Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
   BWS Germanlingua

> 学校・街の紹介   > 設備・サービス   > コース案内・料金・日程   > 宿泊施設&料金   > お申し込み・お問い合わせ
 
参加者の声   2014年 6月スタンダードコース ご参加  S.K 様

お世話になります。5月26日からBWSミュンヘン校へ3週間通わさせていただきました。学校、滞在先についてのレビューを送らせて頂きます、今後またこちらの学校を利用される方がいらっしゃいましたら少しでもご参考になればと思います。

まず学校ですが、5月26日(初心者入校日)に始まりましたが、初心者クラスは私を含め4名(イタリア人男性、スペイン人女性、韓国人女性)でした。2週間目にアメリカ人男性が1人入り、私含め5名になりました。渡独前にNHKのドイツ語講座(半年クール)をさらっと見ただけなのですが、全く勉強しない状態で行くのとでは、最初の授業の理解度が全然違うと感じました。3週間の授業は私が日本で学んだ事とほぼ同じですが、学校ではより広く詳しく学べるので私には十分だと感じました。

講師ですが、最初2週間がClaudia先生(女性、50代?)でした。こちらの先生ですが恐らくかなりベテランの先生で、ティーチングのスキルが非常に素晴らしいです。どの講師の方も親切な方ばかりなのですが、Claudeia先生は中でも特に丁寧に細かく指導されます。正直、日本人以外でここまで細かい授業が出来る講師ができるとは期待しておりませんでしたが、恥ずかしながら講師経験のある身から見ても、非常に高い技術を持っておられます。パソコンを使いながらの授業になるのですが、授業で分からない単語が出てくるとインターネット検索して、スクリーンに画像を示して説明して下さったり、単調な授業にならぬよう、少し動画を取り入れて、生徒が飽きないように進行してくださいます。ある時は会話練習のボールを用いたゲームもやりました。授業でやった範囲のテキストの書き込みを毎回宿題に出されますが、量は多くもなく少なくもなくという感じです。

また必ずテキストのページをめくるごとに”Keine Frage??"と何度も生徒を見渡してきいて下さるので、クラスメイトもとても質問しやすい雰囲気だと言っておりました。少しでも理解してない様な表情を浮かべると、"Koxxx,Frage??"とすかさず聞かれます。生徒ひとりひとりの表情をよく見ておられます。また講師の方により、差はありますが、こちらの先生はほとんど英語を使用されません(先生ご自身は英語が話せます)。出来うる限りドイツ語で繰り返し説明しようとされます。何度もこちらが分かるまで何度も繰り返して下さるので、分からないドイツ語をドイツ語の説明で理解する事が出来ました。きちんと理解するまで教えてあげたいという熱意がこちらに伝わってきます。
その後、Claudia先生が休暇に入られ3週間目は3名の講師の方が日替わりで担当されました。この3週目に、スペイン人女性が帰国され、4名新しい生徒が入り(イタリア人男性2名、フランス人男性1名、メキシコ人男性1名)、私含め合計8名になりました。

最初のGizella先生(女性、60代?)は、年配のためか、パソコン操作に慣れておられない様子で、キーボードも人差し指を両方使って、ひとつずつ打ち込むという感じで、そこに時間を取られてしまい、授業の進度が遅かったです。またインターネット等使われず、テキストにそった単調な授業でしたので、他クラスメイトも、つまらないと言っていました。またテキストのページが、Claudia先生の続きからではなく、いきなり最後の方のページに飛び、Gizella先生がピックアップしたページをやるといった感じでした。宿題は出されません。なので書き込みは各自やって下さい、といった感じです。最初がClaudia先生だっただけに差を感じたのかもしれません、ただGizella先生も親切な方です。この先生は頻繁に英語を使用されます。

翌日(火曜)はMichaelle先生(男性、60代?)で、こちらの先生はタイピングも早く、授業の進度は早いです。テキストがどんどん進みます。宿題は少し多いように感じます。年配の男性で、声が低いからなのか私は発音を聞き取りにくく感じました。他の生徒はそうでもない様子でした。Michaelle先生は、英語は出来るだけ使われません。生徒が英語で話すと、ドイツ語に直させます。

生徒が増えたのもあり、質問する機会があまりなかったので、分からない単語があるままどんどん先に進んでしまい、私はついていくのがいっぱいいっぱいでした。ドイツ語が一番よく理解できていた韓国人のクラスメイトは、Claudia先生ほどではないが、この先生の授業は良かったと言っています。
次の先生は(木、金曜日)(水曜は祝日で休校でした)Eva先生(女性、20代前半)で、恐らく私より若いと思います。英語はよく使用されます。宿題は少し多いと思います。若い女性の声なので、発音はとても聞き取りやすかったです。休憩時間に私が単語帳を広げていると、分からないところがありますか?と声をかけてきてくれて、親切な方です。ただ、まだお若く恐らく講師経験が浅いので、話し方に抑揚がなく、流れていく授業という感じで何処が要所なのかつかめません。(中略)。

