今回紹介するのは ブラウンシュヴァイク工科大学 です。

「知らない。」

「聞いたことがない。」

という方が大半だと思います。

ドイツには502もの専門大学(工科大学を含む)& 117もの総合大学があります。

とても全部紹介するわけにはいきません。

その中からよりによって、誰も興味を持たない大学を紹介?

いえいえ。

ブラウンシュヴァイク工科大学には、他の大学にはない得点があります。

ブラウンシュヴァイク工科大学

ブラウンシュヴァイク工科大学の正式名称は、”Technische Universität Carolo-Wilhelmina zu Braunschweig”。

そう、今の大学の起源になった学校を創設した領主の名前を冠している。

工科大学と言えば、アーヘン工科大学、それにミュンヘン工科が有名だが、この工科大学はドイツで最古の歴史を誇る工科大学だ。

大学には企業が卒業者の取り合いをしている”Informatik”(情報学部)がある。

この学部はソフトウエア課、車のプログラム課、医学情報課、ロボット情報課など、卒業すれば就職には一生困ることはない専門家を養成している。

かと思いきや、社会学部、建築学部、建築技術学部、生物学部など、総合大学と同じ幅広い専攻を提供している。

ブラウンシュヴァイク工科大学の歴史

ブラウンシュヴァイク工科大学の前身は、1745年にブラウンシュバイク公爵が設立(させた)コレギウム カロリヌム /”Collegium Carolinum”です。

領内の良家の子供たちに科学やギリシャ & ローマ文化を伝えて啓蒙する事を目的としていました。

しかし理想にはほど遠く、古典的な学術内容だったため、学生の数は増えませんでした。

学費を下げて、一般市民にも門戸を開放するも効果なし。

頭を悩ました大学執行部は内部の反対を押し切って改革を行い、製造機械学部、化学部、薬剤学部、森林学部、農学部(後に廃止)を新設します。

総合技術系学校 / Polytechnische Schule

その費用を聞かされた公爵は腰ぬかし、

「大学は廃止じゃ!」

と言いますが、州政府は公爵の要求を却下。

こうして総合技術系学校 / Polytechinische Schule が誕生します。

これが功を奏して、これまでは学生の数は138人(これまでの最高)だったのに、450人もの学生がやってくる人気大学に生まれ変わります。

名前を変更

19世紀、ドイツが統一されるとブラウンシュバイク公爵ではなく、国が教育のイニシャテイブを取ります。

新ドイツ国家は技術革新がドイツの将来を左右するとして、技術系の大学を推奨します。

その見本となったのがミュンヘン総合技術系学校で、ミュンヘン工科大学と名前を変えます。

これを見本にブラウンシュバイク総合技術系学校は1878年、ブラウンシュバイク工科大学となります。

街の紹介

ブラウンシュヴァイク工科大学 DSH 準備コース

ドイツの左上に、ニーダーザクセンという大きな州があります。

 

日本では全く無名だが、州の面積ではバイエルン州に次いで2番目に大きな州だ。

ここに住むのはドイツ四大民族のひとつ、本家ザクセン人だ。

東ドイツにもザクセン自由国というのがあるが、ザクセンの本家はこちら。

首都はハノーファー。

そのニーダーザクセン州の第二の大都市が、ブラウンシュヴァイクです。

州都ハノーファーの東に位置しており、人口は25万人。

ハインリヒ獅子王の時代に交易の町として大きく発展、あのハンザ都市のメンバーでもあった。

第二次大戦までは独立したひとつの州(ナチスの時代にはガウ)だったが、戦後、ニーダーザクセン州に吸収されてしまう。

ブラウンシュヴァイクはさまざまな研究機関があることで有名で、州の予算の9.5%がここで基礎研究に投入されている。

ノーベル賞した本庶氏が日本における基礎研究の衰退を嘆いたが、この街には同氏も羨む様な環境にあり、その旗手を務めるのがブラウンシュヴァイク工科大学だ。

ドイツの標準語発祥の地

ブラウンシヴァイクと言えば、日本の大学でドイツの標準語として教えられる高地ドイツ語 /”Hochdeutsch”の発祥地。

厳密に言うと事実ではないのですが、大方の人は聞き取りドイツを話します。

ドイツ語の達人になる - 日本語を直訳しては駄目!

