ゲーテ・インスティテュート は今でこそドイツ語の学校と知られていますが、今の姿になるまでには長い時間がかかりました。又、ゲーテの愛称で呼ばれるこの機関は、純粋な語学学校ではありません。Goethe Institut は外務省から海外でドイツ文化を広める任務を受けており、これを遂行するドイツ政府の出張機関でもあります。

ゲーテ・インスティテュート の歴史   ゲーテ・インスティテュート ロゴ

ゲーテ は1951年、海外でドイツ語の教育を施す人材を育成する機関として発足しました。最初の学校は1952年、アテネでオープン。翌年からドイツ語の授業が開始されました。

当時は国内ではなく、海外でのみドイツ語の育成活動を行なっていました。当時はこれが学校が行うの唯一のドイツ語レッスンでした。70年代には(故)ヴィリーブラント首相の意向で、ドイツの正しい姿を外国で伝える文化広報の任務も加わり、ドイツの外交政策の柱のひとつになりました。

今でこそGoethe Institut と言えば、ドイツ語の語学学校の代名詞ですが、今の姿は1980年以降に徐々に組織されていきました。でも何故、国がドイツ語のレッスンを提供するのでしょう。

ドイツ語を学んだ生徒がドイツの大学に通い就職、各分野の専門家としてドイツで活躍すると、ドイツの経済競争力が増します。こうしたドイツの世界戦略の一旦を担っているのが、ゲーテ インスティテュート です。

日本で唯一の正規代理店

ゲーテは今でも国の機関です。組織の運営費は授業のレッスン費用や試験の費用の他、国からの補助金で賄われています。その国の機関の代理店になるには、厳しい審査を受けなければなりません。

Pfadfinder24 は日本の代理店として唯一、国の審査に合格した正規代理店です。当社ではゲーテへの入学手配を行い、お客様が出発されるまで、留学保険から滞在ビザ、住民登録など、さまざまなサポートを無償で提供しております。

「手配をお願いすると手数料はかかりますか。」

正規代理店なので手数料はございません。それどころか当社は唯一、割引を出す権限を有しております。詳しくは以下の項目をご覧ください。

お申し込みとお支払い

お申し込みには、お申し込みフォームをご利用ください。

お申し込みボタン

お申し込みフォームを受領後、当社にて入学を手配させていただきます。ゲーテは国営の学校なので、私営の学校ように仕事が早くないです。入学がコンファームされるまで、3~4日かかります。

学校が発行した入学許可証/コンファームに費用、お支払い先、お支払い方法が明記されていますが、お支払先はゲーテになります。お支払い方法はクレジットカードか、海外送金でのお振込からお選びください。

お得な割引クーポン配布中!

ここで耳寄りな情報です!Pfadfinder24 では、オンラインでのお申し込みで使える割引クーポン券を配布中です。新規のお申し込みであれば、どなたでも使用できるので、ドイツに留学されるお友達に教えてあげてください。

ゲーテ インスティテュート 割引クーポン券

割引条件

  • 使用期限は2019年12月末まで。
  • 割引額は20ユーロ/コース(複数のコースを予約される場合は、個別に清算してください。)
  • 何度でも使用できます。

利用方法

1. Goethe Institut  のオンラインのお申し込み画面で、ご希望のコースをご選択ください。

2. コースとご希望の宿泊タイプを選んで、”continue”をクリックしてください。

3. 画面右側の “Register” をクリックして、登録画面に進んでください。

4. お好きなユーザー名、パスワードでご登録。

5. 確認メールが届くので、これをクリックして確認

6. お支払い方法を選択(日本からのお申し込みではカード払い、あるいは請求書払いになります。(注1)

7. 画面中左下に、”Promotional Code“(キャンペーンコード)の文字があります。

ここに 70011236_2019 を入れ、緑色の矢印 >>をクリックすると、割引が採用されます。

(注1)    請求書払いを選択しても、カード払いへ変更できます。逆は不可。

安心!留学サポート

「ビザの取得方法など、聞きたいことがいっぱいあります!」

「コンファームがドイツ語なので、何が書かれているかわかりません!」

等、ご心配な方、ゲーテから届くコンファームを、お申し込み後1週間以内に kunden(あっと)pfadfinder24.com お送りください。渡独されるまで当社で無償サポートさせていただきます(学校に関連する内容に限ります)。さらには 閉鎖口座の解説方法ページなど、会員ページへのアクセスコードもお伝えいたします。

