今回紹介するのはドイツとオーストリアの国境にある パッサウ大学 DSH準備コース です。

バイエルン州の南部は結構な田舎で、放牧や農業、それに林業が主な産業です。

その広大な地域に大学がありませんでした。

「優秀な学生がミュンヘンに行かなくても済むように!」

と70年代も後半になってパッサウ大学が設立されました。

もっとも他の町に住む学生にとって、パッサウはかなりの遠隔地。

にもかかわらず、優秀な学生を呼び寄せるため、いろんな取り組みを行っています。

そのひとつが今では数少ない大学で行われる DSH準備コースです。

パッサウ大学

パッサウ大学 はそのまんま、 Universität Passau が大学の正式名称です。

在籍している学生の数は1万人少々。

元々はこの地にあった神学校が大学の

「起源」

となったので、人文学系が強い傾向があります。

とりわけ、

「ミュンヘンに行かないと法学を学べない。」

という供給不足を解消するために法学部も設置。

さらには、

「人手が全く足らない。」

と引く手あまたの理系の情報学も学べます。

参照 : uni-passau.de

ドイツで一番鵜美しいキャンパス

パッサウ大学はイン河の河畔に建っているので、

「ドイツで一番美しいキャンパス」

 

とのタイトルをもらったほど、風光明媚な街の特等席にある大学です。

さらには学生寮(のひとつ)はドナウ側の河畔にあり、部屋からはドナウ河を見下ろせるまるでホテルのような立地だ。

 

場所は少し不便ですが、フランクフルト空港からフライブルクに移動するのと大差なし。

フライブルクはあれほど人気なのに、こちらのは人気がないどころか、ほぼ無名。

フライブルク観光 – 銀の採掘で栄えた黒い森の大学街

大学の歴史

1622年、パッサウに神学校が創設されます。

1923年にはこの神学校が、神学の専門大学に昇進。

ランズフートにあったミュンヘン大学がミュンヘンに移ってから、

「ミュンヘンから東の広大な地域に総合大学がひとつもない。」

という市民の訴えに応える為、70年代神学大学を改革して、総合大学が創設されることに。

こうして1978年、Universität Passau が誕生した。

このような歴史的な背景があり、大学の主要キャンパスは、かっての修道院に入っている。

学部 & 専攻

学部 & 専攻

パッサウ大学には法学部、経済学部、人文学部、情報、数学部の4学部があります。

 

「他の大学と同じ専攻を提供しても差別化できない。」

と思ったのか、その専攻は異色です。

例えば人文学部にはどこの大学でもある、ドイツ文学部はありません。

その代わりに文化学科、ジャ-ナリズム科、言語学科など、変わり種が。

理系ではデジタルトランスフォーメーション科、インターネットコンピューター科なんてのも。

外国からの優秀な生徒を辺境のパッサウまで来てもらうために、他の大学にない専攻を提供しています。

街の紹介

街の紹介

簡単に街の紹介をしておきます。

パッサウの町は、”Drei-Flüsse-Stadt“(3つの河川の町)

と呼ばれています。

ドナウ河、イン河、イル河が合流する場所に築かれている為です。

その景観はとても美しい。

河が敵の侵入を拒んでくる利点があり、ドイツ人の先祖であるケルト人が紀元前に住み着きます。

そのケルト人を追い出して、パッサウを占領したのがローマ帝国。

あのローマ帝国が戦術上の利点を見逃す筈はないですね。

その一方で雨が降ると毎回、町は洪水に見舞われてます。

バイエルン人の入植

5世紀後半にそのローマ人を追い出してパッサウに住み着いたのは、ゲルマン民族の一派の

“Bajuwaren”

です。

そう、今日のバイエルン人です。

他のゲルマン民族より遅れて5~6世紀に

「バイエルン人の大移動」

が始まります。

今日のバイエルン州はもとより、オーストリアに住んでいるのが、このバイエルン人です。

カトリック司祭国

カトリック司祭国

すでに8世紀にはカトリックの大司教が、パッサウにその居を構えていました。

13世紀には神聖ローマ帝国から町の支配権を得て、バンベルクのようにカトリック大司教様が領主のように支配する

“Fürstbistum”(カトリック司教国)