翌日も同じ講師の方で、テキストに沿った授業に戻りました。タイピングは流石、お若いだけあってブラインドタッチでとても早いです。授業の進度は普通です。ただやはり話し方に抑揚がなく、授業がさらさらと流れていくような感じなので、要所がわからず進んでいくという感じです。他の生徒も理解している人と、分からないまま進んでいる人に分かれていたと思います。 (中略)

あと、私が事前によく調べておけば良かったなと思う事が一つあり、ミュンヘンはFeiertagが多く、3週間のうち2日間は祝日で休校でした。授業料は一律なようなので、そこを事前に理解できていればよかったなと思います。日本人は私の他に3名(全員20代で、男性1名、女性2名)おられ、私とは違うクラスでした。男性の方は残り学校1年のちサッカーのお勉強の為引き続きドイツ滞在、女性の1人は残り学校1年のちこちらで就職、もう一人の女性はワーキングホリデーで残り学校1カ月のちアウグスブルクへ、ということでさまざまな理由で留学されておられました。

またファミリーについてですが、とても素晴らしいご家族を紹介して頂き、非常に満足しております。受け入れを今まで何度もされているようで、とても慣れていらっしゃる様子がうかがえました。最寄駅に着くと、ホストファザーが徒歩で迎えに来てくれました。英語は通じます。ホストファザーは特に流暢に話されます。ホストマザーは片言ですが、それでも生活していく上で十分理解できます。出来るだけ、英語は使わぬようドイツ語でのコミュニケーションを心がけましたが、私が理解できないでいると、身ぶり手振りをつけてゆっくり分かりやすいドイツ語で何度も説明して下さいます。

Lochhohausenに、同じ学校の日本人学生がステイされていましたが、彼女の話をうかがっていると高級住宅が多い地区のように思いました。確かに、私のステイ先も4階建てで、私の部屋は4階で、部屋の横には自分専用のバスルームを与えて頂きました。私は短い滞在期間に観光を楽しみたかったので、週末は毎週一人でオーストリア等へ遠出したので、ファミリーと過ごす事はなかったのですが、私の良いように、良い距離感で好きにさせて下さいます。ドイツは洗濯物は毎日されない家庭が多いと聞いていたので、5日分あれば十分かと持っていきましたが、こちらのご家族は週1回洗濯だったので、現地で服を買い足しました。初めてのホストファミリー経験の方、特に女性の方には、非常にあったご家族かと思います。

長くなってしまいましたが、この3週間とても楽しく非常に充実したドイツ留学でした。もともとドイツに興味はありましたが、今回の滞在を期によりドイツが好きになりました。短期ですがせっかく学んだドイツ語ですので、なんらかの形で今後も日本で学習を続けたいと思います。もし私のようにBWSミュンヘン校行かれる方、いらっしゃいましたら、少しでも参考になればと思い滞在の感想をおくらさせていただきます。もし何かご質問があった場合、私でお力になれるようであれば、お答えさせていただきます。

このたびは素晴らしい滞在を手配して頂き、PFADFINDER24様には非常に感謝しております。今後も、多くの方がドイツに興味をもたれ、ドイツを訪れて下さる事を願っております。本当にありがとうございました!!

 
参加者の声   2014年 スタンダードコース ご参加  Y.K 様

遅くなりましたが、学校の手配ありがとうございました。ミュンヘンBWSでひとまず三週間たちました。
下から2つ目のクラスに入れたんですが、周りと先生がなんて言ってるか全くわからずでやはり初心者クラスに替えてもらいました。聞き取りは難しいですけどなんとかやれてます。
二人の先生が曜日別で授業を行うのですが、一人はドイツ語、わからなければ英語でとその他の言葉はあまり使わせないようにしてますが(使うと『ドイツ語で!』と注意してきます)、もう一人はクラスにイタリア人とスペイン人がいてその言語で説明するので日本人は『ぽかーん』となります。ただこの先生は発音に厳しくてイタリア人に出来るまで何度でもやらせてるので素晴らしいです(笑)
あとこの学校には日本語が話せるドイツ人教師がいました。『nicht』と『nichts』の違いを聞きに行っただけなので詳しくは知りませんが、困った時は相談できそうです。
学校は楽しいですし、ここを選んで良かったです。ただ、語学を習ううえでやはり三ヶ月は短いので伸ばすことも考えてます。その際はまたよろしくお願いします。

参加者の声   2012年 スタンダードコース ご参加  N.M 様

 

おはようございます。
大変おせわになっております。
ご報告が遅くなり申し訳ありません。

6日に到着し、無事にこちらでの生活が始まりました。
右も左もわからず、ひとつひとつが挑戦ですが、楽しまないと損だと思いながら頑張っています。

学校の授業は聞き取れないことがほとんどですが、日本での自習が功を奏し、内容的にはまだついていけてます。
(今のところ・・・!)
一か月後の実習に向けて短期集中です、

とりいそぎ、お礼とご報告でした。

           

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