Landsberg

Landsberg am Lech

街の紹介

仕事を休んで、「お城が見たいっ!」言う友達を連れてきたのに、お礼の言葉の代わりに「中国人ばっか~。」と言うお友達は、ランツベルクに連れて行こう。ランツベルク、正式にはLandsberg am Lech(レヒ河畔のランツベルク)といい、アウグスブルクから南に43km、ミュンヘンからだと西に50kmの距離にある人口は3万人にも満たない小さな町。町は小さくてもその歴史は古い。12世紀、ザクセン公爵のハインリヒ獅子公が当時の「金のなる木」である塩のルートを安全にするため、レヒ河が狭くなっている場所に橋を設けた。同時に貴重な積荷を守るため、要塞を建設した。この要塞を„Castrum Landespurch“と呼んだのが町の名前の起源となる。安全な要塞の付近に住民が住み始めて、次第に町に発展していく。

14世紀にバイエルン公爵とオーストリア公爵との間で戦争があり、この町は戦禍に巻き込まれて焼け落ちてしまう。街は戦術的に重要な場所にあったので、バイエルン公爵は町の復興を命じ、同時にこの町に「塩の関税」を徴収する権利を与える。15世紀には「渡り税」を徴収することを許される。当時、レヒ河を利用して穀物や木材が取引されていたので、これは町のおいしい財源となる。町は交易で稼いだ金で町の東端に”Bayertor”を建設、ミュンヘンから運ばれている塩は、この門を通って市内に運ばれた。ちなみにこの門がバイエルンとシュバーヴェンの境界線でもあった。

16世紀、バイエルン公爵が当時広がりつつあったプロテスタントの動きを封じ込めるため、ランツベルク同盟を発足させる。これが原因でプロレスタント派のスウエーデン軍が町に侵攻、500人を残して町の住民を皆殺しにする。500人は改修してプロテスタント軍として戦うことを誓ったので、命だけは助かった。

アドルフ ヒトラーがこの町の刑務所に座っていた際、”Mein Kampf”(の一部)を口述したことで町の名前は有名でもあるが、現在の街の住人にはタブーなので、間違っても当時のことにはふれないように。同じタブーが、この街の郊外に巨大な強制収用所があったこと。ミュンヘン郊外のダッハウにもあったが、あそこは政治犯の収容所だった。ここにあったのはユダヤ人絶滅収容所。普通、この種の施設はドイツ人の目にふれないように占領地に作られたが、ここだけは例外だ。戦争中、ランツベルクは連合国による爆撃がなかった幸運な街。一度だけミュンヘンに向かう戦闘機が小型の爆弾を投下したのが唯一の爆撃の経験だ。お陰で古い建造物が多く残っている。

まずはランツベルクの”Wahrzeichen”となっている”Lechwehr”から始めよう。街の名前にもなっているレヒ河は、この部分に急な高低差があり、ちょっとした滝になっていた。お陰で流されてきた木材などが滝底に溜まり、河川を水路として利用する障害となっていた。そこで15世紀なって「渡り税」で稼いだ金で”Wehr”(堤防)、正確には階段のような形に河川工事を施した。以来、この河川階段はランツベルクの象徴となっている。今回は三脚を持ってきたので、長時間露出撮影してみました。雰囲気が変わって面白いです。50mmの単焦点で撮ると、キレキレの写真が取れます。

ランツベルクの中心部、”Hauptplatz”(中心地)に来て最初に眼を引くのは、”Schmalzturm”(脂肪塔)だ。おかしな名前の由来は、かって天気がいい日(ein schöner Tag)には、ここで動物から採取した脂肪(Schmalz)が売られていた。そこでこの名前が付いた。別名、”schöner Turm”(綺麗な塔)とも呼ばれており、本当に何処から見ても綺麗です。この塔は街の最も古い建造物のひとつで、14世紀に建造されている。ここには同じく目をひく”Altes Rathaus”(旧市役所)が建っている。17世紀から18世紀にかけて建造された。その後、外壁に壁画が施されてランツベルクの見所のひとつとなっている。市役所の前には”Marienbrunnen”(マリア噴水)があり、噴水の真ん中には名前の通りマリア像がある。こちらも17世紀の建造物だ。広場の片隅(入り口)には見取り図もあるが、初めて来ると何処が見所なのかわからない。

中止部は先に進むに従い細くなり、先にはでかい建物がど~んと建っている。これはかっての修道院で18世紀の建造物だ。そこまで歩いていく前に振り返って”Hauptplatz”の写真を1枚。車の列が切れるのを待って、車道に出て撮ると綺麗に撮れます。あまり関係ないですが、修道院の向かいに「グーグル通り」がありました!あっれ、よっく見ればゴグル通りでした。先にはレヒ河を渡る橋がかかっており、対岸はランツベルクの典型的な写真を撮る有名スポット。でもまずは橋の上から。対岸から撮るのとこんな感じです。絵葉書に使えます。9月初めなのにもう紅葉が始まってます。長時間露出するとこのような風景になります。どちらがお好み?河に沿ってそのまま5分ほど歩くと、”Mutterturm”が見えてくる。これは街の歴史には関係なく、街の有名人(画家)が母を回顧して建造した塔だ。

