであげよう。覚え難い町の名前の起源はわかっていない。町の名前が最初に登場している文献では、”Burgus tinkelspuhel” と書かれており、それがどうして”Dinkelsbühl”になったのか、いろんな推測がされている。中には”Dinkelbauer”という人が町の発起人で、その人にちなんで名前が付けられたいう説を主張している人もいますが、「ハンバークはドイツのハンブルクが起源。」と同じく、根拠のない伝説です。

ディンケルスビュールが歴史に残ることになったのは、シュタウファー家とヴェルフェン家のドイツの覇権を巡る争いが原因だ。シュタウファー家(シュバーベンの貴族)はヴェルフェン家(フランケンの貴族)との戦に備えて、地形上防御しやすいこの集落を城壁で囲い、城塞都市に仕立て上げた。ちなみに「お隣」のローテンブルクが城塞都市になったのは13世紀だが、こちらは12世紀でローテンブルクよりも古い。12世紀の城塞都市の特徴として、ローテンブルクの有名な市庁舎前の大きな広場(市場として使われる)はなく、じょうご型の道路/広場があるのみだ。その利点は柔軟さ。町が発展すれば町を好きな方向に拡大でき、中心部を移さないで済む。ちょうどLandshutも同じような町の作りになっている。もっとも町の中心部となる広場がないと「目印」に欠けるようで、ディンケルスビュールはローテンブルクに負けることのない綺麗な町なのに、観光客の数は比較にならないほど少ない。この町は14~15世紀に経済的な最盛期を迎えた。お金持ちになると敵の侵入を妨げる城壁を増築してお堀を掘り、監視用の塔、さらには町の象徴になっているSt.-Georgs-Kircheなどが建設され、今日、観ることができる町の姿になった。

アウグスブルクから車で向かうと、ドイツ観光協会のヒット商品、ロマンチック街道を走るので、Donauwörth, Harburg、それに”Nördlingen”などの観光名所が途上にある。寄り道をしないと、のどかな景色を眺めながら国道と県道を延々と走って、1時間20分ほとで着く。城壁のすぐ外に無料駐車場があるのに、ドイツ人は「歩くのは嫌」と市内まで乗り入れて、市内に違法駐車するからマナーが悪い(日本でも同じ?)。ナビーゲーションに、”Mönchsrother Str.3″と打ち込めば、外壁のすぐ外にある無料駐車場まで行けます。(無料)トイレ付なので、ここで準備を整えて町に突撃しよう。

駐車場から見えるのが”Nördlinger Tor”。塔の隣の建物は、水力を利用した製粉機が入っている”Mühle”だ。かって城壁の周囲はお堀になっていたが、現在ではお堀は埋められて見張り塔と一緒に家庭菜園に利用されている。すでにこの塔の向こう側から古風な家屋が見て取れる。このまま風情のある家屋を見ながら直進するのが、この町の短い観光コース。家屋が道路に面して斜めに建てられています。この角度の方がわかりやすいかもしれません。斜めになっていれば、家の角に隠れて敵を待ち奇襲をかけれますから、戦術的な理由かもしれません。しかし建物がかわいい。そして派手!この緑の建物は、州立音楽学校だそうです。

「折角、日本から来たんだ。全部観て行きたい。」という人は、城壁を越えてすぐに左折すると城壁に沿って街を1周できます。ここに来る観光客は居ないようで、いい写真が撮れます。たまに原住民と出会います。見ていると、塔の中にベットを運び込んでいました。そう、数多い塔は住居として廃物利用されています。あるいは物置として。塔の横にトンネルがあったので入ってみると、塔からお堀の上にかかっている橋がかけられていました。城壁沿いにこのまま歩いていくと、町の一番高い場所にあるSegringer Torにたどり着けます。

短いルートに戻ります。綺麗な彫刻の施された”Brunnen”(噴水、あるいは井戸)があります。上にある鍋、それとも桶は何か意味があるのかしらん。日本のような派手なネオンの看板は、景観を損なうので禁止されています。同じ理由で洗濯物を干すのも禁止されているので、洗濯物が干されているのを見た事はないと思います。そこで手間をかけて店の看板を作成しています。ここにバウムクーヘン(バームクーヘンではありません。)の看板がありますが、お店はいつ通ってもお休み。残念。この鶏の看板はホテル。ではこの看板は何の店でしょう。回答はこちら。この先はもう町の中心部です。その前に朝食を取ります。今日は朝飯抜きの強行軍。もう11時なので我慢の限界。ちょうど正面にパン屋があります。入ってみるとこれが大盛況。ここしか空いてないのかしらん。アウグスブルクのパン屋と違い、菓子パンの種類が豊富!目が移ります。写真中央の”Kokosstange”に決定。1.60ユーロ。安くない?ベンチに座ってかぶりつくと、これが美味!ココナツ味で、生地がパイのよう。店のドイツ人は愛想が悪いですが、味はいい。

