ドイツ留学者の中には ドイツで起業 したいと、密かに夢を抱いている人が結構、多いです。

日本での順調(それとも退屈?)な仕事を捨てわざわざドイツにやってくるのだから、

「人生の夢」

をいだいている人が多いのも当然かもしれません。

問題は日本に住んでいるのに、

「ドイツで起業したい!」

と下調べもままならぬまま渡独するケース。

申請を蹴られてから、

「助けてください。」

と言われても、時遅し。

そんな目に遭わなくても済むように、ドイツで起業したドイツの達人が、起業のアドバイスをしたいと思います。

ドイツで起業 – 自営業申請ってできるの?

ドイツで起業 - 自営業申請ってできるの?

そもそも日本人はドイツで起業できるんでしょうか。

日本に住む

「ドイツに詳しい人」

は、

「2万5000ユーロで会社を設立できる(*1)。」

と言い張ります。

今回もこの主張は誤りです。

この会社設立の権利は、EUに永住権のある人、例えばドイツ人に認められている権利です。

日本に住んでる日本人は使えません。

日本人がドイツで起業するにあたって利用できる法的根拠は、別のものです。

日独自由往来協定

皆さんが生まれる前に日本とドイツの間で、

” Japan Deutschland Freischiffsabkommen”(日独自由往来協定)

が結ばれました(*2)。

この協定によりドイツ人が日本で起業する、あるいは日本人がドイツで起業することが認められることになりました。

もっともそれには条件があります。

簡単に解説すると、

希望する仕事でお金を稼げる展望があり、日独の友好関係に寄与すること。

 

そうなんです。

起業して十分な収入を上げるだけでなく、その活動が日独の友好関係に寄与しなければ駄目というわけです。

どこまでこの規定を厳密に採用しているか不明ですが、私が自営業の申請をしたアウグスブルクでは、

「大真面目」

で主張してました。

ううう、困ったな~。

ドイツで起業 – どうやるの?

では次に自営業の申請をどこで上げるのか、必要書類などを見ていきます。

日本人でドイツで起業する申請を挙げる方法は

  1. すでにドイツで就労している
  2. これからドイツに行く

により少し異なります。

前者の場合はすでに滞在 & 労働許可証を持っているので、外人局で許可を取るだけです(*3)。

面倒なのは後者のケース。

滞在ビザもないので、申請が却下されると、

「回れ右、日本に帰れ!」

となります。

そんな目に遭わないように、しっかり準備をしていきましょう。

以下に自営業の申請に欠かせない書類を挙げておきあます。

事業計画書

一番大事なのはこの事業計画書。

起業のプランを起承転結をつけて、素人にもわかるように、解説する必要があります。

大学の卒業論文のように、ちゃんと資料と証拠をつけて

「何故、このプランが成功するのか。」

証明することが必要です。

ドイツ語がベターですが、地方自治体によっては英語でも可。

外人局はこの事業計画書を商工会議所(*4)に送り事業に将来性があるかどうか、その判断を仰ぐことになりなす。

この審査で

「成功の見込み無し」

と判断された場合、もうお手上げです。

それからご相談いただいても、

「弁護士を紹介します。」

くらいしかアドバイスできません。

審査で

「成功の見込み有」

と判断されたら、後は残りの書類を出すだけです。

健康保険

ドイツで起業する書類に欠かせないのが、健康保険です。

でも、

外国人の自営業者はドイツの国民皆保険 に加入できません。

 

言うまでもなく、日本の海外旅行保険では自営業の許可が取れません。

そこでドイツ人が「お金持ち保険」という個人保険 /”private Krankenversicherung”に加入する必要があるのですが、毎月400ユーロ+もの費用が必要になります。

例外がケア エクスパトリアーテ 。

加入できる年数が5年と制限されていますが、こちらの保険なら、少なくとも最初の5年は保険費を安く済ませることができます。

Care Expatriate / ケア エクスパトリアーテ - 自営業者向け健康保険

質問
もっと安くならないの?

 

ドクターヴァルターのプロヴィジットでも、自営業ビザの申請ができます。

でもこちらの保険の最長保険期間は2年まで。

【売上 No.1】 ドクターヴァルター ドイツ留学・ワーホリ保険

賃貸契約書

ドイツで起業するには、十分な居住空間が確保されていることも条件です。

「知り合いの部屋に雑魚寝」

では駄目です。

アパートを借りている方は、これも持参しましょう。

自営業申請書 / Gewerbeanmeldung

自営業申請書

ドイツで起業する場合は、外人局で認可が下りてから

“Gewerbeamt”(自営業者登記所)

で登記します。

その書類、

自営業申請書 /”Gewerbeanmeldung” 。

は自営業者登記所に置いてあります。

ネットでも探せば、見つかります。

登記の費用は、自治体に拠り20~40ユーロ。

支払いを済ませたら、

「申請受取書」

をもらえます。

これを外人局で提示すれば自営業ビザの申請は終わり(*5)。

1か月後に

「あなたの滞在ビザができました!」

という手紙が届くので、取りにいくだけ。

要100ユーロ。

自営業ビザとは?

