頻繁に寄せられるお問い合わせ

  • コースの募集が終わってました。キャンセル待ちはできませんか。できません。大学のコースでは締め切りになりますと、補欠募集されることはありません。
  • 費用はいつお支払いすればいいのでしょうか。お申し込み後請求書をお送りしますので、1週間以内にお支払いください。期限までに入金されない場合、お申し込みはキャンセルさせていただきます。お申し込みいただいた後、ご送金も、ご連絡もない場合は、今後、弊社のご利用をお断りすることもございます。
  • コースの資料をお送りいただけませんか。コースを企画する大学、あるいは語学学校が資料を作成していないので、お送りできる資料がございません。
  • 最終学歴は高卒ですが、これでは大学のサマーコースへの入学資格を満たしませんか?大学により大学在籍あるいは卒業者であることを要求しているケースがありますが、これは稀で、ほとんどのケースでは、入学制限は年齢制限だけです。
  • 自分のドイツ語能力がどのくらいかよくわかりません。現地でドイツ語のテストがあり、この結果でクラスが決定されますので、お申し込みの段階では、自己申請で十分です。
  • 日本で用事があり、到着日に合わせて到着できません。翌日に到着しても大丈夫でしょうか。大学のコースでは、指定されている到着日のみ可能です。日程の変更、特別手配は受け付けてくれません。
  • 駅まで迎えに来てくれますか。大学は参加者にピックアップサービスを提供しておりません。弊社の送迎サポートをご利用いただくか、電車、あるいはタクシーを利用して、自力で受付まで向かっていただくことが必要になります。
  • 料理ができません。学生寮に料理をしてくれる人は居ますか。学生寮には(ドレスデン大学の朝食を除き)、まかないはついていませんので、自炊が必要になります。昼食は大学の学生食堂(Mensa)で取れます。フライブルク大学など、夕食も提供しているMensaがありますが、週末はお休みです。この為、朝食及び週末のお食事は、現地のレストラン、インビス(日本で言うファーストフード)などで食事を取っていただく事になります。
  • 電子レンジはついていますか。ドイツではキッチンにオーブンが付いているのが一般的で、電子レンジは通常装備されていません。しかしその部屋に住んでいる学生が自費で電子レンジを購入しているケースもあります。
  • ドライヤーはついていますか。付いていません。ドイツではドライヤーなどを放置(備え付ける)と、「あっ!」という間に盗まれます。この為、簡単に盗まれるような物は装備されていません。
  • 寝具は持参する必要がありますか。Heidelberg大学など、一部の大学ではシーツを持参していただくケースがありますが、他の大学では寝具は貸与されます。ただし洗濯されて、これが乾かないいない場合、予備がありませんので、荷物に空きがあれば、持参されてもいいかもしれません。
  • どこで洗濯できるのですか?学生寮の地下に洗濯機が置かれています。これを使用するには、学生寮の事務にて専用のコイン(2ユーロ程度)を購入する必要があります。
  • 学生寮でインターネットの使用はできますか。ミュンヘン、ライプチッヒ大学など、一部の学生寮で使用可能なケースがありますが、大半のケースでは使用できません。(可能な場合でも、LANケーブルが必要です。)その代わり、大学のキャンパスではWIFIが使用できます。 (ミュンヘン大学の構内では不可。)
  • 学生寮の住所を教えてください。学生寮に使用している建物は、市内に散在しています。お客様が滞在される学生寮は現地で始めて指定されるので、残念ながら住所は登録されるまでわかりません。
  • コース終了後も、引き続き学生寮に滞在できますか。サマーコースに使用する学生寮の部屋は、大学に在籍している学生が実家に帰るので、その部屋を借りて、サマーコースの参加者に貸し出しています。4月(10月)には、部屋の「持ち主」の学生が帰ってくるので、部屋を引き続き使用する事はできません。
  • コースに参加したいのですが、コースだけの為、宿泊施設を手配してもらえますか。弊社で宿泊施設を手配させていただくと、現地の不動産屋に仲介を依頼いたします。短期の滞在は700~800ユーロ/月の家賃になります。又、保証金が必要ですが、これが家賃と同じ値段です。さらに弊社の手配料が1か月分の家賃+消費税をいただきますので、最低でも2233ユーロ必要です。これなら期間中、ホテルに泊まったほうがお安いです。
  • 保証金は返却されますか。鍵をなくさずに返却され、かつ部屋の設備に損傷がない場合、全額返却されます。
  • 光熱費はかかりますか。水道代、電気代は宿泊費に含まれております。
  • 部屋の掃除はしてもらえますか。残念ながら、この場合は保険は適用されません。
    保お掃除は自分で行う事になります。部屋を汚れたままにして返却すると、掃除費用を徴収される事もございます。