Die Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn

ボン大学の正式名称は Die Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn。名前は大学を創設したプロイセンの王様で、神聖ローマ帝国の最後の皇帝でもあったフリードリヒ ヴィルヘルムからきています。大学に在籍している学生の数は3万8000人を超え、ドイツでも有数の巨大大学のひとつです。

「大学が大きくても、質が悪くては仕方ない。」とお嘆きの方、そこはご安心。世界の大学ランキングでは110位で香港大学と同じランキングにある。ドイツ国内では唯一、FU Berlinの後塵を拝しているが、あの超エリート大学と名高いゲッテインゲン大学の上に(ランキング上は)ある。

名声を博しているのは経済学部、法学部、それに数学部で、ボン大学はノーベル賞受賞者7人を輩出している優秀な大学です。もっともランキング上では負けているゲッテインゲン大学は、40名を超える受賞者を出している。

町の紹介

1990年10月3日に首都がボンからベルリンに移ってから久しく、日本ではボンが首都であったことを知る人が少なくなってきた。日本でボンと言っても「何処にあるの?」という人が多い中、「ベートーヴェンの生まれた町。」と、音楽家だけはちゃんとボンを知っている。

名前の起源

ボンの歴史は紀元前にここに定住していたケルト族に始まり、この地を”Bona”と呼んだのが町の名前の起源だ。この言葉はケルト語で「村落」などを指し、フランスには”○○Bonnes”、あるいは”○○Bonne”という名前(の一部)の地名が多い。例えば„Ratisbona“と呼ばたドイツの都市は、 „befestigtes Dorf“ (要害化された村)という意味で、レーゲンスブルクの町を指す。

2000年の歴史を誇るこの町の発展は、ローマ帝国がライン川の東岸に砦を築いたことから始まる。ここを駐屯地にしてローマ帝国は植民地をエルベ河畔まで拡大していった。その駐屯地の周辺に市民が住み着き、町へと発展していった。ローマ帝国の滅亡後はフランク王国に、その滅亡後は神聖ローマ帝国の支配下に入り、ケルン大司教がルクセンブルク公などの後押しを受けてこの地を治めていた。

ヴォリンゲンの戦闘

13世紀、リンブルク大司教の後継者探しに乗じて、ケルンの大司教は軍事力を背景に支配地域を拡大しようとする。リンブルクを支配していたブラバント公爵はオランダの支援を取り付けてこれに抵抗、”Schlacht von Worringen”(ヴォリンゲンの戦闘)に発展、歴史に残る大きな戦闘になった。この戦争に勝ったのがブラバント公爵で、以後、ケルンの大司教の影響力は著しく減少され宗教行事のみの担当となり、ケルンは大司教の支配から切り離されて自由都市となる。

ケルンの選帝侯はその後ケルンを離れ、ボンにその城を構えた頃から町が本格的に発展する。18世紀になると強大なフランス帝国の支配下に入り、町の支配権はその後、ナポレオンの手に移る。ナポレオンが落ち目になるとプロイセンがこの地を支配下に置き、今では名門となっているボン大学をここに築いた。

首都ボン

第二次大戦後、「首都をフランクフルトとボンのどちらに置くか。」という論争になった際、アデナウアーが自宅から近いとボン首都論を主張。その理由として早く復興されていた町と、戦災を逃れて残っていた兵舎などの多くの建物を理由に上げると、ここが首都に決まってしまった。

その結果、東京のように国の機関が数多くこの地に設立され、ドイチェポスト(郵便局)もここに本社を置いたので、不動産価格は高騰、首都がベルリンに移ってしまってからもドイツを代表する幾つかの大企業はこの地に本社、工場を構えており、人工30万人程度の中規模の都市ながら物価は安くない。

肝心の日本関係のインフレですが、おりからの日本食ブームで日本食レストランが多くなりました。もっとのその多くはなんちゃって日本食レストランなので、アルバイト探しにはあまり向いていません。その代わりボンにはかっての高級官僚が定年を過ごしており、お金持ちが多く治安はいいです。

アクセスデータ

最寄空港はケルンボン空港ですが、地方空港のため、日本からの直行便はありません。フランクフルト空港から国内線を利用してケルンボン空港まで飛ぶよりは、フランクフルト空港から電車で移動したほうが早く、費用も安くあがります。

ボン市内路線図

 

ボン大学 ドイツ語コース詳細

レベル

中級(B1, B2)、上級(C1, C2)

期間

夏ゼミ   4月 ~  7月
冬ゼミ  10月~2月

授業時間

週18時間

クラス定員

20人

申し込み期限

夏ゼミへの出願 12月末日まで
冬ゼミへの出願  6月末日まで

コース費用

980ユーロ(約40週、2ゼミの料金です。)+
288ユーロ(ゼミあたりの大学登録料。定期券を含みます。)

入学資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

こちらのコースは、コースだけの提供になりますので、ご自信でお部屋を探していただく必要がございます。

出願結果

夏ゼミは1月末~2月、冬ゼミは7月末~8月にかけて返事がメールで届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

ご送金後のコース料金の返金はありません。

最初のDSHテストは無料。2回目は110ユーロ。

コースを主催するのはボン大学から依頼を受けたProIntegration e.V.という機関です。

出願書類の返却はありません。

 出願案内 & 出願サポート

大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、「ホームページを読んでくれ。」とだけ書かれています。

弊社はこれまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。出願に関して不明な点などは、経験豊富な弊社までお問い合わせいただければ、弊社にて回答させていただきますが、こちらのサポート、出願要綱のご案内、願書の代行作成は有償のサポートになります。