ドイツに留学される方なら、「現地で就職できるのかな。」と考えたことがあると思います。折角、留学してドイツ語を習得したなら、ドイツ語を活かせる仕事に就きたいと思います。ただし日本と違って、外国での就職はそう簡単にはいきません。

労働許可証の下りやすい職種

日本では労働者不足で産業が悲鳴を上げていますが、ドイツでは逆。EU内では移動は自由なので、東ヨーロッパから高い賃金と社会保障制度に惹かれ、ドイツにやってくる(単純)労働者が多く、職の奪い合いになっています。

そこでドイツで就労するには、アルバイトであれ、就職であれ、労働許可証が必要です。ところがこれは申請すればおりるというものではありません。ドイツ人の職を奪わない仕事、あるいはドイツで労働者が不足している分野、例えば看護士などであれば、労働許可証が下り易いです。

あるいは日本企業への就職で、「日本人にしかできない。」という条件があること。一番典型的なのは、日系旅行代理店での就職です。ここでは日本語が必修なので、労働許可証が下りやすいです。

その逆に誰でもできる仕事でしたら、労働許可が下りる見込みは低いです。

ドイツ就職事情 – 企業が探している人材は?

ドイツの大学を卒業しているか、日本で募集されてドイツに派遣されるレストランの従業員などの募集を除けば、仕事の経験なくしてドイツで仕事に就くのは困難です。というのもドイツで営業している日本の会社は、即戦力になる人材を探しているからです。即戦力になる人材とは、

  •  専門知識を備えている
  •  仕事の経験があり、社会常識をわきまえている
  •  ドイツ語/英語が仕事で使えるレベルにある

の条件を備えた人を指します。

では、「こうした資格、能力を備えて入ればすぐに仕事が見つかりますか?」とお問い合わせをいただきますが、「すぐ」にはいきません。企業が人材を探すのは、以下の場合です。

  •  事業拡大に伴い、人材の補充が必要になる。
  •  人材に欠員が出て、人材の補充が必要になる。

仕事を探す側には、そのような会社の事情がわからないので、仕事が見つかるかどうかは「運頼り」になるのが実情です。でも、もし人材の募集が出る前にこれがわかったら?他の人が応募してくる前に、面談を受けることができたら?それにはあらかじめ仕事を探していることを、企業側に知らせる必要があります。

でも、どうすればこれが企業に伝わるのか?ここで役に立つのが人材会社です。人材を補充する必要が生じても、会社の名前を出したくないケースも多く、大きな会社は人材会社にコンタクトを取ります。

人材会社は企業側と綿密にメイーテング、企業側の意向を汲み取ってから(会社名を出さずに)募集を行いますが、ここにあらかじめ登録していれば、募集が出る前に就職先の紹介、派遣を受けることが可能になります。

ドイツの花屋で働く和解女性

ドイツ就職サポート

あなたのドイツでの就職をサポート | ドイツ留学専門店 Pfadfinder24弊社はデユッセルドルフにある大手の人材会社PSEと協定を結んでおります。同社はデユッセルドルフに本社を置き、ドイツ全土で企業に日本人を紹介もしくは派遣する人材会社で、ドイツで就職するのには最適のパートナーです。登録をご希望の方は、弊社まで日本語とドイツ語/あるいは英語の履歴書をお送りください。

人材会社ではこの履歴書を見て、日本企業に紹介できる資質を備えているか判断します。ですから相手の知りたいことが、手に取るようにわかる履歴書を書くことが重要です。では、相手の知りたいこととは何なのか?それはこれまでの職歴です。どの分野で仕事をして、どのプログラムを使用できるのか、これまでの具体的な仕事内容、技能を詳しく書いてください。

履歴書をお送りいただくと、念のため、弊社で記載内容を弊社でチェックしてから、履歴書をPSEに送ります。その後、同社の就職希望者としてリストアップされます。同社に企業からの人材募集のコンタクトがあれば、直接コンタクトが届きますので、それまで安心してドイツ留学に専念できます。弊社のお客様にはこの登録手続きは無料です。

ドイツ語の履歴書作成サポート

ご自身で就職を探される場合でも、ドイツで仕事を探す場合は、ドイツ語の履歴書が必要になります。「履歴書は日本語と英語で良し。」と書かれていれば、敢えて出す必要はありませんが、ドイツ語の履歴書をおいて、マイナス効果になることはありません。どの会社だってドイツ人が居ますから、ドイツ語の履歴書はセールスポイントになります。

ドイツでは履歴書は二通りあります。最も一般的なものは表式の履歴書”tabellarischer Lebenslauf” と呼ばれるものです。これには意気込みとか書くのではなく、これまでの経歴、学歴をわかりやすく書くことに主眼が置かれます。

もうひとつの履歴書は、”Ausführlicher Lebenslauf”と呼ばれるもので、これまでの経歴から仕事に応募することになったきっかけを、作文形式で書きます。こちらの形だと人事部の担当者が読むのが大変なので、要求されることは少ないです。大事なのは、どちらの履歴書が要求されているか判断して、中身を混同しないで書くことです。

当社では表式の履歴書に限り、作成サポートを提供しています。会員の方の場合は80ユーロ、一般の方の場合は120ユーロの手数料をいただきます。

参照 : 生活サポート