日本でも観光名所として有名なハイデルベルク。この街に名門のハイデルベルク大学があります。ドイツ語が上級レベルの方には経済ドイツ語のコース、ドイツ語の教師の方には教師用のコースもありますが、ここで紹介するのはドイツ語の初級、中級者向けのドイツ語コースになります。上級者向けのコースをご希望される方は、お問い合わせください。

ハイデルベルク大学 – ドイツ最古の大学

ハイデルベルク大学の正式名称はDie Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg。勿論、そんなに長い名前を話す人はおらず、ほとんどの人は”Uni Heidelberg”(ハイデルベルク大学)と読んでいます。ハイデルベルク大学は14世紀に建造されたので、ドイツで最古の大学です。お陰で何かある度に、「ハイデルベルク大学はドイツで最古の大学です。」と聞かされますので、覚悟しておきましょう。

古い大学の例にもれず、ハイデルベルク大学は旧市街地の真ん中にあり、ドイツ政府が奨励するエリート大学のプログラムにも専攻されています。優秀な学部の多いハイデルベルク大学ですが、医学部は癌の治療でとりわけ有名です。

ドイツ観光の定番 – 古都ハイデルベルク

ハイデルベルクの街は、人口15万人程度の小さい街ですが、毎年350万人もの観光客が訪れるドイツでも指折りの観光地です。単純に計算をすれば、毎日1万人近い観光客が訪れている計算になります。勿論この中に、相当数の日本人団体観光者が含まれています。お陰で土日でもお土産屋等が特別に営業を許されていますので、ここで生活している人間には非常に便利です。

(続きはこちらをご参照ください。)

平時のサマーコースの事務局は一人で運営させているので返事が遅く、申し込みをしても2週間ほど返事に時間がかかることも珍しくありません。日本のように翌日に返事が届く事はありませんので、あらかじめご了承ください。現地ではいろんな国からの人が集まりますので、トイレに行く場合でも貴重品を身につけて行くか、(本当に)信用できる人に預けてからその場を離れてください。

アクセスデータ

最寄空港のフランクフルト空港には、ルフトハンザやANA等のスターアライアンスの航空会社はターミナル1に到着します。第一ターミナルの地下に電車の駅があります。それ以外の航空会社(日本航空など)は、第二ターミナルに到着しますので、ターミナル1に移動してください。ここからハイデルベルクの中央駅(Hbf)まで電車でおよそ1時間です。
「ちゃんとたどり着けるか心配だ。」という方は、空港からの送迎をご利用ください。

市内電車バス路線図

ハイデルベルク大学 サマーコース詳細

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

2019年 8月1日~8月28日

チェックイン、アウト

チェックイン:7月30日,311日(12時~19時まで)    チェックアウト:8月29日(10時まで)

授業時間

授業は9時~12時30分まで、(週20単位)。

クラス定員

16名程度

申し込み期限

定員になり次第締め切りとなります。(通常、4月末に定員になります。

遠足

ボーデン湖、ケルン、ニュルンベルクローテンブルクシュトラースブルク、トリアー、テユービンゲン

費用

11万円

費用に含まれるもの

授業料

公演、ワークショップ、午後のゼミナール

弊社の手配手数料

宿泊費

平均して360ユーロ(現地で現金での支払いになります。)

宿泊施設

コース事務局は夏休みに帰郷する生徒から部屋を借り受け、これをコースの参加者に紹介する形です。

部屋には、机、椅子、ベット、蒲団、戸棚などがついています。

寝具は貸与されますが、シーツ、布団カバー、枕カバーなどは貸与されず、持参になります。

昼食は学生食堂(有料)で取れますが、朝食・夕食は各自で調達・調理が必要です。

インターネット、Wifi

大学構内ではWifiが使用できます。

参加条件

18歳以上。

その他

コース参加には、ドイツで有効な健康保険に加入されている事が条件です。
事故保険、個人賠償保険込みの海外旅行保険にたった37ユーロで加入できますので、加入されてから渡独ください。

必要書類

お客様のお名前、住所が記載された身分証明書(コピー、写真)

お支払い

お申し込み後、24時間以内に請求書を発行しますので、1週間以内にお支払いください。

キャンセル

6月15日まで  4万600円がキャンセル料となります。

以降       返金はありません。

お問い合わせ集