日本では 大学のドイツ語コース に関するさまざまな伝説が存在しています。毎年、「ドイツの大学付属の語学学校に通いたいです。」というお問い合わせを数多くいただきます。その理由、起源は不明ですが日本では「ドイツの大学には、付属の語学学校がある。」と、思われているようです。

では日本ではどうでしょう。日本の大学には付属の語学学校があり、ここで入学希望者に日本語を教えているでしょうか。そういうケースもあるかもしれませんが、大学付属の語学学校はないですよね。

しかるに、「ドイツの大学には付属の語学学校がある!」と信じている方は、一人や二人ではありません。本当に、大学付属の語学学校があるんでしょうか。

ドイツの大学付属の語学学校とは?

まわりくどい言い方をせず、結論から始めます。ドイツの大学には付属の語学学校は存在していません。こちらのページで説明しているように、ドイツの大学は州立大学です。ここに付属の語学学校があるなら、州がお金を出してゲーテ・インスティテュートのような、政府機関直営の語学学校を経営していることになります。

すでにゲーテがあるのに、さらに州がお金を出して独自のドイツ語学校を設置する意味はないし、州にはそんな予算はありません。

ドイツの大学付属の語学学校 – その正体は?

ドイツ全土を探しても、州立の語学学校は一校も存在していません。大学付属の語学学校と思われているのは以下のケースのいずれかです。

  • Daf の行うドイツ語コース
  • 私立の語学学校
  • 公益団体 / gemeinnütziger Verein の行うドイツ語コース

まずは最初のケースですが、大学の機関 “Daf”(Deutsch als Fremdsprache) が “Erasmus+“(欧州内の交換留学生プログラム)や”DAAD“の奨学金留学生を対称に、提供しているドイツ語のコースです。これは語学学校ではありません。

次に私立の語学学校ですが、稀に大学内に本当に語学学校があるケースもあります。大学が独自でドイツ語のレッスンを提供しないで、これを語学学校に一任したのがその発端です。しかしながらこうした語学学校は大学の付属ではなく、私立の語学学校です。

こうした大学内にあった語学学校は、次々に姿を消しています。大学という公的な機関が特定の私企業を優先すると、法律に抵触するためです。現在では大学構内にある語学学校は、ほぼ消滅しました。

ブレーメン大学の校舎内にあったゲーテも、試験センターとして残っていますが、ドイツ語のレッスンはもう行なっていません。

最後の「公益団体の行うドイツ語コース」ですが、これが一般的に「大学付属の語学学校」と誤解される原因となっているようです。大学は税金で運営されている州の組織ですから、営利目的の語学学校を運営するわけにはいきません。

そこで大学の組織の外に公益団体 / gemeinnütziger Verein としてドイツ語教育を提供する団体を立ち上げているケースです。これを大学付属というなら日本の〇〇大学付属高校みたいに、同じ組織内にある筈ですが、大学は公益団体には関与していません。

しかし大学の教室を使って授業を行うので、何も知らない人が見ると「大学付属の語学学校」と、勘違いされる原因となっています。

ミュンヘン大学付属の語学学校 とは?

大学付属の語学学校伝説の最たるものが、ミュンヘン大学付属の語学学校 / iucm です。

参照 : iucm.de

リンク先のページに、「ミュンヘン大学の卒業生が作った公益団体です。」と、書かれています。大学とは組織上は何の関係もありません。ミュンヘンは家賃が高いので、大学の講堂を借りてレッスンを提供している団体です。

これが有名な大学付属語学学校の正体です。大学の先生がレッスンをしているわけではなく、私立学校と同じように、お給料で雇われた講師がレッスンを行っています。そしてこの団体を紹介しているサイトの売り文句は決まって、「安いからいい」です。

公益団体を大学付属の語学学校と主張しただけでは済まず、「安いからいい!」という極論を展開しています。学校でどんな授業が行われているか、どんな人物が講師をしているのか、ドイツ人だったらネイテイブスピーカーだから素人が講師なのか、肝心な点が調査されていません。