正規留学

ブラウンシュヴァイク工科大学には2万人の学生が在籍しています。

71の専攻があり、工科大学として中規模の大学です。

 

ブラウンシュヴァイク工科大学はエリート集団、”TU9″の構成員でもあります。

今回は数ある専攻の中からちょうど先日、お問い合わせをいただいた建築学科について紹介したいと思います。

建築学科 / Archtektur

建築学校をクリックすると、一番大事な点はここに書かれています。

ブラウンシュヴァイク工科大学 建築学科

すなわちバチラー課程を終えるまで6ゼミ。

講義はドイツ語。

出願は冬ゼミのみ可能で、出願(入学)制限がかかっています。

では出願方法はどうなっているのでしょう?

出願方法

出願方法はページ中の

“Zugangsvoraussetzungen und Bewerbung”

というメニューに書かれていますので、クリックしてください。

すると、

“zur Bewerbung”

というボタンがあります。

ここをクリックすると、すぐにオンライン出願画面になります。

出願書類の準備ができるている方は、すぐにここから出願できます。

そうでない方は書類の画面中、右側の

“Bewerbung -ABC”

にてどんな出願書類が必要なのか、詳しく見ることができます。

審査料金 / Bewerungsgebühr

するとそこにBewertungsgebühr という見慣れない言葉が。

そのまま訳すと審査料金です。

すなわち大学入学を本当に満たしているか、その審査をする料金がかかるようです。

審査が必要なのは外国人だけなので、審査料金を払うのも外国人だけ。

その料金は70ユーロです。

ブラウンシュヴァイク工科大学 DSH 準備コース

通常、工科大学、芸術大学、音楽大学などでは、DSH 準備コースを提供していません。

大学の規模が小さいので、そのようなコースを儲けると、大学の予算を圧迫するからです。

これが理由でドイツ語コースを設けているのは、学生の数が多く、予算も豊富な総合大学です。

ブラウンシュヴァイク工科は工科大学ながら、ドイツ語コースを設けている珍しいケースです。

しかし最たる特徴は、初級A1レベルのコースを設けている事。

通常なら語学学校に8か月に通って、最低でも B1 レベル に達しないと出願できませんが、この大学ではその必要がありません!

コースの詳細

ブラウンシュヴァイク工科のDSH 準備コースには、マイナス面もあります。

ますはその費用。

7週間のコース費用が875ユーロ。

(安い)語学学校に通うのと大差なし。

他の大学同様に宿泊施設の手配・紹介をしてくれないので、

「大学のドイツ語コースはないと嫌!」

という方か、すでにブラウンシュヴァイクに住んでいる方向きです。

又、ブラウンシヴァイク工科大学のDSH 準備コースは、初級、中級レベルでは、

「ドイツ語コース」

という名前です。

B2 レベルを無事終了すると、コースの名前は

「DSH 準備コース」

になり、DSH 試験の対策を行います。

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、DSH準備コース

期間

年間を通して実施中

授業時間

週25時間

クラス定員

15~20人

申し込み期限

コースに空きがあれば、いつでも可

コース費用

ドイツ語コース         875ユーロ(教材費込み、175授業単位/7週)
DSH準備コース     550ユーロ(試験料込み、80授業時間/4週)

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

こちらのコースは、コースだけの提供になりますので、ご自信でお部屋を探していただく必要がございます。

出願結果

入学条件を満たしている方は、願書に記入して返信、コース費用を送金すれば入学できます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

B2レベルのコースを無事終了すると、DSHのテスト準備コースになります。

ビザ取得用のコンファーム(入学許可証)が必要な方は、コース費用に加えて70ユーロの手数料がかかります。

送金後のコースのキャンセルはできません。

大学出願サポート

ブラウンシュヴァイク工科大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。

しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、

「ホームページを読んでくれ。」

とだけ書かれています。

そこで当社では出願案内 & 出願代行サポートを提供しております。

こちらは有償のサポートになりますが、出願に関して不明な点などは、経験豊富な当社までお問い合わせいただければ、当社にて回答させていただきます。

これまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。

出願サポートの詳細はこちらをご欄ください。

ドイツの大学に正規留学 - 大学出願サポート

大学出願関連 質問集

皆さん、初めて ブラウンシュヴァイク工科大学へ出願されるので、同じ疑問を抱えておられます。

ほぼ毎日、大学出願に関するお問い合わせいただきますが、その内容はいつも同じもの。

そこで問い合わせの手間を省くため、頻繁に寄せられる質問集を作成しました。

お問い合わせいただく前にご覧いただければ、ほとんどの疑問は解決すると思います。

大学出願 質問集