デュッセルドルフ大学 はNRW州都の大学で、在籍する大学生の数は3万5000人+。

理系から文系までさまざまな学部を提供している総合大学です。

広大な大学のキャンパスはデュッセルドルフのやや南に位置しており、複数の電車の駅があります。

実は私も市内で就職活動をするために、

「入学準備ドイツ語コース」

に半年、通ったことがあります。

通って判明したのは、コースと講師のレベルの低さ。

「ドイツで一番簡単なDSH試験を受けれる大学」

と、陰口もたたかれるほど。

もしそんな大学をお探しの方には、デュッセルドルフ大学はうってつけ。

どうすれば入学できるのか、紹介していきたいと思います。

まずは、大学の紹介から

大学の紹介 デュッセルドルフ大学 入学し易い大学ならココ!

デュッセルドルフ大学の正式名称は、”Heinrich-Heine-Universität Düsseldorf”。

大学関係者は”HHU”と略。

この略称を大学外で、それも日本で使うのはやめておきましょう。

「”PUM”に通いたいです。」(*1)

と言われても、何のことやらわかりませんよね?

大学の名前は80年代まで、

「デュッセルドルフ大学」

大学だったのですが、

「もっと箔のある名前を冠しよう。」

という話になり、デュッセルドルフから追い出され、流浪の地で死んだ詩人、ハインリヒ ハイネの名前を冠することに決定。

当時はフランクフルト大学が

「ゲーテ大学」

と呼ぶなと、有名人の名前を冠するのが流行った時代でした。

*1    Philipps-Universität Marbugの略

大学の特徴

デュッセルドルフ大学の特徴は国際化。ザールランド大学と並んで、フランス語で学べる専攻を提供している珍しい大学です。

外国人学生の割合も高めで、在籍する学生の15%が外国人です。

「きっと、日本人が多いんでしょ!」

と思った方、外れです。最大派閥はトルコで、これにロシア、中国、ブルガリア、グルジア、ウクライナ、、、と、日本人は少数派

その一方でデュッセルドルフ大学は、ヨーロッパ、米国、東欧、そして日本に重点を置いているのですが、日本の大学生には人気がない、、。

私の在籍中も日本人は稀で、韓国人やグルジア人が多かったです。

大学設立まで

デュッセルドルフ大学 キャンパス

デュッセルドルフ大学が設立されのは、1965年です。

実は16世紀にケルン大司教と対立していたベルク公爵が、法学部を設置したことがありました。

95年後には廃止されました。

次にデュッセルドルフ大学を試みたのは、よりによってナポレオンです。プロイセンから戦争で分捕った領土を納めるには、いい官僚が必要だったためです。

大学の名前はアウグスタ ナポレオン大学になる予定でしたが、ナポレオンのロシア遠征の失敗で計画はご破算に。

ナポレオンの敗退後、プロイセンの領土に戻りますが、プロイセンは

ボン大学ミュンスター大学があるじゃないか。」

と、ケルン大学を廃止するほどで、デュッセルドルフ大学設立には至りませんでした。

医学アカデミー / Medizinische Akademie

デュッセルドルフ大学設立のきっかけは、1907年に設立された医学アカデミー / Medizinische Akademie です。

すでに医者の資格を持っている診療医師に、診療上の技術を伝授する機関でしたが、第一次大戦後、医学部が創設されます。

この医学部が評判を博して、歯科医学部、外科部などが増設。

NRW州では指折りの医学専門大学に発展。

この医学アカデミーは、国立でも州立でもなく、市立大学でした。

1963年、NRW州が医学アカデミーの財政負担を、デュッセルドルフ市から引きつぐことになります。

その際に、

「どうせならデュッセルドルフ大学を設立しよう。」

ということになり、1965に正式に大学設立となりました。

街の紹介

旧市街

デュッセルドルフは皆さん、ご存じの通りのドイツにおける最大の日本人街。

すでに私がやってきた90年代には日本人の数は減少傾向に移行、ここに会社を置く日本企業も減る一方でした。

とは言え、減少傾向はここ数年、止まったようです。

とりわけ英国のEU離脱後、EU内で製品を販売する日本企業はEU内に企業を置く必要に迫られて、企業の減退には歯止めがかかったようです。

物価と治安

デュッセルドルフ市内の家賃の高いこと!

