フライブルク大学

フライブルク大学 の正式名称は創設者の名前を冠して、アルベルト ルートビヒ フライブルク / Albert-Ludwigs-Universität Freiburg と呼ばれています。オーストリア公爵、アルベルト6世がローマ教皇に、「無知の闇を教育で照らすため」と大学の設置を要請。

2年後の1457年、教皇はこれを許可して、正式に大学が設立されることに。この為、大学の名前にアルベルトの名前を冠しています。

大学経営には昔も今もお金がかかるので、フライブルクを傘下に置いていた(オーストリアの)ハープスブルク家は、教会を大学に寄贈します。そう当時教会と言えば、金のなる木だったんです。その教会の収益を大学の建設、運営に回したわけです。

この豊富な資金源で神学部に加えて、法学部、医学部、哲学部が建設されます。ハープスブルク帝国では、ウイーン大学に次ぐ、第二の大学となります。ドイツ国内では最古の大学のひとつです。

大学の名声

今日になってもフライブルク大学の名声は高く、数々の著名な学者がここで教鞭をとり、ノーベル賞の受賞者を10名も輩出しています。歴史、哲学部などの文系ではドイツでもトップレベルの教育を受けることができます。

大学の規模と所在地

フライブルク大学に在籍する学生の数は2万5000人。街の人口が22万人ですので、10人にひとりが学生。これに加えて大学で働く人が7000人近くいるので、まさに大学街。

大学は市内の三か所に分散していますが、メインは旧市街地のど真ん中にど~んと広がっています。今、観光名所になっている市役所も、実はかっての大学の講堂だったんです!お陰で、車を持たない学生には大学生活が至極便利です。

大学の図書館は長い工事の末、やっと完成。超モダンな建物になっています。(高かった)図書館の工事が終わったと思いきや、2019年からは(古かった)その中心部の講堂の改装工事が始まっています。終了するのは2012年の予定です。

しばしは工事中の景色と不憫に慣れるしかなさそうです。

街の紹介 フライブルク

フライブルクの街は南ドイツ、フランス、スイスの国境沿いにある街です。かってはこの地方は黒い森の中に覆われていましたが、この地域にゲルマン4大民族のひとつ、アレマーネンがやってきて開拓、集落を築きます。

街の発展のきっかけになったのは、まさにその黒い森で銀鉱が発見されたのがきっかけです。

参照 : schauinsland.de

銀の採掘でフライブルクは一気にお金持ちになり、今でも街の象徴になっているミュンスター(教会)や、その他の見事な建造物の建設が始まります。

支配者と仲違い

ここで街の領主、ツェーリンガー家が死去します。フライブルクに住んでいる人なら誰でも知ってる、あの丘の上にある城塞に住んでいたのが、このツェーリンガー家です。領主が死ぬと、街の富を目当てに遠い親戚が街を支配、フライブルク公爵と自ら名乗ります。

この公爵は常に言い訳を作り、街から金を要求。結果、領主と住人は仲違い、14世紀には戦争にまで発展します。しかし町人はさんざんな死者を出して負けます。そこでフライブルクの必殺技、お金をフライブルク公爵に払い、街の支配権を奪回します。

ハープスブル家の支配下に

14世紀にお金持ちの街が、街を守ってくれるパトロンがないと、占領、略奪されるのは時間の問題です。そこでフライブルクはハンガリー オーストリア大帝国の傘下に下ります。するとフライブルクの南で、アルプスに住む原住民とハープスブル家の間で紛争が勃発。

ハープスブル家の命を受けてフライブルクが義勇軍を結成、街の若者を大勢派遣します。ところが地の利を利用した原住民に、ハンガリー オーストリア大帝国は敗北を喫します。この戦争から誕生したのがスイスで、この戦争を話のネタに「ウイリアム テル」の物語も生まれました。

