「 ドイツの最新情報 」 一覧

側面を突け! (17.10.2017)

日本では当たり前で、気が付くことさえないのが政治家の右翼発言。欧州ではそのような言動は”No go”で、ナチスの象徴のカギ十字を落書き したり、ナチス式の敬礼をふざけてするだけ …

独仏鉄道同盟 (07.10.2017)

もう3年半も前の話が、ジーメンスと三菱がフランスのAlstomを買収しようと同盟を組んだ。Alstomは日本でも有名な高速電車TGV(現在では名前が変わってAGV)を製造している会社で、日本の日立、川 …

2017年 総選挙 (25.09.2017)

2017年9月24日、ドイツで下院の選挙があった。日本でも報道されてはいたが、勘違いな報道がされていた。折角、金のかかるドイツ特派員を派遣しているのに。こうした報道の末に、日本では現実とはほとんど関係 …

ドイツ車に追いつき、追い越せ! (19.09.2017)

日本ではまだデイーゼル車(デイーゼルエンジン搭載車のことです)が売れているが、ドイツでは登録台数が減少を続けている。1年前と比べて、15000台もデイーゼル車の登録台数が減った。中古車デイーラーにデイ …

“schon wieder”(またしても!)   05.09.2017

ドイツで定期的に発生する食料品スキャンダル。「安けりゃ、安いほどいい。」という消費者の希望を優先するので、誰かが破棄処分される肉やチーズを回収、ラベルを張り替えて販売するのは時間の問題だ。ドイツには肉 …

予告付きの倒産 18.08.2017

今回はここで度々取り上げてきたテーマ、ドイツ第二の航空会社エアベルリンの続編だ。この6月、同社は国に財政支援を申請した。正確に言えば、万が一会社が倒産した際は、国が借金を補償するという保障を申請した。 …

核燃料税 (15.08.207)

ほぼ8年も過去に遡ります。当時、総選挙で勝利したメルケル首相は「2020年までに原発をすべて廃止する。」という前政権の決めた原発からの脱却を反故にした。電力会社の選挙募金は無駄ではなかった。もっとも政 …

デイーゼルエンジンの終焉近し?(02.08.2017)

よりによってダイムラーベンツのお膝元のシュトゥトゥガルトで、市議会が全国の先陣を切って古いデイーゼル車の市内乗り入れ禁止令を決議した。その後、日本でも人気なポルシェのデイーゼル車が、「違法な排ガス操作 …

善は急げ! (28.07.2017)

2016年、EU委員会はトラックメーカーが90年代から値段を談合、客に高い値段でトラックを購入させたとしてトラックメーカーに合計して30億ユーロ、邦貨でほぼ390億円にも上る罰金を課した。ダイムラー …

スターダ買収劇 (13.07.2017)

ドイツの有名なキッチン用品メーカー”WMF”をご存知だろうか。高級品のイメージを崩さないように同業者と談合、高い値段を維持していた。これがカテル局にばれて、高額な罰金を課せられ …

最新投稿