ゲーテの授業の特徴

語学学校を探す際、「ドイツ語の授業は何処も同じもの。」と、考えていませんか。これは日本の英語の授業、先生が黒板に書き、生徒はこれを書き写す退屈な授業が原因です。日本人は真面目なので、そんな授業でも一生懸命に努力します。でも学校を卒業すると、「もう二度と御免。」と語学習得には悪いイメージが定着しています。ドイツにもゲーテの授業は、先生だけが喋る一方的な授業ではありません。

ゲーテ インスティテュートの談笑する生徒ゲーテ インスティテュートでは先生が一方的に話す押し売りの授業ではなく、生徒が授業に参加してクラスのムード作り上げていく授業を行っています。授業中、先生が生徒に意見を尋ねてきます。すると別の生徒が、別の意見を主張。するとこんどはイスラエルから来ていた生徒が全く異なる経験を主張。自然な会話の練習になるとともに、異文化への理解度を深めることにもなります。

さらには生徒が教科書に登場する人物の役を演じる、”Rollenspiel”と呼ばれる授業体系を取り入れています。これにより生徒が丸覚えをするのではなく、状況に応じて自分で文章を考えて構成する能力を養うことに重点が置かれています。

ゲーテ・インスティテュートを留学先に選ぶ5つの理由

ドイツ国内には多数の語学学校がありますが、どうしてよりよってゲーテを選ぶのか?どこが他の学校と違うのか?かってゲーテでドイツ語を学び、ドイツ中の語学学校を見てきた私が、この学校を選ぶ5つの理由を挙げておきます。

1. 宿泊施設

ゲーテ インスティテュートを留学先に選ぶ最大の利点は、学校が宿泊先を手配してくれることです。新しく建設されたマンハイムゲッテインゲンハンブルクなどの寮では、部屋にトイレからキッチン込み。それに部屋がとっても広い!

私は部屋に一歩足を踏み入れた途端、「間違ってダブルルームに入れられた!?」と思っちゃいました。そのくらい部屋が広いんです、日本の感覚からすると、有り得ない広さでした。お陰で、「後から別の生徒が入ってくるんじゃない?」と最初の1週間心配してました。

独自の宿舎を持っていない学校もありますが、その場合は学校は市内で下宿先を探してくれます。かっては食事付きで宿泊先を予約することも可能でしたが、最近では稀な例外を除き、宿泊だけの手配となっています。

2. 検定試験

なんといってもゲーテの最大の利点は、ドイツ語の資格に尽きると思います。ゲーテの検定試験はドイツの大学で認められているので、C1(かってのkleines deutsches Sprachdiplom)以上の資格を取得すれば、そのまま大学に入学することができます。

3. お世話役

学校には、生徒の面倒だけを見る専門のスタッフが2名常駐しています。ハンブルクなど、一部の学校では日本語も通じます。その他の学校では事務員がこの面倒見も担当しているので、なかなか相談をする時間がないのがネックですが、ゲーテだけは別格です。さらにこのスタッフが住民登録をしてくれるので、ドイツ生活の最初の面倒な官庁巡りに頭を悩む必要もありません!

4.  課外活動

課外活動がとても豊富です。週末の遠足だけではなく、課外に原住民との交流の場を設けてくれるので、学校で習ったドイツ語を試すいい回でもあります。さらに!

他の学校ではクラスが違うと、言葉を交わすことがなく、知り合う機会がないです。ゲーテ インスティテュートでは。さまざまな課外活動を通じて、ゲーテに通う大勢の生徒と知り合えます。

課外活動を通して仲良くなった生徒と、学生寮でドイツ語で四六時中話すので、ドイツ語の上達が早いです。大学で5年も習っても話せなかったドイツ語が、わずか3ヶ月でぺらぺらに。留学当初からお世話になっていた先生も、「お前の発達は目を見張る。」という感心ぶり。

5. メディアテーク

どの支店に通われても、Goethe Institut にはメディアテークと呼ばれる図書館が備わっています。インターネットやビデヲなどのメデイアを利用した自習用の教材から、ドイツ語のレベルに合わせた小説などが揃っています。学校の授業だけではまだ余裕がある方は、ここで苦手な分野を補強できます。

さらにはメディアテークは学位を持ったスタッフが駐在しており、レベルや希望に合わせた教材を選んでくれます!そもそも図書館さえない語学学校が多い中、メディアテークを設置して専門のスタッフを配置している語学学校は、ここだけです。

