ドイツにお金を持っていくには、どうするのが一番?

「ドイツにお金を持っていくには、どうするのが一番いいでしょうか。」というお問い合わせは、人気のある質問のひとつです。どの方法が一番いいのか、これはご本人が何を「一番いい。」と考えているかによります。コストを優先するのか、それとも安全性、あるいは利便性。

そこで以下にさまざまな方法の利点と欠点を挙げておきますので、ご自身にとって一番よい方法をお選びください。

安全性で選ぶならトラベラーズチェック

1ケ月程度の短期のドイツ留学の場合は、トラベラーズチェックを日本で購入して持参するのが最も安全です。チェックは通常どの銀行でも換金できるので、安心して日本でチェックを購入してください (Citi Bank専用のチェックは、交換を断わる銀行もあります。)

銀行送金

中期、長期の留学になるとドイツ留学費が100万、200万と高額になってきます。毎回、トラベラーズチェックを利用していると、交換手数料がかさみます。そこで半年以上の滞在になると、ドイツで銀行口座を開設して、滞在費用を海外送金する方法お勧めします。

あるいは日本の郵便局から「海外の住所宛の送金」をしてもらうと、ドイツの銀行口座は必要ありません。住所に小切手が送られてくるので、これを1ケ月以内に近くの郵便局に持って行けば手数料なしで現金化できます。(言うまでもなく、要パスポート。)

参照 : ゆうちょ銀行

こうすれば毎月、日本からの仕送りが無事に送られて来ます。この小切手は、本人のサインとパスがないと換金できないから盗難に合う事がありません。(盗んでも使えません。)

現金持参

一番利便性がいいのは、現金を持参して銀行でユーロに交換する方法です。ただし!銀行で両替すると銀行送金に比べて為替レートがかなり悪いです。とりわけ日本の銀行は。なんであんなにレートが悪い(銀行に有利)なんでしょう。

日本のレストランなどで、椅子にお財布の入った鞄や上着をかけて食事をしている光景をみかけます。ドイツでは有り得ない光景で、これをやると食事が終わる頃にはお財布は消えて、無銭飲食で警察に突き出されてしまいます。

ドイツに来た当初の日本人は、スキだらけ。ズボンのポケットに携帯やお財布を入れるなんて、ドアを開けないで外出するようなもの。その状態で現金を持参するは危険です。大目の現金を持参される場合は、体に密着できるお財布を利用してください。間違っても、ハンドバックに入れませんように。

尚、1万ユーロを超える現金を持参する場合、空港で現金持ち込みを申請する必要があります。申請しないで現金を持ち込み見つかると、お金の出所が証明できるまでお金が没収されてしまいます。お金の出所が証明できても、申告しなかった廉で罰金を課されます。この為、持参される現金は1万ユーロ未満、9999ユーロまでにしておきましょう。

ドイツ両替事情

ドイツの主要空港や中央駅には “Reisebank”(旅行銀行)がはいっています。あるドイツの銀行が為替業務部門を独立させて出来上がった、為替業務専門の銀行です。米国やアジアでよく知られている “Wenstern Union” のパートナーでもあります。

朝早くから夜まで空いているので、ドイツに到着したら、まずはここで両替していきましょう。Reisebank はホームページで換算レートを公開しているので、日本出発前に空港で両替するのと、どちらがレートがいいか比較することができます。

参照 : Reisebank

ドイツの銀行でも両替できますが、最近、「口座を持っているか。」と聞かれることがあります。「持ってないとどうなるの?」と聞くと、「換算レートが異なる。」とのこと。口座を持っていないと、為替レートが不利になります。

観光客の少ない町では、円なんて通過を見たことがないので、両替を断られるケースもあります。ベルリンやミュンヘンなら問題ないですが、地方都市に行く場合は空港か、遅くても中央駅で両替しておきましょう。

クレジットカード

安全性が高いのでクレジットカードでのキャッシングをご利用される方も多いですが、手数料が高いのがネックです。日本のクレジットカードでキャッシングすると、最低でも18%、最高28%もの利子が付きます留学中に10万円キャッシングしたとすると、合計4000円ほどの手数料を払うことになります。留学中に10回下ろせば、4万円です。

手数料でカード会社が儲けているので仕方ありません。海外でキャッシングする方法が、便利で安全ですが、コストもかかります。2~3ヶ月程度の留学なら我慢できる範囲ですが、これ以上長期の留学をされる場合、銀行振込などの方法を考えた方がよいです。

