今回紹介するのはかっての西ドイツの首都にあった ボン大学 です。

そもそも

「首都がボンにあったの?」

という人の方が多い今、人口が33万人にも満たないボンの街は、日本では知名度が低いです。

観光資源も乏しく、それほど留学先として人気のある街ではありません。

しかしボン大学は歴史のある由緒ある大学で、ドイツの誇るエリート大学のひとつです。

大学の紹介 – ボン大学

ボン大学の正式名称は半端なく長いです。

驚くなかれ、”Die Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn”と言います。

この長~い名前は、大学を創設したプロイセンの王様で、神聖ローマ帝国の最後の皇帝でもあったフリードリヒ ヴィルヘルムをからきています。

ボン大学に在籍している学生の数は3万5000人を超え、ドイツでも有数の巨大大学のひとつです。

「大学が大きくても、質が悪くては仕方ない。」

とお嘆きの方、そこはご安心。世界の大学ランキングでは110位で、香港大学と同じランキングにあります。

ドイツ国内では唯一、FU Berlinの後塵を拝しているものの、あの超エリート大学と名高いゲッテインゲン大学の上に(ランキング上は)あります。

名声を博しているのは数学、経済学、法学、物理、それに農業学で、ボン大学はノーベル賞受賞者7人を輩出している優秀な大学です。

もっともランキング上では負けているゲッテインゲン大学は、40名を超える受賞者を出している。

ボン大学の歴史

ボン大学 DSH準備コース - 出願案内 & 出願サポート

ボン大学の歴史は18世紀まで遡ります。

大学の元になったのは1777年に選帝侯が設立した、ケルン選帝侯領アカデミーボン /”Kurkölnische Akademie Bonn”でした。

参照 : wikipedia.org

 

当時の大学は中世の典型的な学問、神学、法学、医学部、それに世界博識学 / Weltgelehrtheit でした。

しかしライン川の西がフランスに占領されて、わずか22年後には大学は消滅します。

ライン大学/„Rhein-Universität“

ナポレオンをワーテルローで破った後、プロイセンの皇帝、ヴィルヘルム三世は新しく獲得したライン河畔の広大な領土に大学を設置すべく、適切な場所を探させます。

するとフランスの占領下、ボンにあったカトリック司祭の城が空き家になっていました。

威厳のある建物がただで使えるので、

「これを使わない手はない!」

ということで、ボンに大学設置が決まります。大学が設置されたのは1818年で、プロイセン王国内では6番目の大学になりました。

もっとも当時の名前はライン大学 /„Rhein-Universität“でした。

10年後、大学を創設した皇帝の名前が加わり、フリードリヒ ヴィルヘルム ライン大学 /„Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität“となります。

尚、プロイセン王立 ボン大学の設置にあたり、すでに存在してたミュンスター大学とパダボーン大学は閉鎖という憂き目にあっています。

カトリック教の法典に従った伝統的な教え方が、リベラルなプロイセンの風土に合わなかったためです。

第二次大戦後

第二次大戦の激化で、教授と学生は徴集されてしまい、大学は機能停止に陥ります。

連合軍がライン川の渡河に成功すると、ボンはナチスの恐怖支配から解放されます。

すでに1945年4月、ドイツが降伏する前に、連合軍の許可を取り、ボン大学再開の準備が始まります。

そしてなんと1945年の冬ゼミから大学は講義を再開します。

エリート大学

ドイツ政府が

「米英に負けるな!」

と導入したエリート大学制度。これに応募して当選すると、エリート大学というタイトルと、名前よりももっと嬉しい多額の研究費が支給されます。

ボン大学も応募しますが、2006年、2007年は落選。

2012年は初めて数学と物理の研究で当選します。7年後の2019年には、6つの研究で当選して補助金を獲得。もっとも当選した研究の多い大学となっています。

街の紹介

ボンの名前を(日本でも)知っているのは、音楽家くらいです。

ウイーンで活躍した音楽家、ベートーベンの生家がボンにあるからです。

その一方でドイツ人に

「ボン出身」

の有名人を聞けば、まず最初に名前が出るのは、ドイツ連邦共和国初代の首相、アデナウワーです。

その他にボン大学以外に有名なものは、ドイツの郵便局 / Deutsche Post 、それにドイツで有名な製菓メーカーハリボの本社がここにあるくらい。

市内には目ぼしい観光名所にも乏しく、郊外の7つの山 / Sieben Gebirge の山頂に建つお城が、観光のクライマックス。

ただ市内の治安はとってもいいです。

その一方で定年退職したかっての国家公務員が多く住んでおり、家賃が高く、部屋探しは大変です。

アクセスデータ

最寄空港はケルン – ボン空港ですが、地方空港のため、日本からの直行便はありません。

フランクフルト空港から国内線を利用してケルンボン空港まで飛ぶよりは、フランクフルト空港から電車で移動したほうが早く、費用も安くあがります。

正規留学

ボン大学は大きな大学なので、建築額や工学系の専攻を除き、ほとんどの専攻は見つかります。

 

