今回紹介するのは古都 ノイブルク 、ドイツの誰も知らない秘境の街シリーズです。実は日本の皆さんが「ドイツの古都」と聞いて最初に想像するハイデルベルク、その領主のファルツ選帝侯は、ここに最初の首都を置いたんです。

すなわちノイブルクは正真正銘の古都で、堅強な城壁に囲まれた城塞都市です。それなのに街の名前を知っている人は、ほぼ皆無!

どんな史跡があるのか半日かけて調査してきましたので、是非、ご覧ください。

街の紹介 ノイブルク

街の正規式名称は” Neuburg an der Donau”、日本語で言えばドナウ河畔のノイブルクだ。

バイエルン州の人口3万人ほどの小さな町。それでもノイブルク シュローベンハオゼン県 / Landkurs Neuburg-Schrobenhausen の県庁所在地です。

ある公爵がここに首都を置いたことから、公爵領にふさわしい城砦が築かれて、趣たっぷりの街に変身した。街の中には立派な領主の城、お金持ちの立派な家屋 / Bürgerhaus、街を囲む城壁まで、史跡がたくさん残っています。

今日ではドナウ河が街を西から東に横断しているように見えるが、旧市街はドナウ川の南岸に築かれた。ということは南側の標高が高く、河川の氾濫の恐れがなく、防御にやさしい地形だったに違いない。果たして真実は?

行き方

街はアウグスブルクの北東70km、ミュンヘンから見れば「11時の方向、距離100km。」にある。電車で向かうなら、どちらからでも1時間でいます。車があれば、アウグスブルクの自宅からなんと40分!

街の歴史

ドナウ河畔のこの地は居住に適していたらしく、紀元前5世紀頃の陶器が数多く見つかっている。紀元後1世紀、この地まで進出してきたローマ帝国の駐屯地が築かれ、安全を提供してくれる駐屯地の周囲に住民が住み始めたのが街の起源。

その後、ローマ帝国はさらに拡大したので、この駐屯地はさらに奥地に移されたが、住民だけは残った。5世紀ににはゲルマン民族の度重なる襲撃のため、住民はドナウ川の南側に居を移す。この部分には岩山があったので、これを利用して最初の城砦を築かれた。

ランズフート継続戦争

8世紀にアウグスブルクに住んでいた司教が、この地に居を移したことから、街の発展が始まる。16世紀初頭、北バイエルン王国の首都だったランヅフートの領主、通称、お金持ちのゲオルグが、男子のお世継ぎを残すことなく死去する。

ゲオルグは娘の婿を後継者に指名したが、バイエルン王家の法典によると、「男子のお世継ぎがいない場合、最近親者がその王位を継続する。」とあった。そこで南バイエルン王国のアルブレヒト4世は王位継承権を主張して、ランズフート継続戦争が勃発する。

参照 : wikipedia.org

戦争は、味方を多く陣営に引き込んだ南バイエルン軍が有利に進める。一時はノイブルクまで軍を進めるが、強固な守りに歯が立たず、軍を引き上げた。北バイエルン王国は戦争中に王位継承者が病死したが、息子達が忠実な将軍に助けられて反撃、占領された地域の一部を取り戻す。

にもかかわらず戦争はアルブレヒト4世の勝利に終わり、バイエルンは統一される。

ファルツ – ノイブルク誕生

日本の戦国時代、負けるとその家は女、子供まで虐殺されるのが常。欧州では、「貴族同士は戦争しても、相手を殺さない。」が暗黙のルール。バイエルン統一戦争で負けた北バイエルン領主だが、「領土が全くなくなるんじゃ可愛そう。」と、小さなファルツ – ノイブルク領 /”Pfalz-Neuburg” が設けられた。

その領主に納まったのが、お世継ぎのオットハインリヒ公爵 / “Graf Ottheinrich”だ。オットハインリヒ公爵は(何故か)ノイブルクに首都を置くと、金に糸目をつけずノイブルクを領主の居城に改築、増築、町は首都にふさわしい景観を備えることになる。

18世紀、ファルツ公爵はファルツ選帝侯に昇進、街は選帝侯領の首都として最盛期を迎える。

ハイデルベルクに遷都

ところが跡継ぎのファルツ選帝侯が、宮廷をハイデルベルクに移してしまうと、ノイブルクは一気に衰退を始める。ファルツ選帝侯がお世継ぎを残さず死去すると、バイエルン選帝侯がファルツ選帝侯領を併合。

まだ残っていた公的な機関は他の町に移されて政治的な意味を失い、ノイブルクは次第に記憶から薄れてしまい今日に至っている。

ノイブルク 観光 – 誰も知らないドナウ河畔の古都

では街を見て行こう。お城の下に駐車場があり、日曜日は無料です。早起きして午前中に来ると、空きスペースは十分あります。ここに車を止めたら一目散に城砦に登らないで、まずは城砦の外を回って、ドナウ河にかかる橋から城を撮ろう。