Youtube で観るゲーテ

ゲーテ はさまざまなメデイアを使って情報を発信していますが、そのひとつがYoutubeです。

多少ゆっくりと話していますが、生のドイツ語が聞けるので、これまで習ったドイツ語で何処まで聞き取れるか、お試しください。

パンフレット&資料

パンフレット(日本語/6MBで重いです。)

コースカレンダー(価格表)

 

ドイツ、オーストリアのゲーテ インスティテュート

ゲーテ・インスティテュート ベルリン
Goethe Institut Berlin/ベルリン
Berlin校はBelin Mitte 地区にあり、交通の要所になっているアレクサンダープラッツ駅から地下鉄の8番に乗車すると、たったの1駅です。駅の名前はWeinmeisterstrasse駅。名前は長いです…
ゲーテ・インスティテュート ボン
Goethe Institut Bonn/ボン
学校は2011年の1月1日から市内の中心部(大学のすぐ近く)の場所に引越しました。歴史的な建物に入っているゲーテが多い中、ボン校はモダンなガラス張りの建物の地上階と1階に入っています…
ゲーテ・インスティテュート ドレスデン
Goethe Institut Dresden/ドレスデン
東ドイツにはワイマール校もありますが、常時コースが挙行されているのは、ベルリンとドレスデンのみです。東西ドイツ合併後に開校されたので比較的新しく、明るい学校、モダンな学生寮が人気です…
ゲーテ・インスティテュート デユッセルドルフ
Goethe Institut Duesseldorf/デュッセルドルフ
デユッセルドルフのGoetheは中央駅の前にある大きなオフィスビルの中に入っており、通学には至極便利な場所にあります。インテンシブ4のコースを受講されますと、初級(A1)から中級レベルB1は午…
ゲーテ・インスティテュート フランクフルト
Goethe Institut Frankfurt/フランクフルト
フランクフルト校は 市の南部ザクセンハウゼン地区、マイン河を渡った場所、ちょうど南フランクフルト駅の正面で、とても通学に便利です。学校は19世紀の建物を改築して趣のある建物に入って…
ゲーテ・インスティテュート フライブルク
Goethe Institut Freiburg/フライブルク
フライブルク校はミュンヘン、フランクフルトに次ぐドイツ国内では3つ目に大きな学校です。初級のレベルの授業は午前中に、中級レベル以上の授業は(教室の関係で)午後に授業が行われてい…
ゲーテ・インスティテュート ボン ゲッテインゲン
Goethe Institut Goettingen/ゲッテインゲン
ゲッテインゲンの校は ドイツ国内にあるゲーテの中でも、最も歴史のある学校のひとつです。学校は歴史的建造物、「これ史跡ですか。」と思われるような建物の中に入っています。ゲーテ…
ゲーテ・インスティテュート ハンブルク
Goethe Institut Hamburg/ハンブルク
ハンブルクのゲーテはかってのドイツ郵便局のビルの中に入っています。建物の前に建っているシュールな芸術作品が目印です。建物は古く見えますが、中のオフィス、教室は明るく、とても快適…
ゲーテ・インスティテュート マンハイム
Goethe Institut Mannheim/マンハイム
Goetheで行なわれる課外活動は、どこの学校もほぼ同じ内容で、市内観光、美術館、博物館、コンサート訪問、遠足、パーティ、スポーツ、居酒屋での集い、企業訪問などがあります。参加は無料…
ゲーテ・インスティテュート ミュンヘン
Goethe Institut Muenchen/ミュンヘン
ミュンヘン校は2017年に今の住所に引っ越しました。一見すると市内から外れているように見えますが、中央駅からS-Bahnで4駅目、市役所のある”Marienplatz”から2駅しか離れていません。…
ゲーテ・インスティテュート シュヴェービッシュハル
Goethe Institut Schwaebisch Hall/シュヴェービッシュ ハル
シュヴェービィシュ ハルのゲーテは風光明媚な旧市街真ん中にありますが、町が山の斜面にあるため、駅は少し離れた場所にあります。”Schwäbisch Hall-Hessental”という駅からバス1番、…
ゲーテ・インスティテュート ウイーン
Goethe Institut Wien/ウイーン
欧州内ではドイツ語の需要が増え、夏のコースは春になるとすでに定員になるという盛況ぶりです。そこでゲーテは初めて、オーストリアの首都、ヴィーンに支店を開校しました。ただし、コース…