以前は翻訳という専攻があり、多くの日本人がここで翻訳を勉強して、ドイツで活躍しています。

数年前に翻訳課はなくなりましたが、日本語が学べる数少ない大学です。

きっと大学に入学すれば、タンデムのパートナー探しには困らない筈。

Japanisch / 日本語

ドイツ人が、

「日本語を学びたい!」

と日本語を専攻しようとすると、専攻の詳細に以下のように書かれています。

ボン大学 専攻案内

大事な所だけ説明すると、

「日本語は副専攻で、アジア学 / Asienwissenschften を主専攻に選んでください。」

とあります。そこでここでは、アジア学への出願方法を詳しく見ていきます。

アジア学 / Asienwissenschften

アジア学

アジア学のホームページを見ると、

「アジア学は12の異なる専攻に分かれています。」

とあります。そのひとつがJapanologie /日本学です。

その他にも中国学、韓国学、イスラム学、モンゴル学等、いろんな専攻を学ぶことができます。

出願に関する大事なことは、ページの右側にあります。

取得できる学位はバチラー、卒業までに(最低)6ゼミ、講義の言葉はドイツ語と英語、学業の開始は冬ゼミのみ、そしてC1(終了)レベルのドイツ語能力が必要とあります。

ボン大学 出願方法

EU外の外国人、すなわち日本人の出願手順に関しては、こちらのページで詳しく解説されています。

参照 : 出願手順

 

簡単に解説すると、まずはオンラインで出願します。

すると出願の際に記入したあなたのメールアドレスに、

「出願内容」

が、PDFで送られてきます。

これを印刷、サインして、直接、ボン大学まで出願書類と一緒に郵送します。

出願手数料

以前は、

「EU外からの外国人には、50ユーロの出願手数料を課する。」

となっていましたが、実はこれは違法。

平等にうるさいドイツでは、出身国で差別しては駄目なんです。

出願手数料を導入するなら、全国籍者を対象にしなくてはなりません。

そこでボン大学は出願手数料を廃止することになり、現在でも出願手数料はありません。

ボン大学入学準備ドイツ語コース

ボン大学の入学準備ドイツ語ースは

「DSH試験、およびTestDafの準備コース」

という名前です。

こちらのコースは大学ではなく、市内の公益団体、”ProIntegration e.V” がコースを主催するだけでなく、入学者の選定まで行います。

入学願書はボン大学で受領されるもののここで選別されずに、この団体に送られる仕組みです。出願者の個人情報も、こちらの団体に開示されますので、これに同意できる方のみ、出願ください。

DSH準備コース 詳細

ボン大学のDSH準備コースは、夏ゼミと冬ゼミに分かれり、年二回、出願の機会があります。

無事、入学許可が下りると、遅くても1年後に、終了試験としてDSH試験を受けることになります。

最初の試験は無料ですが、二度目は自費になり110ユーロが必要です。二度目の試験にも合格できないかった場合は、今後、ボン大学では試験を受けることができなくなります。

レベル

中級(B1, B2)、上級(C1, C2)

期間

夏ゼミ   4月 ~  7月
冬ゼミ  10月~2月

授業時間

週18時間

クラス定員

20人

申し込み期限

夏ゼミへの出願 12月末日まで
冬ゼミへの出願  6月末日まで

コース費用

980ユーロ(約40週、2ゼミの料金です。)+
288ユーロ(ゼミあたりの大学登録料。定期券を含みます。)

入学資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

こちらのコースは、コースだけの提供になりますので、ご自信でお部屋を探していただく必要がございます。

出願結果

夏ゼミは1月末~2月、冬ゼミは7月末~8月にかけて返事がメールで届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

ご送金後のコース料金の返金はありません。

最初のDSHテストは無料。2回目は110ユーロ。

コースを主催するのはボン大学から依頼を受けたProIntegration e.V.という機関です。

出願書類の返却はありません。

大学出願関連 質問集

皆さん、初めてボン大学へ出願されるので、同じ疑問を抱えておられます。

こちらで頻繁に寄せられる質問集があります。お問い合わせいただく前にご覧いただければ、ほとんどの疑問は解決すると思います。

質問集

出願案内 & 出願代行サポート

大学への出願、学業に関して不明な点は、ボン大学に直接問い合わせる必要があります。

しかしながら英語で問い合わせをしても、通常、返事さえ来ません。返事が来ても、

「ホームページを読んでくれ。」

とだけ書かれています。ドイツの官庁は一筋縄ではいきません。

そこで当社では出願案内 & 出願代行サポートを提供しております。こちらは有償のサポートになりますが、出願に関して不明な点などは、経験豊富な当社までお問い合わせいただければ、当社にて調査 & 回答させていただきます。

これまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。

出願サポートの詳細はこちらをご欄ください。

ドイツの大学に正規留学 - 大学出願サポート