日本語では コルマール という呼び方が、一番広まっているようです。

独語ではコルマー、フランスの地元民はコルメーアと、国により呼び方が異なるこの街は、アルザス(エルザス)地方にある人口7万人の町。

アルザスではシュトラースブルク とミュールハオゼンに次ぐ、第三の規模の都市です。

観光局によると

「アルザス ワイン街道の首都」

と呼ばれています。

通常は過大広告だったりしますが、本当に綺麗です。フライブルク に留学して

「なんて美しい街!」

と思われた方、是非、コルマールに行ってみよう!

フライブルクよりもはるかに綺麗です。

コルマール の街

まずは街の紹介から始めます。

コルマールは、

「フライブルクから西北に40km」

の平野部に築かれた街です。

かっては城壁が街を取り囲み、イル河の支流である Lauch 川から引かれた運河がコルマールをぐるりと囲んでいました。

今では運河は埋められて、城壁の大半は撤去されてしまい、南部の運河沿いに一部残っているのみ。

でも建物だけは別。コルマール旧市街地の建造物は、街が栄えていた13~16世紀に当時のマイスターが技術の粋をこらして作った芸術作品です。

これらの建造物はまだドイツ領だった時代に、建造されたものです。言うなれば戦争前のドイツの街並みが、残っている貴重な街。

ドイツ国内でコルマールに匹敵するのは、ユネスコから世界遺産都市に指定されているバンベルクレーゲンスブルクのみ。

戦後もフランス人は、

「新しい鉄筋コンクリートがいい。」

なんて言わず、古い家屋を大事に保存してきましたお陰で、ドイツの古い町並みがアルザスに残ることになりました。

行き方

コルマールへの行き方ですが、フライブルクに留学している方なら、比較的簡単です。

車で1時間ほどでいけます。電車で行くとなるとちょっと面倒です。

というのも先の戦争でフライブルクーコルマール間の線路が壊され、今日になっても復興されていません。

そこで電車で行く場合は、まずはフライブルクから国境町のブライザッハ / Breisach まで出ます。

ここからバスが出ており、50分ほどでコルマールに到着しますが、全部で2時間以上かかります。

参照  : suedbadenbus.de

このため、車で行くのが一番便利です。

最寄り空港

コルマールの最寄空港はバーゼル空港です。

日本から行く場合は、バーゼル空港で車をレンタルして向うか、あるいはバスで。

参照 : Flexibus

バスは遅延も多いので、旅行計画は時間の余裕をもって立てましょう。

コルマール 観光 アルザスワイン街道の宝石

コルマール 夜景

コルマールの主要な観光名所は、

  • 北西部 ウンター デン リンデン修道院周辺
  • ミュンスターに象徴される中心部
  • 南部 皮なめし商地区 & 運河沿いの小さなベニス

の三つの区分に分けることができます。

日差しの関係で、南部は太陽が高く上ったお昼以降が撮影に最適です。

そこで観光のクライマックスである運河沿いが最後に来るように、コルマール北部から始めます。

ウンターリンデン修道院 / das Kloster Unterlinden

コルマールの北西部に石作りの建造物があります。

13世紀に建造されたドミニク派のウンターリンデン修道院 / das Kloster Unterlinden です。

ドミニク派の修道院としては、最古の修道院のひとつに数えられます。

現在は博物館としても利用されています。

コルマール ウンターリンデン修道院

Musée d’Unterlinden

コルマールは博物館や美術館が多いことでも有名です。

とりわけ有名なのが、ウンターリンデン博物館 / Musée d’Unterlinden。ウンターリンデン修道院の別館に入っています。

中世の時代からルネッサンス時期までの宗教関連の作品が数多く陳列されています。

人口7万人の街の博物館にしては立派すぎます!関心のある方はどうぞ。

ちなみにこの日は改修中でしたので、閉館中。

参照 : ウンターリンデン博物館

会館時間 : 9時~18時(夏季は20時)入場料 : 13ユーロ

コルマール 市営劇場 / Théâtre municipal de Colmar

コルマール 市営劇場

ウンターリンデン博物館の横に、19世紀にイタリア様式で建造されたコルマール市営劇場 / Théâtre municipal de Colmar があります。

2000年に修復されて、今の立派な姿になりました。

博物館の横の道路を少し下ったその先には、またしても巨大な教会が見えてます。

人口7万人の町に、こんな立派な教会が何軒も必要なんだろうか。

首の家 / La Maison des Têtes

