大学付属の語学学校に通いたいです。」というお問い合わせを数多くいただきます。その理由、起源は不明ですが日本では「ドイツの大学には、付属の語学学校がある。」と思われているようです。

一般には高校までは”lernen”(学ぶ)場所で、大学は”studiren”(研究学習する)場所と言われています。では「ドイツ語を学ぶ」は”Deutsch lernen”でしょうか、それとも”Deutsch studieren”でしょうか。答えは前者で、言語の学習は”lernen”です。

しかるにドイツの大学には本当に、大学付属の語学学校があるんでしょうか。ここではその謎を解いていきます。

奨学生、交換留学生むけのドイツ語補修プログラム

まわりくどい言い方をせず、結論から始めます。ドイツの大学には付属の語学学校は存在していません。こちらのページで説明しているように、ドイツの大学は州立大学です。ここに付属の語学学校があるなら、州がお金を出してゲーテ・インスティテュートのような語学学校を経営していることになります。ドイツ全土を探しても、そんな語学学校は一校も存在していません。

大学付属の語学学校と思われているのは、大学の機関、”Daf”(Deutsch als Fremdsprache) が “Erasmus+“(欧州内の交換留学生プログラム)やDAADの奨学金留学生を対称に提供しているドイツ語のレッスンです。これは語学学校ではありません。

大学付属の語学学校とは?

例外的に大学内に本当に語学学校があるケースもあります。大学が独自でドイツ語の教師を雇ってドイツ語のレッスンを提供しないで、これを語学学校に一任したのがその発端です。しかしながらこうした語学学校は大学の付属ではなく、私立の語学学校です。

こうした大学内にあった語学学校は、次々に姿を消しています。大学という公的な機関が特定の私企業を優先すると、法律に抵触するためです。現在では大学構内にある語学学校は、数えるほどしか残っていません。ブレーメン大学の校舎内にあったゲーテも、試験センターとして残っていますが、ドイツ語のレッスンはもう行なっていません。

大学から出てくる大学生

大学のドイツ語コース

大学付属のドイツ語学校と勘違いされることの多い、Daf のドイツ語コースですが、

1. エラスムス、博士課程、交換留学のみ参加可能

2. 一般の外国人学生も参加可能

に分けられます。1.の場合は、大学がほとんど手配してくれるので、ここでの紹介は割愛いたします。一番関心が高いのは2.「一般の学生も大学のドイツコースに入学できるのか。」という点ですので、これについて解説したいと思います。

大学のドイツ語コース出願要綱

大学がドイツ語のレッスンを提供する目的は、「ここでドイツ語の知識を改善して、学業/研究を用意にする。」のが目的です。そこでこの目的にあった学生にドイツ語コースを提供しています。

ドイツ語のレベル

大学での就学が目的ですので、大学のドイツ語コースへの出願は、中級レベル以上のドイツ語能力を証明できることが条件です。大学によりB1の検定試験の合格証で出願資格を満たすケースがあれば、B2の検定試験の合格証が必要な場合もあります。

ドイツの大学は州立ですので、大学により要求されるドイツ語のレベルはまちまちです。

国籍

大学のドイツ語コースが特定の国籍、例えば中国人だけで埋まってしまわないように、国籍により定員を設けています。ドイツ語コースの規模によりますが、小さな規模のコースでは日本人枠は2~3名。この狭い門にもかかわらず入学するコツは出願時期です。

出願資格

大学に入学することが建前のドイツ語コースですので、ドイツの大学に入学できる資格を満たしていることが出願条件になります。その資格とは、

1. 日本の大学の卒業生、あるいはに2年以上、在籍していた方

2. 日本の短大の卒業生

3. センター試験で入学を希望する大学の要求する点数を取得された方

です。この資格はあくまでも目安です。最終判断をするのは大学、あるいはAsisstの審査官です。この審査官が異なる判断を下しても、当社は責任を負いかねます。

出願時期

4月から始まる夏ゼミ/Sommersemester から大学のドイツ語コースに入学されたい場合、出願締め切りは1月15日まで。10月から始まる冬ゼミ/Wintersemseter に入学されたい場合は、7月15日まで。出願書類をこの日までに大学に必着で送る必要があります。

ただし!出願期限ぎりぎりに出願書類を送っても、日本人枠が埋まっている、あるいは残り1席だけというケースもあります。ぎりぎりに出願すると、ただでも狭い門がさらに狭くなります。願書は締め切りの1ヶ月前に大学に届くように郵送しましょう。

ドイツの大学は州立ですので、大学によりこの出願時期が大きく異なるケースもあります。正確な時期は大学のホームページで確認ください。

費用

大学によりコースの費用が異なっていますので、詳細は各大学のページをご覧ください。

宿泊施設

大学のドイツ語コースに入学できても、正規の大学生扱いにはなりませんので、学生寮の部屋を申請できる権利はありません。自身で部屋を確保する必要があります。

大学のドイツ語コース詳細

大学の出願要綱はドイツ語で書かれていますが、これをスラスラを読める人は少なく、出願書類ひとつをとっても、正しく理解できない方が多いのです。当社では2001年以来、数多くのお客様の大学出願をサポートしてきましたので、豊富な経験と知識を備えております。ドイツ語コースの詳細、出願の代行サポートをご希望される方は、弊社の大学出願サポートをご利用ください。