ビザ

滞在ビザの達人になる

ビザってどんなもの?

ドイツに長期留学、あるいは長期滞在する場合、あるいは短期でも就業目的で渡独する場合、日本国籍を有する我々は、俗に言うビザが必要になります。ビザは英語圏での言い回しで、ドイツ語ではAufenthalt(s)(滞在)erlaubnis(許可証)といいます。さらに厳密に言えば、ドイツはシェンゲンビザ協定(ルクセンブルクのシェンゲンで決められたので、この名前になっています。)に調印しているので、シェンゲンビザと言います。つまりこのシェンゲンビザを持っていれば、シェンゲンビザ協定に加盟してくる国には、自由に行き来できます。でもまあ、ここでは「ビザ」の方がシェンゲンビザより一般的なので、ビザという言葉を引き続き使用します。

でも、どうしてドイツではビザ(滞在許可証)が必要なんでしょう?ドイツはヨーロッパでも金持ちの国です。なれば当然物価も高いし、労働賃金も高い。仕事のない、あるいは給与の低い故国で働くより、ドイツで働いてお金を稼いたほうがてっとり早いのは自明の理。そこで、アフリカ、東ヨーロッパ、アジアからドイツに密入国しようとする外国人が後を絶ちません。

「景気がいい。」と言われているドイツですが、未だに250万人を超える失業者がいます。ドイツ人でさえ仕事がないのに、このまま外国人がドイツに大挙して押し寄せれば、ドイツ人の仕事がますますなくなってしまいます。そこでドイツに入ってくる外国人をコントロ-ルする為に、ドイツに入国する外国人にはビザを故国で事前に申請、取得を義務づけるようにしました。(日本でも同様に外国人の入国を制限しています。その制限の厳しさはドイツの比ではありません。)つまりドイツに入国する場合は、まずは居住している国にあるドイツ領事館でドイツ入国の為の審査をして、不適切な外国人の入国を防ぐようにしているわけです。

日本国籍を有する場合は例外的に、ドイツに到着した時点で90日間の観光ビザが自動的に発行されていますので、まるでビザなしで入国できたように感じています。でも実際は、日本人でもドイツ入国にはビザが必要で、ビザが発行されています。そして90日を超えてドイツに滞在する場合は、この最初に発行された観光ビザが無効になるので、ドイツ国内で新たにビザを申請する必要があるのです。

「90日間の観光ビザを、ドイツ滞在の最後に回して、滞在ビザが切れてから、この観光ビザを使って旅行(延長滞在)できませんか。」というお問い合わせをいただくことがあります。これはできません。観光ビザは上述の通り、ビザなしでドイツに入国した場合、最初の90日間に対して与えられるものです。すでにビザを取得してドイツに入国された場合、あるいはドイツに入国してからビザを取得、その後の滞在がすでに90日を超えている場合、観光ビザを後回しにしたり、新たに取得することはできません。

一方、そんなに簡単にドイツ入国のビザが取得できない人たちは、いろんな手を使ってビザという障害をクリアしようとしています。一番多いケ-スがドイツの語学学校や大学に通うと称して入国したものの、実際には学校に通わずに、違法就労している ケースです。あまりにこうしたケースが多い為、滞在許可証の取得には、厳しい条件が課せられるようになりました。

我々日本人がドイツで(新しい)ビザを申請する場合でも、上記のような背景があり、「違法就労が目的でビザの申請では?」と、頭から疑われて厳しく審査されます。ドイツでは、未だに日本の場所さえ知らない人が多いですから、「アジアの経済大国なんだよ!」って言っても「だから何よ?」で、終わりです。こうした疑念を抱かれても、スム-ズに手続きが進捗する様にビザの申請の際には、必要書類を忘れずに持っていきましょう。

