「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

待てば海路の日和あり?

2018/02/28   -投資, 雨にも負けず

1週間前は、 「イケイケ どんどん」 だったのに今は、 「げげげ。」 です。 そう、株の話です。 一体、この急激な 「熊アタック」 は何処から? 注)熊は株価下落の象徴。 まさに一瞬先は闇。 株の格言 …

取らぬ狸の皮算用 (05.12.2017)

カナダを代表する重工業会社のBombardierは電車だけでなく航空機も生産しているが、ボーイングとエアバスに押されて業績が悪化を続ける一方だ。航空業界でベストセラーになったエアバスのA320が150 …

ドイツ第二帝国樹立

オーストリアを破ったプロイセンが盟主になって、北ドイツ同盟が発足したのが1867年。プロイセン主導のドイツ統一まで、あと一歩だ。まだ独立国であるバイエルン、バーデン、ヴュルテムベルク王国に軍を進めて軍 …

解体セール (31.10.2017)

今年の8月に会社更生法の適用を申請したエアベルリン。厚生法といえば厚生されるような錯覚を受けるが、最初から同社の解体、ばら売りセールになることは明らかだった。真っ先に名乗りを上げたのはルフトハンザで、 …

利益確保

2018/02/19   -投資, 雨にも負けず

株式市場の調子が良好です。 この前、こんなに調子がよかったのはいつの頃だろう。 お陰で投資していた株、証券、ほとんど黒字です。 「2018年は世界中で景気が上昇、株価もさらに上昇する。」 と言われてい …

Arbeitsrecht (17.02.2018)

ドイツに1年ほど滞在すると、日本で想像していたドイツ像が、実際のドイツとは何一つ似ていない国であったことがわかってきます。簡潔に言えば、日本は精神主義。「そんなことで弱音をはいてどうする。」と、会社に …

側面を突け! (17.10.2017)

日本では当たり前で、気が付くことさえないのが政治家の右翼発言。欧州ではそのような言動は”No go”で、ナチスの象徴のカギ十字を落書き したり、ナチス式の敬礼をふざけてするだけ …

湖の城砦を撮れ!

2018/02/09   -観光, 雨にも負けず

1週間、お待たせしました。 これが、 町の名前の起源になった 「城砦」 です。 現在は博物館。 入場料が12,8ユーロ(2017/8年)とノイシュヴァインシュタイン城と同じ。 流石、観光地。 &#82 …

ドイツ戦争

対デンマーク戦で勝利を収めたプロイセンとオーストリアは、デンマークから割譲された領土をシュレスビヒ州に取り込んで、シュレスビヒ-ホルシュタイン州を設立。仲良く勢力範囲を分けたのだが、そこは仲の悪い者同 …

独仏鉄道同盟 (07.10.2017)

もう3年半も前の話が、ジーメンスと三菱がフランスのAlstomを買収しようと同盟を組んだ。Alstomは日本でも有名な高速電車TGV(現在では名前が変わってAGV)を製造している会社で、日本の日立、川 …