観光 雨にも負けず

ドナウヴェアト ”Reichsstrasse”

投稿日:2018年5月26日 更新日:

(日本では)連休というのに、超~忙しい。
前置きを抜いて本題に入ります。

マルゴット要塞の近くに残っているのが、

“Ochsentor”(牛門)です。

もうちょっと緑があったら、綺麗だったのに。
この門の向こうは、

ドナウヴェアト旧市街。

これは
“alte Kanzlei”

かっては学校、それから町長さんの執務場所になり、現在は使用を巡って論争中につき空家。

その先が、

市役所です。
どちらから眺めても、

立派。
この日はイースターだったので、卵が飾られていました。

この市役所からフッガーの家、

を結ぶ通り(坂道)を
“Reichsstraße”(ライヒスシュトラーセ)
と呼んでいます。

かっての主要商業街道、アウグスブルクとニュルンベルクを結んだ町の生命線です。
当然、綺麗な建物が目白押し。

とりわけ有名な建築物は、
“Tanzhaus”(舞踏会場)

「市民が踊ることができたんです。」
と書いている投稿をどこかで読みました。

当時
「市民」
といえば上流階級を指す言葉。

本当の市民は立ち入り禁止です。
それからミュンスターと呼ばれる教会。

正式名称、”Liebfrauenmünster”
無理やり翻訳すると、愛するおっかさん教会。

神聖ローマ帝国の自由都市だった頃を懐古して、

“Reichsadler”の銅像も。
この鷹のポーズは、政治的にちょっと問題あり。

どこに問題があるのか、わかるあなたはドイツの達人。

まだ3月なのに、もう噴水が稼働してました。
アウグスブルクでは、噴水は5月始めまで冬支度のままなのに。

その他に有名な建物は、何があったかな。
そうそう司令官の家。

舞踏会場の横に建っています。
ミュンヘン公爵の后が住んでいました。
なんでわざわざこんな遠く離れた場所に。

そうそう、ドナウヴェアトの財源、

関税局も市役所の前に建ってます。
アウグスブルク、あるいはニュルンベルクに向かう際、ここで関税を徴収されました。

全く無名な町なのに、観光資源はまだまだ続きます!

ドイツには観光資源が少ないと主張している人には、
「千里馬」
の話をしてあげましょう。

千里を走る名馬がいないのではなく、名馬を見抜ける才能のある人がいないだけ。

-観光, 雨にも負けず

執筆者:


comment

関連記事

利益確保

株式市場の調子が良好です。 この前、こんなに調子がよかったのはいつの頃だろう。 お陰で投資していた株、証券、ほとんど黒字です。 「2018年は世界中で景気が上昇、株価もさらに上昇する。」 と言われてい …

ベルクホーフを探せ!

ドイツではナチス関連はタブーです。 ドイツに住んでいない方は、 「なんで?」 と思われるかもしれません。 ドイツはナチス政権下、数百万もの人間を殺害。 戦争で死んだ人も加えれば数千万人。 威張れるもの …

“Korrenktur”

株価、がっくり逝きました。 Dow Jonesで4%を超える下落なんて久しぶり。 2008年のクラッシュを彷彿とさせます。 「クラッシュじゃないの?」 違います。 「何が違うの?」 まず下落の規模。 …

Gobe NDフィルター

ND フィルター

そもそも三脚を買ったのは、 「長時間露出」 を試したかったから。 早い話がシャッタースピードを遅くして、撮影する方法です。 晴天下で撮影する場合のシャッタースピードは300~400/秒。 ISOは10 …

ロマンチック街道を制覇せよ! 番外編 ケールシュタイン

エレベーターの中には、 「エレベターガール」 ならぬ、 「エレベターマン。」 が勤務。 エレベーターを操作しながら、見張っています。 お陰で写真撮れず。 標高メーターがあり、ぐんぐん登っていきます。 …

最新投稿