もっともフライブルク市民にとっては多くの若者が戦死して、散々の結果でした。お金持ちの街は戦争には弱いんです。

フライブルクの地勢と気候

もう少し南に行くと標高が高くなり寒くなるのですが、フライブルク旧市街の標高は116m。他の都市と比べると高地ですが、それほど高いわけでなく、冬でも雪が積もるころは(20年前と比べると)かなり稀。でも少し郊外に行くと山があり、春までスキーができます。

夏には気温が30度を度々超えます。なにせフライブルクは人口20万人以上の大都市では、「もっとも日照時間の多い街」で、ドイツらしくない天気のいい街です。

街の名前

一口にフライブルクと言っても、欧州には同じ名前の都市が幾つも存在しています。

フランスのFribourgに始まって、スイスのフライブルク、ドイツ国内のエルべ河畔には、もうひとつのFreiburg am Elbe があり、さらにかってのドイツ領のシュレージエン地方にもフライブルクがありました。

ここで紹介する街は、 “Baden-Würtemberg”(バーデン ヴュルテンベルク)州の南部にあるフライブルクです。混同を避けるためドイツでは” Freiburg i. B.“と表記されます。(i.B.は ” in Breisgau” の略です。)

行き方

最寄空港はスイスのバーゼル空港です。厳密に言えば、このバーゼル空港、フランスの領土にあるので、「フランスのバーゼル空港」というべきかもしれませんが、誤解を招くので、「スイスのバーゼル空港」としておきます。

バーゼル空港からは私営のバスが出ており、1時間ほどでフライブルクのバスターミナル駅(ゲーテのすぐそば)まで連れていってくれます。

ドイツ国内の空港の最寄り駅はシュトッツガルト空港です。しかし地方空港のため、フライブルクへの接続は悪いです。フランクフルト空港から電車で行ったほうが早いです。所要時間は2時間+

バーゼル空港、フランクフルト空港から、フライブルク市内まで空港送迎をご希望の方は、当社の送迎サービスをご利用いただけます。

市内路線図

抜粋元 :フライブルク観光

フライブルク大学 スプリングコース

スプリングコースは募集人数が少ないので、特定の国籍の参加者が集中しないように国籍枠が設けられています。個人で申し込むと、「(日本人枠は)一杯になりました。」という返事が帰ってきます。当社では入学枠を確保しているので、お申し込みいただけば確実に入学できます。

フライブルク大学は2020年のコースから、「寝具カバーは各自持参すべし!」を方針を変更しました。ホームページでは(現時点では)この説明が欠けています。必要になるのは枕カバー、マットレスカバー、それに布団カバーの3点です。

スプリングコース詳細

フライブルク大学は同じ時期に、同じ費用で英語のコースも開催していますが、ここで紹介するのはドイツ語のコースです。

「こちらのコースは、日本人専用のコースですか?」

数年前まで確かに日本人専用のコースがありましたが、参加した学生に不評で廃止されました。この為、世界各国の生徒が参加するコースになります。その詳細は以下の通りです。

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

2020年 3月2日~3月27日

到着、出発

到着日:3月2日(8時~19時まで)    出発日:3月27日(10時まで)

授業時間

授業は9時15分~12時45分まで、1日4授業単位の授業(計72単位)。

14時30分~18時までの上級者向けのゼミは自由参加。

クラス定員

 18名

申し込み期限

定員になり次第締め切りとなります。

遠足

ハイデルベルク、黒い森 / Schwarzwald, コルマー

費用

 16万9000円

費用に含まれるもの

授業料(教材費含む)と宿泊費

寝具付き(布団、枕、マットレスカバーは要持参)

課外プログラム(入場料、交通費を除く)

弊社の手配手数料

宿泊施設

コース事務局はコースは春休みで帰郷する学生から空き部屋を募集して、コースの参加者の部屋を確保します。
この為、手配される部屋は学生寮とは限りません。
キッチン、シャワ-、トイレは共同使用で、各階についています。
部屋には、机、椅子、ベット、蒲団、戸棚などがついていますが、タオル類はご持参ください。
昼食は学生食堂(有料)で取れますが、朝食・夕食は各自で調達・調理が必要です。

