ドイツ留学保険 と言えば、ケアコンセプト、ステップイン、ドクターヴァルターなど幾つかの保険会社があります。

でも各社の保障内容を比較しているサイトは皆無で、

「ケアコンセプトがお勧め!」

と言った内容になっています。

でもどうしてお勧めなのか、根拠が欠けているようです。

そこで今回はドイツ留学保険各社の保障内容比較いたしました。ご予算やドイツでの滞在目的に合わせて、あなたの目的に適した留学保険をご選択ください。

病気になった際の備え – 留学保険は必要なの?

ドイツ留学保険 空港の出発便電光表示板

ドイツに留学 & ワーホリされる方に過小評価されるのが、

「病気になった際の備え」

です。若者は健康で医者にかかることも少ないため、

「留学保険は必要なの?」

「1ユーロでも無駄なコストを節約したい。」

と考えます。確かにインフルエンザにかかり医者に診てもらう程度なら、留学保険がなくても自分で費用を払えます。

でも留学先で盲腸炎になったら入院と手術に(少なくとも)2600ユーロもかかります。とても手持ちのお金で払えません。

「盲腸はもう取ったし、健康でここ10年、医者にかかったことがない。」

という方でも、ドイツ留学保険は必要です。いくら健康でも事故は防げないからです。

お客さんが観光先のプラハで橋から転落、救急車で病院に運び込まれた事がありました。別のケースではデユッセルドルフ市内で滑って転び、手首を複雑骨折して手術が必要になったことも。

ワーホリビザの取得にはドイツの留学保険に加入することが義務だった為、保険が費用を負担してくれました。

留学保険は、予想できない万が一の事態で効果を発揮するものです。間違った場所で費用を節約されませんように。

ドイツ留学保険 とは?

こちらではドイツ滞在中の病気や事故などに備えて加入する保険を、ドイツ留学保険と称しています。

そのドイツ滞在とはドイツに留学する場合は勿論、

  • ワーキングホリデーで滞在される方
  • 研究滞在される方
  • オペアで滞在される方
  • 出張で滞在される方
  • 観光で滞在される方

を包括しています。(*1)

正確に言うなら、「ドイツ ワーキングホリデー保険」、「ドイツ 研究滞在保険」、「ドイツ オペア保険」etc,,などど書くべきかもしれませんが、それでは大変なので、

「ドイツ留学保険」

という言葉で包括しています。

*1 ドイツで就職される場合は、国民皆保険への加入義務があるので、留学保険は使用できません。

ドイツ留学保険 に含まれる保障

では次ぎにドイツ留学保険に含まれる保証についてみていきます。

留学保険はわかりやすく言えば、一種の旅行保険です。

旅行保険は外国での滞在中に予期せずかかった病気などを保障するなので、既往症、定期健診などは保障されません。

ドイツ留学保険のもうひとつの特徴は、疾病保険(健康保険)に、事故保険や個人賠償責任保険などが含まれている(あるいは追加で申し込みできる)点です。

でも疾病保険はわかるけど、事故保険や個人賠償責任保険って何でしょう?

ドイツの新幹線 ICE

事故保険とは?

事故保険って一体、どんな時に役立つのでしょう?

例えば登山などで遭難すると、ヘリが出動して救助にあたります。ヘリが出動すると1時間で数千ユーロかかるので、救助後、数万ユーロの救出代金が請求されます。

そんな際に助けてくれるのが事故保険です。登山しなくても、スキー休暇での事故、あるいはころんで骨折したときなども、足あるいは首をギプスで固定するので、電車やバスは使用できません。

そんなときは、事故保険が活躍します。

また手術 & 入院治療が必要になった場合、体の機能を回復するための回復後のリハビリ治療は欠かせません。

日本の旅行保険はこの大切なリハビリ治療を保障に加えず、その代わりに生命保険を加えています。結果、保険料がとても高価なのに、リハビリは自費。

正直、

「自分が死んだら、幾ら(遺族に)払われるか。」

ではなく、機能障害が残らないようにリハビリ治療が保障に入っている方が嬉しくありませんか?後遺症が残ったら、今後、一生、不自由な生活を強いられます。

リハビリをしても後遺症が残った際には、事故保険は傷害保障を払ってくれます。

ドイツ留学保険へ加入される場合は、若い方だからこそ、今後の人生に障害を残さないように、事故保険に加入しておきましょう。

雪を抱く山頂に立つ十字架

個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険とはどんな保険でしょう?

