ウルム大学のDSH準備コースは、他の大学にはない特徴があります。なんとコース費用が無料です。勿論、大学登録費とか教材費は自費ですが、コースが無料なのはココだけ。でも何故、無料なんでしょう?

ウルム大学は世界各国から優秀な学生をウルム大学に呼び、ここで学んでもらいたいがため、コースを無料にしています。当然、成績がよくないと入学できませんので、入学の可能性があるかどうか、ご自身で判断の上、出願してください。

ウルム大学

ウルム大学は医学と自然科学学部の専門大学として1967年に創設され、バーデンヴュルテンベルク州ではもっとも新しい大学になります。学生数は1万人。オックスフォード大学によると世界の大学ランキングでは135番、108あるドイツの大学の中では13位に査定されており、ほぼトップ10に迫る優秀な大学です。

大学は企業との連携を深めているのが特徴で、大学の近郊には大学の研究力を利用したい企業が多く集まっています。さらに大学の国際化にも力を入れており、さまざまな言語を習うコースが提供されているのが特徴です。海外からの才能ある学生にウルム大学で学んでもらおうと、DSH準備コースを、それも無料で提供しています。

町の紹介

ウルムの町はシュバーベン地方のアルプス、”Schwäbische Alb”の淵にあるドナウ河畔の町。バイエルン州との州境にあり、アウグスブルクから車で1時間ほどの距離。なんでアウグスブルクかというと、かってはアウグスブルクから西へ向かう交易路が走っていて、ウルムはちょうどその中継地点にあった。お陰で交易で栄えました。

17世紀になると商人は大富豪のフッガー家が君臨するアウグスブルクにいくようになります。これに加えて新航路、アメリカの発見により交易路は海岸沿いに移り始めると、次第にウルムには陰りがでてきます。止めを刺したのが30年戦争。ウルムは経済破綻して、街の大部分は周辺の町に吸収されます。それでもまだ残っていた部分はナポレオンの勝利後、一時期、バイエルン選帝侯の領土になります。

ウルムが復活するのは、ハイルブロンからフリードリスハーフェンまで鉄道が敷かれてから。ドナウ河畔にあるウルムの戦術上の重要さから、近郊で巨大な要塞の建築が始まります。これに加えて巨大なウルムの大聖堂の建築が最終段階を迎え、ウルムは建築ブームに沸き、これは第一次大戦まで続きます。

第二次大戦で大被害を受けた旧市街は、見事に修復されます。しかし経済発展に伴い、市内の道路を自動車や電車が通れるように、「近代化」されることに。これにより見事な景観を醸していた旧市街は破壊され、コンクリートの殺風景な町並に変わります。唯一中心部から離れた”Fischerviertel”(漁師地区)だけは破壊を逃れ、今日ではウルムで最大の見所となっています。

Albert Einstein

この機会にウルムの有名人にも触れておこう。サッカーチーム、バイエルンーミュンヘンの社長もウルム出身だが、ウルム市民が一番誇りを持っているのは、あのアルベルト アインシュタインだ。だったらウルム大学の名前をアインシュタイン大学にしてもよさそうだが、アインシュタインがウルムに居たのは1年だけ。その後、家族はミュンヘンに引越した。

アインシュタインはドイツの学校の上から叩き込まれる教育に反抗、16歳で学校を終了証なしで卒業。いい加減な伝記では「学校の成績が悪かった。」と書かれているが、成績は抜群によかった。成績が悪かったのはフランス語だけ。頭の固いドイツに愛想を尽かしドイツ国籍を返上、家族の居たイタリアに向かう。その後、16歳という若さでチューリヒ大学の入学試験を受けるが、フランス語が出来ないので試験に落ちる。

仕方なくスイスで学校に通い、アビトゥーア(スイスではマトゥーラ)を最高の成績で終了する(フランス語だけは可)。大学では数学と物理を専攻するが、あまり真面目な学生ではなかった。授業には空席のことが多かったが、同級生のメモの助けを借りて、無事、卒業。ここでスイス国籍を取得。家庭教師などをしながらお金を稼ぎ、最初についた職がスイスのパテント局での公務員職。アインシュタインは自分自身を”Tintenscheißer”と読んでおり、感激していなかったことは明らかだ。

アクセス

ウルムへの最寄空港はシュトットガルト空港か、アウグスブルクの東南にあるメミンゲン空港。日本で言えば岡山空港のような田舎の地方空港なので、日本からの直行便はありません。最寄の国際空港はミュンヘン空港になり、ウルムの中央駅まで電車で2時間15分です。

市内バス路線図

ウルム大学 ドイツ語コース詳細

レベル

中級(B2)、DSH準備コース

期間

夏ゼミ   4月~  7月
冬ゼミ 10月~ 2月

授業時間

記載なし

クラス定員

記載なし

申し込み期限

夏ゼミへの出願 12月末日まで
冬ゼミへの出願  6月末日まで

コース費用

無料+
167ユーロ(ゼミあたりの大学登録料+定期券込み)

入学資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

こちらのコースは、コースだけの提供になりますので、ご自信でお部屋を探していただく必要がございます。

出願結果

夏ゼミは2月、冬ゼミは8月に返事がメールで届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

出願はUni-Assist経由になりますので、出願費用に11500円が加算されます。

入学前にドイツ語のテストがあり、結果次第では入学を取り消しされることもあります。

B2レベルのコースを無事終了すると、DSHのテスト準備コースになります。

DSH試験料175ユーロはコース料金に含まれていません。

出願書類の返却はありません。

 出願案内 & 出願サポート

大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、「ホームページを読んで。」と書かれています。

弊社はこれまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。出願に関して不明な点などは、経験豊富な弊社までお問い合わせいただければ、弊社にて回答させていただきますが、こちらのサポート、出願要綱のご案内、願書の代行作成は有償のサポートになります。