インターネット、Wifi

 大学の図書館のPCが無料で使えます。大学構内では Wifi が使用できます。

参加条件

17歳以上。

学生証に貼るために証明写真(3,5 cm x 4,5 cm)を1枚、ご持参ください。

その他

コース参加には、ドイツで有効な健康保険に加入されている事が条件です。
事故保険、個人賠償保険込みの海外旅行保険にたった37ユーロで加入できますので、加入されてから渡独ください。

お支払い

お申し込み後、24時間以内に請求書を発行しますので、1週間以内にお支払いください。

キャンセル

1月15日まで  9万1000円がキャンセル料となります。

以降       返金はありません。

質問集

皆さん、同じ疑問を抱えておられるので、お問い合わせいただく前に、是非、一読ください。疑問の99%はここで解決します!

 

お問い合わせ & お申込み

質問集を見ても解決しないご案件などございましたら、こちらからお問い合わせください。

すでに費用のご送金の準備ができている方は、こちらからお申込みください。

フライブルク大学 サマーコース

フライブルク大学はドイツの大学としては唯一、英語のコースを提供しています。費用と日程はそれぞれスプリングコースとサマーコースと同じです。

英語のコースをご希望の方は、お申し込みフォームの欄外に、「英語のコースを希望」としてお申し込みいただくか、不明な点などはお問い合わせください。

フライブルク大学 サマーコース 詳細

当社で手配するサマーコースは、世界の生徒が一緒に学ぶコースです。日本人だけのサマーコースは、2013年を最後に廃止になっています。

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

1. 2020年 8月3日~8月29日

2. 2020年 9月3日~9月30日

到着、出発

1. 到着日:8月3日(8時~19時まで)    出発日:8月29日(10時まで)

2. 到着日:9月3日(8時~19時まで)     出発日:9月30日(10時まで)

授業時間

授業は9時15分~12時45分まで、1日4授業単位の授業(計72単位)。

14時30分~18時までの上級者向けのゼミは自由参加。

クラス定員

18名

申し込み期限

定員になり次第締め切りとなります。

遠足

Heidelberg、Schwarzwald, Colmar/Breisach, Basel, Strassburg

費用

 16万8000円

費用に含まれるもの

授業料(教材費含む)と宿泊費

寝具付き(布団、枕、マットレスカバーは要持参)注1

課外プログラム(入場料、交通費を除く)

弊社の手配手数料

宿泊施設

コース事務局はコースは春休みで帰郷する学生から空き部屋を募集して、コースの参加者の部屋を確保します。
この為、手配される部屋は学生寮とは限りません。
キッチン、シャワ-、トイレは共同使用で、各階についています。
部屋には、机、椅子、ベット、蒲団、戸棚などがついていますが、タオル類はご持参ください。
昼食は学生食堂(有料)で取れますが、朝食・夕食は各自で調達・調理が必要です。

インターネット、Wifi

 大学の図書館のPCが無料で使えます。大学構内ではWifiが使用できます。

参加条件

17歳以上。

学生証に貼るために証明写真(3,5cmx4,5cm)を1枚、ご持参ください。

その他

コース参加には、ドイツで有効な健康保険に加入されている事が条件です。
事故保険、個人賠償保険込みの海外旅行保険にたった37ユーロで加入できますので、加入されてから渡独ください。

お支払い

お申し込み後、24時間以内に請求書を発行しますので、1週間以内にお支払いください。

キャンセル

6月15日まで  9万1000円がキャンセル料となります。

以降       返金はありません。

質問集

皆さん、同じ疑問を抱えておられるので、お問い合わせいただく前に、是非、一読ください。疑問の99%はここで解決します!

注1)フライブルク大学は2020年のコースから、「寝具カバーは各自持参すべし!」を方針を変更しました。ホームページでは(現時点では)この説明が欠けています。必要になるのは枕カバー、マットレスカバー、それに布団カバーの3点です。

 

お問い合わせ & お申込み

質問集を見ても解決しないご案件などございましたら、こちらからお問い合わせください。

すでに費用のご送金の準備ができている方は、こちらからお申込みください。