来た道を引き返して、今度は丘に上ってみよう。防御に適した丘の上はランツベルクの主要部分で、ここには領主の城が建っていた。残念ながらかっての城はもう残っていない。「ここに城があったんだろうな。」と思われる塔や城壁だけが残っている。かって城があった場所は駐車場として利用されており、端っこには”Schlossbergschule”(城砦学校)が建っている。学校の木陰から博物館とその裏にある”Heilig-Kreuz-Kirche”が見えます。大粒の汗を流しながら坂を下って、また登ってやっと辿り着けます。博物館と教会は狭い丘の斜面に建っています。こんな場所にこんな大きな教会を建造するのは、さぞ大変だったろう。教会の入り口の装飾がお見事。他の教会と形式が違います。ロココ調の建築様式で18世紀建造。内部への入り口は丈夫な柵で閉鎖されてます。教会の装飾品を盗む輩がいるので、仕方ありません。でも策の合間から写真は撮れます。周辺には古い家屋がたくさん残っている。一見すると、「屋根だけの家?」に見えるが、斜面に立っているので入り口が2階にある。逆の方向から見ると立派な2階建ての家屋だ。このかわいい家屋も正面から見ると小さな3階建てだが、横から見ると5階建て。

この教会の近くに冒頭で述べた”Bayertor”があるので、行ってみよう。去年は修復中でしたが、今年は修復(ほぼ)完了。ペンキも塗りたてでぴかぴかでした。このバイエルン塔から城壁が延びているので、城壁ファンは是非、城壁に沿って歩いてみよう。少し離れて眺めると、城壁の前に凹んでいるお堀の跡が確認できます。この砦はお堀の中にぽつんと建っています。お堀にまだ水があれば、さぞかし綺麗だったろうに。丘の上は面白い家屋が多いので、是非、登ってみてください。あるいはバイエルン塔の周辺は駐車場になっているので、ここに車を停めれば便利。ランツベルクには関係ないですが、ここで偶然、でかいエンジン音のクラシックカー、正確にはヤングタイマーに出会いました。調べてみればメルセデス280 SE。使い込んだ車でも2万ユーロ、綺麗に修復されると10万ユーロもする貴重品。まさにお宝です。もっともドイツでは盗難が多いので、車に投資するのは危険です。

城壁を見たら、坂を下ろう。かってこの坂は塩を積んだ人力車、牛車が横行していたので、ドイツで唯一の左側走行の道。坂道沿いの家屋は、玄関のドアに鍵をかけるのを禁止されていた。ブレーキが壊れて狭い坂道を下りだした車に引かれないように、通行人が家屋に逃げ込めるようにするためだ。坂を下ると先に前述の「綺麗な塔」が見えてくる。ここで左折すると”Hexenviertel”(魔女区)と呼ばれるこの場所に出る。ここから眺める光景は綺麗なので、元気があれば足を伸ばしてください。

綺麗な塔をくぐると、市役所前の広場に出ます。ご覧のとおり、今度は市役所が修復中でした。突き当たりを右に曲がると、”Stadtpfarrkirche Mariä Himmelfahrt”が見えます。教会の前で勧誘している人達が見えますよね。ドイツなら何処に行っても見る光景ですが、宗教の勧誘です。時々、「信者が悪魔に取り付かれた。」とエクソシストを実行して死人が出ています。悪い事は言いません、触らぬ神にたたり無しです。駅で電車やバスを待っていると、話しかけてくる勧誘員も居ます。「親切なおんじさん。」と勘違いされませんように。この通りには綺麗な建物が密集しているので、建築ファン必修です。興味のない人はずんずん歩いてきますが、建物が映える角度を探して歩き回ると、とっても時間がかかります。この先を左に曲がると、”Bäckerturm”(パン屋の塔)が見えてきます。15世紀の建造物です。この塔は内門でお堀があるんですが、ご覧のとおり工事中で水は流れていませんでした。この先にもうひとつ門があります。かってはここが町の境界線で城壁で囲まれていたんですが、城壁はもう残っていません。端まできたので引き返します。通りを進んでいくと綺麗な家屋の並びの先に、”Sandauer Tor”が見えてきます。手前には形容のし難い噴水が。門を外側から見るとこの通り。この塔から伸びる城壁が山の斜面に見えますが、この城壁はバイエルン塔まで続いています。町の端まで来たので、裏道を歩いて中心部に引き返しましたが、ここも綺麗でした。

「折角、他の町に行くなら、目新しい物を食べたい!」と朝食抜き。もう14時で空腹の限界。何故?それはパン屋が閉まってるから。アウグスブルクなら日曜でも17時まで空いてます。ランツベルクは人口が少ない上、観光客も来ないので、「店を開けると赤字。」とどこもお休み。4時間後、やっと営業中のパン屋を発見。これが立派な建物に入ってる。クルミパン買いました。生地はクロワッサン風、中身(餡)は甘~いクルミ。腹がすいているせいか、美味。1.60ユーロなり。

全部歩いて回るとたっぷり3時間かかるので、「足が痛い。」、「トイレに行きたい。」と言い出すお友達は、上述のパン屋の裏手にあるレヒ河畔に連れて行こう。この近辺は原住民の憩いの場で、ケーキ屋、カフェの密集地帯。お堀も流れており(工事中でなければ)、とっても雰囲気のいい場所です。このカフェの裏手に延々と続くのは、ランツベルクがお金持ちなった塩を貯蔵した”Salzstadel”(塩倉庫)。現在は家屋、店舗として利用されている。

ランツベルクは日本人観光客の姿は言うに及ばず、中国人観光客も姿もみかけない”geheim Tipp”(知られていない名所)。そこそこの観光資源を備えており、半日観光にはぴったり。ミュンヘンから近いので、「城はこの前見た。」という方は、一度お試しください。歩きやすい靴は必修です。