ドイツで働く と一言に言ってもアルバイトから就職、起業、インターンシップまで、さまざまな形があります。

「そもそもできるの?」

という疑問から、

「どうすればいいの?」

と疑問は尽きることがありません。

ドイツの就職事情は日本のそれとは大きく異なるので、

「行けばなんとかなる。」

と希望的な観測だけで渡独するのは危険です。

ここでは渡航前に正しい判断を下せるように、

「ドイツで働く」

を個々のテーマに分けて詳しく解説いたします。

ドイツで働く – アルバイトから就職 起業 インターンシップまで

ドイツで働く - アルバイトから就職 起業 インターンシップまで

まずは超~基本的な事から。

ドイツで働くには労働許可証が要ります。

それがアルバイトでも、インターンシップでも。

質問
何故ですか?

 

日本と違いドイツには失業中の単純労働者が溢れているからです。

彼らは生活保護を受けて生活しています。

労働局(*1)は外国人ではなく、生活保護を受けているドイツ人が仕事に就く事を優先します。

ですから許可制にして、外国人がドイツ人の職を奪わないように調整しています(*2)。

あなたがドイツで就職先を探す場合、

「労働許可証の取りやすい職業」

を探さなくてはなりません。

ここで立ちはだかるのが、ドイツの資格制度。

ドイツで認定された資格を持っていない場合、そもそも何処も採用してくれないという問題があります。

日本人は専門学校に通えない?

そこでドイツで通用する資格を取るために、

「ドイツの専門学校に通えばいい!」

と思う方がとっても多いです。

しかし日本人は、ドイツの専門学校にはそもそも通えないんです。

「そんなの嘘!」

と思われた方、こちらのページをご参照ください。

日本人は専門学校に通えない?

ドイツでアルバイトできるの?

ドイツ留学される方から、

「語学学校に通いながらアルバイトできますか。」

というお問い合わせが絶えることがありません。

ここでも、

「ドイツで働くには労働許可証が必要。」

という条件に変わりはありません。

その他、労働条件やお給料などについて詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

ドイツで働く ドイツでアルバイト できるの?

ドイツで就職したいっ!

かっては私自身も、

「ドイツで就職したい!」

と、鞄一つでドイツ留学。

ドイツ語をマスターしてから職探し。

結局、3回転職して、4つの仕事に就きました。

最近は専門技能者移住法が施行され、

「専門資格」

のある方へのドイツ移住が容易になりました。

日本で国家試験に合格して資格を持っている方、この制度を利用してドイツに移住しませんか?

ドイツなら年次休暇は(最低)26日で、取り残しなし!

上司への

「よいしょ」

も必要なし!

ドイツで就職したいっ!

自分の会社を持ちたい!

6年間、会社勤務をした後、

「自分の会社を持ちたい!」

とドイツで起業(*3)。

デユッセルドルフでは

「簡単」

ではないですが、日本人は特別扱いされてそこそこ容易に許可が取れました。

問題はアウグスブルク。

滅茶苦茶な事を言ってきますよ~(*4)。

にもかかわらず営業許可をゲット!

その方法など詳しく知らいたい方は、こちらのページをご参照ください。

ドイツで自分の会社を設立

インターンシップの闇を暴露!

学生さんに人気なのが、

「ドイツでインターンシップがしたいです。」

とのお問い合わせ。

しかし皆さん、ドイツでインターンシップについて

「大きな誤解」

をされています。

これ以上犠牲者を出したくないので、インターンシップ業界の実情を暴露します。

インターンシップの闇を暴露!

豆知識 – 就職・雇用

ドイツの労働条件は日本と大きく異なります。

端的に言えば、労働者天国です。

日本で当たり前の

「取れない有給休暇」

をやると、会社はお金を払わなければなりません。

とは言っても、被雇用者として守らねばならない

「最低限度のルール」

もあります。

ドイツで働かれる方は、まずはこちらで知恵を仕込んでから、就職活動しましょう。

豆知識 - 就職・雇用

注釈

*1       数年前に名前が変わり “Arbeitsagentur”となりました。

 

*2         日本でも同じで、外国人が労働するには許可が必要です。ただ日本では単純労働者に欠けているので、容易に許可が下ります。

*3         正直に言えば上司にあれこれ言われるのが、「と~っても嫌」で、自分の城を持つことに。

*4         大学で経済学を学んでいないと許可を出さないとか、法律にない勝手な条件を出してくる鬼にのような小役人。