博物館の辺りに建っているのが首の家 / La Maison des Têtes 。

コルマールの裕福な商人が、教会建設で有名な建築家に設計させたもの。建造されたのは17世紀初頭。

なんでも106個もの首が装飾として施されているので、この名前が付いたそうです。

確かにアップしてみると、随所に首が見えます、、。

現在は高級ホテル & レストランとして営業中。

参照 : ホテル La Maison des Têtes

首の家 / La Maison des Têtes

ハンジーの村 / Das Hansi Dorf

首の家の少し先に、「ハンジーの村」という名前の博物館 / Das Hansi Dorf があります。

アルザス出身の芸術家、”Jean-Jacques Waltz”、通称、ハンジー/”Hansi”の作品が展示されています。

地上階(日本で言う一階)は店舗になっており、アルザスのお土産も販売されているので、コルマールお土産をお探しの方は、覗いてください。

参照 : ウンターリンデン博物館

入場料 : 大人5ユーロ、子供3ユーロ

ハンジーの村

ここから先は、ミュンスターに象徴されるコルマール中心部の観光名所です。

ドミニク教会 / Dominikanerkirche

ドミニク教会

ハンジーの家から直線距離で70mしか離れていない場所に、巨大なドミニク教会 / Dominikanerkirche があります。

立派なコルマールの大聖堂が100mほど離れた場所にあるのに、また教会?と思ったら、かっての修道院でした。

名前からわかる(?)通り、かってのドミニク派の修道院です。13世紀に工事が始まって、14世紀に完成。

この教会には有名な14世紀の彫り物

「薔薇の垣根のマドンナ」

が飾られています。

「折角だから見ていこう!」

と思ったら、入場料が要るのでUターンしてしまいました。おそらく有名な彫刻の見物料だと思われます。

参照 : ドミニク教会

入場料 : 大人 2ユーロ、子供 1ユーロ

マルチン大聖堂 / Martinsmünster

ドミニク教会のすぐ裏にコルマールの象徴 マルチン大聖堂 / Martinsmünster があります。

名前からもわかる通り、聖人のマルチンを祭っています。

13世紀、この場所に建っていた教会をにバーゼルの大司教が主要教会に格上げ。

お金持ちのコルマールは、

「もっと立派な教会に作り直そう!」

と、取り壊し & 新築が始まります。

完成するまでに130年もかかる大事業でしたが、14世紀の中ほどに完成。ゴシック様式の見事な建造物。

一度、火事に遭いましたが、焼けたのは塔の部分だけで済んだのが幸い。

塔は当時(16世紀)に流行りの、ルネッサンス様式で再建されました。

大聖堂と言うだけあって大き過ぎてレンズに収まらず、

「ああでもない、こうでもない。」

といい角度を探してミュンスターを一周。夜も綺麗なので、夜間撮影もお忘れなく。

マルチン大聖堂

旧交番 / ehemalige Polizeiwache

マルチン大聖堂の向いにある建物、石作りで見るからに古い!

16世紀に建造されたまるでお屋敷のような建物は、一時はコルマールの市役所として使われていたこともあるほど立派な作り。

その後は市場や裁判所としても利用されました。

見事な石堀の彫刻が施されたバルコニーから判決が読み上げられたと、コルマールの歴史に記述されています。

その後は軍隊の司令部になり、最後は警察の派出所として利用されたので、旧交番 / ehemalige Polizeiwache と呼ばれています。

旧交番

アドルフ家 / Adolphshaus

交番のお隣は、アドルフ家 / Adolphshausと呼ばれる14世紀の建造。

その特徴は、16世紀に改築された際に付け加えられた、まるで教会ような窓。

家の持ち主が信心深い人だったようです。

名前の由来は、19世紀にこの家に住んでいのがアドルフ一家だったので、この名前になりました。

アドルフ家

コルマール フィスター家 / Maison Pfister

アドルフの家の裏にあるのが、コルマールの絵葉書のモチーフになってるフィスター家 / Maison Pfisterです。

建造されのは16世紀。その後、所有者が(頻繁に)変わります。

その度にいろんな装飾が施されて、今の姿になりました。

19世紀末にかっての帽子職人で、銀の売買でお金持ちになったフィスター /”Pfister”という商人がこの家を購入。

これが理由でフィスターの家と呼ばれています。

ここはいつも観光客が記念写真を撮っているコルマール観光(撮影)の難所のひとつ。

今回は真夜中にホテルを抜け出して、夜間撮影で挑戦してみました!

