関税 / Zoll

当社に寄せられるお問い合わせのトップ5の人気ひとつが、「ドイツに入国する際に、ノートパソコンを申告する必要がありますか。」というもの。その答えは、JaとNeinです。簡単な答えが出ない理由は、規則がドイツ(あるいはEU内)に居住している人と、そうでない人に分かれているからです。この区別をしないで、「ドイツに入国する場合は、」とやってしまうと、間違いは避けられません。

確実を期すには関税局のホームページを読みましょう。ここに英語とドイツ語でびっしり書かれています。その手間を惜しんで人に聞いたり、日本語で検索すると、誤った情報をいただきます。誤った情報を信用して渡独、通関で摘発されて、「ネットに大丈夫と書かれていた!」、「誰も教えてくれなかった。」と責任転嫁を試みても駄目です。そんな目に遭わないように、ここではドイツの関税の基本的な規則を紹介しておきます。

旅行者の通関

旅行者の場合、持参している携帯電話、ノートパソコン、タブレットを申告する必要はありません。個人で使用するものには、関税はかかりません。だからと言って新品の携帯電話を5台も持ち込んで、「個人で使用します。」という理屈は使えませんです。

常備薬は旅行中に使用する量に限り、持込が可能です。鞄を一杯にして薬を持参、「旅行中の常備薬です。」と言う理屈は通りません。

ドイツに住むお友達に頼まれて新品を持ち込む場合は、ご注意ください。新品はドイツで販売する可能性があるので、関税がかかります。新品でも430ユーロ未満であれば、申告なくして持ち込めます。この430ユーロは単品の額ではなく総額です。仮に450ユーロの品を持ち込んだ場合、関税がかかるのはオーバーした20ユーロ分ではなく、総額の450ユーロ分です。

旅行者でも申告が必要なもの

見本と商品

メッセなどに見本として提示するため、あるいはドイツ国内で販売する目的で品物を持ち込む場合は申告が必要です。例えば5台もの携帯電話やタブレットを持ち込んで、「これは個人で使用するものです。」という理屈は通じません。5台も携帯やパソコンが旅行に必要な人はいないからです。見本として持ち込む場合は、販売不可能な措置をしておく必要があります。これをしておらず、販売可能な品を鞄に入れたまま緑/青の出口に向かうと、密輸入になります。鞄をチェックされてこれが発覚すると、関税と同額の罰金が課されます。

タバコ

ミュンヘン空港では旅行者の鞄をレントゲン撮影して、鞄にタバコや貴重品が隠されていないかチェックしています。貴重品を見つけると、関税局の職員が旅人のふりをして旅行者を観察、鞄を取り上げて緑の通関から出ようとすると、「ちょっと待った!」と後ろから声がかかります。

タバコは一人1カートンまでは許されています。免税店で、「2カートンまで大丈夫ですよ。」と言われる場合もありますが、間違いです。「免税店で大丈夫だと言われた。」といういい訳は通じません。空港内の各所に大きな看板があり、「タバコは一人1カートンまで。」と明記されているからです。「英語は読めない。」といい訳は通じません。「子供が二人いるから、3カートンまで大丈夫。」という勘定も不可です。成人一人につき1カートンです。

アルコール

アルコールを含んだ飲み物は2リットルまで無関税です。ヴォトカのようなアルコール度の高いお酒は、1リットルまで。逆にビールなどのアルコール度が低い飲み物は、なんと16リットルまで無関税。わざわざ日本から1ダースものビールを持ち込む人は居ないと思いますが、念のため。

現金

処罰が一番厳しいのが、現金の持ち込み、持ち出しです。ドイツには現金、あるいは有価証券を含めて1万ユーロ未満であれば、申請なしで持ち込めます。ドイツへの留学資金を現金で1万ユーロ(相当)持参される方は少ないと思いますが、その場合は申告が必要です。そこで赤色の出口に向かい真面目に申告すると、「何をして儲けた金だ。」、「どこから引き落とした。」、「引き下ろした証明を出せ。」と質問攻めです。どこから手に入れたお金なのか証明できない場合は、大きな問題になります。トラブルを回避するため、最初から高額な現金は持参されないほうがいいです。

