previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

ゲーテ インスティテュート ミュンヘン ミュンヘン

学生による総合評価

学校紹介

ミュンヘン校は2017年に今の住所に引っ越しました。一見すると市内から外れているように見えますが、中央駅からS-Bahnで4駅目、市役所のある”Marienplatz”から2駅しか離れていません。ミュンヘン校はとりわけ人気があるので7月、8月のコースは4~5月に定員になります。夏にミュンヘン校への留学をお考えの方は、お申し込みはお早めに。

学校の住所   Rablstraße 24/26, 81669 München

学校までの行き方

近距離電車(S-Bahn)の1,2,3,4,6,7,8番のいずれかに乗り、“Rosenhaimer Platz”駅で下車。出口の標識、”Rosenheimer Platz”方面に進み、続いて“Franziskanerstraße”の出口に向かってください。
地上に出てこのような光景が見えたら正しい出口です。入り口はこのような光景です。出口を左に曲がり、すぐ先の交差点を右折。50mほど直進して、最初の交差点を再度右折すると、40mほど先に学校が見えてきます。駅からの所要時間は5分程度です。

最寄り駅     Rosenheimer Platz S-Bahn(S1, S2, S3, S4, S9, S7, S8)

市内路線図

 

町の紹介

日本人に人気の町、ミュンヘン。この町の発展は意外に遅く、始めて文献に登場したのは12世紀になってから。修道士(Moenchen)がIsar河に橋をかけた事が記述されており、この地域をメンヒェン、これがなまって後にミュンヘンと呼ぶうようになったという。バイエルンの領主と言えば、”Wittelsbach”(ヴィッテルスバッハ家)で、ドイツで最も古い貴族のひとつ。14世紀にはヴィッテルスバッハ家の公爵、ルートビヒ4世が神聖ローマ帝国の皇帝に就き、ミュンヘンにその城を構えた頃からミュンヘンの発展が始まる。ミュンヘンの暗い歴史として、15世紀にはユダヤ人がミュンヘンに住むことを禁止されて、ミュンヘンから追放されている。20世紀になって反ユダヤ主義がこの地で再び栄えたのも、この地に根強い反ユダヤ思考があったからかもしれない。

続きを読む

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

ドイツ語査定テスト、終了証、参加証、Wifi、入学証明書(ビザ申請用)、オリエンテーション、市内遠足

コース教材について

Netzwerk, Aspekte等

生徒の平均人数

14~16名 夏季は18名

学生の平均年齢

33~34歳

最少年齢

17歳から

学校スタッフが対応できる言語

ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語

学生の国籍

米国
スイス
フランス
スペイン
中国
その他

コース

コース日程

インテンシブ 4

1月2日~1月26日、1月30日~2月23日、2月27日~3月23日、4月3日~4月27日、5月2日~5月30日、6月4日~6月28日、7月9日~8月2日、8月6日~8月31日、9月4日~9月28日、10月1日~10月26日、10月29日~11月23日、11月27日~12月21日

 

コース日程表

インテンシブ 4

授業は08:30~12:45、あるいは13:15 ~17:30まで。
合計20レッスン/週
初級と中級の一部は主には午前中に、中級、上級は午後に行われます。
クラス定員:最高16名まで、コース期間は4週間

Vario

費用:85ユーロ/週
授業は08:30~12:45、あるいは13:15 ~17:30まで。
合計20レッスン/週
初級と中級の一部は主には午前中に、中級、上級は午後に行われます。
クラス定員:最高16名まで

C2準備コース

料金

Intensiv4 : 1115ユーロ (7月、8月は1250ユーロ)

Vario        :85ユーロ/週

お申し込み後の手続き

お申し込み後、24時間以内にお申し込みの受領を確認するメールをお送りします。

入学を手配して、ゲーテが発行したコンファーム(確認書)を日本語の説明をつけてメールに添付してお送りします。

このコンファームに入金期限が書かれていますので、期限内に費用をゲーテまでお支払いください。

費用のお支払い方法はクレジットカード、あるいは銀行/郵便局からの送金が可能です。

詳細は利用規約をご覧ください

宿泊施設

ミュンヘン校の宿泊先は学生寮(Gästehaus”)をお勧めします。場所は学校から少し離れていますが、電車の接続がよく、乗り換えなしの8駅目。通学時間は20分ほで快適です。さらに学生寮ではWLAN(WiFi)が無料で使用可能、部屋には冷蔵庫、トイレ、シャワー完備です。さらに洗濯機も使用も(現在は)無料、部屋にはセーフ(金庫)有り、バスタオルは支給されて、毎週のお掃除もついています。
数が少ないですが、下宿(ホームステイ)も可能です。ただし下宿先ではWiFiは原則として使用できません。又、部屋の掃除は自分で行なうことになります。
ドイツでは喫煙はレストランなどの屋内は言うに及ばず、駅のホームでも禁止されているほど、とても厳しい制限があります。学生寮、下宿、その他、部屋の中での喫煙はできません。バルコニーでの喫煙も禁止されている(隣人の迷惑)事も多いので、喫煙家の方、あらかじめご了承ください。

宿泊費はこちらをご参照ください。

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮
受講生が気に入った点

資料

学校案内パンフレット

PDFをダウンロード

学校案内パンフレット EN

学校案内パンフレット DE

動画