ドイツ銀行事情

ドイツの銀行事情は日本と少し異なります。日本の銀行の多くは私銀行ですが、ドイツには州政府の銀行、組合銀行で市が経営に参加してるシュパールカッセ、それに私銀行があります。個人で口座を開設する場合は、組合銀行か私銀行で口座を取得することになります。日本人に一番有名な銀行はドイツ銀行ですが、この銀行は私銀行です。

「どこで口座を作るのが一番よいでしょうか。」と、ドイツ留学を控えた方からお尋ねいただきます。これは各自の優先順位に拠ります。一番手数料が安い銀行は、ネット銀行です。口座を開設すると、お金までもらえます。しかし支店がないので使い勝手が悪いです。そこで支店の多い銀行にするならSparkasseです。しかし支店が多いと経費がかかるので、口座維持手数料がかかり、安くはありません。

支店はあるが、それでも安い銀行ならドイツの郵便局、ポストバンクです。しかし郵便局はいつ行っても長蛇の列。ちょっと相談するのに、30分も待つのは当たり前。使い勝手が悪いです。そこで使い勝手がいい(列が短い)銀行ならドイツ銀行、コメルツ銀行、タルゴ銀行です。

ドイツの銀行 Volksbank の看板

銀行口座開設

ドイツ留学生活を始めると、遅かれ、早かれ、銀行口座が必要になります。毎月家賃を払う必要がある上、日本からの仕送りを考えると、やはり銀行の口座をドイツで開いておけば、何かと便利です。ネットでのお買い物には、銀行口座は欠かせません。ドイツの生活に慣れてきたら、銀行に行って口座を開設しましょう。

口座開設に必要な書類は以下の通り

学生の場合は学生証も必要になります。(学生証を提示できれば、口座維持料が無料になる為です。)

銀行口座を開設するというドイツ語は、”ein Konto eröffnen”です。日本語の「口座を作る」を直訳、”ein Konto machen”でも通じますが、ドイツでは口座は開くもので、作るものではありません。「口座を開設したい。」と言うと、「パスポートをを見せてください。」と言われます。ドイツの郵便局では、滞在ビザの有効期限が1年以上ないと口座の開設を拒否されます。その他の銀行では、行員次第です。

滞在ビザの問題がクリアすると、「どの口座を開設しますか。」と聞かれることもあります。その場合は、”Girokonto”(ジローコントー)と言ってください。これはお給料や仕送りを受け取るための口座です。このため別名、”Gehaltskonto”(給料口座)とも呼ばれます。利子はほとんど付きません。利子が付く口座は、”Tagesgeldkonto”(ターゲス ゲルド コントー)、”Sparkonto”(シュパール コントー)など。

マイナンバー

ドイツでもマイナンバー制度が導入されています。税務署がお金の流れを監視できるいように、銀行に税金番号を伝えることが義務化されています。これは口座を開設後に銀行に伝える形でもOKです。マイナンバーの申請方法がわからない方は、当社の生活サポートをご利用ください。

参照 : 生活サポート

口座維持手数料

ドイツで銀行口座を開設すると、口座維持料が発生します。例外はオンライン銀行と学生の場合。ドイツで大学に通っている場合は、学生証を提示してください。無償になります。ドイツの郵便局、ポストバンクや私銀行のコメルツ銀行は、「口座維持料が無料!」とありますが、毎月、1200ユーロ以上の仕送りかお給料が入ってくる場合に限ります。仮にお給料が毎月入ってきても、小額の手数料が引かれるので、本当の無料ではありません。

ドイツの銀行では、毎月、口座明細が郵送されてきます。日本のように通帳を持って銀行に行き、記載する形ではありません。この郵送サービスをつけると、手数料が発生します。そこで毎月の口座使用明細はホームページにアクセス、ここからダウンロードする形にしましょう。これなら支店まで行く必要がなく、手数料も節約できます。

銀行口座を使う

ドイツで一番日常的な支払いは手段は現金です。国民性からか、カードやオンラインでの支払いを信用してないドイツ人が多いです。その次にくるのが、”Lastschrift”(口座引き落とし)という支払い方法です。日本ではアマゾンの支払いは

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 代金引換

ですが、ドイツでは

  • クレジットカード
  • 口座引き落とし

の二種類しかありません。それほどドイツで広まっているのが、口座引き落としです。

Lastschrift / 口座引き落とし

こちらの支払いは、品物やサービスを購入する店舗等に、代金を口座引き落としする “Vollmacht”(権利)を与えることから始まります。例えば電気代、インターネット、電話代金は、この口座引き落としで支払う形です。