となります。

山之上にある要塞は王様の城ではなく、カトリック大司教様のご自宅です。

カトリック教会が課すさまざまな税金に加えて、手工業が繁盛、河川を使った交易で富を蓄え、お金持ちの町に成長していきます。

水害に加えてパッサウは何度も火災に見舞われています。

最後の大火災は17世紀。

街の中心部はほぼ焼け落ちてしまった。

しかしそこはお金持ちのパッサウ。

イタリア人建築家が描いた再復興計画で焼け落ちた町を再建します。

この為、パッサウはドイツの他の町にはない景観を持っている。

生活

パッサウの人口はわずか5万人。

1万1000人が学生なので、典型的な学生の町。

治安がよく、家賃、物価は安く住みやすいです。

最大のネックはアクセス。

最寄空港のミュンヘン空港から電車で接続がよければ2時間少々の旅。

市内交通

人口5万人の町なので、路面電車は走っていません。

その代わりに市バスが走っています。

パッサウ大学 DSH準備コース 【願書受付開始!】

パッサウ大学 DSH準備コース 【願書受付開始!】

パッサウ大学は優秀な外国人学生に

「ドイツの端っこにある町」

に来てくれるように、DSH準備コースを提供している少ない大学のひとつです。

そのパッサウ大学DSH準備コースは、

  • Academic German Year
  • Academic German Semester

の二種類があります。

前者はA1レベルの初級者へ向け。

コースは2ゼミ続きます。

後者はすでにB1レベルを終了した中級者向け。

コースは1ゼミ続きます。

「私はもうA2レベルです。」

という場合は、パッサウ大学のDSH準備コースは向いていません。

夏休み、春休みには大学は休校になるので授業はありません。

大学のDSH準備コースに通う際の

「最大のマイナス」

は、現地での部屋探しです。

が、

パッサウ大学ではコースの参加者は大学生とみなされれて学割が享受できて、さらには学生寮への申請ができます。

 

大学が学生寮への申請を手伝ってくれるので、かなりの確率で部屋を確保できます。

Academic German Year – パッサウ大学 DSH準備コース

まずは希望者の多いであろう、

“Academic German Year”

から始めます。

コースは有料です。

それでも語学学校に通う事を考えれば、かなり安い。

良い高校の成績をお持ちの方、是非、試してみませんか。

そうそう。

担当者に話を聞くと、

早いもの順で入学許可を出していく。

 

そうです。

この為、申し込み期限はなく、

「満席になり次第、受付を停止する。」

そうなので、早期の出願が有利です。

レベル

初級(A1)から

期間

冬ゼミ 10月~2月

ゼミ 6月~9月

(8月に4週間、12~1月に2週間のお休み期間があります。)

授業時間

週24時間

クラス定員

20人

申し込み期限

3月から受付開始。

コース費用

3490ユーロ(教材費別)
87ユーロ(ゼミあたりの大学登録費。)

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

大学が学生寮の部屋の仲介を手伝ってくれます。家賃は400ユーロ/月(目安)です。

出願結果

出願後、1~2ヶ月でメールにて返事が届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

出願書類の返却はありません。

送金後のコースのキャンセルはできません。

Academic German Semester – パッサウ大学 DSH準備コース

続いては希望者はそれほど多くないであろう、

“Academic German Semester”

です。

DSH準備コースは勿論、有料です。

それでも半年のコース費用がこれなら、語学学校と比べてお安いです。

成績優秀なのに、

「留学資金が限られている!」

方、是非、試してみませんか。

レベル

中級(B2)から

期間

4月~9月

(8月に4週間お休み期間があります。)

授業時間

週24時間

クラス定員

20人

申し込み期限

10月から受付開始。

コース費用

1490ユーロ(教材費別)
87ユーロ(ゼミあたりの大学登録費。)

応募資格

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております

応募書類

出願サポートにお申し込みいただいた方にご案内しております。

宿泊施設

大学が学生寮の部屋の仲介を手伝ってくれます。家賃は400ユーロ/月(目安)です。

出願結果

出願後、1~2ヶ月でメールにて返事が届きます。

その他

お申し込みにはPC用のメールアドレスが必要です。携帯のアドレスは不可。

出願書類の返却はありません。

送金後のコースのキャンセルはできません。

大学出願 質問集

皆さん、初めてパッサウの大学へ出願されるので、同じ疑問を抱えておられます。

ほぼ毎日、大学出願に関するお問い合わせいただきますが、その内容はいつも同じもの。

そこで問い合わせの手間を省くため、頻繁に寄せられる質問集を作成しました。

お問い合わせいただく前にご覧いただければ、ほとんどの疑問は解決すると思います。

大学出願 質問集

出願案内 & 出願代行サポート

パッサウの大学への出願、学業に関して不明な点は、大学に直接問い合わせる必要があります。

しかしながら英語で問い合わせをしても、返事が全く来ないか、返事が来ても

「ホームページを読んでくれ。」

とだけ書かれています。

そこで当社では出願案内 & 出願代行サポートを提供しております。

こちらは有償のサポートになります。

 

出願に関して不明な点などは、経験豊富な当社までお問い合わせいただければ、当社にて回答させていただきます。。

これまで2001年以来、何度もお客様の出願をしてきましたので、大学が出願者に何を要求しているか、熟知しております。

出願サポートの詳細はこちらをご欄ください。

パッサウ大学 DSH準備コース - 大学出願サポート