Die Universität Passau

大学の創設者や街が生んだ有名人を大学の名前に冠する大学が多く、「ハインリハイネ大学」と言われても日本人にはぱっとしない。その中でこの大学はパッサウ大学が正式名称だ。大学の起源は17世紀にパッサウに創設された神学校。第一次大戦後、学校は神学の専門大学になる。70年代に専門大学は新たに創設されるパッサウ総合大学の神学部に移行して、パッサウ大学が誕生した。

パッサウ大学は、ランズフートにあったミュンヘン大学がミュンヘンに移ってから、「ミュンヘンから東の広大な地域に大学がひとつもない。」という市民の訴えに応えたのが創設の意図。大学の主要キャンパスはかっての修道院に入っている。これはイン河の河畔に建っているので、「ドイツで一番美しいキャンパス」という賞をいただいたこともある。さらには学生寮(のひとつ)はドナウ側の河畔にあり、部屋からはドナウ河を見下ろせるまるでホテルのような立地だ。

パッサウ大学には法学部、経済学部、人文学部、情報、数学部の4つがあるので、ひくてあまたの情報学や経営学、さらには歴史学、法律から教員過程までさまざまな学科を提供しているが、ドイツ文学部はない。外国からの優秀な生徒を辺境のパッサウまで来てもらうために、大学はさまざまなドイツ語コースを提供しています。

町の紹介

ドイツの右下、オーストリアと国境を接する場所にあるこの町は、ドナウ河、イン河、イル河に囲まれており、”Drei-Flüsse-Stadt“(3つの河川の町)とも呼ばれており、その景観はとても美しい。その一方で町は洪水に何度も見舞われており、上流で豪雨があると水位が驚くほ上昇する。

水害に加えて町は何度も火災に見舞われており、最後の大火災は17世紀。街の中心部はほぼ焼け落ちてしまった。幸い、町はバンベルクのように司教様が領主のように支配する町、”Fürstbistum”であったので、お金持ち。イタリア人建築家により街の再復興計画が描かれたので、パッサウはドイツの他の町にはない景観を持っている。

パッサウの人口はわずか5万人で、内、1万2000人が学生なので、典型的な学生の町。治安がよく、家賃、物価は安く住みやすいのですが、最大のネックはアクセス。最寄空港のミュンヘン空港から電車で接続がよければ2時間少々の旅。ちょうどフランクフルトからフライブルクに行く距離と同じです。フライブルクには日本人が多いので、日本人のいない秘境を探している人にぴったりです。

市内バス路線図

パッサウ大学 ドイツ語コース詳細

レベル

初級(A1)

期間

10月から翌年9月まで(8月に4週間、12~1月に2週間、お休み期間があります。)

授業時間

週24時間

クラス定員

20人

申し込み期限

3月以降(定員になり次第締め切り)

コース費用

3490ユーロ(教材費別)+
72ユーロ(ゼミあたりの登録料。)

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

大学が学生寮の部屋の仲介を手伝ってくれます。家賃は250ユーロ/月(目安)です。

出願結果

出願後、1~2ヶ月でメールにて返事が届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

C1レベルのコースを無事終了すると、DSHのテスト準備コースになります。

出願書類の返却はありません。

送金後のコースのキャンセルはできません。

 出願案内 & 出願サポート

大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、「ホームページを読んでくれ。」とだけ書かれています。

弊社はこれまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。出願に関して不明な点などは、経験豊富な弊社までお問い合わせいただければ、弊社にて回答させていただきますが、こちらのサポート、出願要綱のご案内、願書の代行作成は有償のサポートになります。