日本にはない支払い方法なので、「口座引き落とし」と聞くと、「危ない。」と錯覚される方がほとんどです。でも実際には送金よりも全然、安全な支払い方法です。

「勝手にお金が引き落とされたらどうしよう?」と心配されている方、お金を取り戻すのはわずか2クリックです。まずはオンラインで自分の口座にアクセス、認証してない引き落としをクリックします。すると、”zurückgeben”(お金を取り戻す)というメニューがあるので、これをクリックして認証するだけ。

ネットバンキングをしていない人は、銀行に出かけて窓口でこれを依頼します。銀行は90日以内であればお金を取り戻す権利を有しているので、勝手に引き下ろしされたお金は100%戻ってきます。

逆に問題なのは、正当な引き落としでも口座保有者が、「これは見に覚えない。」と言うと、取り戻せてしまうこと。これをやってしまうと、今後、口座引き落としでお買物ができなくなるので要注意。

銀口座から送金

口座引き落としの次によく利用される方法が、銀行送金です。EUの統合により、EU内での送金(振り替え)は国内送金と同様の扱いとなります。

「どういう意味ですか。」

銀行送金(振り替え)は無料です!日本だと国内送金でも2ユーロかかるのに!

ドイツでは送金はコンピューターで自動で行なわれます。手間隙がかからないので、無料です。ところが欠点もあります。例えば口座番号を間違えて記入してしまった場合。コンピューターは口座保有者の名前が受取人と同一か、確認しません。名前が違っていても送金(募金)できてしまいます。

間違って送金(振り替え)してしまうと、お金を取り戻すのが大変です。送金先の口座にお金が残っていればいいですが、引き出された後では、できないこともあります。ですから口座引き落としの方が安全です。

送金にかかる時間

日本で口座振り替えをすると、なんと即日、それもわずか数時間で入金されます。振り替えにお金とるだけのことはあります。ドイツでは日本のような「即効送金」も導入されてはいますが、有料です。

無料で送金すると、「相手の口座に入金されるまで、週末、祭日を除き、48時間までかかってよい。」と法律で定められています。これは国内、国外送金も同じです。

国際銀行口座認証番号

欧州内での銀行事業の均一化により、”IBAN”と”BIC”(国際銀行口座認証番号)が導入されました。送金にはこの番号が必要になります。前者は”DE00 7204 0046 0123 4567 89″のように”DE”から始まる22桁の長い数字の列です。後者は少し短くて、”COBADCCXXX”という形です。

日本を含むアジアにはIBANが存在していません。BICのみ存在しています。以前は”Swift”とも呼ばれていたので、古い銀行の書類をお持ちでしたら、SWIFTと書かれている場合もありますが、同じものです。

日本からドイツに送金する際は、 IBAN に加えて送金する先の銀行の支店名、銀行の住所まで求められます。IBAN を記入すれば送金先の支店名、住所が自動的に表示されるのに、これを記入しないと海外送金を受理してくれません。ドイツではIBANと、口座持ち主の名前だけで送金できます。

問題があるのはドイツから、日本の口座に送金する場合です。日本の銀行はBICだけ、さらに日本の郵便局にはBICもありません。以前、ドイツ銀行に日本の郵便局までの送金を頼みましたが、送金不可能でした。送金不能なのに、手数料だけ取られてしまいました。

その他の支払い方法

ドイツにはコンビにはないので、コンビニからの支払い方法は存在してません。その代わりにオンラインの支払い方法が充実しており、クレジットカードがなくても、生活には困りません。

Paypal

ペイパル、それともペイポール?国により読み方が異なりますが、世界中で利用されている支払い方法がPaypalです。Ebay の支払い方法として有名になり、ドイツではアマゾンを除く大手の小売業は、Paypalでの支払いを提供しています。

この支払い方法の欠点は、手数料と為替レートの悪さ。国内での手数料は小売店が負担してくれることが多いですが、海外への支払いではあまりに手数料が高いので、4%程度の手数料がかかります。さらには為替レートが悪いです。ユーロと円で見てみれば、銀行の現金レート+10円がペイパルの為替レートです。

Sofortüberweisung, Giropay & co.

ペイパルにオンライン支払い市場を奪われてから、ドイツの銀行業界が巻き返しを狙って導入したのが、”Sofortüberweisung”、”Giropay”という送金(振り替え)プログラムです。

この支払い方法を選択すると、口座を持っている銀行の認証番号が要求されます。これを入れると送金が認証されて、品物、サービスの購入が成立するので、注文した品が早く届きます。ドイツ鉄道のチケットなども、その場で購入が終了、チケットを印刷できます。あるいは携帯へチケットを送ってもらえます。

通常は、口座を開設するとこれらの機能が使えるようになります。このシステムはPaypalよりも手数料が安いのが特徴です。