アウグスブルクの自宅から国道25線を北上、ネルトリンゲンに向かっていると、いきなりど~んと目の前の山頂に古城が登場!

「なんだこれは?」と興味を惹かれましたが、後ろ髪を引かれながらそのまま直進。

帰宅してから地図を見ると、ハーブルクという街の名前に古城マークを発見!「これに違いないっ。」と確信したので、後日、(それも二回も)、撮影に行ってきました!

街の紹介 ハーブルク

「ハンブルクの間違いではありませんか。」とお尋ねいただきますが、ハーブルクですハンブルクに、「ハーブルク」という地区がありますが、関係ありません。シューバーベンのハーブルクです。

ハーブルクはアウグスブルクの北にある古城町です。街の名前は、Harburg (Schwaben)、あるいは Harburg in Bayerm と表記します。

勘違いしたくもなる街の名前は、ハンガリー首都、ブダペストと同じく、”Har”と”Burg”が一緒になって出来たのが原因。”Har”は湿地を指すので、湿地にある城砦という意味です。

地勢上はネルトリンゲンやドナウヴェアトと同じ、ドナウーリース県 / Landkreis Donau-Ries にあり、人口は5000人程度。本来だったら誰にも知られないで終わる街なのに、ヴェルニッツ河の対岸に岩山があることから、ここに城塞が築かれることになった。

行き方

城砦に登って彼方まで見渡しましたが、駅の存在は確認できず。地図で見ると街の南、それも結構、離れた場所に Harburg (Schwaben) 駅を発見。街中まで2Kmほどありそう。行くには車しかなさそうです。

アウグスブルクからは60kmほどの距離なので、1時間もかかりません(ドイツの国道は100Kmh制限)。

ハーブルクの城がある小山のお腹にトンネルがあり、国道25号線が城の下を通り抜けています。この為、南から向くかうと突然、目の前にど~ん!と現れてきます。そのすぐ先を右折すれば、市街地に行けます。

「あ、行き過ぎちゃった!」という場合は、あせらずそのまま直進。トンネルを越えたら左折する機会があります。すると先にお城が見えてきます。無料駐車場付き。私は大汗かいて下から歩いて登りましたが、車で行った方が楽チンです!

街の歴史

記録に残っている短い街の歴史を見ていこう。11世紀には南バイエルンの貴族で、あのベルヒテスガーデンに教会を寄贈したズルツバッハ公爵の親戚が、この地を所有していたと考えらえています。

12世紀になると神聖ローマ帝国の皇帝を出したこともあるシュバーベン地方の貴族、スタウファー家のお世継ぎが、「戦いのときはこの地に滞在していた。」と記述しており、街の所有権が同家に移っていたようだ。

13世紀には町に市場を開く権利が与えられます。その後間もなくシュタウファー家は、お隣のネルトリンゲンを支配していたエッテインゲン公爵にこの地を売却する。もっとも村だけ。お城は15世紀になってから売却される。

19世紀、ナポレオン戦争の経緯でこの地はアウグスブルクなどと一緒にバイエルン王国に割譲されて、今日までバイエルン州に帰属している。

ハーブルク 観光 – ロマンチック街道の古城町

ハーブルクはロマンチック街道の古城町です。ちょうどヴェルニッツ河がこの部分で大きな弧を描いており、付近一帯は湿地帯になっています。

街の旧市街は防御に適したWörnitz(ヴェルニッツ)河の左岸、山の斜面と川辺の狭い場所に広がっています。

場所が狭いので、河沿いには城壁も築かれなかった珍しい街。唯一、山の尾根へと続く道には木製の門が築かれて、見知らぬ者の侵入を阻んでいました。

近年になってからはヴェルニッツ河の右岸にも住宅地が広がっているが、見所は左岸の斜面に集中しています。

この辺はのどかな景色を除けば、何もない地域。工業化の波に乗り損ねたお陰で、ハーブルクの街には古い家屋が多く残っており、ロマンチック街道のリストにちゃんと載っている。

でも最大の見所は山の上に築かれたお城。11~12世紀に建造され、18世紀までお殿様が戦争時にはここに住んでいました。これまで陥落したことがなく、戦争の被害にも合わなかったので、中世の城が当時の姿で堪能できます。

ハーブルク 観光 - ロマンチック街道の古城町

ヴェルニッツ河と石橋

小川のように見えるヴェルニッツ河ですが、大雨になると河が氾濫して河川の手前は浸水、川向こうの旧市街地は孤立してしまいます。この橋はそんな大量の水にも耐えられるように作られており、文字通り町の生命線になっている。