コルマール フィスター家

芸術家 ショーンガウアーの家/ Maison Schongauer

芸術家、ショーンガウアーがコルマールで住んでいた家が Masison Schongauer です。

15世紀のことなので、何年住んでいたのか、あまり詳しいことはわかっていません。

この芸術家の父はアウグスブルクの金細工師だったとか。

実はショーンガウアーが住んでいた家、

「これでもか!」

と装飾された家屋の間の細い道を歩いていくと、左手にあります。

こちらの写真のほうが綺麗なので、こちらを使いました。悪しからず。

もっとも家の壁に石造りの記念碑が埋め込まれているだけなので、事前知識がないと見過ごします。私は見事に見過ごしました~。

芸術家 ショーンガウアーの家

コルマール コイフース / Koïfhus

コルマール旧市街で有名な観光名所ひとつが、コイフース / “Koïfhus”と呼ばれるかっての関税局です。

なんと15世紀の建造物です。当初はゴシック様式で建設されましたが、ルネサンスの時代には改装されて、今の姿になりました。

中世の建設物らしく、高い屋根が象徴的です。また屋根の瓦の模様が綺麗!

地上階はコルマールに運び込まれた物品を、税金を払うまで保管しておく場所でした。

1階(日本で言う二階)では、町議会が開かれてました。

コルマール コイフース

シュヴェンデイ井戸 / Schwendi Brunnen

コイフースの前にちょっとした広場があり、ここにシュヴェンデイ井戸 / Schwendi Brunnen があります。

井戸の真ん中の銅像は、神聖ローマ帝国に軍人として仕えたシュヴェンデイです。

ハンガリーまで

「イケイケどんどん」

で快進撃を続けてきたトルコ軍を撃退して、ハンガリーの大部分をトルコの支配から解放した功績者。

シュヴェンデイ井戸

シュヴェンデイが、ハンガリーからトカイ ワインの苗木を持ち帰ったのが、アルザス地方がワインの名産地になった起源とされています。

このため銅像は、ワインの苗木を高々と掲げています。

コルマール の台所

このシュヴェンデイ井戸の周辺は、コルマールでもとりわけ綺麗な家屋が立ち並ぶ場所。

同時に街の台所でもあります。レストラン、カフェ、パン屋、ビストロが集中しており、観光客から地元民まで食事に集まっています。

コルマール 旧市街

アルザス名物 フラメンクーヘン

一番賑わってるレストランに入りエルザスの郷土料理、フラメンクーヘン /”Flammkuchen”を注文しました。

期待していなかったせいか、おいしかったです。

「水もください。」

と注文すると、ドイツでは2~3ユーロもする水がアルザスでは無料!

それも1リットル以上入った水瓶が運ばれてきました。お会計は9.80ユーロなり。

アルザス名物 フラメンクーヘン

花で飾らた運河沿い

夏にコルマールに行くと、町の運河に沿って、

「これでもか!」

といわんばかりに、花が飾られています。

そしてこの花、翌年行くと別の花になっているんです!

昼は勿論ですが、夜歩いても運河がライトアップされていて、とても綺麗です。

そして見事な骸骨屋敷が立ち並び、何度訪問しても飽きることがないです。

花で飾らた運河沿い

皮なめし職人地区 / Gerberviertel

この水路の先にあるのがコルマールの美観地区、皮なめし職人地区 / Gerberviertelです。

見事な木枠の骸骨屋敷が並んでいます。

洗った皮を干すためのスペース(屋根裏部屋)が必要だったので、この地区の家屋は他の場所よりも、背の高い建物が多くなっています。

皮なめし職人地区

今でこそこの地区はコルマールを代表する美観地区ですが、当時は腐った肉の匂いが充満した、人気のないエリアでした。

だから街の端っこにあるんです。

ところが今や、コルマールでも観光客が一番多い通り。お土産屋、レストランが連なり、一人でも多くの観光客を呼び込もうと、装飾がものすごいです。

その向かいに立ち並ぶ真っ白の漆喰の巨大な建物群はお見事。

木枠と漆喰だけで作った6~7階建て!それも16~17世紀の建造です。

お見事!としか言葉が出てきません。

皮なめし商の大きな白い家屋の並び

コルマール 市場 / Marché couvert de Colmar

皮なめし職人地区の終わりに、観光客が素通りするコンクリートの建造物が見えてきます。

見るからに新しい建物なので、私も最初は素通りしましたが、実はここはコルマール市場 / Marché couvert de Colmar です。

コルマール 市場 外観

中には20件ほどの個人経営の店舗が入っており、おいしそうなものが並んでいます。

「朝食を食べずに来ればよかった!」

と思うも、後悔先に立たず。次回は朝食なしでホテルを予約しよう!

