Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Goethe Institut Mannheim マンハイム

学生による総合評価

学校紹介

マンハイム校と校舎に併設する寮は、”Hochschule”(大学)の横の新開発地域に新築されたビルに入っています。他の歴史のある学校、例えばゲッテインゲン校などと比べると、モダンで窓も大きく取ってあり、部屋がとても明るいです。

 

学校の住所   Oskar-Meixner-Straße 6, D-68163 Mannheim

最寄り駅 ”Hochschule”駅

市内路線図

町の紹介

マンハイム。日本では全く無名だが、領主がここに宮廷を置いていた事もあり、日本で言えば小京都のような町。ドイツではハイデルベルクや、ゲッテインゲンなどの有名大学に肩を並べる大学町として知られている。特に法律、情報、経済系の学部は名声が高く、マンハイム大学で学んだドイツ企業のトップマネージャーが多く、大学と経済界との繋がりも太い。

町はハイデルベルクの「左上」、すなわち北西25km、あるいはフランクフルトから南へ70kmの場所に位置しており、人口30万人程度だがドイツでは”groß Stadt”(大都市)になる。8世紀の書簡に、”Heim des Manno”とラテン語で言及されているのがマンハイムの名前の起源だが、当時はまだ小さな村落にしか過ぎなかった。

15世紀にお隣同士で仲の悪い”Pfalz”(プァルツ)家と”Baden”(バーデン)家の間で戦になり、勝ったのがプァルツ家。勝った選帝侯はこの地を占領、バーデン家に対抗するため町の建設が始まる。16世紀には人口が700人を突破!ハイデルベルクの北にある最大の村落となる。17世紀に入ってから町に昇格して城壁の建築を始めるが、30年戦争ではカトリック教会軍に占領され、破壊され尽くして、町の人口は1200人まで低下した。にもかかわらず選帝侯はこの地の利点、ネッカー川とライン川が合流する、を見て、町の復興に尽力する。町が復興すると今度はフランス軍の猛砲撃に遭い、またしても町は荒廃してしまう。

フランス軍の徹底後、選帝侯は町の復興に取り掛かり、18世紀には居城をハイデルベルクからマンハイムに移す程の念の入り様だった。この際建築されたのが有名なマンハイム城で、現在はマンハイム大学のキャンパスになっている。選帝侯が学術を奨励した為、この地にはドイツの有名人ゲーテ、シラー、レッシング、そしてモーッアルトまでこの町に滞在している。

18世紀末、再度、フランス軍の攻撃に遭うが、今度はオーストリア軍が救援に駆けつけ、フランス軍を最終的に駆逐した。19世紀になってから工業化の波が押し寄せると、マンハイムと隣町のルートビヒスハーフェンはこの波に上手く乗った。世界最大の化学薬品会社BASFや、飛行船で有名なZeppelin社など、幾つもの会社が誕生した。そうそう、ドライスが発明した自転車や、ベンツが発明した世界で最初の自動車が走ったのも、マンハイムだ。

第二次大戦中、こうした工場は爆撃の攻撃目標となり町はかなり破壊されたが、戦後、見事に復興された。マンハイム大学は、1967年、この再構築されたマンハイム城を中心に設立されて、比較的短期間で歴史と名のある大学と肩を並べる有名大学へと成長した。市内には音楽大学もあるので、マンハイムに留学される方は、大学入学希望者が多いです。最後に生活環境ですが、家賃は州平均より多少、安めです。人口は30万人ほどですが、市内中心部のショッピングセンターは、人口29万人のアウグスブルクの倍の規模があり、ちょっとうらやましい。中心部には公園や噴水が設けられ、よく整備されています。路面電車、バスも市内をくまなく走っており、フランクフルト空港へのアクセスも良く、インフラ設備もの面でもアウグスブルクよりも上。市内の観光名所は少ないですが、近郊に綺麗な観光名所が多いので、電車で手軽に観光にいけちゃいます。

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

ドイツ語査定テスト、オリエンテーション、終了証、Wifi、,課外活動

コース教材について

生徒の平均人数

14~16名 夏季は18名

学生の平均年齢

27~28歳

最少年齢

17歳

学校スタッフが対応できる言語

英語、ドイツ語、トルコ語、スペイン語、イタリア語

学生の国籍

スペイン
英国
フランス
カナダ
ブラジル
中国

空港からの送迎

語学コース

コース日程

2018年

インテンシブ 4
費用:1115ユーロ (7月、8月は1250ユーロ)
授業は08:30~13:00、あるいは13:30 ~18:00まで。
合計20レッスン/週
初級と中級の一部は主には午前中に、中級、上級は午後に行われます。
クラス定員:最高16名まで、コース期間は4週間

コース日程:

1月8日~2月2日、2月5日~3月2日、3月5日~3月29日、4月3日~4月27日、5月2日~5月30日、6月4日~6月28日、7月2日~7月27日、8月6日~8月31日、9月3日~9月28日、10月1日~10月27日、10月29日~11月24日、11月26日~12月21日

コース日程表

2018年

Vario
費用:85ユーロ/週
授業は08:30~13:00、あるいは13:30 ~18:00まで。
合計20レッスン/週
初級と中級の一部は主には午前中に、中級、上級は午後に行われます。
クラス定員:最高16名まで

年末年始休校日

料金

 

 

キャンセルについて

キャンセル申込みの期日により、お申し込み料金から下記のキャンセル料金をいただきます。

キャンセル申請 期日 キャンセル料金
コース開始前 4週前 160EUR
1週間前 30%
前日 50%
コース開始後 (返金はありません)100%

※返金の際の銀行手数料はお客様の負担になります。

宿泊施設

宿泊施設

マンハイム校の宿泊先は学生寮(Gästehaus)をお勧めします。数年前に学校の隣に新築されたばかりで、通学には3分もかかかりません。全部屋、トイレ、シャワー、小さなキッチン、バルコニーまで完備されています。Wifiも無償で利用可能、週1回お掃除をしてくれ、タオル、シーツも毎週交換してくれます。同じ部屋をハンブルクで予約すると790ユーロ/4週(2017年)ですが、家賃お安いマンハイムでは580ユーロ/4週(2017年)で、数あるゲーテの中でも最もお値打ちです。
「どうしても下宿に住みたい。」という方には学校が下宿先を手配してくれますが、これは学校の学生寮が満室になっている場合に限ります。さらに下宿先ではWifiは使用できません。通学時間は平均して30~40分になります。

学生寮の宿泊費は600ユーロ/4週です。

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮
受講生が気に入った点

資料

学校案内パンフレット

学校案内パンフレット EN

学校案内パンフレット DE

PDFをダウンロード

動画