橋の上に建つ家屋は、「美しい」とまでは言えないが、”nett”(そこそこ)。橋の横の家屋を見てみると、通常時の水面よりも2mほど高く建造されており、まるでカンボジアのトンレサップ湖みたい。

ヴェルニッツ河と石橋

夏になると橋の上には露店が設けられ、大人は昼真っから(と言うのは日本人だけ)ビールを飲んでご機嫌。子供は河畔で泳いではしゃいでいます。

水車小屋 / Bruckmühle

橋の横に建っている装飾の見事な家は15世紀の建造で、かっての水車小屋です。普通の水車小屋なら “Mühle”ですが、橋 / “Brücken”の上にあるので、Bruckmüle と呼ばれています。ドイツにはブルックミューレという地名や製粉業者も存在しています。

その名前の起源はこの水車小屋のように、川の流れを利用した粉をひいた橋の上の水車小屋です。

水車小屋 / Bruckmühle

肉屋 / Fleischbank

下の写真中、右側はかっての肉屋です。正確には家畜を解体する台 / Fleischbank がありました。廃材を簡単に捨てれて、便利だったわけです。17世紀になって、頑丈な土台の上に家屋が建てられて、今では通常の民家。

銭湯 / Badstube

下の写真中、左側はかっての銭湯 / Badstube です。日本のような巨大な浴槽ではなく、木でできた桶が並んでおり、客がくると個々にお湯を入れて湯舟として提供していました。土台の部分は15世紀のもの。17世紀に今の姿に再建され、今ではレストランが営業中。

銭湯 / Badstube

ファルツ / Die Pfalz

橋の袂に建っているのが、”Die Pfalz”と呼ばれる18世紀の建造物。かって”Pfalz”(ファルツ)という名前の飯屋が入っていたので、この名前で呼ばれている。

ハーブルク旧市街

それでは橋を渡って、街の中に入ってみよう。道はすぐ先で二手に分かれていますが、右に行けば中心部に行けます。入り口の道路には街の”Wappen”(紋章)が埋め込まれている。

ハーブルクの街は山の斜面に作られた街なので、河沿いを除けば、ほぼ坂町です。気合を入れていきましょう。よっく見ると山に降った雨水がヴェルニッツ河に流れ込むように、道路の橋には溝が刻まれています。

まっすぐ行けば、20mほどで市役所が見えてますが、その前に右手に伸びている脇道に入ってみます。

ハーブルク 旧市街

旧シナゴーク

脇道に入ってみると歴史のありそうな建物があります。かってのシナゴークです。こんな小さな街でもユダヤ人への迫害があり、ユダヤ人を追放後、誰も手入れをせず、ボロボロになったので、18世紀に改装して、倉庫として利用。

現在ではアパートとして利用されています。

旧シナゴーク

ハーブルク市役所 / Rathaus

では道を戻り、市役所 / Rathaus に向かいます。街で一番立派な建物で、土台を石で作り、その上に木組みの骸骨屋敷。建造されたのは15世紀ですが、今の姿になったのは70年代の近年になってから。街で見つけた古い木材を壁に埋め込んだそうです。

ハーブルク 市役所 / Rathaus

Strölin-Haus

市役所の裏、斜面にへばりつくように建っているのは、16世紀に建造されたStrölin-Hausです。名前はこの家を建てた裕福な家族に由来します。今では図書館として利用されています。

Strölin-Haus

聖バーバラ教会 / St. Barbara

山の斜面に尖塔が見えます。階段を登っていくと、カトリック教会の聖バーバラ教会/ St. Barbara でした。「この階段を上まで(頑張って)登れば、お城までいけるかな?」と登ってみましたが、山の上には墓場がありましたが、お城で行ける道はなし。残念。

飯屋 / Gasthaus

市役所の前で道は右に折れ、目の前に見えているのが飯屋 / Gasthaus です。15世紀に建造され、18世紀にバロック調に改装され、立派な階段が設けられました。今でもレストランが入ってます。

飯屋 / Gasthaus

城門跡

街の入り口にあった城門は、すべて撤去されてしまっています。なんでも「腐って臭かった。」という理由で住民が撤去したそうです。街の端まで歩いていくと、その城門のあった場所には、レリエフでその跡が記されています。