ドイツで起業したらもらえるのが、自営業ビザです。

自営業ビザといわずかっこよく、

「フリーランス ビザ」

と言う人が居ますが、どちらも同じものです。

皆まで言えば、アーテイスト ビザも同じもの。

いろんな名前で呼ばれているので、別物のような錯覚を受けやすいですいが、すべて自営業ビザです。

職人としてドイツで働く

ドイツで職人として自営業ビザを取ろうとすると、さらに大きな制限があります。

一番いい例が理髪師。

ドイツにはマイスター制度があり、自分の店を開くには”Meisterbrief”(マイスター証)が必要です。

ただし外国人の場合は例外があり、起業したい職種で長年の職業経験がある場合は、これが考慮されて営業許可が下りることもあります。

芸術家ビザ

ドイツで起業 芸術家ビザ

自営業ビザの中で一番取り易いビザが、芸術家ビザ。

個人的に、

「取れませんでした。」

という方を知らないので、

「芸術家です。」

と言えば、ビザが取れてしまう魔法の言葉。

勿論、生活費をどこから捻出するのか、生活資金の証明、それに健康保険が必要なのは言うまでもありません。

でも芸術に事業計画書も必要ないし、商工会議所でのプランの審査もないし、

「芸術家です。」

と主張するだけ(*6)。

自営業ビザの有効期限

自営業ビザの有効期限は、一部の例外を除き、3年間の有効期限で発行されます。

すなわち

「ドイツにもうちょっと長く滞在してみたいな。」

という方は、芸術家として自営業ビザを申請してみるのも、ひとつの方法です。

ただし自営業ビザですから、どこかで被雇用者として就労するのは禁止されています。

許可されているのは、芸術家としての活動です。

3年後、芸術家として自営業ビザを延長する場合、どれだけ収入があったか、税務署からの通知を提示する必要があります。

正直な話、芸術家として生活できている人は稀で、両親からの仕送りでやりくりしている方がほとんど。

それでもビザの延長が可能だったりすのが、ドイツ七不思議のひとつ。

会社経営の自営業ビザだったら、絶対に無理。

ドイツでは芸術家は、特別扱いになるようです。

個人事業主が狙うべき分野

自営業ビザ申請サポート

これまで

「中古のレコード屋をやりたい。」

「コスプレ専門店をやりたい。」

から、

「カフェをやりたい。」

まで、いろんなドイツで起業のアイデアを聞いてきました。

どのアイデアなら、ドイツで起業して成功すると思いますか。

個人事業主が狙うのは、

“Niesche”(需要の限られている分野)

です。

ここなら有り余る資本を持っている大手がおらず、アイデアだけで市場を開拓できるからです。

上述の中でその”Niesche”は、コスプレ専門店です。

欧州でも仮装(?)に興味を持つ女性(だけででしょ?)は増えてます。

増えているとは言っても、ごく限られた少数派。

店舗経営だけに限定すれば、2年後には倒産しているでしょう。

でもホームページを作って販売すれば、欧州中のコスプレイヤーが潜在的なお客の対象になります。

一方、カフェは競争相手が多過ぎます。

差別化できません。

あなたがドイツの有名人で、あなたの名前のカフェを開くなら生き残る可能性はあるでしょう。

あるいはメイドカフェ。

ただメイドカフェは性産業扱いになり、開店できる地区が限られる可能性があります。

たったらいっそ二階も借りて、、。

自営業ビザ申請サポート

こうした事業計画案の作成を補助、ドイツ語で清書までするのが自営業ビザ申請サポートです。

質問
サポート費用は?

 

サポート費用は、当社でどこまで作業するか?

に拠ります。

「全部やって!」

という場合は、事業計画書の作成費用は4000~5000ユーロ+消費税です。

自分でできるところは自分やれば、お安くなります。

ドイツで起業 しやすい街

「そんなお金はない!」

という方も多いと思うので、無償でアドバイスを提供しておきます。

ドイツで起業しやすいのはデュッセルドルフとベルリンです。

デュッセルドルフに至っては事業計画書の作成も必要なく、口頭で、

「〇〇をやりたい。」

と言うだけ(*7)。

ベルリンでもお客さんが、

「音楽の先生をやりたい。」

で見事、自営業ビザを取得。

その一方で一番難しいのはバイエルン州。

その中でも

「つむじ曲がり」

がアウグスブルク。

ここは避けた方がいいです。

注釈

*1    “GmbH(有限会社)というドイツで一般的な会社のフォーム。

*2    私自身はまだお目にかかったことがないですが、外人局の役人がこれが根拠だと言ってました。

同じ会社にずっと要るのは、他の会社が欲しくもない人材であるケースが多いです。

*3   お持ちの労働許可証は被雇用者として働く場合のみ、有効です。自営業者として働く場合は、書き換えが必要です。

*4      Industire-und Handeskammer 通称 IHK です。

参照 : IHK

 

*5     間抜けなアウグスブルクの役人は、「滞在許可証がないと自営業者の申請はできない。」といい、外人局の役人は、「自営業者の申請が住まないと、滞在ビザは出さない。」といいます。

同じ建物に入っているんだから、電話して段取りを確認すればいいのに、それもできません。ましてや自営業の申請は、昨日や今日、始まったものじゃない!

*6    「ドイツで童話を書いて生活したい!」と渡独されたケースが(本当に)ありました。が、申請は却下されました。

ドイツ語もできないのにドイツで童話を書いて成功する?という無茶な計画では、流石に芸術家ビザもおりません。

*7      私はデュッセルドルフのIHKに行って、起業のアイデアを口頭んで説明する事を求められました。