日本ではあまり馴染みがないですが、ドイツ人なら誰でもエチケットとして加入しているのが個人賠償責任保険です。

デパートで高価なお皿を落として割ったり、スポーツジムでダンベルを落として鏡を割ったり、友達の携帯を落として壊したり、不注意によって第三者に与えた損害を保障するのが、この保険です。

2~3ユーロの保険料で、百万ユーロまで保障してくれます。2~3ユーロ節約して後で泣くより、お守りと思って加入しておきましょう。

注意点

ドイツ留学保険についてくる個人賠償保険は、保険料が安いので、保障も限られています。

典型的なのがホームステイ先の動産で、保障の対象外です。キッチンで皿を割った程度なら保険が効かなくても、留学資金から弁償できますが、ガラスを割ると数百ユーロ。ちと痛い。

もっと痛いのは学生寮やアパートの鍵。これを落とすと高いっ!まずは”Schlüsseldienst”に電話して鍵を開けてもらうのに、数百ユーロ。保険は効かず、自費です。

部屋の鍵を開ける作業

その後、

「合鍵を作って終わり。」

ではありません。防犯の為にアパート全部の鍵を取り換えするので、その費用は4桁に!これも保険が効かず、自費です。

鍵を落とす心配のある方は、留学保険とは別に正式な個人賠償保険に加入しましょう。

鍵の取り換えまでカバーされる個人賠償保険は、生活サポートをご利用の方に、無償で皆伝中!

滞在ビザ・ワーホリビザの取得

ドイツ留学保険の最大の特徴は、これに加入しているとドイツの滞在ビザ & ワーホリビザが取れる事です。

ドイツの保険会社はドイツの外国人法で決められてる

「ビザが取れる保険の条件」

を考慮して保障内容を適合していますので、ドイツの滞在ビザ ・ワーホリービザの取得には欠かせません。

さらに大事な点は、保険証が外人局の役人にも読めるドイツ語で書かれている点です。

「留学保険に入っています。」

と口頭で主張するだけでは駄目で、これを証明する書類を提出する必要があるからです。

日本の留学保険

日本の留学保険では、滞在許可(ビザ)は下りません。

何故ですか?

外国人法で、”Der Umfang des privaten Versicherungsschutzes muss dem Leistungsangebot der gesetzlichen Krankenkassen entsprechen. ” と書かれているからです。

参照 : ベルリン外人局ホームページ

どんな意味ですか?

「(ビザが取れる)留学保険の保障は、ドイツの国民保険に順ずる内容であること。」

と、書かれています。これを満たすのはドイツ留学保険で、日本の旅行保険はこの条件をクリアしていません。

仮に条件を満たしている旅行保険があっても、保険証が英語や日本語では、外人局のドイツ人は読めません。読めないと、

「駄目。」

と申請を却下されます。

英語は通じないんですか?

日本の市役所と一緒です。

日本の役所が認める公式文書は、日本の会社が発行した、日本語の書類です。英語で書かれたドイツの会社の書類では、受け入れてくれません。

これと同じ原理で、ドイツの官庁でも、ドイツの会社が発行した、ドイツ語で書かれた書類が必要です。この条件を満たすのがドイツ留学保険です。

クレジットカードの保険を利用

「クレジットカードの保証を利用して、保険期間を1か月節約しちゃおう!」

と、ドイツ留学保険の期間を1ヶ月減らして、ワーホリビザを申請される若武者が跡を絶ちません(注2)。が、一人残らずドイツ領事館の愛想のない日本人スタッフに、

「これでは駄目です。」

と、申請受領を拒否されています。

「若いうちの苦労は、金を払ってでもするもんだ。」

とも言われますが、そのような初歩的なエラーは避けましょう。

そもそもカードについてくる保障では基本、自分で払って後から申請です。でも数百万、数千万の治療が必要になったら、万事休す。

さらにはクレジットカードの保障では、保険証、すなわちドイツ留学保険に入っているという証拠が提示できません。

そんな保険ではワーホリビザも滞在ビザも取れません。

注釈

(注2)

