生活情報_滞在費用

滞在費用の準備と管理

どうやってお金を持っていくか?

「ドイツにお金を持っていくには、どうするのが一番いいのでしょうか。」というお問い合わせは、とりわけ人気のある質問のひとつです。どの方法が一番いいのか、これはご本人が何を「一番いい。」と考えているかによります。コストを優先するのか、それとも安全性、あるいは利便性。そこで以下にさまざまな方法の利点と欠点を挙げておきますので、ご自身にとって一番よい方法をお選びください。

トラベラーズチェック

1ケ月程度の短期留学の場合は、トラベラーズチェックを日本で購入して持参するのが最も安全です。チェックは通常どの銀行でも換金できるので、安心して日本でチェックを購入してください(Citi Bank専用のチェックは、交換を断わる銀行もあります。)

銀行送金

中期、長期の留学の場合。勿論、トラベラーズチェックも可能ですが、留学費が100万、200万となってくると、チェックの交換手数料が少しもったいない。この場合、一番いいのが日本の銀行や郵便局からの送金。ドイツで銀行口座を開設して、滞在費用を(できれば1~2回でまとめて)海外送金してもらう方法お勧めします。また、日本の郵便局から「海外の住所宛の送金」をしてもらうと、ドイツの銀行口座は必要ありません。住所に小切手が送られてくるので、これを1ケ月以内に近くの郵便局に持って行けば手数料なしで現金化できます。(言うまでもなく、要パスポート。)こうすれば毎月、日本からの仕送りが無事に送られて来ます。この小切手は、本人のサインとパスがないと換金できないから盗難に合う事がほとんどありません。(盗んでも使えないから)

現金両替

一番利便性がいいのは、現金を持参して銀行でユーロに交換する方法ですが、銀行で両替すると銀行送金に比べて為替レートがかなり悪いことをお忘れなく。そして安全性はもっとも低いです。ドイツにはタイやフィリピン並みにスリが多いので、大目の現金を持参される場合は、体に密着できるお財布を利用してください。間違っても、ハンドバックに入れるなどの方法は取られませんように。尚、1万ユーロを超える現金を持参する場合、空港で現金持ち込みを申請する必要があります。申請しないで現金を持ち込み見つかると、お金の出所が証明できるまでお金が没収されてしまいます。お金の出所が証明できても罰金は免れません。この為、持参される現金は1万ユーロ未満、9999ユーロまでにしておきましょう。(ユーロ以外の外貨を含んだ合計)

クレジットカード

クレジットカードでのキャッシングは安全性が高いので持参される方も多い筈です。ただし手数料が高く、例えばドイツで発行されたクレジットカードで、EU内の外国、例えばオーストリアやフランスで現金を引き下ろすと、3%(運が悪いと4%)の手数料が取られる。EU外の外国、例えばスイスや日本では、さらに「外国使用料」が1~2%上乗せされます。

日本のクレジットカードでキャッシングすると、最低でも18%、最高28%もの利子が付きます。例えば1ヶ月の留学中に10万円、キャッシングしたとする。最悪の場合、手数料は2万8千円。もっともこれは年率。カードで使用した金額は40日後に引き下ろされるのが通例なので、手数料は3100円程度。これに加えて海外使用料金が1.6%、1600円加算されて、合計4700円ほどの手数料を払うことになる。つまり海外でキャッシングすると、4.7%の手数料がかかることになる。1ヶ月程度の留学ならまだ我慢できる範囲。これ以上長期の留学をされる場合、銀行振込などの方法を考えた方がよいと言えるでしょう。
また、クレジットカードは、ハッキングによるカードの情報流出の危険性があります。

カードを紛失したら

ドイツでクレジットカードを失くしたら、ドイツで発行のカードであれば、すぐに銀行に電話して、カードでの支払いを止めてもらいましょう。週末で銀行が閉まっている、あるいは銀行の電話番号がわからない場合は、116116に電話しましょう。この番号は、カードを失くした人が共通して電話できる番号で、カード番号がなくても、銀行の口座番号さえわかればよいです。
※銀行口座の番号は暗証しておくか、メモやパソコンに控えておきましょう

両替

現地で使えるお金がないと不安。そこで留学に先立って、当面の資金を日本の銀行でユーロに両替されるケースがほとんどだと思います。難点は、日本の銀行で両替すると交換レートが悪い事。1ユーロが公定レートで102円の際、岡山の銀行でユーロを円に両替すると、なんと92円にしかなりませんでした。(1ユーロ、10円もの手数料)

逆にユーロが130円の際に、ドイツの銀行で両替すると124.5円。1ユーロあたりの差額は5.5円。さらに口座を持っていないと、手数料が2.20ユーロ加算。銀行により手数料が異なるので一概には言えないかもしれませんが、日本の銀行で現金の両替をするのが一番高い交換方法のようです。

