カルチャーショック!

日本からドイツに来て、程度の差こそあれ、カルチャーショックに遭わない人は居ません。日本人が最初に体験する「文化の違い」は、「あれ、電車のドア開かない!」という軽度のもの。そう、ドイツではボタンを押す、レバーを下げるなどしないと、ドアは空きません。

玄関のドアも同じ。ドイツでは鍵を差込むと、日本とは逆方向に回します。大事なのはココから。鍵を挿したまま、ドアを開けます。ドアを開ける前に鍵を抜くと、ドイツではドアはオートロックなので、鍵がかかってしまいます。

重度のカルチャーショックは、ドイツ人。「日本人とドイツ人は似ている。」と考えている方が多いのですが、外観同様に似ている点はひとつとしてありません。長年描いていたドイツ像が崩壊して、新しい本当のドイツ像が出来上がっていくわけですが、この過程が辛い。

ドイツと日本、違うのは人だけではなく、法律や慣習まで異なること。何も知らず日本の常識で行動すると、ドイツの非常識でトラブルになることも。

そこでここではドイツ生活に欠かせない生活情報を、ドイツ在住暦24年のドイツの達人が解説いたします。

ドイツの慣習と民法

ドイツに留学して語学学校の宿泊先に住んでいると、ドイツの法律と触れ合うことが少ないです。ここを出て自分でアパートを探すとなると、説明もなくいきなりドイツの法律と対面することになります。例えば日本の礼金。ドイツでは、礼金は存在していません。厳密に言えば、礼金を取るのは違法です。「アパートを借りたら、礼金を取られた。」という方は返金を請求できます。

不動産屋を通した賃貸でも、取ってもいい手数料は民法で規定されていますから、勝手に手数料を決めることはできません。それにドイツでは保証人なんて必要ありません。その代わりドイツのアパートはもぬけの殻。キッチンも電灯もついていません。そのような細かい点は、ドイツに住んでみないとわかりません。ここでは、ドイツに滞在するにあたってのお役立ち情報を紹介いたします。