例えば12ヶ月のワーホリビザを申請されるなら、12ヶ月間、ドイツ留学保険に加入しなくてはなりません。

くどいですが、11ヶ月と29日では駄目です。12ヶ月から1日でも欠けると、アウトです。

診療所の入り口

日本の国民皆保険で滞在ビザ申請?

「外国でかかった治療費は、日本の国民皆保険に請求できます。」

と、日本の国民皆保険で滞在ビザ申請した武者がおられました。そのチャレンジ精神は素晴らしいと思います。

が、ビザの申請を受けてもらえませんでした。ドイツでビザを申請される方は、外国人法で指定されている保障範囲を提供しているドイツ留学保険が必要です。

ドイツの国民皆保険には加入できる?

ドイツの国民皆保険には、

  • ドイツの大学に正規留学される方
  • 交換留学制度で留学される方
  • 現地で就職される方

しか加入できません。語学学校に通ったり、大学の語学コースへ入学するケースでは加入できません。

「留学保険はドイツで入ればいいや!」

って気軽に考えて無保険で入国、30日を経過してから申し込んでも、

「留学保険には加入できません。」

と加入を拒否されことがあります。そんな目に遭わない為にも、出国前にドイツ留学保険に加入して渡独しましょう。

ドイツ留学保険 各社の特徴

ドイツで発行される滞在ビザは厳密に言えば、シェンゲンビザです。

このビザを所有していれば、シェンゲン協定加盟国には自由に行き来ができます。

しかるに各加盟国が勝手にビザの発給に必要な保障の基準を設定すると、国境を越える度に改めて保険に加入しなくてはなりません。

そのような無駄を廃止する目的で、欧州議会はEU内に滞在する外国人が必要な健康保険の条件を欧州議会で決定しました Verordnung (EG) Nr. 810/2009 。

この保障内容に沿っていれば欧州内で合法的に滞在ができます。

弊社ではこの規定に沿った 留学保険を紹介しております。以下にドイツ留学保険各社の特徴を解説しておきます。

ドクター ヴァルター ドイツ留学保険 ドクターヴァルター     人気商品

ドクターヴァルターは、ここで紹介するドイツ留学保険の中では最大手です。その創業はなんと60年前です。

同社の留学保険には、通院、入院、手術、リハビリ、妊娠時の定期健診、出産まで、自己負担金がないのが最大の特徴です。

自己負担金がないので、体調が悪くなったら安心して診療にいけます。学割が効いた”Educare24″は”Small”(以降Sと略)を除き、保険料に個人賠償責任保険、事故保険等込み。

手厚い補償内容をご希望される方には、定期健診や歯石除去まで保障に含まれたドイツ留学保険 Educare24 XL にご加入いただけます。定期健診を保障の対象にしているのは、ドクターヴァルターだけです。

さらにはドイツ国内に限らず欧州全域にて保障が有効で、しかもEU内の外国での滞在期間に上限がありません。極端な話、まずはドイツに1か月滞在後、あとはすべてEU内の外国に滞在することも可能です。

このような広範囲の保障を提供しているのは、ドクターヴァルターだけです。

保険料のお支払い

保険料のお支払いは、クレジットカード、Paypal、それに銀行送金が可能です。

お支払い時に手数料がかからないので、こちらのドイツ留学保険が一番お安く、補償範囲も一番広範になっています。

さらにドクターヴァルターは、独自のコールセンターを設けており、使い勝手がよいのでお勧めです。

もっと詳しく見る dr.walter

ケア コンセプト  ドイツ留学保険 ケアコンセプト            人気商品

ケアコンセプトは、ドクターヴァルターと似た保障内容、保険料ですが、一番お安い保険を選ばれると、自己負担金があります。

その代わりに1年保険を使用しなければ、保険金の一部返還サービスがあります。

滞在中にドイツ以外の国を訪問しても補償は効きますが、滞在期間に上限があります。さらに出発前に保険会社に旅行を申請する必要があるのが、ちょっと面倒。

ケアコンセプトのドイツ留学保険には、ワーキングホリデービザの取得に欠かせない個人賠償保険、事故保険が含まれていません。

日本でワーホリビザを取得される方は、ケア カレッジ コンフォート、プレミアム、あるいはケア エコノミーに、事故保険と個人賠償のM、あるいはLを追加でご加入ください。