ここからノイブルクの街が一番綺麗に撮れます。

ノイブルク 観光 - 誰も知らないドナウ河畔の古都

でもここまで歩いて来る人は居ない。まさに灯台下暗し。最高の撮影スポットを独り占めできます。二度と来ないので、いろんなアングルから撮っておきましょう。

ノイブルク城 / Schloß Neuburg 誕生史

この街にその居住地を置くことにしたオットハインリヒ公爵は、小山の上にある中世の頃に建造された城塞を、金に糸目をつけず、公爵のお城への改築を命じます。20年以上の工事期間を経て誕生したのがノイブルク城 / Schloß Neuburg です。

あまり豪華な城作りだっ為、誕生したばかりのファルツ – ノイブルク領は破産してしまいます。

公爵領の財政状態が改善したのは、無駄使いのオットハインリヒ公爵が没して、次の公爵が跡をついでから。それを知っていないのか、街のあちこちでオットハインリヒ公爵の像やら絵やらが、展示されています。

ノイブルク城 / Schloß Neuburg

城塞への入り口

ドナウ川の橋の上からの撮影が終わったら、城砦の中に入ります。ノイブルクが他の城塞都市、例えばニュルンベルクと違うのは、お城が街の入り口にド~ンと建っている点です。通常、お殿様の住むお城は敵の攻撃から一番遠い場所に置いて、城塞を構築します。

街の中に入るにはかっての城門をくぐって、岩をくりぬいたトンネルを歩いていきます。トンネルを抜けた先は、かっての旧市街です。

本丸中庭の壁画

右手には今は博物館として使用されている別棟、左手には本丸があります。まずはすぐ左手にある内門をくぐって、本丸の中に入ってみよう。門に備わってる立派なノックに感心。本丸はドイツの宮廷の典型的な形、すなわち四角形で、真ん中に中庭が設けられています。

この中庭の壁画は、熱心なプロレスタント派の信者だったオットハインリヒ公爵が描かせた宗教画で有名です。宗教は苦手なので、絵をみても何がなんだかわかりません。それにかなり色があせてます。

ノイブルク 城本丸 中庭の壁画

写真のコントラストを上げているので「まだ」見えますが、実眼ではちとしんどい。直射日光の当たらない回廊の天井には、綺麗な文様がまだくっきり残っており、当時の宮廷の豪華さを偲ばせます。

この壁画が描かれてている建物には礼拝堂があり、その天井に描かれている宗教画は、イタリアから画家を呼び寄せて描かせたとても貴重なものだとか。宗教画に興味のある方は、入場料を払ってお試しあれ。

ノイブルク 宮廷の壁画

ノイブルク城は本丸(東棟)、北棟、キッチン棟、それにあるいは西棟などに分かれています。オットハインリヒ公爵が建てたのは、本丸(東棟)と礼拝堂です。もっともノイブルク城として有名な、左右に丸い塔を持つ姿になったのは、公爵の死後の改装工事の後です。

内部を閲覧するには入場料が必要ですが、通り抜けて庭に出るだけなら無料。入り口に奇妙な像がとても気になります、、。

城と庭

先が庭になっています。王様はこの宮廷から、下界を見下ろせるようになっています。無料で見れるのはここまで。建物の入り口では強面のおばちゃんが、外国人が壁に落書きをしないか不審な目でじっとこちらを見つめています。

触らぬ神にたたりなし。写真を撮ったら、さっさと場所を変えましょう。

参照 : schloesser.bayern.de 入場料 6ユーロ

カール広場

では城塞内の「庶民の家」を見に行きます。街のメイン通は一本だけ、アマリーエン通り / Amalienstraße には綺麗な家屋、教会が並んでいます。でも目抜きとおりの道路が、駐車場になっているのは興ざめ。すぐ先にあるのがカール広場で、ノイブルクで一番綺麗な場所です。

広場の真ん中には噴水があり、マリア像があるので、マリア噴水ですね。この噴水、ランツベルクにあるマリア噴水と名前はおろか、形まで瓜二つ。バイエルン州では、アウグスブルクを除き、同じ形の噴水にするみたいですね。

カール広場のマリア噴水

市役所

カール広場の端っこにある、階段の立派な建物がノイブルクの市役所です。カール広場が設置された後、1603年から6年もかけて建造。でも飾りがないそっけない作りですね。ルネッサンス様式なんですって~。

戦争末期、こんな田舎にも爆撃機がやってきて、爆弾が大当たり。戦後、再建されたので、その際に当時の飾りなどが省略された可能性が大。建築を手がけたのは宮廷建築家ですから、まさかこんなそっけない建物ではなかった筈。

