ミュンスター大学 はドイツで有数のマンモス大学で、在籍する大学生の数は4万5000人+。

ドイツでは

「そこそこ」

有名な大学なんですが、日本では無名に近い大学です。

でもちょくちょくお問い合わせをいただきます。

一体、何処から聞き知ったでしょう。

この大学に興味を見せる方に共通する点があります。

それはほぼ皆さんが、ミュンスター大学が提供する音楽関係の専攻に興味を見せています。

そこで今回は、日本でも関心の高いミュンスター大学の音楽課程について、解説したいと思います。

でもその前にまずは、大学の紹介から

大学の紹介 ミュンスター大学 ドイツでも有数のマンモス大学

ミュンスター大学の正式名称は、”Westfälische Wilhelms-Universität Münster”。

日本語で言えば、「ヴェストファーレンのヴィルヘルム大学 ミュンスター」です。

デュッセルドルフから北に100kmほどの場所にあるこの地はかって、プロイセン王国が支配していた

「ヴェストファーレン県」

の県庁所在地でした。今では州都に君臨しているデュッセルドルフ、当時はただの田舎町で、ミュンスターが行政の中心でした。

その県庁所在地に、ドイツ最後の皇帝、ヴィルヘルム二世が1902年、大学の建設を命じたので、

「ヴィルヘルム大学」

と呼ばれています。もっとも大学は、

「いや、いや、ミュンスター大学の設立は1773年だよ。」

と主張しています。確かに当時、大学が建設されたのですが、40年ほどしか存在していませんでした。

今のミュンスター大学は、当時の大学とは直接の因果関係がないので、

「1772年起源説」

は、無理があるのですが、どうしても譲れないドイツならではの事情があります。

名前問題

プロイセンの時代は、日本で言えば明治時代。

武力で弱者を虐げて、搾取するのが当たり前の時代。当時、ドイツはアフリカに植民地を持ち、決して威張ることのできない行為を繰り返してきました。

21世紀になり当時の偉人が野蛮人とみなされると、ミュンスター大学でも、

「ヴィルヘルム大学という名前は、ふさわしくない。」

という議論が高まっています。そこで現在は、”WWU Münster”と呼ぶのが正しいとされています。

ひょっとすると数年後には

「最初のミュンスター大学」

を創設したフォン フュルステンベルク公爵の名前を取り、

「フォン フュルステンベルク大学」

になっているかもしれません。その為にも、

「1772年起源説」

は、欠かせません。

街の紹介

ミュンスターの街

ミュンスターの街の名前はドイツ語で、”Münster”です。

その一方、ドイツには

“Munster”

という街もあります。戦車博物館があり、キングタイガーも陳列されています。

ウムラオトの点々を忘れると、出願書類が間違った街に行くので、頭の片隅に置いておいてください。

大学のあるミュンスターの街は、人口31万人+の中規模都市。

ドイツでは大学都市、そして何よりも

「自転車の街」

として有名です。

市内には自転車の

「アウトバーン」

が設けられており、信号で止まることなくスイスイと目的地に到着できます。

その分、自転車の盗難もドイツ一なので、丈夫な鍵と自転車保険は欠かせません。

街の歴史

ミュンスターの街は、8世紀の終わりにここに修道士が、修道院を築いたのが始まりです。

その修道院、ラテン語で”monasterium“が街の名前の起源になりました。

その修道士は9世紀の冒頭、カトリック司祭に任命され、早速、ドームの建設が始まります。

以来、1000年以上に渡ってミュンスターを支配してきたのは、カトリック司教です。

何度か街の支配をカトリック司祭から奪う試みもなされましたが、こことごとく失敗。

反逆者はさんざん拷問されたあとで処刑され、遺体はミイラになるまでドームから吊り下げるという執拗な復讐に遭います。

1648年には30年戦争の講和条約、ヴェストファーレンの平和条約がミュンスターで結ばれます。

カトリック司祭による支配は19世紀初頭に終わりをつげ、プロイセン領になると、ヴェストファーレン県の県庁がおかることに。

第二次大戦後は占領軍が新しい州、ノルトラインーヴェストファーレン州を創設、州都をデュッセルドルフに置きました。

このため、日本での知名度は低いですが、歴史があり、デュッセルドルフと違って綺麗な旧市街が魅力の街です。

アクセスデータ & 最寄り空港

ミュンスターの最寄空港は、ミュンスター&オスナブリュック空港(FMO)です!

参照 : www.fmo.de

 

名前から推測できるように、ミュンスターとオスナブリュックの間にある

「原っぱ」

に作られた田舎空港です。ドイツ人の大好きなスペイン、ギリシャ、イタリア、トルコへの休暇先へ飛んでいるので、一応、国際空港でもあります。

国内便はフランクフルト、シュトットガルト、それにミュンヘンへの便があります。が、地方空港なので便数は少ないです。

フランクフルト空港から、ミュンスター中央駅まで電車で3時間+。

電車を使用せずにミュンスター空港まで飛ぶと、乗り継ぎに数時間待つことになります。さらにミュンスター空港からミュンスター市内まで、バスのS50番で30分です。

無利して最寄り空港まで飛んでも、時間の節約はありません。

ミュンスター市内の市民の足はバスです。路面電車は走っていません。

ミュンスター大学 に正規留学!