学校やその中身を見ることなく「安いからいい」と主張しています。これが正しければ、何も日本製の家電や車を買わなくても、「中国製を買えば安くていい。」ということになります。

そんな書き方をしているのは、アフリエイト広告収入が目的のサイトです。あなたのドイツ留学のために作ったページではなく、自身の広告収入を目的にしています。

安い値段に惹かれて申込みする前に、是非、「失敗するドイツ留学」をご参照ください。

大学から出てくる大学生

大学のドイツ語コース

大学付属のドイツ語学校と勘違いされることの多い 大学 / Daf のドイツ語コースですが、コースに参加できるのは、

1. エラスムス、奨学金制度での留学生、交換留学生のみ

2. 一般の外国人学生も参加可能

のどちらかです。1.の場合は、大学がほとんど手配してくれるので、ここでの紹介は割愛いたします。一番関心が高いのは2.「一般の外国人学生も参加可能」のドイツコースですので、これについて詳しく解説したいと思います。

 一般外国人学生向け – 大学のドイツ語コース

一般の学生向けのドイツ語コースは、大学の講義に平行して行われるので、夏ゼミでは4月~7月、冬ゼミでは10月~2月までの期間に開催されます。年末年始など、大学がお休みの時は、当然、授業もおやすみなります。又、語学学校とは異なり希望すれば誰でも入れるものではありません!

入学には大学入学と同じ願書を(ドイツ語で!)書く必要があります。そして大学への正規留学と同じように出願書類を揃えて期限までに郵送して、書類審査を受けます。この審査に合格して初めて入学資格が生まれます。

では続いて大学のドイツ語コースへの入学条件を見ていきます。

ドイツ語のレベル

大学での就学が目的ですので、大学のドイツ語コースへの出願は、中級レベル以上のドイツ語能力を証明できることが条件です。大学によりB1の検定試験の合格証で出願資格を満たすケースがあれば、B2の検定試験の合格証が必要な場合もあります。

ドイツの大学は州立ですので、大学により要求されるドイツ語のレベルはまちまちです。

国籍

大学のドイツ語コースが特定の国籍、例えば中国人だけで埋まってしまわないように、国籍により定員を設けています。ドイツ語コースの規模によりますが、小さな規模のコースでは日本人枠は2~3名。この狭い門にもかかわらず入学するコツは出願時期です。

出願資格

大学に入学することが建前のドイツ語コースですので、ドイツの大学に入学できる資格を満たしていることが出願条件になります。その資格とは、

1. 日本の大学の卒業生、あるいはに2年以上、在籍していた方

2. 日本の短大の卒業生

3. センター試験で入学を希望する大学の要求する点数を取得された方

です。この資格はあくまでも目安です。最終判断をするのは大学、あるいは”Asisstの”審査官です。この審査官が異なる判断を下しても、当社は責任を負いかねます。

出願時期

4月から始まる夏ゼミ/ Sommersemester から大学のドイツ語コースに入学されたい場合、出願締め切りは1月15日まで。10月から始まる冬ゼミ/ Wintersemseter に入学されたい場合は、7月15日まで。出願書類をこの日までに大学に必着で送る必要があります。

ただし!出願期限ぎりぎりに出願書類を送っても、日本人枠が埋まっている、あるいは残り1席だけというケースもあります。ぎりぎりに出願すると、ただでも狭い門がさらに狭くなります。願書は締め切りの1ヶ月前に大学に届くように郵送しましょう。

ドイツの大学は州立ですので、大学によりこの出願時期が大きく異なるケースもあります。正確な時期は大学のホームページで確認ください。

費用

大学によりコースの費用が異なっていますので、詳細は各大学のページをご覧ください。

宿泊施設

大学のドイツ語コースに入学できても、正規の大学生扱いにはなりませんので、学生寮の部屋を申請できる権利はありません。自身で部屋を確保する必要があります。

大学のドイツ語コース – 出願サポート

大学の出願要綱はドイツ語で書かれていますが、これをスラスラを読める人は少なく、出願書類ひとつをとっても、正しく理解できない方が多いのです。

当社では2001年以来、数多くのお客様の大学出願をサポートしてきましたので、豊富な経験と知識を備えております。ドイツ語コースの詳細、出願の代行サポートをご希望される方は、弊社の大学出願サポートをご利用ください。

その出願の際に出てくる疑問のひとつが、”Assist”なるもの。まだ取り上げていなかったので、ここでちゃんと解説しておこうと思います。

アシスト /”Assist”って何?