腹は空いていなくても、無料トイレもあるので、コルマール観光中に近くに来たら、足を運んでください。

コルマール 市場 内部

漁師地区 / Fischerviertel

コルマール市場の後を運河が流れています。

漁で取れた魚をすぐに市場で売れる利便さから、ここに市場があったんです。

ここは漁師地区 / Fischerviertel で、かっての漁師の家が密集しています。

これがコルマールきっての観光名所なんです。でも実はこれは復興版。

18世紀初頭、その内の一軒から出火。あっと言う間に火の手が広まり、40もの家屋が焼け落ちました。

漁師地区

漁師地区の家屋が、今の姿に復興されたのは70年代になってから。

大金を使って復興しただけのことはあり、今ではコルマール観光の目玉。

昼は観光客で埋め尽くされて(ここも中国人が独占)、写真を撮る場所の奪い合いです。

でも夜は観光客もおらず、独り占めにできます。

小ベニス / Petite Venise

漁師地区から西に200mほど続く運河沿いが、コルマールの有名な観光名所、”petite Venise” / 小ベニス です。

私が行ったときはその一番の観光名所の橋が工事中。唯一のアングルが使えず超~ショックでした。

翌年再訪。工事が終わって綺麗でしたが、今度はお天気が優れず、少々消化不足。

ベニスを真似てコルマールでも、小さなボートで街を見て回ることができます。

多くの人が待っているわけではなく、すぐに乗れます。30分ほどで1周できます。費用は7ユーロ。

小ベニス

ロッセルマン噴水 / Roesselmann Brunnen

名残り惜しいですが、ここで観光名所はほぼ終わり。と思ったら、この先に噴水がありました。

13世紀、コルマールをシュトラースブルクの司教からの攻撃から守った町の英雄、”Vogt Jean Roesselmann”の銅像が立つ噴水です。

ロッセルマン噴水

この他にも名所がたくさんあり、写真もたくさん余っていますが、この程度で辞めておきます。

ここで紹介できていない観光名所は、実際にコルマールを訪問した際のお楽しみ!

何処に泊まる?

私がコルマールで泊まったのは、メルキュールホテル。

客室はリノベーションされてましたが、古かったです。

窓は二重ガラスになっておらず、騒音が気になって寝れない!

翌年行くと、工事中。そろそろ工事も終わるころ、、。

改装中のホテル

コルマールにはもうひとつ、ウンターリンデン博物館の近くにメルキュールホテルがあります。

こちらはさらに大きな通りの前にあるので、騒音が心配。

観光名所に近いホテルを探すとLe Marechal

このトップページの写真に写ってる建物です。でも運河が見える部屋は、高い部屋だけ。

近郊にも観光名所が目白押し

人口から言えばコルマールはフライブルクの1/3。

でも観光名所は比べ物にならないほど多く、エルザスのお宝です。

もっともコルマールを見たら、車でわずか15~20の距離にあるリクヴィールリボヴィレエギスハイム、それにカイザースベルクも見ておきたい。

フランスで一番綺麗な村と表彰されたこともあるほどで、16世紀のまま村が保存されています。

さらには70Km離れている場所にはアルザスの首都で世界遺産都市のシュトラースブルクがあります。

日本では「エルザス伝説」が存在しており、「エルザスではドイツ語も通じる。」と語られています。通じませんです。

例外はコルマール。

「何処でもドイツ語が通じる!」

わけではないですが、ホテルやレストランには、ドイツ語ができる人がいることが多いです(保証なし)。

コルマール の歴史 – 手工業で栄えた職人の街

最後にコルマールの歴史も手短に紹介しておきます。

8世紀の書簡にラテン語で、”Columbarium”と記述されているのが、最古の記録です。

13世紀の初頭になるとコルマールを防御するために、町の周囲に巡って城壁が建設されます。

城壁の完成後、神聖ローマ帝国の “Freie Reichsstadt”(自由帝国都市)に昇格

当時の自由帝国都市の象徴である双頭の鷲は、”Koïfhus”と呼ばれる、かっての関税局の入り口に残っています。

コルマール 双頭の鷲の紋章

その後、コルマールで手工業が栄えて次第に豊かになっていきます。

お陰で市内には立派なカテドラルや教会、修道院が数多く建てられ、お金持ちになった商人は見事な屋敷を建造、今のコルマールの姿になっていきます。

中世から近代へ

30年戦争ではプロテスタント派のスウエーデンがコルマールまで軍を進めて篭城、陥落させます。

戦争の末期にはフランスの王が街を占領、その後の講和条約でフランス領になります。

その後、ここにアルザス地方議会が置かれて政治的な意味が増します。

19世紀には綿工業が栄えて、コルマールは一気にお金持ちなります。

1871年、プロイセンがナポレオン三世を破ってパリでドイツ第二帝国の樹立を宣言。

このときの講和条約で、アルザスとロートリンゲンはドイツに割譲されることになります。

第一次大戦でドイツが敗北すると、アルザスとロートリンゲンは再びフランス領となります。

第二次大戦中、フランスは早々に降伏したので1940~45年までまたドイツ領に。

しかし1945年の終戦でコルマールはこれを最後にフランス領になり、今日に至っています。

« 2 »