注意!保険に関するトラブル

インターネットのお陰で今や情報が氾濫する時代ですが、間違った情報が多いのが現状です。例えば日本の海外旅行保険をドイツ留学保険!として販売しているケースが多く、これに加入されてドイツへ留学される方が後を絶ちません。これについて留学保険のページに詳しく書いておきましたので、どうか偽情報に騙されないで、弊社のホームページを参照してください。

ビザの申請

ビザの申請には以下の書類が必要になります。

> 証明写真
> ビザの申請用紙(現地外人局で入手)
> パスポ-ト
> アパートの賃貸契約書(これがなき場合は賃貸証明書)
> ドイツで有効な健康保険の証書(独文)
> 語学学校の入学証明 / 大学の入学許可
> Verpflichtungserklaerung あるいは留学/生活資金の証明書

ビザの申請に必要な証明写真
“biometrische Paßbilder”と呼ばれる顔の写真が必要です。
肩から写って顔が小さくなっている写真では不可で、撮り直しになります。幸い、外人局にスピード写真機が備えてあり、「不可!」と言われた場合は、ここで写真を撮れます。

十分な居住場所を確保している事も、ビザの発給の条件になっています。通例ではアパート等の賃貸契約書の提示で済みます。都市によっては住民票が必要な場合もあります。語学学校に留学して、宿泊先を手配してもらっている場合は、学校からの滞在先の案内を提示してください。

一番面倒な書類が、留学資金の証明です。ドイツで滞在ビザを取得するにはVerpflichtungserklärungという書類が必要になります。この書類はドイツ滞在中の費用を、両親(あるいは第三者)が負担することを証明するものです。この書類は2017年まで日本のドイツ領事館で申請できましたが、2018年から申請が受理されなくなりました。そこで別の方法で十分な留学資金があることを証明する必要があります。詳細はこちらで詳しく解説しておきましたので、ご参照ください。

上述の書類が揃ったらいよいよ外人局(Ausländerbehörde)で、ビザの申請です。アポイントなしで申請に行くと2~3時間も待たされるので、可能ならアポイントを取って申請に行くのがスマートです。またドイツでは官庁の営業時間は(火曜日と木曜日を除き)午前中だけです。

そこでミュンヘンの外人局に、ドイツ留学中のお客さんと一緒に朝の10時半にいきました。40分廊下で待たされた挙句に、「今日はもう申請を受けないから、明日、朝一番に来い。」と追い返されてしまいました。営業時間中でも申請者が多い、同僚が病気で休んでいると、残業を防ぐため10時半には受付を辞めます。しんどいですが、一発で済ませるには、朝の一番に行く必要があるよです。

幸い、インターネットが発達して必要な情報は、ネット上で検索が可能です。検索エンジンなどで住む都市の名前、それにStadtverwaltungという言葉を入れれば、街の市役所のホームページを見つけることができ、必要な情報はほとんどここで入手できます。

住民登録

人気の高い誤謬の一つに、「ドイツに滞在する外国人には、1週間以内に住民申請をする事が義務づけられています(町によっては2週間の場合もあります)。」というもの。そのような記述は100%間違いですので、そのような内容を見かけたら責任者の方に、「間違っていますよ。」と教えてあげてください。

ご存知の通りドイツは連邦制。つまり州により法律が異なります。結果、住民登録は引越し後1週間以内という州や、2週間以内という州がありました。しかしこの法律はドイツに住んでいる人を対象にしていましたから、外国人は関係ありません。外国人の場合、「独自のアパートを借りる事なく、2ヶ月未満の滞在をする外国人は登録の必要なし。」となっていました。今でも頻繁に語られる、「ドイツに着いたら、1週間以内に住民登録をしなくてはらない。」というのは「ドイツ伝説」のひとつで、事実とは関係ありません。