30㎡までのアパートの平均家賃は18.36ユーロ/㎡。

国の平均が12.89ユーロなので、70%増し!

あの大都市ケルンで18.41ユーロ/㎡なので、ほぼ同じです。

予算重視の方には、郊外のノイス、カールストなどをお勧めします。

又、治安は決してよろしくありません。

始めての留学先でデュッセルドルフを選ぶと、ほぼ必ずお財布か携帯電話を盗まれます。

私は駐車していた車の窓ガラスを割られて、車に埋め込み式のナビを盗まれました。

アクセスデータ & 最寄り空港

デュッセルドルフの魅力はインフラの良さ!

空港が市内あります。

よりによって旅行日に寝坊、起きたらフライトの1時間前!

大急ぎで空港まで車を走らせると、15分で到着。

間一髪セーフ!

ミュンヘンだったら余裕でアウトでした。

市内には路面電車と地下鉄、バスが縦横無尽に走っており、一度、路線図を頭に入れると、街の隅々まで公共交通機関で行けます。

デュッセルドルフ大学 に正規留学!

デュッセルドルフ大学は総合大学で、5の学部の下に110の専攻があります。

参照 : www.hhu.de

 

左側に専攻、右側に講義で使用される言語が表記されているので、

「英語で学べる専攻はないの?」

とお探しの方には便利です。

一番有名なのは、大学設立の原動力となった医学部です。

一番大きい学部が哲学部 / Philosophische Fakultät(*2) です。

文学、文献学、言語、民俗学、歴史などの専攻があり、ほぼ全体の4割の学生が在籍。

自然科学部では、生物学が一番大きな専攻です。とりわけキャンパスの南にある植物学科の植物園は立派です。

キャンパス内には立派な図書館があり、大学の講義で必要な本から個人的な興味の分野まで満たしてくれます。

*2   意味をくみ取るなら哲学部より、人文学部と訳した方がいいです。

Modernes Japan / 近代日本

デュッセルドルフ大学は日本の研究に重点を置いているだけあって、他の大学にはない専攻、

Modernes Japan / 近代日本

があります。

どんな学部なのか興味を惹かれたので、こちらの学部の出願について詳しく見ていきます。

Modernes Japanにも主専攻 / Kernfach と副専攻 / Ergänzungsfach があります。

どちらをクリックしても、Youtubeの動画が出てきます。おかしな作り、、。

“weitere Informationen”

をクリックすると、やっと下のような画面が出てきます。

Modernes Japan

 

専攻は冬ゼミのみの入学、卒業までに6ゼミ(あるいは8ゼミ)、言葉は

「1.10」

とあります。

これはメインのドイツ語に加えて、他の言語もちょっと使用しますという、ドイツ的な書き方。一部日本語なんですかね?

違いました。英語です。

多くの文献が英語なので、上級レベルの英語の知識が必要です。

専攻の案内を読むと、専攻は近代日本に重点を置いた日本学 /Japanologie だとあります。

外国人の出願方法

デュッセルドルフ大学でも、外国人の出願方法は、ドイツ人のそれとは異なります。

詳細は上述の画面の右上、

“Bewerbung/ Einschreibung ausländische Studieninteressierte”(外国人の出願と登録)

をクリックして、

“Bewerbung von Nicht-EU-BürgerLinnen”(EU外からの出願)をクリックすると、以下のような詳しい案内が出てきます。

デュッセルドルフ大学 EU外からの出願

デュッセルドルフ大学 出願手順

2021年の夏ゼミからデュッセルドルフ大学の出願方法が変わります!