ミュンスター大学は総合大学で、15の学部の下に280もの専攻があります。

工学部こそないですが、伝統的な神学や哲学、心理学、それに医学部は勿論、スポーツや音楽部まで。

文系の専攻なら、大概、ここで見つかります。

 

今回は数ある課程の中から、他の大学にはない専攻

“Musik und Kreativität”/ BM

の出願について詳しく見ていきます。

Musik und Kreativität /BM

Musik und Kreativität にはリンクがないので、その横にある”BM”をクリックすると、この専攻について以下のような解説が出てきます。

ミュンスター大学 専攻案内

”BM”って、”Bachelor of Musik”の略だったんですね~。

普通なら、”Musik und Kreativität”という専攻を取ると、どんな授業で、将来はどんな分野で活躍できるのか、書かれています。

が、ミュンスター大学のホームページには、そんな説明は一切なし。音楽の何を学ぶ専攻なのか、はっきりしません。

下にある”Studieninformation”(専攻の情報)をクリックすると、出願の手順のページが出てきます。

どんな専攻なのか、知りたい方は上記の抜粋に記載されている大学の連絡先に尋ねるしか、方法がなさそうです。

外国人には別のルール?

ゼミの開始/ 入学は、10月の冬ゼミからのみ可能です。入学制限もなしと書かれています。

気になるのは、

「外国人には別のルールが採用されます。」

という箇所。

ここをクリックすると、International office のページに移ります。

でも何処にも

「外国人の別のルール」

が書かれていません!

これまで100を超える大学のホームページを見てきましたが、ミュンスター大学のホームページは最悪に見難いページのひとつ。

片っ端からクリックして、やっと見つけました!このページの、

右側にあるメニューに、”Bewerbung”(出願)という項目があります。

ここをクリックすると”Bachelor”や”Master”などの学位が示されます。

あとは獲得(出願)したい学位をクリックすれば、ページの左側に

「外国人の別のルール」

が記述されています!

出願手順

出願手順のページも、奥の方に隠されています。

やっと見つけました。こちらが出願手順を解説したページです。

ミュンスター大学では、オンラインでの出願になりますので、ここから出願書類をアップロードします。

出願時期

ミュンスター大学は、イレギュラーな出願時期を採用している奇妙な大学です。

出願の準備を始める前に、必ず出願時期を確認しておきましょう!

参照 : 出願時期

ドイツ語の資格

ドイツの大学入学資格を満たすには、以下の方法があります。

  1. ドイツ語の検定試験 TesDaf にて、すべての項目で3以上を獲得。
  2. ドイツ語の検定試験 Telc B2 合格証。
  3.  ドイツ語の検定試験 DSH にて、DSH-1 に合格する。
  4. ゲーテ・インスティテュートの検定試験 B2合格証。

入学できる時期

数は少ないですが、夏ゼミ / Sommersemester から始めることができる専攻もありますが、多くの学部では冬ゼミ / Wintersemseter から学業を始めることができます。

出願費用

ミュンスター大学は直接大学に出願できるので、 出願審査料はかかりません。

出願に必要な書類

詳しい出願書類に関しては、大学出願サポートにお申込みいただいた方に、ご案内しております。

ミュンスター大学 DSH準備コース

ミュンスター大学は大学が DSH準備コースを提供している珍しい大学のひとつです。

日本では、

「大学付属の語学学校」

と誤解されている方が多いですが、付属の語学学校ではありません。

詳しい解説はこちらのページをご覧ください。

コースの詳細

通常、大学のドイツ語コースに通う学生は、正規の大学生とはみなされません。

しかしミュンスター大学では、DSH準備コースに入学すると(準)学生と見なされて、さまざまな権利と義務が生じます。

その代表的なものは健康保険。

通常であれば、ドイツ語コースの学生はドイツの健康保険には加入できません。そこでドイツ留学保険に加入することになります。

【売上 No.1】 ドクターヴァルター ドイツ留学・ワーホリ保険

しかしミュンスター大学では、(準)学生扱いされるので、国民皆保険に加入出来ます!(権利ですので、義務ではありません。)

学生扱いされる事で発生するもうひとつの権利(あるいは義務)は、学生登録料 /”Sememnsterbeiträge”です。

これがゼミごとに300ユーロほどかかります。

「そんな権利なんか欲しくない!」

と思う方が多いのですが、この登録料には半年分の定期が込み。おまけに学生証が発効されて、学食は格安で利用できます。

学割なしで定期を買えば、半年で300ユーロ以上するので、学生登録は義務ではなく、特権です。

では以下にミュンスター大学のDSH準備コースの詳細を紹介します。

レベル

中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

夏ゼミ 1月~ 7月(6ヶ月)
冬ゼミ 8月~1月(6ヶ月)

授業時間

記載なし

クラス定員

記載なし

出願期限

夏ゼミへの出願 11月1~30日まで
冬ゼミへの出願  5月1~30日まで 

コース費用

500ユーロ/ゼミ

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

自分で手配

出願結果

夏ゼミは12月、冬ゼミは6月に返事が郵便、あるいはメールで届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

学生登録料の300ユーロほどが、この他に必要です。

大学出願に関する 質問集

皆さん、初めてミュンスター大学へ出願されるので、同じ疑問を抱えておられます。

こちらで頻繁に寄せられる質問集があります。お問い合わせいただく前にご覧いただければ、ほとんどの疑問は解決すると思います。

質問集

出願案内 & 出願代行サポート

ミュンスター大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。

しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、

「ホームページを読んでくれ。」

とだけ書かれています。

そこで当社では出願案内 & 出願代行サポートを提供しております。

こちらは有償のサポートになりますが、出願に関して不明な点などは、経験豊富な当社までお問い合わせいただければ、当社にて回答させていただきます。。

出願サポートの詳細はこちらをご欄ください。

ドイツの大学に正規留学 - 大学出願サポート