「持ち込むのは面倒だから、送金しよう。」という場合もご注意ください。1万ユーロを超える額が入金されると、税務署からお手紙が届きます。そこには、「何をして儲けた金だ。」、「金の出所を証明せよ。」と書かれています。送金額は1万ユーロ相当未満にしておくのが得策です。

脱税、マネーロンダリングの取り締まりで、空港の出発ゲート内でも関税局の職員が抜き討ち検査をしています。関税局のターゲットは中国人とベトナム人。ドイツで稼いだお金を現金で本国に密輸出する人が多いので、ベトナム航空でベトナムに旅行すると検査に遇うこともあります。現金の持ち出しも、1万ユーロを超えると申告が必要です。

ドイツ(EU)居住者の関税 & 通関

この場合は中古のパソコン、会社支給のパソコンでも、関税の対象になります。例外はドイツ、あるいは欧州内で購入したパソコン。欧州内で購入したものでもこれが証明できないと、「関税を払え。」と言われることもあります。欧州内でカメラやパソコン、あるいは装飾品を購入、これを旅行や出張に持参、またドイツに入国する場合、購入時の請求書を持参することをお勧めします。

EU外の外国で購入した貴重品をドイツに持ち込む場合は関税がかかりますが、例外もあります。それはドイツに引越しする場合。すでに1年以上使用している中古品であれば、高価なバイオリンからスポーツカーまで、ドイツに関税無料で持ち込めます。しかしドイツに20年も住んでいるのに、「これは引越し家財だ。」という言い訳は使えません。引越しから6ヶ月までがチャンスです。

持ち込み禁止品

ドイツに持込が禁止されている品は、日本に持込が禁止されている品とほど同じです。すなわち麻薬から始まって、植物、そして特定の食品です。一例を挙げると牛肉、豚肉、ニワトリなどの肉や卵、ハム、ソーセージ、ベーコン、ビーフジャーキーなど肉製品、卵製品です。マヨネーズは駄目。しかし魚は可。勿論、生ではなく料理、あるいは燻製にして真空パックしているもの。

日本では大目に見られる品でも、ドイツでは犯罪扱いになる品もあります。例えば貝殻やサンゴ。モルジブの海岸で歩いて拾った珊瑚や貝殻が見つかると、書類を送検されることもあるので、貝殻は砂浜に残して帰国してください。それから鰐や蛇などの皮製品。タイやベトナムの路上では平気に売られていますが、これが見つかると罰金を課されて、品は没収。没収で済まないのが象牙。キーホルダーのような小さなものでも書類送検されます。日本では平気に売られているマムシ酒なども、厳禁です。

タイや中国で薬を買うと、パッケージに虎の絵が描かれています。虎は保護されている動物なので、そんな絵があるだけで関税職員の注意を引きます。虎の皮なんぞ持ち帰ったら、もう目もあてられない処罰が下ります。

ドイツ居住者が、外国に品物を注文する場合

ドイツに滞在されている方から、「日本から持参したパソコンが壊れたので、送ってもらおうと思います。」というご相談も多いです。勿論、日本から送ってもらうのは構いませんが、新品を送ってもらうとドイツの関税がかかります。パソコンの場合、関税率は19%。1000ユーロ相当のパソコンなら、190ユーロを支払うことになります。

正確な関税を計算できるように、パソコンの請求書も一緒に送ってもらうようにしましょう。この請求書がない場合、関税局がパソコンの額を推定することになります。日本では家電製品が安いので、関税局員がドイツでの価格を推定すると、実際の額よりも高くなります。

例外は22ユーロまでの品を個人輸入する場合。このケースでは関税はかかりません。「では日本からパソコンを送ってもらう場合、荷物の価値を22ユーロにすれば関税がかかりませんね。」とお問い合わせをいただきますが、駄目です。パソコンが22ユーロで買えるわけがありません。ちなみに22ユーロは送料込みの値段です。日本からパソコンを送ってもらうと送料だけで22ユーロを超えてしまいますから、アウトです。

密輸で摘発?

このページを訪問される方の9割は、関税で申告しなかった品を指摘されて罰金を課された方、あるいは日本から送ってもらった品が関税局に止められた方です。弊社のサポートをご希望でしたら、こちらの生活サポートにお申し込みください。