とありますね。あまりよくない兆候です。

案の定、外国人の出願はウニ アシスト/ Uni-Assist で、”VPD”を済ませてから、デュッセルドルフ大学に出願してくださいとあります。

VPD

VPD は”Vorprüfungsdokumentation”の略称です。

わかりやすく言えば、あなたがお持ちの学歴が、ドイツの大学への入学基準を満たすかどうか、審査する手順です。

勿論、有料。

くわしくはこちらで

参照 : VPD

 

ウニ アシスト/ Uni-Assist で”VPD”を済ませてから、デュッセルドルフ大学に直接、出願します。

ドイツ語の資格

ドイツの大学入学資格を満たすには、以下の方法があります。

  1. ドイツ語の検定試験 TesDaf にて、すべての項目で4以上を獲得。
  2. ドイツ語の検定試験 Telc C1合格証。
  3.  ドイツ語の検定試験 DSH にて、DSH-2 に合格する。
  4. ゲーテ・インスティテュートの検定試験 C1合格証。

入学できる時期

数は少ないですが、夏ゼミ / Sommersemester から始めることができる専攻もありますが、多くの学部では冬ゼミ / Wintersemseter から学業を始めることができます。

出願に必要な書類

詳しい出願書類に関しては、大学出願サポートにお申込みいただいた方に、ご案内しております。

デュッセルドルフ DSH準備コース

デュッセルドルフ大学はDSH準備コースを提供していません。

大学は唯一、

「大学関係者向け」

に無償のドイツ語コースを提供。

詳しい解説はこちらのページをご覧ください。

AstA主催 入学準備ドイツ語コース

ドイツの大学には、必ずではないですが、”AstA”という機関があります。

わかりやすく言えば学生連盟で、経験豊富な学生が学生のいろんな面倒を見る機関です。

フライブルク大学ではそれほど目につなかったですが、デュッセルドルフ大学では住む場所の世話までしてくれます。

まだ住む場所が決まっていない人は、まずは”AstA”で掲示板を見たり、相談してみましょう。

デュッセルドルフ大学の”AstA”は、外国人向けに(有料の)入学準備ドイツ語コースを提供しています。

このページの冒頭で述べたように、コース & 講師のレベルは低いです。

得点

デュッセルドルフ大学の入学準備ドイツ語コースには、それでも大きな得点はあります。

コースの参加者は学生登録できるので、準学生扱いになるんです。

早い話、滞在ビザが取れるんです!

ドイツの滞在ビザ を一発で取る! 極意をドイツの達人が伝授

コースに通ってもドイツ語能力の上達はあまり期待できませんが、私のように、

「就職先を見つけるまで、滞在ビザを延長しなくっちゃ!」

という方にはうってつけ。

では以下にデュッセルドルフ大学の入学準備ドイツ語コースの詳細を紹介します。

レベル

中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

夏ゼミ 4月~ 7月
冬ゼミ 10月~2月

授業時間

週20レッスン(全部で300授業時間)

クラス定員

記載なし

出願期限

夏ゼミへの出願 2月中旬まで
冬ゼミへの出願  8月中旬まで 

コース費用

450ユーロ/ゼミ

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

自分で手配

出願結果

出願後、数週間で通知されます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

学生登録料の310ユーロほどが、この他に必要です。

出願案内 & 出願代行サポート

デュッセルドルフ大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。

しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、

「ホームページを読んでくれ。」

とだけ書かれています。

そこで当社では出願案内 & 出願代行サポートを提供しております。

こちらは有償のサポートになりますが、出願に関して不明な点などは、経験豊富な当社までお問い合わせいただければ、当社にて回答させていただきます。。

出願サポートの詳細はこちらをご欄ください。

ドイツの大学に正規留学 - 大学出願サポート

大学出願に関する 質問集

皆さん、初めてデュッセルドルフ大学へ出願されるので、同じ疑問を抱えておられます。

こちらで頻繁に寄せられる質問集があります。お問い合わせいただく前にご覧いただければ、ほとんどの疑問は解決すると思います。

質問集