さらに2015年11月から新しい”Meldegesetz”(住民登録法)が施行されました。新しい法律では、「引越し後、2週間以内に住民登録をすること。」と全国同じ法律になりました。ですから、「1週間なの、それとも2週間なの?」という疑問はもう発生しません(多分)。上述の通り、この法律はドイツに住んでいる人を対象にしています。(例えば)日本に住んでいて、ドイツに留学、あるいは観光で滞在する方には、別の法律が適用されます。すなわち新しい法律では観光、あるいは留学などでドイツに3ヶ月までの滞在をする場合は、「住民登録の必要はなし。」となりました。そうなんです。観光ビザと(ほぼ)一緒で3ヶ月までだと、面倒な住民登録の必要がなくなりました。

これで「私は住民登録の義務があるの?」という疑問は解決した筈です。登録義務のある方は、ドイツに着いて一息ついたら、まずは住民登録を済まてください。住民申請はその町の市役所(Einwohnermeldeamt)で行なえます。でも、それではわざわざ市役所まで出向く必要があるので、町の区ごとにBuergerbueroという出張所みたいな場所があり、ここでも住民登録ができます。勿論、市役所まで出かけてもいいですが、ものすごい人が順番を待っており、1~2時間も待たされます。そんな時間の無駄をしないで、少し離れた場所にあるBuergerbueroまで出かけていくと、列はほとんどなく10分ほどで順番が来ます。ただし一部の町、例えばアウグスブルクでは住民登録も外人局の管轄になっていますので、住民登録をするのに、わざわざ外人局まで出かけていく必要があります。

住民登録には現在住んでいる場所を証明する書類が必要です。アパートを借りている場合は、大家からの一筆が必要です。これを大家さんにもらって、役所に置かれている書類に住んでいる住所を書き込み、身分証明書(パスポート)と一緒に提出するだけです。住民登録が完了すると住民証をもらえます。この書類は、今後、生活のいろんな面で必要になりますので、失くさないように大切に保管しておきましょう。

住民登録(anmelden)をしたら、引越しの場合は”ummelden”、帰国の場合は”abmelden”(引越し/退去申請)をしなければなりません。この退去の書類、ドイツ語では(Ab-oder Um-)Meldebescheidと言いますが、引越しされた街で再び住民登録をする際に必要になります。又、電話やインターネットの解約をするにもこの書類は必要になりますので、住民登録だけでなく、退去申請もお忘れなく。

無犯罪証明書って何?

「ドイツの事なら、まずはドイツ領事館のホームページで確認しよう。」と思いますよね。ところがドイツ領事館で勤務している方は、ドイツでビザを取得したことがありません。このためホームページに記載されている内容、とりわけビザの取得に関する箇所は誤りが多いです。その代表的な例は、「無犯罪証明書」です。ここで指摘したお陰で今でこそ修正されましたが、「ドイツでビザを申請するには、無犯罪証明書が必要です。」と20年以上も記載されていました。

これが原因で、「この無犯罪証明書て何よ?」と悩まれる方が多いです。このおかしな日本語は、”Fuehrungszeugniss”を日本語に(誤って)翻訳したものです。”Fuehrung”は日本語で「行い。」、「指導」に相当します。”Zeugniss”は「成績表」です。すなわち行いの成績表です。日本語で表記するなら「経歴証(明)」と言うべきでした。

この証明はドイツで会社を作ったり、仕事に就く際に就職先が素性の調査として要求されることがありますが、ビザの取得とは何の関係もありません。

このようにインターネットで検索できる情報には、誤ったものが多いです。それがドイツ領事館でも。「ネットで書かれていた!」と頭から信用しないで、情報は一元ソース、この場合は外人局のホームページ、から取得する事が重要です。

ビザの種類 学生ビザ?語学学校ビザ?