注)ケア カレッジ ベーシック、及び個人賠償、事故保険のSでは、ワーキングホリデービザ発給条件を満たしません。

保険料のお支払い

保険料のお支払いはクレジットカード、Paypal、それに銀行送金でのお支払いが可能です。クレジットカードやPaypal でお支払いされる場合は、手数料が4%加算されます。

もっと詳しく見る care concept

ステップイン ドイツ留学保険 ステップイン

ステップインではケアコンセプトと同様に、保険を使用すると自己負担金がある保険タイプがご用意されています。

一番安いエコノミー保険には、リハビリ治療、出産費用、妊娠時の定期健診、個人賠償保険や事故保険が含まれておりません。妊娠時の健診が含まれていないので、ビザ申請条件を満たしません。**

日本でワーキングホリデービザを申請される方は、リハビリ治療、出産費用、妊娠時の定期検診が補償されているステップインのエコノミープラス(59ユーロ/月)にご加入ください。

こちらのドイツ留学保険には傷害(事故)保険(10ユーロ/月)が含まれていませんので、追加で加入されるのをお忘れなく。

(** 女性のみ。男性は可。)

保険料のお支払い

保険料のお支払いはクレジットカード、銀行送金が可能です。カードでお支払いされると5ユーロの手数料が加算されます。

もっと詳しく見る stepin

【特集】 ドイツ留学保険 を各社徹底比較!

Dr.Walter / Educare24 L Care College プレミアム Stepin ファーストクラス
保険料/月 41ユーロ 63ユーロ 89ユーロ
妊娠時の定期健診* 自己負担金なし* 自己負担金なし* 自己負担金なし*
出産費* 自己負担金なし* 自己負担金250ユーロ 8ヶ月の待機期間あり*
個人賠償保険/事故保険 込み 別途加入(2~7.5ユーロ)
別途加入(20ユーロ)
リハビリ治療 込み 込み 込み
支払い時の手数料 なし 4% 5ユーロ
変更手数料 なし なし 通常はなし(ケースにより19.80ユーロ/回)
解約手数料 なし なし 19.80ユーロ
旅行先での保険の適用期間 EU内無期限、EU外6週間まで 2週間~最長で6週間まで(旅行前に申告が必要) 6週間まで
ビザ申請に必要な最低保険料 41ユーロ/月 67ユーロ/月 89ユーロ/月
Dr.Walter / Educare24 M
Care College コンフォート
Stepin エコノミー
保険料/月 37ユーロ 35ユーロ 45ユーロ
疾病の際に保険を使うと 自己負担金なし 自己負担金なし 自己負担金25ユーロ
妊娠時の定期健診* 自己負担金なし* 自己負担金25ユーロ* 自己負担金25ユーロ*
出産費* 自己負担金なし* 自己負担金250ユーロ*
8ヶ月の待機期間あり*
リハビリ治療 込み 込み 込み
個人賠償保険/事故保険 込み 別途加入(2~7.5ユーロ) 別途加入(20ユーロ)
支払い時の手数料 なし 4% 5ユーロ
旅行先の保険の使用 EU内無期限、EU外6週間まで 2週間~最長で6週間まで(旅行前に申告が必要) 6週間まで
ビザ申請に必要な最低保険料 37ユーロ/月 39ユーロ/月 ビザ申請条件を満たさず**

* 保険発効後に妊娠されたケースに限り、保障の対象になります。
** 女性のみ。男性は可。

どこが一番お得?

ドイツ留学保険、どこが一番お得?

