日本に住んでいると ドイツ生活情報 に乏しく、アパート探しから始まって、ドイツの物価滞在ビザの申請方法、銀行口座開設など、さまざまな疑問がわいてきます。

そこでネットで検索するも、その多くはフェイクニュースか、いい場合でも、数年前に書かれた記事です。

あやまった情報は往々にして、都合のいいことが書かれています。

そこでこれを信じて渡独、ドイツで現実(壁とも言います)に直面してから、

「助けてください。」

というお問い合わせが後を絶ちません。

そこでこちらではドイツ滞在24年のドイツの達人が、ドイツ生活に欠かせない数々の最新情報を紹介しておきます!

ドイツ生活情報 – カルチャーショック!

ドイツ生活情報 - カルチャーショック!

日本からドイツに来て、程度の差こそあれ、カルチャーショックに遭わない人は居ません。

日本人が最初に体験する文化の違いは、

「あれ、電車のドア開かない!」

という軽度のもの。

ドイツではボタンを押す、レバーを下げるなどしないと、ドアは空きません。

玄関のドアの開け方も違います。

ドイツでは鍵を差込むと、日本とは逆方向に回します。

大事なのはココから。

鍵を挿したまま、ドアを開けます。

 

ドアを開ける前に鍵を抜くと、ドイツではドアはオートロックなので、鍵がかかってしまいます。

重度のカルチャーショックは、ドイツ人。

「日本人とドイツ人は似ている。」

と考えている方が多いですが、外観同様に似ている点はひとつとしてありません。

長年描いていたドイツ像が崩壊して、新しい本当のドイツ像が出来上がっていくわけですが、この過程が辛い。

ドイツと日本、違うのは人だけではなく、法律や慣習まで異なること。何も知らず日本の常識で行動すると、ドイツの非常識でトラブルになることも。

そこでここでは生活に欠かせない本当のドイツ生活情報を、ドイツ在住暦24年のドイツの達人が解説いたします。

ドイツの慣習と民法

ドイツに留学して語学学校の宿泊先に住んでいると、ドイツの法律と触れ合うことが少ないです。

ここを出て自分でアパートを探すとなると、説明もなくいきなりドイツの法律と対面することになります。

例えば日本の礼金。

ドイツでは、礼金は存在していません。厳密に言えば、礼金を取るのは違法です。

「アパートを借りたら、礼金を取られた。」

という方は返金を請求できます。

不動産屋を通した賃貸でも、取ってもいい手数料は民法で規定されていますから、勝手に手数料を決めることはできません。

それにドイツでは保証人なんて必要ありません。

その代わりドイツのアパートはもぬけの殻。

キッチンも電灯もついていません。

そのような細かい点は、ドイツに住んでみないとわかりません。

ここでは、ドイツに滞在するにあたってのお役立ち情報を紹介いたします。

ドイツ生活情報 – なんでもわかるドイツの百科事典

ドイツでの生活に欠かせない滞在先の探し方、滞在費用の管理、運用、ドイツの物価、ドイツでの就労、滞在ビザの取得法とこれに欠かせない閉鎖口座の取得方法まで、以下のページにて詳しく解説しておきました。

興味のあるテーマを選んで一読ください。他では知ることができない情報、それも本当の情報が満載です。でもその前に、まずはお断りから、、。

生活サポート

こちらで紹介するドイツの生活情報は、当社をご利用いただいて留学されたお客様に、ドイツ生活のご案内をするために作成いたしました。

勿論、ご自身で留学された方、他社さんをご利用された方でも情報は公開していますので、無償でご覧いただけます。

しかしながら個別のケースでもお問い合わせ、及びご相談には、生活サポート(有償)にお申込みいただくことが前提になっております。

ドイツ生活サポート - 年中無休でトラブルサポート

あらかじめご了承ください。

  • ドイツの基本情報ドイツの基本情報

    ドイツに留学するなら、(恥をかく前に)知っておきたいドイツの基本情報を網羅。ドイツの人口、宗教、慣習まで。ここだけ読んでおけば、友達に聞かれても隙なし!

  • 滞在先を探す滞在先を探す

    ドイツではアパート探しで不動産屋を使うと2か月分の家賃+消費税の19%の手数料が課されます!でもその手数料を節約する方法もあります。その他、ドイツでの賃貸に欠かせない最新情報、都市部の平均家賃など、他では読めない貴重が情報が盛り沢山です。

  • 滞在費用の管理滞在費用の管理

    どうやってドイツにお金を持て行くのが一番いいですか?というお問い合わせを多くいただきます。一番簡単なのは現金ですが、当時に一番安全性のない方法でもあります。でもクレジットカードでキャッシング?安全ではありますが、カード会社の手数料に加え、何よりも為替レートが悪い!どの方法がいいのか、さまざまな方法の利点と欠点をご紹介します。

  • ドイツの物価ドイツの物価

    ドイツの物価ってどうなの?日本よりも高いの?と心配されている方、ご安心ください。ドイツの物価は日本よりも安いです。その最たるものが食料品。日本の半分以下が当たり前です。日本でとりわけ高い乳製品などは、1/3です。自炊できる人は、とってもお安く生活できるので、ドイツ留学の前に料理を覚えておきましょう!