満腹になったので、では町の観光名所に突撃します。ここが絵葉書のモチーフになってる”Weinmakt”(ワイン市場)です。中心部と言っても、上述の通り広場/市場があるわけではありません。綺麗な場所なんですが、ちょっと寄って撮ると観光客が写ります。カメラを抱えているのに、平然とレンズの前を歩いていくので、観光地の撮影は難しいです。三脚を取り出して、時間露出撮影に挑戦します。まずは20秒。ほぼ消えました。それに雲がドラマチック感を増します。フィルターをダブルにして今度は50秒!。躍動感が増します。角の真っ赤な建物は”Gustav-Adolf-Haus”と呼ばれています。30年戦争中、この町を占領したスウエーデン軍の将軍Gustav-Adolfが、「歌を歌いながら歩いている子供に情が移って町の略奪を禁止した。」という伝説があり、以来、将軍が宿泊した宿をこの名前で呼んでいます。先に進む前に教会を見て行こう。入り口にど~んと立派な水瓶。内部は、他の教会にある暗い雰囲気がないんです。ステンドグラスではなく、普通のガラスが使用されて明るいせいかもしれません。”Alter”と呼ばれる牧師(それと司祭?)が建つ場所は、とりわけ立派。はい終わり。では教会を出て、町の目抜き通りを歩いて行きます。

真ん中に建っているのは”Deutsches Haus”(ドイツの家)と呼ばれている。かっての町の権力者が16世紀に建造させた骸骨屋敷で、町の観光案内によると「ルネッサンス後期の最高の傑作」だそうです。現在は高級レストラン&ホテルとして使用されている。その向かいも多くの立派な建物が立ち並んでいる。「この靴では石畳は歩きにくいわ。」と苦情が出てきたら、馬車に乗せてあげよう。40分かけて町を一周してくれる。観光ガイド付き。言うまでもなくドイツ語。大人は8ユーロ。子供は半額です。2017年には大人9ユーロに値上がりしていました。毎年、1ユーロ値上がりするのかしらん。撮影するなら徒歩以外に選択肢なし。この家は”Schranne”、倉庫です。歩いていけば、いろんな角度から撮れます。

このメインストリートから左に細い”Gasse”(小道)が分岐している。曲がってみると小奇麗な家屋が並んでいるので、入ってみる価値はあり。メインストリートに戻ってすぐ先に、立派な飾り付きの家がありますが、これは地元の新聞社です。この建物の看板が綺麗なので、後ろに見える塔と一緒に撮っておきましょう。この看板の手前に、”Gewürzstrasse”という路地があります。元々は、香辛料を売っている店が並んでいたので、この名前。現在では香辛料よりも、中国製の服や”Kleinkram”(価値のない小物)を売る露店が並んでいる。観光先らしい値段で。にんにくがひとつ2ユーロで売られてます。買う人居るのかな?露店が景観を損なっていますが、ここに並んでいる家屋が美しい。脇道に入っても、このカラフルな色には脱帽。家ばかりか、車まで色違い。

メインストリートに戻ります。この先にパン屋さんがありますが、先ほどの店と違い客足まばら。やはり客商売はロケーションが大事です。その斜め向かいにあるのが”Spital”(病院)です。中庭に入って裏から見るとさらに立派。隣の別館は”Pflegeheim”とあるので、介護施設です。その後ろにある屋敷がとてもステキです。通りに戻るとすぐ先に”Rothenburger Torturm”が見えます。この塔は牢屋と拷問部屋が設けられていた物騒な建物です。魔女裁判が盛んな中世には、無実の女性(わずかに男性も)ここで拷問を受けて殺害されました。先回は時間がなくてここで引き返したので、今回は門の外まで。その前に振り返って町を見ておきましょう。車がなければまるで中世の町です。