宮廷教会 / Hofkirche

市役所の横には街で一番立派な宮廷教会 / Hoflirche が建っています。この場所にはノイブルクが小さな城塞都市であった10世紀の頃から、教会が建っていました。オットハインリヒ公爵がプロテスタントに改宗したので、この教会をプロテスタント教会として改築する事を命令。

完成を祝う前に尖塔が倒壊して、オットハインリヒ公爵が生きているうちには完成しませんでした。その後、別の建築家が17世紀に作り直しました。尚、ノイブルクはバイエルン公爵に併合されてカトリック教の街になったので、この教会も現在はカトリック教会です。

宮廷教会 / Hofkirche

プロテスタント派は別の場所に教会を建て、そちらに通っています。

アマリーエン通り / Amalienstraße

では続いて街のメイン通り、アマリーエン通り / Amalienstraße にある建造物を紹介いたします。

州立図書館 / Staatliche Bibliothek Neuburg

広場に並ぶ綺麗な”Bürgerhaus”(お金持ちの家)を眺めて歩いていくと、広場の端に装飾の綺麗な”Staatliche Bibliothek Neuburg”(ノイブルク州立図書館)があります。17世紀には礼拝堂として建設されたのですが、その後、この地方の出版物を収集して保管する図書館に。

古書の他に一般人向けの蔵書もある普通の図書館として機能しています。古書が並んだ本棚がとにかく豪華なので、営業中だったら足を運んで内部だけでもちょっと見ていきましょう。一見の価値ありです。

参照 : sbnd.de

ノイブルク 州立図書館 / Staatliche Bibliothek Neuburg

宮廷薬局 / Hof Apoteke

立派な屋敷が林立してすべてを紹介することはできないので、有名なものだけ。角に建つこの大きな屋敷はかっての貴族、王様用の宿でした。ノイブルクがバイエルン州に帰属してからは、薬局が地上階に入っています。

ノイブルク 宮廷薬局 / Hof Apotheke

黄金の太陽 / Goldene Sonne

薬局のお隣、黄色い塗装が施されて、とりわけ大きな屋敷は黄金の太陽 / Goldene Sonne と呼ばれています。こちらもかっては宿屋だったそうです。

そのお隣、一番手のこった装飾(ルネッサンス風外面)装飾が施されているのは、かっての薬局です。14世紀に建造されてから、何度も改築され、壁画が施され、いまの姿に。

黄金の太陽 / Goldene Sonne

ヴェヴェルト家 /  Weveldhaus

目抜き通りの角に建っている立派な屋敷は、 ヴェヴェルト家 / Weveldhaus と呼ばれています。貴族のヴェヴェルト家が冬の別荘として利用するために16世紀に建造させたお屋敷です。現在は街の博物館として利用されています。

入り口の上では、ヴェヴェルト家の家紋が輝いていました。

参照 : naturpark-altmuehltal.de 入場料 3 ユーロ

ヴェヴェルト家 /  Weveldhaus

この博物館と図書館の間に挟まれている黄色い家は、動物の飼育の為に城壁を壁にして建てられ、その後、お金持ちの家屋に改造された家です。今では立派なアパートになってます。

聖ペーター教会 / St. Peter

メイン通りを下っていくと聖ペーター教会 /”St. Peter”があります。

「こちらはプロテスタント教会?」と思えば、こちらもカトリック。すでにここにあった教会が17世紀にボロボロになったので、土台の石から組み直して、再建されました。

聖ペーター教会の横、鼠色に塗られた石造りの家はモーツアルトの家と呼ばれています。同じ名前の博物館がアウグスブルクにあったので、同じ原理かな?と思いますが、ネット上には探しても詳しい案内は見つからず。

聖ペーター教会 / St. Peter

見晴らしレストラン カフェ & ホテル

その先、ドナウ河を見下ろす場所にレストラン カフェ & ホテルが建っています。「お部屋から下界(ドナウ河)を見下ろせる部屋に止まりたい!」というお友達は、ここに泊めてあげよう。もっとも地上階からの眺めはなし。2階以上の部屋を要求すると、景色を堪能できます。

何も泊まらなくても食事だけでもOK。

見晴らしノイブルク レストランカフェ & ホテル

このホテル & レストランの向かいにある屋敷も立派なもので、トーマスの家と呼ばれています。

ドゥッエン パン屋の家 / Dunzenbäckerhaus

通りの終わりにある建物は、”Dunzenbäckerhaus”(ドゥッエン パン屋の家)という名前。15世紀の建造物。かっては本当にパン屋が入ったそうです。探しても詳しい説明は出てこないですが、ドゥッエンという名前のパン屋だったんでしょうね。