日本のドイツ領事館でワーホリビザを申請されるなら、ドクターヴァルターのエデュケア24 M (37ユーロ/月)が一番お得です。

疾病保険料だけみると、ケア コンセプトのドイツ留学保険、ケアカレッジ コンフォートが、35ユーロ/月で一番お安いようです。

でも保険料をペイパル、あるいはクレジットカードで保険料を払うと、4%の手数料が加算され 36.4ユーロ/月になります。

又、こちらの留学保険には個人賠償保険、事故保険が含まれていません。これなしではドイツ領事館で、ワーキングホリデービザを申請できません。

個人賠償保険、事故保険を加えると、40.56ユーロ/月になります。(内訳 : 39ユーロ + カード手数料 1,56 ユーロ)

一方、ドクターヴァルターのエデュケア24 Mならカード払いでも手数料がないので。1か月あたり ケア コンセプトより 3.56ユーロ/月お得です。

12ヶ月留学保険に加入されるなら、3,56 x 12 ヶ月 = 42.72ユーロ、ほぼ5000円の節約になります。

どうして保険料に差があるのですか?

ドクターヴァルターやケア コンセプトと比較して、明らかに保険料が高額になっている留学保険もあります。どうして保険料に大きな差があるんでしょう?

皆さん日本で携帯電話など、何か欲しい物の値段を検索してください。同じ品なのに、数千~数万円の差がありますよね。

留学保険も同じで、保険を販売する会社が独自に販売価格を決めているので、差が出てきます。

価格を安価に設定してたくさん保険を売るか、利鞘を大きくして少ない数の販売数で儲けるか、そこはお店の経営方針の違いです。

ドイツ留学保険 使い方

では次にドイツ留学保険の使い方を見ていきます。

皆さんがどの保険に決められるにせよ、保険証などの書類はメールに添付して送られてきます。

診療所の受付のドイツ人女性

 郵送されないんですか?

日本へは郵送されません。ドイツ国内にお住まいで、ドイツの住所でお申込みされた場合に限り、ドイツの住所まで保険証が郵送されてきます。

保険証が届いたら、これを念のため、二部印刷しておいてください。一部は外人局でのビザ取得用。一部は診療所での提示用です。

保険証って何ですか?

あなたが留学保険に加入している事を証明する書類です。

診療所の探し方

ドイツ留学保険に加入して渡独、ドイツで調子が悪くなったら、まずは診療所探しです。

ここでも便利なのはインターネット。医師を探すのに便利なのはドイツ版イエローページの Gelbeseiten です。私も毎回、使用しています。これはドイツ全土共通の診療所の探し方です。

左に該当する病気を扱う専門医の名前、右枠には住んでいる街の名前を(ドイツ語で)入れましょう。

イエローページの検索画面

内科なら、 Inneremedizine あるいは Hausarzt

皮膚科なら Hautarzt あるいは Dermatologie ドイツでは(通常)性病も皮膚科です。

眼科なら Augenarzt

捻挫、腰痛なら Orthopäde です。

小児科なら Kinderärtze です。

週末や夜中に調子が悪くなると、112番の救急車か ärztlicher Notdienst です。

例えばデユッセルドルフの緊急医をさがすなら

ärztlicher Notdienst Düsseldorf です。

その検索結果がこちら

診療所検索結果

あとは電話して開いているか確認して、タクシーで行くだけ!

救急車は使えませんか?

緊急時なら使えます。腎臓結石で痛みでのたうちまわっていれば、ドイツ留学保険の対象内。でも、

「お酒を飲み過ぎて気分が悪い。」

「歯が痛い」

で使うと、間違いなく自費になります。

診療所に持参する書類

診療所に持参する書類は、保険証の他にもうひとつあります。

ケアコンセプトの場合は、”Behandlungsschein”、ドクターヴァルターの場合は、Ärtze-Info-Ticket です。

こちらの書類では、ドイツ留学保険各社が保険の効く治療の範囲を解説していますので、お忘れなくご持参ください。

どの診療所でも最初に聞かれる点とは?