ローテンブルク塔の周辺は、まだお堀に水が残っています。ここは町のホームページでも利用されている町の自慢の景色です。お堀に沿って歩いていくと、花壇や公園が設けられています。先に野外コンサート会場もあり、ドイツの演歌歌手が歌声を披露していました。端っこの塔の奥にある門から市内に戻ると、大きな骸骨屋敷がドン!と建っています。名前は”Kinderzeche-Zeughaus”と言います。普通Zeughausと言えば武器庫ですが、この建物は穀物倉庫として16世紀に建造されたもの。この通りを下ると、香辛料通りにたどり着きます。香辛料通りを端っこまで歩くと、Segringer Straßeへ繋がっています。坂を上っていくと新市役所があり、その横にはとっても綺麗な家屋が並んでます。町の一番高い場所にある塔がSegringer Torです。この塔はてっぺんにたまねぎが乗っており、他の塔と建築様式が違います。スウェーデン軍の攻撃により塔が崩壊したので、15世紀にイタリア人の建築技師のデザインで再建されたためです。

先回見れなかった塔の反対側です。ほとんどの町では「近代化に邪魔だ。」とお堀が埋められて、塔は解体されてしまいましたが、ディンケルスビュールはほとんど残っている珍しい例。お陰で町の中への乗り入れが不便ですが、歴史の保存を優先した街は偉い。城壁と塔がほぼかっての姿で残ってます。町に戻ってきてすぐ左手にあるのが、”Dreikönigskapelle”(3人の王様の礼拝堂)と呼ばれるミニ礼拝堂。すでに14世紀には存在していたというので、町のもっとも古い建造物のひとつ。礼拝堂の先にかわいい家。正面から見ると、「普通の家じゃない。」ですが、城壁と一緒になってます。その向かいにある立派な屋敷がユースホテル。16世紀初頭に建造された倉庫です。今年は春先に気温が零下に下がり、果物に大被害が出ました。とりわけワイン農家は被害甚大。リンゴの収穫も例年の半分以下と言われていますが、品種改良されていない道端のリンゴは平気みたいです。誰も食べないリンゴが地面一面に転がってました。この先もずっと城壁が続いていましたが、引き返してSegringer Torに戻ります。「同じ道を通るんじゃ、もったいない。」と路地に入ると。これまたかわいらしい家。この塔から城壁に沿って歩いていくと、冒頭で紹介した城壁周りコースになります。

まだ残ってる観光名所は僅か。Segringer Straßeを下ると先にSt. Paulskirche教会が見えてくる。なんで同じ場所に教会がふたつもあるの?それはこちらはプロテスタント教会だからだ。この道を直進すれば、駐車場まで戻れる。「まだ何も食べていないわ。」と苦情が出たら、最寄のパン屋でこの地方の名産、”Schneeball”(雪玉)を買ってあげよう。ちなみに知り合いのドイツ人女子大生曰く、「雪玉食べるためにわざわざローテンブルクまで行ったのに、おいしくなかったわ。」との事。「おいしくないわ。」と苦情が出たら、上述のパン屋で菓子パンを買うか、おにぎりでも買ってあげよう。お土産屋では、こんなワインも販売されていました。

まだ駐車場には向かわないで、手前で左折して”Wörnitztor”を観ていこう。この塔はシュタウファー家がこの町の領主だった14世紀に建造された。その後何度も改築されて、今の形なったのは16世紀。ここ数年でペンキも何度か塗り替えられたので、数年前の写真を見ると、「え、違うでしょ?」と思ってしまう。塔の前には立派な噴水があります。先回はすでに冬支度がされていましたが、今回は雪辱達成。とっても綺麗な写真が撮れました。この噴水の対面にあるのが旧市役所で、現在は博物館、そしてツーリストインフォとして利用されている。先回は塔の手前で引き返したので、今回は塔の外まで。塔の中ほどある紋章(左)は、ディンケルスビュールの紋章です。城壁沿いには、埋めたてられて小さくなっていますが、お堀が残っています。ここから見える町への入り口もステキ。

他にも綺麗な場所がたくさんありましたが、見所が多過ぎるので割愛させていただきます。写真を撮りながら町の隅々まで歩いていると、5時間かかっても撮影が終わりませんが、短いコースなら3時間少々で観て回れるので、半日観光にはぴったりです。真夏にもかかわらず、見かけた日本人はカップルの二人だけ。あの中国人でさえ数える程度。皆、お隣のローテンブルクに大挙して訪れている様子です。この街はバイエルン州にあるものの、お隣のバーデンヴュルテムベルク州との境に位置している。早い話が交通の便が悪く、ミュンヘンからは3時間、フランクフルトから電車を乗り継いで4時間もかかるのがネックで、外国人はあまり訪れない様子。でもとっても綺麗なので、バイエルン州に留学される方は、訪問してみてください。