ドゥッエン パン屋の家 / Dunzenbäckerhaus

ノイブルクの城壁  &  城門

街を歩いても、一向にかっての城塞都市だったその片鱗さえも見えてきません。「城壁はすべて取り壊されて、何も残ってないの?」と思っていたら、発見しました!お堀こそ埋められていましたが、街の裏に城壁が、かなりいい状態で残ってました。

アマリーエン通り / Amalienstraße

破壊されずに残っている内側の城壁だけでも、二重の作りになってます。さらにこの外にお堀と城壁があれば、南バイエルン軍も歯が立たなかった鉄壁な防御を誇った要塞都市。その城壁に行くには、ノイブルクの目向き通り、アマリーエン通りを直進するだけ。

ドゥッエン パン屋の家の先で道が急激な左カーブを決めると、唯一残っている城門が見えてきます。

上之門

すぐ先に”Das Obere Tor”(上之門)が見えてきます。外側から見ると、王様の居住地にふさわしい綺麗な城門です。小さいけど。この門は、まだ城壁と繋がっています。門の外には小川がありますが、かってのお堀の跡です。

ノイブルクの城門

城壁と監視塔の廃棄利用

城壁、それに城壁に埋め込まれている監視塔、今はアパートになっています。中を見てみたいですね。城壁の内側は巨大な青空駐車場。でも入り口が狭い!駐車場に隣接する巨大な建物。倉庫かな?と思いましたが、よっく見ると窓に柵。監獄かしらん。

城壁と監視塔の廃棄利用

刑務所 / JVA

調べてみると本当に刑務所 / Justizvollzugsanstalt、略して JVA でした。建造された16世紀には乗馬学校だったそうです。道理で大きな建物だったわけです。ちなみに若年層で犯罪を犯した人が、収容されています。

刑務所 / JVA

聖ウルシュラ学業教会 / Studienkirche St. Ursula

城壁の外に出ると、でかい教会が見えてきます。”Studienkirche St.Ursula”という名前なんです。頑張って日本語に直すと聖ウルシュラ学業教会。ぐぐってみるとそもそも発端は、ヴィルヘルム伯爵が行政本部をノイブルクからデユッセルドルフに移した際、置き土産としてノイブルクに寄贈したのがこの教会。

完成は18世紀初頭。今では教育を施す財団に属しているそうです。近代教会だけじゃなく、”Studienseminar”と書かれた建物、その横の建物も財団の所有物です。

ノイブルクの教会

付近を見終わったら、城壁の内側に戻ります。あちこちに綺麗な装飾を施された建物があります。ちょうど街の真ん中あたりまで来ると、聖ペーター教会の尖塔が「うまい具合に」、家屋の屋根の上に聳え立っています。

手間の家屋もちょうどいい具合に慣れんでいるので、絵になる光景 / Malerswinkel になってます。

ノイブルク 中心部

オットハインリヒ広場 / Ottheinrichplatz

メイン通りをお城の前で右に曲がると、そこはオットハインリヒ広場 / Ottoheinrichplatz です。もっとも広場というほど広くないですが。ここにも立派な家屋がびっしり。

裁判所/ Amsgericht

ノイブルクは県庁所在地なので、県内でおきた事件、紛争を扱う裁判所があります。かってはファルツーノウブルク領の裁判所だったので、それは立派な建物です。壁には壁画まで描かれています。壁画の描かれた地方の裁判所なんて、滅多にありません。

裁判所/ Amsgericht

ノイブルク劇場 / Stadttheater

その先に赤い建物が見えてきます。これはノイブルク劇場 / Stadtheater です。こんな小さな町に劇場なんて要るの?そもそもは倉庫、それも課税倉庫 / Zehentstadel として建造されたもの。街がバイエルンに併合されると、税金を課す権利を失い、建物もお役目御免。

そこで街の劇場として利用されています。

ノイブルク劇場 / Stadttheater

その左にはツーリストインフォ。日曜日なのに営業中。少し横に唯一の公衆トイレもあるので、場所を覚えておいても損はしない。ツーリストインフォの先に階段があり、駐車場まで戻って来れます。

総評 – ノイブルク

「古都」とは言え、誰も知らないノイブルク。大きな期待していなかったせいか、十分に満足。あちこちに立派な家屋が建っていて、全部調べる時間がなく、紹介できたのはほんの一部です。これが狭い場に集中しているので、写真を撮っても、3時間ほどで全部見て回れます。

有名になると観光客に占領されますが、微妙に無名なのがいい!町で見かけた中国人観光客は、カップルの二人だけ!午前中に行くと駐車場も十分に空いているし、大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい大きさです。

さらにはアウグスブルクの自宅から近いのも嬉しい。アウグスブルクに留学される方、是非、足を運んでみてください。

 

 

« 1 2 »