どの診察所でも最初に聞かれるのは、

「どこが悪いですか?」

ではなく、

「どうやって治療費を払いますか?」

です。

ここで持参した書類を提示します。ドイツ語が話せる方は、

“Bitte um Behandlungen innerhalb des Versicherungsrahmens.(補償内での治療をお願いします。)

と言いましょう。通常は、

「じゃ、あなたの住所に請求書を送るから、払ってね。」

と言われて、待合室に通されます。

ドイツ留学保険 診察費の支払い

次は肝心の診察費の支払いです。

自分で診察費を払いたくない方は、

“Können Sie Ihre Rechnung direkt an die Versichering zusenden?”(診察費を直接、保険会社に請求してもらえませんか。)

と頼んでみましょう。しかし多くの診療所にとって、ドクターヴァルター、ステップイン、ケアコンセプトは初めて聞く名前です。このため、

「診察費は自分で払って、後から保険会社に請求してください。」

と言われることが多いです。その場合、まずは医療費を診療所に払ってから、ドイツ留学保険各社に医療費を請求します。

通常は保険会社まで医師からの請求書、薬の領収書、それに自分で書いた手紙を添えて、支払いを請求します。

混み具合によりますが、通常は2週間ほどで保険金が下ります。

ドイツ留学保険 どうしてこんなに安い?

日本の留学保険は、1日3000円もするのに、ドイツの保険は4000円/月。

ドイツ留学保険どうしてこんなに安いのでしょう?

その理由は3つあります。

  1. 欧州市場統合で競争がある。
  2. 日本の保険市場には競争がない。
  3. 日本の保険は生命保険になっている。

欧州の市場は統合されているため、スペイン、フランス、イタリアの保険会社がドイツで商売をすることができます。このため各社はEU加盟国28か国内で、厳しい競争にさらせれています。

早い話、高いと売れません。そこで安価な留学保険を提供して、大量に販売する事で利益を出す形ができ上っています。

一方、日本は海外からの保険会社が入ってこれないので、競争がありません。結果、保険料も高値安定しています。

生命保険は高いっ!

これから留学、旅行される方に、

「旅先で死ぬことに備えて、生命保険に加入しませんか。」

と勧誘しても

「じゃ、2千万くらいお願いしようかしら。」

と言う人は居ません。楽しい旅行や留学に行くのに、死ぬことを考える人は居ません。

そこでドイツ留学保険に、

「死亡した場合は、2000万円支給!」

と生命保険をつけて販売しています。日本の留学保険が高いのは、この生命保険が付いているからです。

一方、ドイツ留学保険は生命保険の代わりに歯科治療、妊娠時の健診、出産費用、事故、病気で必要になるリハビリ治療を保障に入れています。そうしないと冒頭で書いたように、滞在ビザが下りないからです。

結果、日本の保険よりも広範囲に保険が効くのに、保険料がお安くなっています。

ステップイン

ドイツ留学保険 ステップイン本社ビル

ステップイン / Stepin は元々、ドイツ人の海外留学を手配する会社でした。

日本とドイツのワーキングホリデービザ協定の締結に伴い、ドイツ留学保険・ワーホリ保険業務を開始しました。

日本でドイツ領事館にワーキングホリデービザの申請に行くと、ステップインの留学保険に加入するように勧められるので、きっとご存知の方も多いことでしょう。

ドイツ留学保険 ステップインの種類

プラン 料金 保険内容
エコノミー 45ユーロ / 月 疾病保険 : 通院治療、医師により処方された薬、入院治療は全額補償されます。自己負担金25ユーロ。

歯の治療は歯科医によって行われる、または処方される、簡
易な充填および既存義歯の修理を含む 鎮痛および保存を目的とした歯科治療、ならびに
痛みが発生している場合に延期できないブラケット(リテーナ) の修理と調整。250ユーロ/件まで補償。