石畳とレリーフ

ハーブルク 城砦 / Burg Harburg

では山の上の城砦に行きましょう。徒歩で行くことに決定。これが大きな失敗で、まず上り道が見つからない。散々歩き回って、「お城はこちから。」と書かれた小さな看板をやっと発見!結構な坂道を息を切らして急ぎ足で上りました。

15分くらい登って到着。ちょっと感激です。城砦の裏側は平地に面しており、押し寄せる敵に対して何も防御がありません。そこで城砦の前に、砦のあるもうひとつの城壁がめぐらされています。本来はこの城壁の前はお堀になっていた筈なんですが、跡形も見えないほど埋められていました。

「入り口はこちら。」とあるのでそちらに向いますが、空が真っ黒になり、パラパラ降ってきました。「間に合わなかったか。」と思いましたが、10分もすると雲が切れました。なんという幸運。入場料3ユーロを払っていざ!。

ハーブルク城塞

宮廷 / Fürstenbau

正面にある一番立派な建物は宮廷 / Fürstenbau です。エッティンゲン伯爵家はここに16世紀まで住んでいました。その後、王様や貴族の狩猟用の宿になり、19世紀には近くの畑で取れた穀物の倉庫として利用されました。

エッティンゲン伯爵家が死に絶えた後、別の貴族がこの城を買い、図書館兼美術館として利用していましたが、すべてバイエルン州に売却。現在はアウグスブルク大学の図書館として利用されています。ここまで本を読みにくるんかしらん?

ハーブルク 城砦 / Burg Harburg

パン屋 / Pfisterei

宮廷を正面から見て左手にあるのはかってのパン屋 / Pfisterei です。バイエルン州では(昔)、パン屋を Pfister と呼んでいました。小さいパン屋なので-rei がついています。今ではお土産屋。

聖ミヒャエル教会 / St. Michael

パン屋の後ろの大きな建物は聖ミヒャエル教会です。

広間棟 / Saalbau

宮廷を正面から見て右手にあるのは広間棟 / Saalbau と呼ばれています。かってはお城で働く使用人が寝泊まりする場所でしたが、お殿様が会議用の広間を設けたので、広間棟と呼ばれています。エレベーターが設けてあったので、登ってみました。

塔の中は、まるで普通の部屋。窓から外を見下ろすと、ハーブルクまで来た道、ネルトリンゲンに向かうトンネルが見えます。

広間棟 / Saalbau

塔の中には、これまで観光地では見たことがない見事なトイレがありました。ぴかぴかに掃除されてます!

肖像画から飾り物、それに快適な香り。まるで五つ星のホテル。

古城ホテル

入り口のすぐ右手には、レストランと古城ホテルが入っています。

井戸

中央の井戸、なんと岩を削って129mもの深さのある井戸だったんです。バケツで水をくみ上げるのに、30分かかったと言われています。お城の下にトンネルを掘る際に、何度も爆破作業が行われ、この井戸もその犠牲になり、今では49mあたりで瓦礫で埋まっています。

山の上の城砦とトンネル

城壁 / Wehrgang

ハーブルクのお城は四方を城壁 / Whergang で囲まれています。日本のお城の城壁と異なるのは、城壁に屋根と通り道が設けられている点。ここから押し寄せる敵を、雨の日でも狙い打ちできます。

避難塔 / Bergfriede

城壁には適当な間隔で避難塔 / Bergfriede が築かれています。これは押し寄せる敵を狙い打つ目的もあったのですが、本来の目的は敵が城内に侵入した際に、城内に住む人の最後の避難所としての役目を担っていたので、この名前。

平和なときは監獄として利用されることが多かったので、泥棒の塔 / Diebsturm なんて異名がついています。

ハーブルク城 見晴台

宮廷の裏に見晴台があり、下界を見下ろせます。雲の下、すでに雨が降ってますね。1時間もするとここも水浸し。ちょっと望遠で撮ると、ここが”Har”(湿地)だったことがよくわかります。

ハーブルク城 見晴台

ハーブルク 総評

お城っていつもそうなんですが、内側から見るよりも、外から見た方が素敵ですよね。2時間も続く城内見学コースもありますが、流石にしんどいので、自分で見て回りました。それでも1時間はたっぷりかかりました。

旧市街の隅々まで見てあるき、お城も見ると3時間くらい必要です。ハーブルクだけだと見所が少ないので、車でネルトリンゲンに向かう(帰る)途中に城砦に登ってみれば一石二鳥。近くまで来たら、寄ってみてください。

 

 

« 1 2 »