よくいただくお問い合わせに、「ドイツの語学学校に行くのですが、学生ビザが下りるのでしょうか、それとも語学学校ビザでしょうか?」というものがあります。結果から言えば、どちらでもありません。厳格に言えば「学生ビザ」も、「語学学校ビザ」もドイツには存在しません。 ビザに関して言えば、その学校に通ってビザ(滞在許可)が下りるか、下りないかの2通りしかありません。大学から入学許可がおりれば、ドイツでの滞在許可が下りるし、(弊社のホームページで紹介している)語学学校に通えば、現地でビザが取得できます。簡単明瞭ですよね?念のため、以下にそれぞれのケースでの注意点などを挙げておきます。

語学学校に通う場合

「ドイツで語学学校に通えばビザが下りる。」と考えられているケースが多いのですが、実際にはそうではなく、しっかり条件があります。そんな事とは露知らず、語学学校に通えばビザが下りると信じて申し込み、ビザを申請に行くと、「これではビザは下りません。」と言われてからご相談をいただきます。そんな事にならないように、渡独前に語学学校、関係官庁に問い合わせて100%の確証を得てから留学しましょう。(弊社のホームページではビザが取れる学校しか紹介していませんので、心配は無用です。)しっかりした語学学校ならビザに関して経験がありますから、きっと役に立つ助言をしてくれます。逆に、問い合わせても全然役に立たない語学学校、もっとひどいケースでは返事が来ない学校は、最初から辞めておきましょう。そんな学校に通ってもろくな事はありません。

大学に通う場合

大学に通う場合とは、「通いたい」、「通う予定の場合」とは違います。大学から入学許可が下りてから、ドイツに入国する場合の事です。この場合のビザの深刻は至極簡単です。ビザの申請に必要な申請書類を持っていけば、問題なくビザを発行してくれます。

ドイツで就労する場合

ドイツで就労する場合は、「これからドイツで仕事を探す」という場合ではなく、すでに職が見つかってビザの申請を行なう場合です。この場合は、日本にあるドイツ領事館に仕事先からの雇用証明書を持参してビザを申請していました。最近では、この場合でも現地の外人局で滞在ビザを申請するようになりました。

ワーキングホリデービザの延長、書き換え

「3ヶ月くらい滞在して、現地で様子を見てから、ビザを延長しよう。」とワーキングホリデービザを3ヶ月程度取得して、渡独されるケースがあります。ワーキングホリデービザの延長は(原則的に)できません。3ヶ月で取得されると、3ヶ月で出国する必要があります。その逆に1年でビザを取得、3ヶ月で帰国されるのは問題ありません。この為、最初からあまり短い期間でビザを申請されませんように。
又、ワーキングホリデービザで入国、ドイツ国内で大學に通う為のビザへの変更が断られるケースが出てきました。特に厳しいのはハンブルク、ハノーファー地域ですが、今後もこの地域が広がるかもしれません。大學進学を目標にされる場合は、ワーキングホリデービザの取得をしない方がいいかもしれません。

ビザの取得費用

以前は、このページの上部の写真のようにパスポートにビザを貼り付ける形でした。その場で必要事項を記入するとプリンターで印刷、30ユーロと引き換えにパスポートにビザを貼り付けてくれました。(2017年では56ユーロに値上げ。)
ところが、外人局の役人がこのシールをこっそりと持ち出し、”Schwarzmarkt”(闇市場)で売って、お給料を改善する方法を発見、違法の滞在ながら正規のビザを持っている外国人が多くなりました。これに対処する為に、これまでのような簡単なビザを廃止、2009年頃からカード式のビザに変更され、このビザはベルリンでのみ発行される事になりました。カード式ビザの申請後、「ビザが出来たので取りに来てください。」というお知らせが届くまで3週間、ビザの費用は100ユーロ程かかります。(1年以内の滞在であれば、今でもシール式の簡易ビザで済みます。)

ビザの申請はお早めに。まず外人局でアポイントをもらえるのに1~2週間は待たされます。大都市なら1ヶ月近く待たされます。さらにビザができるまで3~4週間かかると聞いてビックリ、「ビザが届いていないのに、観光ビザで滞在可能な90日を超えてしまいます!」というお問い合わせがとても多いです。余計な心配をしなくて済むように、ビザの申請は計画的に行ってください。