まずはその名前から始めましょう。正式名称は、”Arbeits- und Servicestelle für Internationale Studienbewerbungen”、その頭文字を取り(少しもじって)、”Assist”、あるいは”Uni-Assist”と呼ばれています。日本語で言えば、「外国からの学生のサービスセンター」という意味です。

参照 : uni-assist.de

何をしている機関ですか?

日本から、「ドイツの大学に入学したいです!」と大学にメールを送っても、その学生が、あるいはそもそも、日本の教育システムがドイツの教育レベルに匹敵するものなのか、大学の担当者にはわかりません。

日本だけならともかく、世界中から毎日、同様の問い合わせが届きます。とてもではないですが、世界中の教育システムを個々の大学が把握するわけにはいきません。そこでそのような仕事をする機関をドイツの大学機関が創設して、ここで一括して入学審査をするようにしました。

ここで出願書類をチェックされ、

  1. ドイツの大学入学資格を満たしている
  2. 必要な書類が全部、揃っている

場合に限り、出願は大学に送られてここで最終判断されます。

大学に直接、出願、それともアシストに?

ここで問題を複雑にしているのが、アシストに参加している大学と、参加していない大学がある事です。そもそもアシストは”Hochschule”と呼ばれる大学の共同の入学審査期間として発足しました。すこし中身は違いますが、「単科大学」に近い存在が、”Hochschule”です。

この大学は、数万人の学生を抱える総合大学 /”Universität”と呼ばれる大学に較べ、規模が小さいのが特徴です。規模が小さいので、独自の外国人専用の学生課を創設する余力がりません。そこでこうした「単科大学」が集まって、アシストを形成しました。

この為、“Hochschule”への出願は、ほぼアシスト経由での出願です。一方、総合大学は独自の査定期間をもっているので、直接、大学に出願できるケースが多いです。もっとも、「世界中の学生には対応できない。」とアシストに対応を任せているケースもあります。

ですから出願前に、「外国人の出願先」をチェックするのをお忘れなく。間違って直接大学に願書を送ってしまうと、「出願先が違う。」と願書を(返信用の切手を同封していれば)返送されるか、願書を破棄されてしまいます。

出願時の注意点

世界中から届く出願願書を、仕事はあまり早くなく、残業をしないドイツ人が処理するのですから、時間がかかります。ケース バイ ケースですが、一か月は書類アシストに停滞していると覚悟しておく必要があります。

夏ゼミでは、1月15日までに願書が大学に届いていることが条件です。アシストでの「滞在時間」を考慮すると、12月15日までにアシストに書類が届いている必要があります。ところがドイツの12月は、通常の月ではありません。1年のメインイベント、クリスマスがあります。

クリスマスの前後はドイツ人はお休みを取るので、審査はストップします。このため夏ゼミに出願するなら、どんなに遅くても12月1日には書類がアシストに届くように出願する必要があります。

アシストの費用

直接大学に出願するケースでは、審査料はほぼ無料です。アシスト経由での出願では(2019年の時点で)75ユーロです。さらに30ユーロ払えば併願することもできますが、意味がないかもしれません。

というのも、アシストは一人の志願者に複数の入学許可が出る事を避けるため、複数の出願依頼では書類を審査の上、一つの大学にしか願書を送ってくれないからです。ですから併願する価値はあまりありあmせん。

ちなみにアシストの出願費用は、毎年ではないですが、着実に値上がりしています。10年前は50ユーロで、併願する場合はたったの5ユーロの追加でした。日本語で情報収集をされる方、必ず、アシストのホームページで今の費用を確認しておきましょう!

お問い合わせ・お申し込み

大学出願サポートは有償のサポートになります。サポートの内容等に関して不明な点などございましたら、こちらからお問い合わせください。