  • ドイツで働くドイツで働く

    ドイツ、ワーホリ滞在される方からの人気の質問です。「ドイツ語ができなくても、雇ってもらえるか。」という問題はさておいて、法律面でどのように規定されているのか、これをご紹介いたします。さらにはアルバイトの時給など、ドイツで働く際には欠かせない情報を掲載しています。

  • ドイツで就職ドイツで就職

    ドイツで起業したい!。そんな夢を抱くのはあなただけではありません。これまで多くの日本人がドイツで起業してきました。それにはまずは下調べと準備が欠かせません。ここではドイツで起業した私がそのノウハウを教えます。

  • ドイツで起業ドイツで起業

    ドイツに留学する人なら一度は考えるドイツで就職。日本の仕事を辞める前に、まずはあなたの就職のチャンスを考えてみましょう。さらには法律面での制限もあり、「ドイツに行けば仕事は見つかる。」という簡単なものではありません。

  • ドイツの専門学校ドイツの専門学校

    「ドイツで専門学校に通いたい。」、そんなメールを毎年、何度もいただきます。でも日本人はドイツの専門学校には通えないんです。そそもそもドイツには、、。

  • ドイツ滞在ビザドイツ滞在ビザ

    ドイツに90日以上滞在する場合、滞在ビザを申請する必要があります。と言われても、どんな書類が必要なの?ビザの申請に必要な書類、条件は毎年、変わっています。このため、数年前に書かれたブログを読んで、「駄目。」と言われ、途方にくれて相談をいただくことが多いです。ドイツ留学 Pfadfinder24 では、毎年、最新の情報を掲載しています。

  • 閉鎖口座閉鎖口座

    ドイツの滞在ビザを申請するさいに必要な書類のひとつがコレ、閉鎖口座です。名前がややっこしいですが、取得方法はもっとややこしいです。ドイツの達人がミュンヘン市内の銀行を訪問、何処で、どうすれば閉鎖口座が取得できるか、調べてきました!

  • ドイツの銀行 Commerzbank の看板閉鎖口座 開設方法(会員専用)

    閉鎖口座開設の実用編です。口座開設までの手順をひとつひとつ解説しておきました。銀行に行かれる前に、一度、お読みください。

  • いざドイツに出発!いざドイツに出発!

    いざ、ドイツに出発!と思って準備していると、「どんな物がいるのかしらん。」と不安を覚えます。そこでこちらではドイツの達人が日本に帰るたびに買い込んでいたもの、ドイツではなかなか手に入らない物を紹介いたします。また、出発前のチェックリスも用意しています。ぬかりなくちゃんと準備ができているか、こちらでご確認いただけます。

  • ドイツの関税事情ドイツの関税事情

    「ノートパソコンって持ち込めますか。」は、20年前から今日まで、人気の質問のひとつ。勿論、持ち込めます!問題は関税を払う必要があるか、どうか。誰が関税を払う義務があるのか、誰が関税から解放されているのか、又、何が持ち込み可、何が禁止なのか、関税に関する悩みはすべてこちらで解決いたします!

  • ドイツの商店会員用情報ページ

    当社をご利用されて留学されたお客様への専用ページです。ドイツでの生活に必要な情報が満載です。

ドイツの達人アドバイス

どんなにドイツ生活に関する知識があっても、トラブルは避けられません。

これはドイツの達人と言えど、例外ではありません。

達人とそうでない方との違いは、私はトラブルを予想して、対抗措置を取っていることです。

対抗措置を取っているので、トラブル時には

「どうすればいいのだろう?」

と頭をかかえることなく、

「またか?しょうがないなあ。」

と思いつつ、これを実施に移すだけ。

その対抗措置のひとつが、弁護士保険です。

私がドイツに着くとまずは、

  • 私生活
  • 交通関係
  • 賃貸関連

の弁護士保険に加入します。

ドイツで生活するには、欠かせない保険です。

学生さんは無理かもしれませんが、就職したら、「仕事関連」も含めて、保険に入っておきましょう。

学生、ワーホリ滞在先へのアドバイス

弁護士保険に入る余裕のない方は、最低限度の知識をつけておきましょう。

知識というのは、ネットで検索して出てくる怪しげなドイツ体験記ではありません。

ドイツの達人が民法を読んで解説、さらにはドイツでよくあるトラブルを紹介しています。

ドイツの達人になる

全部無料で読めるので、ドイツに出発する前に読んでおきましょう。