留学資金などのまとまった金額(100万程度)は、交換レートがいい銀行でドイツに送金をするのが、送金手数料はかかっても、一番お得な方法です。
これから留学される方は、銀行口座を持っていないので手数料は高くても、両替するしか他に方法がありません。ドイツに着いてから、空港で両替しましょう。ドイツの国際空港には”Reisebank”が入っており、朝7時から21時まで(場所により22時まで)両替できます。また、比較的大きな都市、あるいは有名な観光地なら、中央駅に”Reisebank”が入っています。ただし中央駅の支店は、週末は休みの場合もあります。

銀行口座開設

ドイツで生活を始めると、遅かれ、早かれ、銀行口座が必要になります。ドイツでは家賃等を払わず、踏み倒す人が多いので、毎月の掛け金等を口座から自動引き落としする事を加入の条件とする場合もあります。
それに日本からの仕送りを考えると、やはり銀行の口座をドイツで開いておけば、何かと便利です。銀行の開設の条件は、銀行によってまちまちです。

口座開設に必要なもの

パスポート
有効な滞在許可証
住民証

学生の場合は学生証も必要になります。(学生証を提示できれば、口座維持料が無料になる為です。)

これだけ揃えば、どこでも口座が開設できるかと思えば、そこがドイツらしい所で、そうは簡単に行かない(簡単に行く場合もあります)。
大手の銀行(Deutsche Bank, Sparkasse, Commerz Bank)などは外国人、学生に対して冷たい対応をされる事が多いです。銀行も商売であるからお金のなさそうなお客に対しては、口座を提供したくない。そこで何かと理由をつけて、口座の開設を拒もうとすることになります。

口座開設申請時のコツ

口座の開設の際、「毎月、日本から1000EUR程度の仕送りがある。」と口述するのを忘れないように。Post Bankと言えど預金額を利用して商売している私企業です。お金がない客に口座を開設しても何の得もないので、口座の開設を断る場合がないわけではない。 そんな疑惑を払拭する為にも「日本からの毎月の仕送りを受け取る為に、口座が必要だ。」と口座開設理由を述べる必要があります。

銀行口座を使う

ドイツでは口座の申請をしてから、書類、暗証番号などが送られて来るまでに2週間程度はかかります。運が悪いと、担当者が作業を忘れていて、書類は机の上に載ったままであったり、名前を間違って書いており、郵便局員が手紙を届けれられないという事もかなり頻繁に起こります。

銀行から手紙が届いたら、まずはじっくりこれを読もう。銀行によっては送られてきた暗証番号を使って、銀行の指定する電話番号に電話、正しい暗証番号を言って初めて口座が使用可能になるシステムを取っている場合もあります。

インターネットバンキングを使おう

インターネットバンキングはどこの銀行でも提供しているかので、口座を申請する際に、このサービスも申請しておきましょう。自宅で24時間、送金が可能で、銀行の営業時間に束縛されなくて済みます。さらには世界中、どこにいても送金が可能であるというメリットがある。つまり日本に一時帰国していても家賃を期日通りに支払う事が可能です。
ただし、同時に危険性も発生します。インターネットバンキングを狙った詐欺が欧州では大流行しています。この詐欺についてはこちらで紹介しておいたので、インターネットバンキングを使用される前に一読される事をお勧めします。

貯蓄

ドイツに長期留学される場合、留学資金を有効に使う為に留学中に財畜を行ってみるのもよいでしょう。ユーロが安い時に留学資金をまとめてドイツに送金して、ドイツの定期預金口座(Festgeldkonto)に入れておけば、利子も付きます。
例えば留学資金を300万日本の口座に入れていてもろくな利子がつかないですが、ドイツで定期に入れれば2%の金利で6万円の利子がつきます。
「定期預金だとお金が下ろせない!」とお嘆きの方には、Tagesgeldkontoという口座があります。これはセービング口座と定期預金の中間にあたる口座で、自由にお金を引き下ろす事ができ、利子も最高で1%以上つきます。

口座引き落とし / Lastschrift

インターネットでお買い物をすると、代金の支払い方には以下の方法が一般的です。

・口座引き落とし / Lastschrift
・Paypal
・銀行送金(前払い)/ Vorkasse
・クレジットカード
・即送金 /Sofortueberweisung

購入される店により、支払い方法が異なります。アマゾンは口座引き落としか、クレジットカード払いのみ(日本のカードでも可)。日本のようにカードで支払うとポイントが貯まるという利点はないので、分割払いが必要な方でなければ、クレジットカードを使用するケースは少ないです。ドイツで一番人気があるのはPaypal。金銭上のトラブルになった場合、無料で仲裁してくれるのがありがたい。ただしPaypalでの支払いには、小額の手数料がかかるケースもあります。

Paypalと同じように安全で、お店にも手数料がかからない便利な支払い方法が口座引き落とし、”Lastschrift”です。この支払い方法を選択すると口座から代金が引き落とされて、お客には送金の手間が省け、手数料もかからない。消費者が「こんな引き落としを認めた覚えはない。」と不審に思った場合、銀行に出かけて、「この引き落としは無効です。」と言えばお金が戻ってくる。しかもその期間は8週間もあるので、休暇から帰ってきて「この引き落としは何?」と思った場合でも、十分に間に合う。口座引き落としと聞けば、「危ない。」と思ってしまうが、実際にはとっても安全な方法なので、安心して使用できます。