妊娠時の定期健診、出産費用は保証適応外。

精神疾患は保証適応外。

リハビリ治療は保険適応外。

旅行先で病気、事故に遭い、本国への移送が欠かせないと判断された場合、 100 %補償されます。

エコノミー プラス 59ユーロ / 月 疾病保険 : 通院治療、医師により処方された薬、入院治療は全額補償されます。自己負担金なし。

歯の治療は歯科医によって行われる、または処方される、簡
易な充填および既存義歯の修理を含む 鎮痛および保存を目的とした歯科治療、ならびに
痛みが発生している場合に延期できないブラケット(リテーナ) の修理と調整。500ユーロ/件まで補償。

保険加入後に妊娠された場合は、8か月の待機期間後、定期健診、出産が保険の対称になります。

ドイツで発病した精神疾患は5回までの通院治療に限り、500ユーロまで保証。

リハビリ治療は保証対象。

旅行先で病気、事故に遭い、本国への移送が欠かせないと判断された場合、100 %補償されます。

ファーストクラス 89ユーロ / 月 疾病保険 : 通院治療、医師により処方された薬、入院治療は全額補償されます。自己負担金なし。

歯の治療は歯科医によって行われる、または処方される、簡
易な充填および既存義歯の修理を含む 鎮痛および保存を目的とした歯科治療、ならびに
痛みが発生している場合に延期できないブラケット(リテーナ) の修理と調整。治療費用の上限なし。

さらには義歯治療(継続歯、インレー、クラウン、ブリッジ、歯列矯正治療、機能分析および機能治療サービスとインプラント歯科サービス)、事故に基づく義歯治療。治療費用の上限なし。

保険加入後に妊娠された場合は、8か月の待機期間後、定期健診、出産が保険の対称になります。

ドイツで発病した精神疾患は5回までの通院治療に限り、1000ユーロまで保証。

リハビリ治療は保証対象。

旅行先で病気、事故に遭い、本国への移送が欠かせないと判断された場合、100 %補償されます。

個人賠償責任保険、荷物保険、障害保険などはついてない、純粋な疾病保険です。

ファーストクラス ゴールド 119ユーロ / 月 ファーストクラスの保障内容に、個人賠償責任保険、手荷物保険、それに障害保険をつけた保険です。
荷物保険 15ユーロ/月 高価な手荷物を保障する保険です。保証金額は全部で3000ユーロまで。ノートパソコン、携帯電話などは最高1000ユーロまで保証(自己負担金100ユーロ)。

カメラ、撮影機材など最高1000ユーロまで保証(自己負担金25ユーロ)。現金、有価証券は保険の対象外。

ステップイン 保険内容補足

ステップイン保険内容を以下に

  • 疾病保険
  • 傷害保険
  • 個人賠償責任

の項目にわけて補足しておきます。

ドイツの救急車

疾病保険

ご旅行中の急な病気や、ケガに際して医師による外来治療を受けられたり、入院治療を受けられる場合は、費用が100%保険でカバーされます。

ただしエコノミー保険では保険事例1件につき、25ユーロが自己負担額となります。

既応症、レーシック、不妊手術、包茎手術など、保険が効かない病気、治療もございます。具体的な案件をお持ちの場合は、保険会社までお尋ねされるようにお勧めいたします。

被保険者が 14 日以上入院する場合、 エコノミープラスは 500 ユーロ、ファーストクラスは 1000 ユーロまで 親族の渡航費用が補償されます。

傷害保険

ご旅行中にバイクや車の運転中に、あるいはダイビングの際に事故に遭って後遺症が残った場合、あるいは被保険者が死亡した場合、補償金額が支払われます。

賠償責任保険

個人賠償責任保険は、疾病保険に次いで2番目に大切な保険です。保障金額は最高300万EURまで。これだけの損害が保障されていれば、不注意で起こりうる損害はカバーされているので、安心して暮らせます。

店先などで器物をうっかり破損してしまった場合の自己負担金額は25ユーロですが、尚、ホームステイ先なので、備え付けの器物を壊してしまった場合、25ユーロが自己負担金になります。

保険料のお支払い方法

最後に保険料のお支払い方法です。

ドイツ留学保険のステップインでは、クレジットカード(Visa, Master, JCB)、それに送金でのお支払いができます。カードでのお支払いでは、手数料が5ユーロ加算されます。